2013年03月13日

2010年10月03日

第25節 ジュビロ磐田×横浜Fマリノス

Jリーグ第25節

 ジュビロ磐田×横浜Fマリノス

                      0−0

【得点者】


【ジュビロ磐田】
スタメン:GK川口 DF駒野 古賀 イガンジン 山本 MF那須 山本康 西 舩谷 FW前田 ジウシーニョ
sub八田 大井 金沢 上田 成岡 菅沼 荒田

【横浜Fマリノス】
スタメン:GK飯倉 DF天野 栗原 松田 波戸 MF小椋 狩野 中村 兵藤 FW山瀬 アーリア
sub秋元 金井 清水 小野 端戸 斎藤 坂田

※この夏 信じられない猛暑の中も アウェーでしっかり強さをみせてきたマリノス  京都 清水 川崎・・・そして首位名古屋にも先制し いい試合を見せてきた、 だがそんな中 ホームでの下位相手には 中々ゴールが奪えず思わぬ敗戦を喫す事が多いという 何とももったいない 取りこぼしの多いのが今季のマリノスの最大の悩み  上位への進出を逃す原因ともなっている。 

前節は J2から昇格した仙台に守りを固められ アウェーでの借りを返されてしまったマリノス。。。   だが 代表での怪我で離脱中の中澤に加え 松田が累積で出場停止だった事もあり 普段とは違った布陣で臨んでいたことも事実。       今回は松田も戻る上 川崎戦でGKと接触し離脱していたFW小野も戻ってくる事が濃厚。     名古屋 仙台で落としてしまった勝ち点5を 取り戻すべく 何としても勝利し 上位へと食い込みたい。。。!!(現在7位)

だが 試合直前になってまたしても怪我人のニュースが飛び込んできた。   2日の練習中 河合が右内転筋等を負傷し ジュビロ戦遠征には帯同しない事が判った。
中澤不在の上 今度は 中盤を担い京都でチームを救う決勝弾を決めるなど活躍中の河合の離脱・・・  相次ぐ選手の怪我に監督も頭を抱えているが 今日は復調の狩野が入りそうだ。

一方ジュビロは現在11位  水曜のナビスコ川崎戦から中3日でこの試合を迎える。  だがこの所リーグ3連勝と好調さを見せており 現在得点ランキング2位の前田と代表駒野  そして勿論 元マリノスGK川口と那須がいる。    川口 那須共に俊輔とは長年一緒にやってきた仲間だ。   川口は居残りFKにも付き合い  若き俊輔が初の代表に招集された際は 南島へ一緒にトレーニングへ行くなど 公私共に一緒に頑張ってきた。  信頼する兄貴分でもある。   

しかし対戦相手となれば話は別。  元チームメイト・・・代表で一緒・・・と逆に考えれば俊輔のプレーを把握しきっている相手との対戦とも言える。  
俊輔がJに復帰しての初対決・・・注目が集まるこの試合で 何とか磐田ゴールをこじ開け勝利を持ち帰って欲しい。 
   

【前半】晴れ 気温27.3度 湿度48%
FWには山瀬とアーリア、怪我から復帰した小野は先発から外れた。  前節を含め山瀬とアーリアの連携があまり見られていない為 そこに中盤がどうやって絡んでいくかがカギか。
  
マリノスは白のアウェーユニ。 キャプテンは栗原。
3分素早いプレスで奪いに来るジュビロ。  右駒野からのクロスに ジウシーニョ飛び込むも ヘディングはみーとせず救われる。

4分自陣左サイド ジウシーニョ倒し天野にイエロー、 FK与えるも駒野のFKは壁。 戻りを入れられるも前田のオフサイド。
7分右突破アーリアのセンタリングはパスミス。 直後右サイド天野突破から小椋のクロス?シュート?はゴール左へ。       開始から激しい戦い。  ややマリノス ジュビロの勢いに押され気味のスタートか・・・

11分自陣右 ジウシーニョ倒しFK与える、 FKからファー 古賀がヘディングで合わせられゴールも ファールで 認められず。    波戸へのプッシングの模様。   マリノス救われた。
ホッ・・・
本当に素早く厳しいジュビロのプレス。  中々俊輔にいいボール入らず。  
17分高い位置 アーリア 山瀬のプレスで強引に奪い 右あがった兵藤へ ラインギリギリ?兵藤折り返しをファーで 天野がヘディングで合わせゴールも ライン割っていたと笛 ゴールは認められず。

20分中央低い位置 松田が流れを変えようとロングシュート! はゴール上。
ジュビロ中3日でこの動き、後半まで体力が持つのか???  
26分右から駒野のクロスにファー 山本ヘディングはゴール左。
俊輔 高い位置で絡めず 下がり気味。   マリノス 相手のプレスとピッチを大きく使ったジュビロの攻撃にかなり圧されている。

31分自陣右高め 松田が前田を倒しFK与える、FK駒野はクリア こぼれ球を中央 西がシュートもゴール右。
34分中央 かなり遠め。 山瀬へのファールでFK栗原 壁に当たり 戻りを狩野がクロス 栗原飛び込むもヘディングはGK川口がキャッチ。   

マリノス折角のチャンスにもパスミスなどでそれを中々活かせず。
39分ようやく狩野 俊輔を中心に前線でパスが回ったマリノス。  流れは徐々にマリノスに。 高い位置 俊輔倒されるもファールはなし><  
直後42分左サイド 俊輔からのダイレクトスルーパスに反応した山瀬が左を突破 それを相手古賀が激しく倒し 2枚目のイエローで 退場となり11対10に。   大丈夫か山瀬・・・

左サイド遠目 FK俊輔 エリア中央カーブをかけたいいボールが入るもクリア それを天野が再度エリアへと入れるがクリア。  更に小椋が右の山瀬へと出しクロスを入れるも 飛び込んだ栗原は触れず笛。    流れはマリノスに。  
45分川口のGキックから高め 相手に繋がれ船谷にシュートを撃たれるも飯倉キャッチで凌ぐ。 45分中央低め 狩野からのパスを受けた俊輔は一気にロングシュート!! は惜しくもゴール上。 ここから撃っていくか! 
前半終了。  0−0での折り返し。
相手に圧された中でも 失点なし。  何とかこれを活かし後半 先制したい。
前半シュート数6:5

【後半】
メンバー交代。 船谷に代わり大井。  アーリアに代わり小野が入った。
早速 小野を使った攻撃を見せるマリノス。 
46分右高めスローインからエリア右 俊輔から DF二人を交わし左足アウトでの見事なパス、 ゴール前山瀬が反応しシュートもGK川口の股下を突くもラインギリギリで抑えられる。  惜しい〜!!!
しかし 早速 俊輔から決定的チャンスが!

49分右サイド俊輔から山瀬へとDFの間を通す浮き球パス 山瀬のセンタリングに中央小野がダイレクトでシュート もゴール右。 惜しい〜!!   次々チャンスを作るマリノス。
53分中央兵藤から右天野へ 天野のクロスはライン割る。
53分低め ジウシーニョのスパイクが天野の右腿に入り相手にイエロー。  これは酷い。
54分天野 兵藤と繋ぎ中央 狩野へ 狩野シュート! はゴール大きく上。
57分DF次々交わしジュビロ突破 中央山本から左のジウシへ DF交わし ほぼGKと1対1! しかしジウシーニョシュートはゴール大きく上で救われる。
58分中央インターセプトした俊輔から右山瀬へ 山瀬のパスに ゴール前小野ワントラップでDFを交わしシュートもゴール上へ・・・><
これは決定的。 決めなくてはいけないシュートだった。

61分左で受けた俊輔 大きく前線へあがった天野へとロングパス はやや大きくライン割る。
63分左高め 俊輔への前田のファールでFK俊輔 FK こぼれ球 最後ファーで山瀬シュートはゴール上。

65分右サイド俊輔〜小椋へ 小椋シュートはGKパンチング。  俊輔 天野から何度も仕掛けるマリノス。    
66分左サイド 狩野低めミドルはゴール右。   マリノスパスは回るが中々相手を崩し切れない。
68分俊輔から右栗原へ 栗原のクロスに中央 狩野のグラウンダーのシュートはゴール右。
マリノスカウンターもやや遅い。  支配も やや歯がゆい攻撃内容。
74分右山瀬から狩野へ 狩野ヒールで山瀬へと繋ぎ 山瀬からのパスに飛び込んだ俊輔 DFを交わしながら振り向きざま右足シュート!! はGK川口が凄いパンチング。 惜しい〜!!!!! しっかり枠を捉えていた強烈シュート!   両者譲らず! 
その左CK俊輔 エリアから離れフリーになっていた天野へ しかし天野のシュートはゴール上へ。    中々決まらないゴール・・・        最後のカードを切り入れかえるジュビロ。

左サイド高め 俊輔を中心にパスを回すマリノス  俊輔はあいての猛烈で執拗なプレスを受けながらもキープ  すると77分俊輔に後ろから前田がチャージ 笛、FK得る。   左足首を抑え倒れこむ俊輔 大丈夫か・・・    左サイドFK俊輔 低めのボールを入れるもクリア。
79狩野に代わり端戸。
直後79分自陣右 ジウシーニョの突破から成岡飛び込むもゴール右。

80分中央端戸が倒されてのFK俊輔 かなり遠目。  俊輔は撃つとみせかけ不意を突き 左にいた山瀬へ 山瀬シュートは DFに当たり上へ それを松田がエリアに押し込むも そのクリアこぼれ球を山瀬シュート!!  しかしこれも惜しくもバーの上。
俊輔への厳しいプレスで いつもの山瀬へのホットラインが中々見られない。
82分左サイド高め 山瀬のクロスクリアで左CK俊輔  栗原の前にこぼれるがヘディングはクリア そのこぼれ球を再度俊輔拾い中央フリーの小椋へ、 小椋シュートに行くがDFに阻まれる。 83分兵藤に代わり坂田入る。  
85分 右サイドスローインから 天野〜中央山瀬へ 山瀬からのパス受けたエリアの坂田 シュート! はゴール上。  これは決定的。  ほぼGKと1対1だった。   これも決めなくては・・・!!     ゴール裏だけでなく選手達からもこぼれるため息・・・

86分ジュビロ左CK  前田のヘディングはゴール上。
何度も奪い返す俊輔 右天野のクロスに ゴール前 端戸ヘディングもゴール上。。。  決めなくてはいけない場面で全く決められないマリノス・・・><

90分自陣低め相手FKは飯倉キャッチ。  時間がない・・・!!
92分相手低め駒野から自陣左へとロングパス通る。  菅沼シュート!は見事飯倉が素晴らしいセーブでクリア。   危機一髪!!
その 左サイド自陣近くスローインから 右駒野へ 駒野のクロスに ファーの菅沼が頭で合わせゴールもオフサイド。  救われた・・・ホッ

試合終了  0−0.  
前半は ジュビロ 後半は、マリノス支配も最後までゴールを割れず。  決定的チャンスをまたしても決めきれないまま 終わってしまった。    相手が引く前の早い段階でもっとチャンスが作れないものか。   俊輔へのプレスもかなり激しく崩し切れていないのは確かに課題かもしれないが やはり前線の決定力のなさは どうみても否定できない。      オフサイドやファールで失点とならなかった事から 勝ち点1が取れた事だけがせめてもの救いか。。。
仙台に続き またしてもドローで終わってしまったマリノス  上位への進出はいかに・・・
posted by Hiro at 10:06| Comment(2251) | TrackBack(0) | マリノス試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

Jリーグ第20節 京都パープルサンガ×横浜Fマリノス

第20節

京都パープルサンガ×横浜Fマリノス

               1−2

【得点者】OG  河合
京都・・中村

【京都パープルサンガ】3−4−3
スタメン:GK水谷 DF水本 増嶋 森下 MF渡邉 中山 安藤 中村太 FWディエゴ ドぅトラ キムソンヨン
SUB守田 カクテヒ 中谷 角田 加藤 柳沢 中村充 

【横浜Fマリノス】
スタメン:GK飯倉 DF天野 栗原 中澤 波戸 MF中村 小椋 松田 兵藤 FW坂田 渡邉
SUB秋元 金井 清水 山瀬 アーリア 河合 斎藤


※アウェーで2連勝したマリノスは前節3連勝を賭け ホーム ニッパツでモンテディオ山形を迎えた。     相手が中3日に対し マリノスは中2日という厳しい対戦ではあったが 堅い守りの山形に マリノスは攻め手を欠き 厳しい相手のプレスに 何度もボールを奪われ決定的チャンスに中々決められない。    そんな中 後半 ファールによるセットプレーから あっという間に山形に先制されてしまったマリノスは 1点を追い必死にゴールを狙うが 先制に一層堅い守りを引いた相手を結局最後まで崩す事が出来ず ホームで0−1の敗戦。。。
1対1での弱さ 激しい相手のプレスに前を向けずシュートまで持って行けないマリノスに 大きな課題が残った。

更に今度はまた酷暑で有名な京都でのアウェー、 選手の疲労も相当なものと推測出来るだけに 何とか 頭を使ったサッカーで効率良く動き 今度こそ早めに先制したい。    

現在京都は最下位。  マリノスは前節の敗戦も かろうじて8位のまま留まった。    前節の取りこぼしを取り返すためにも 何としてもここで勝利を!! 


【前半】天気 晴れ  気温31.7度  湿度70% 無風
マリノスは白いアウェーユニ。  DF右に天野 左に波戸  トップ下右に俊輔 左に兵藤。   
30秒左サイド兵藤から中央坂田にパス入るが坂田バランス崩し受けられず。 
1分右低め栗原から一気に前線右サイド坂田にパス 坂田倒されFK得る。エリア右 いい位置。   ボール前には天野と俊輔。  俊輔大きく手をあげ味方に合図のジェスチャー、(これは天野か・・・?)  天野のクロス気味のFKに ファーで渡邉飛び込むも合わせられず。

3分相手右サイド渡邉大のループ気味のシュートが何と バーに当たる。  ホッ・・・
兄弟対決だ!
7分京都右サイドで細かくパス繋ぎ最後 中央からドゥトラシュート は大きくゴール右。
8分中央松田から右サイド千真へとスルーパス通る 千真落とし 右俊輔 相手DFの合間を通し天野へと送るが相手DFに阻まれる。
10分中央遠目 兵藤へのファールでFK俊輔 DFクリアこぼれ球を天野詰めシュートに行くが トラップの瞬間DFに阻まれクリアされる。

11分右高めスローインから 俊輔〜千真〜小椋と繋ぎ 小椋からエリア右に上がった兵藤へ 兵藤 ヒールで 俊輔へ残すがシュート寸前 相手DF二人に阻まれクリアされるがすぐさま天野がカット それを小椋が再度エリアの兵藤へ 〜俊輔受けゴール前に切り込むがDFに詰められ右の天野へとパス 天野のクロスに松田頭で合わせるもDFに阻まれ左CK得る。  左CKはニアでクリア〜スローイン。
マリノス積極的な攻め上がり。 

17分坂田 エリア内切り込みシュートへと行こうとするもDFに阻まれ笛 坂田のファール取られる。 
ゴールへの意識は 前節よりかなり高くなっているマリノス。

19分中央松田から右の坂田へ そこから松田〜俊輔〜小椋と繋ぎ 中央小椋からエリア右に走り込んだ松田のセンタリングに ゴール前 坂田飛び込み先制〜〜〜〜〜!!!!!
何と オウンゴール の模様。    だが 坂田が追いつめた事から生まれたゴール。    喉から手が出るほど欲しかった先制〜!!!
松田の上がりが見事だった!!  

23分中央小椋から兵藤へ一気に縦パス、兵藤 坂田とパス繋ぎ最後飛び出した千真シュート! はゴール左ネット。   ややボールが左に流れた事もあるが これは決めて欲しかった・・・><
しかし今日は 縦パスが良く通るマリノス。   
中央松田から大きく前線へ エリア左で頭で兵藤が落としたボールを俊輔受けシュートに行こうとするが トラップミス・・・ 疲労か・・・><思わず顔を覆う俊輔。

25分相手右サイド渡邉のセンタリング は左に流れる。  
マリノス 攻撃から守備への切り替え早い。
29分中央小椋からのパス受けた 千真が落とし 坂田シュート! は狙いすましたように見えたがゴール右へ・・・これも決定的!!

相手右いサイドFKからゴール前 相手飛び込みヘディングシュート はゴール上で救われる。    危険!!!
37分相手森下中央からロングシュート! 飯倉キャッチできず右CKへ。
冷やり!! CKはクリア。


39分中澤突破 中央で倒され相手キムにイエロー FK得る。
FK俊輔 ファーの栗原合わせるもヘディングはGKギリギリ触り左CKへ。 
左CKはクリア。     直後左サイド 兵藤からのクロスに 栗原飛び込み落とすも坂田には合わず 惜しくもゴールならず。

前半終了。  0−1での折り返し。   あまりいい入り方とは言えなかったが 次第にマリノスの攻撃が活性化。   エリア内にも 人数をかけている。    惜しい場面が多いので それを枠内へ入れてもらいたいところなのだが・・・。    OGではあったが 先制で マリノスも落ち着いた攻撃を見せている。    猛暑での連戦で フル出場している選手は かなりの疲労があると思われる。
なるべく早めに 少しでも多くの追加点を奪い 時間によっては疲労のある選手を休ませられるといいのだが・・・。
ただ前半のシュート数は サンガ5:2マリノス。    まだまだシュートが足りない・・・。

【後半】
後半キムに代え柳沢入る。   俊輔 久々の対戦!!レッジーナ以来か?
小椋DFから相手左CK はクリア。  初っ端からセットプレー。
46分相手右 兵藤のファール??で相手FK は折り返されるもオフサイド。

後半立ち上がりも京都の流れ。  
50分低い位置からのパスに ・・・ 中澤上がり 右の俊輔へ エリア右俊輔相手DFをフェイントで交わし丁寧にファーの中澤にクロス!  それを中澤丁寧に 折り返すが ゴール中央 坂田のヘディングはゴール右へ・・・><    これは決めなくては!! ゴール前に3人も味方FWがいたが・・・   またもや これ以上ない程の決定的チャンスに 決められないマリノス・・・><
俊輔右CKはGKパンチング。 

中央から右に飛び出した柳へ 柳のクロスに 中央頭で合わせられるもゴール上。  ホッ  しかし 早速柳にチャンス作られる・・・
62分千真に代わり山瀬投入。  
相手右サイドから中央へ 落としたボールをクリアに行くも左へ 左からシュート! が 何とゴール右に突き刺さり同点に・・・
1−1・・・   何ということだ・・・ 

65分中央高め DFラインからのハイボールを山瀬競り 右の俊輔へ 俊輔DF交わしクロス に坂田合わせるもDFに阻まれ上にあがった所をクリア。    それを拾い中央小椋〜右の俊輔へ 俊輔 山瀬へと送るが 山瀬のクロスは相手に当たりライン割る。     右高め スローインへ。

右高めスローインから パス交換 坂田が落としたボールを俊輔 中央から強烈シュート! はゴール右下でGK死守。 
惜しい〜〜!!   いいシュート!  
68分 左サイドパスから 左CK得る。  左CKはファーの栗原に合わせるも笛。

何とか流れを変えたいマリノス。
追いついた京都の攻撃は活性化。  決定的場面にきめられなかった事が今になって大きく響いている・・・
75分 右からのパスに 柳飛び込みシュートも柳のシュートはゴールギリギリ右。。。
京都の猛攻を必死でしのぐマリノス。
俊輔がボールをい持ってもプッシュアップが遅い!!!!!

どうしたマリノス!! 足が止まっている!!
カウンター 右 天野からクロス にゴール前 坂田飛び込むも 届かず。

マリノス 疲労で動けず。  交代はないのか?? ミスも目立つ
77分相手左CK は何とかクリア。
80分 松田に代わり河合投入。

82分エリア右高め  小椋ハンド取られ相手FK、サインプレー はクリア。
攻められまくりのマリノス。
85分坂田に代わり斎藤入る。

86分DFラインからのロングボールに斎藤 走りラインギリギリ間に合い右CK得る。
右CK俊輔 大きくファーに流れる。   俊輔も相当な疲労 ミス出始める。
それでも必死で前にボールを送ろうとする俊輔  周囲の動きがない・・・

88分河合〜俊輔〜斎藤とパス繋ぎ右俊輔 エリア内 兵藤へとスルーパス! 必死でチャンス作るもクリア。    周囲も疲れで動き鈍い。  
89分 俊輔〜中央河合が出したパスに エリア右 山瀬上がり 落としたボールに 走り込んだ河合が合わせ シュート! が見事 ゴール右上に突き刺さり追加点〜〜〜〜〜!!!!!!!!!! 
勝ち越し〜〜〜〜〜!!!  河合は初ゴール!! 

ロスタイム2分!!
試合終了〜!!! 勝った〜!!!!!
冷や冷やの 勝点3.   シュート数(16:5)を見ただけでも マリノスの試合内容が把握できる。
前半の決定機に決められなかった事が全て。  後半同点に追いつかれてからは 猛攻を凌ぐだけになっていた。    
しかし 最後に投入された河合が しっかり役目を果たしてくれた。
河合 さまさま。   
やはり選手達の疲労が 暑い京都で 予想以上に影響してしまった。
今日も決定機に中々 決められず追加点が奪えなかった事が 試合を苦しくしてしまった。

しかし 最後の河合の投入が見事当たった。  自分でパスを出し 自分でシュートに行った河合。  山瀬のあの位置へのパスも素晴らしかった。 お見事〜〜〜!!!

苦しかったが貴重な貴重なアウェーでの勝ち点3。   この勝ち点3は大きい。    連戦  アウェー そして猛暑 という3重の敵に打ち勝ったマリノス。    どうか ゆっくり しっかり 身体を休めて欲しい。  
posted by Hiro at 00:01| Comment(602) | TrackBack(0) | マリノス試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

第18節 清水エスパルス×横浜Fマリノス

第18節

清水エスパルス×横浜Fマリノス

               1−2

【得点者】兵藤(1分)俊輔(52分)
岡崎(29分)

【清水エスパルス】
GK西部 DF市川 岩下 平岡 大田 MF兵働 本田 小野 FW岡崎 ヨンセン 藤本
SUBGK武田 ボスナー 辻尾 伊東 山本 枝村 永井

【横浜Fマリノス】
GK飯倉 DF天野 栗原 中澤 波戸 MF俊輔 小椋 松田 兵藤 FWアーリア 渡邉
SUB秋元 金井 清水 山瀬 河合 斎藤 坂田
 

※猛暑過酷3連戦後、前節アウェーで仙台に1−0で勝利したマリノス。
今期開幕直前の膝の負傷で長期離脱を強いられていた松田が 俊輔の機転の利いたショートコーナーから見事 初先発で初ゴールを決めた。
松田はユアスタは初。     初づくしでの貴重なアウェーゴールが 猛暑の中必死に走る選手達に活力を与えた。
夜とはいえ30度を超え無風という 選手が熱中症で倒れるほど過酷なピッチでの激しいボール奪い合い、 マリノスにとってはアウェー続きで 強豪清水が相手・・・と 更に厳しい条件での対戦となるが 何とか勝ち点を持ち帰りたい所。
前節 仙台での競り合いで落下し腰を強打したFW小野は やはり痛みが完璧に引かず遠征には帯同せず。      代わりにアーリアが先発メンバーに入っての練習が行われていたようだ。
今日も松田の先発が濃厚。   「俊輔をもっと前で攻撃の仕事に専念させてやりたい」と 俊輔サポートにやる気満々の松田の嬉しい言葉に チームの迫力まで増したような気がする。  
一方 その俊輔はセットプレーからの得点の重要性を意識し 入念なFKの調整を行った。    壁君を通常より近くに置き 長時間居残りで何十本もゴールめがけて蹴りこんだ。
最近 JでもFKの際の壁までの距離を規定通りにとらない審判が非常に多い事からの この強行調整。    ボールの特性から 調整が難しいとされているFKだが そろそろ俊輔のFKからのゴールが見たい!   何とか勝ち点を!!     (清水は首位 マリノスは現在9位) 

【前半】気温29.2度  湿度84%  アウトソーシングは超満員。
予想通りアーリアが先発。  DF右に天野 センターに栗原と中澤 左に波戸。  松田と小椋のWボランチ。   トップ下右に俊輔 左に兵藤。 そして アーリアと渡邉の2トップ。 
マリノスは白いアウェーユニ。  
1分 小椋から右サイド飛び出した渡邉へ スルー 渡邉上がり右CKとる。
右CK俊輔 またしても初っ端から天野とのショートコーナー 戻ったボールを俊輔DF二人藤本 岡崎を次々とかいくぐり交わし 右足でクロス!! それをゴール前の兵藤がどんぴしゃで頭で合わせ マリノス 何と早くも先制〜!!!!!!!!!!
俊輔 見事なアシスト〜!!

4分中央岡崎〜兵働へ シュートはDFに当たる。
5分エスパ意義サイドパス繋ぎ藤本ミドルシュート はゴール右で飯倉キャッチ。
7分市川 一真と接触で倒れ一旦ボール出す。
9分左サイドパス繋ぎアーリア〜一真 シュートはゴール左。
10分右サイド市川のクロスに岡崎飛び込みヘディングシュートは バーの上で救われる。
11分左パス繋ぎ一真大きくサイドチェンジは やや大きく天野届かず。
11分左サイド兵藤インターセプトから渡邉へのスルーパスはGK。
しかし マリノスもいい攻撃見せている。

16分右サイド俊輔 天野パス交換から天野のクロスに兵藤飛び込みヘディングシュートは惜しくもゴールならず。
19分エスパ左サイドぱす繋ぎシュート は波戸クリアで左CKエスパ はクリア。    クリアから一気に左サイド俊輔から前線走り出した兵藤へスルーパス!! は惜しくも青手DFにおさえられ繋がらず。

22分右市川からのクロスはクリアで左CKへ。  左Cはクリア。 クリアが再三相手に渡り かなり引いているマリノス。
24分アーリア 俊輔パス交換からチャンス! 更に右サイド 俊輔倒されFK得る。 FK俊輔ひくめ ニアでDFクリアで上に〜左スローインへ。 スローインから左サイド パス繋ぐもライン割る。

29分相手のクロスクリアで右CK与える。 クロスのこぼれ球を中央から撃たれるも天野が飛び込み身体で阻止 左CKへ。   左CKのクリアがまた左サイド相手藤本へ  藤本のクロスに ニア 岡崎に頭で合わせられ失点・・・・・><
クリアボールからのクロスに対する守備が完全に遅れた・・・ 同点に追いつかれる。
その瞬間 岡崎はどフリーだった。  ニア 空き空きのDF。

34分右サイドパス繋ぎ俊輔ミドルシュート はゴール上。
清水 両サイドから積極的に精度あるクロスを入れてくる。  遠目からも積極的にミドルを狙ってくる  要注意。
41分中央アーリア粘りの突破〜左の波戸へ クロスはファー味方おらずライン割る。
同点に追いつかれてから エスパが活性化 俊輔が守備に追われ 中々高い位置で攻撃に絡めない。
中央小野 左からのパス受けミドルシュート はゴール左。
ロスタイム1分。  前半終了。 
立ちあがり マリノスの先制で いい動きを見せていたマリノス。  しかし同点に追いつかれてからは エスパが積極的な攻撃をみせ マリノスは中々 攻撃チャンスを作れない。     俊輔が守備に追われる時間が長く 高い位置で前を向けない。   後半何とか粘り 追加点を!!
アーリアが成長した姿を見せている。  低い位置で相手にボールが渡る場面が多いのは後半何とか修正したい。   岡崎をフリーにするようでは・・・><

【後半】
円陣組む前にも 選手達で話し合っているマリノス。  
45秒 DFライン低めでのパスミスから奪われ相手シュート! はゴール上で救われる。   おいおい・・・
2分中央俊輔 アーリアパスから右」サイド天野へ 天野上がりクロス にゴール前味方撃てず こぼれ球に小椋シュート! はゴール大きく上。

4分中央パス繋ぎ右飛び出した渡邉へ 一真シュートいくも右ネット &オフサイド。  惜しい!! ※詳細後ほど
5分エスパパス繋ぎ右サイドからクロス! クリアを左からゴール前へ縦パス入れられるもクリア。   からカウンター 中央俊輔から右小椋〜右たかめ一真 天野 俊輔とパス繋ぎチャンス狙う中  最後俊輔エリア右で押し倒されFK得る。   いい位置。   俊輔FK壁左巻いて ゴール右ぎりぎりに突き刺さる〜〜〜〜〜!!!!!!!!!! 2点目〜〜〜!!!
追加点!!!   昨日 練習した甲斐があった!!
ガッツポーズで走り出すと 芝に膝をつき 左足スパイクを何度もたたき大喜びの俊輔にチームメイトが一気に駆け寄り祝福〜!!!。笑
これぞ俊輔! 最高の瞬間!!!   1−2へ。  

9分 俊輔から一気に大きく右走り出した一真へ 右CK得る。 右CK俊輔 はGKパンチング  こぼれ球は相手倒れ笛。
守れ〜!! 失点だけはするな〜!!!

13分相手右サイド突破 やや遠目 松田が遮りイエロー 相手FKはクリア。  
14分右サイドパス繋ぎ俊輔エリア内へ突破! も惜しくもオフサイドの笛。   惜しい! 
16分アーリアのパスに 右サイド 天野上がりクロス は味方DFに阻まれシュート撃てず。 
一真に代わり山瀬投入。

17分中央やや左 ファールで相手FK はクリア。 クリアを繋ごうとするも相手岩下 波戸のクリアに対する後からのスパイク裏でのファールで 一発レッド!!   11:10に。清水 20分 小野に代わりDFボスナー191センチ 投入。

22分中央アーリア 山瀬でチャンス もGK。
パスを回すマリノス。  右天野からのグラウンダーのクロスに 最後山瀬詰めるもGK。  
24分中央小椋 兵働と接触でFK与える。  藤本FKは最後クリアで左DK与える。    相手左CKは ファーからのヘディングシュートを アーリアが見事クリア。  お見事!!  失点逃れる。 ホッ・・・

左サイドボールを回しながらチャンス狙うマリノス。詳細後ほど 
左CK得る。   左CK俊輔 ショートコーナー はDFに阻まれ 右ライン割る。 マリノスボール。

高いチでキープ パス回すマリノス。
山瀬のクロスに中ぷアーリア合わせにいくも倒されライン割る。
アーリアに代わり坂田入る。
右天野からのパス受けエリア右 山瀬シュート! はGK弾き右CK。 
右CK俊輔は DFクリアでファーに流れたボール栗原追うも相手DF倒れ笛。

35分左サイド坂田きりこみ 自らシュート もゴール左へ。   山瀬もいたが・・・  
36分左低めからのロングクロスに中央 頭で流され 岡崎飛び出しGKと1対1 シュートにいくも 撃ち切れず GK飯倉足広げ死守〜〜〜!!! ホッ
必死のエスパの攻撃を 強烈シュートをも 身体をはって凌ぐマリノス。 

39分松田に代わり河合が入る。 
39分右CK俊輔 天野とのショートコーナー から中小椋へ 〜エリア内へと縦パス も惜しくもDFに阻まれる。 惜しい!

40分中央ボスナー ロングシュート 触り 左CK与える。 左CKはクリアから右CKへ。  右CKは 折り返しを大きくクリア。
守れ〜!!!!! 
43分左サイド高めで キープに行くマリノス。
ロスタイム4分。 
試合終了〜〜〜〜〜!!!!! 2−1勝利〜〜〜〜〜!!!!!
首位 清水から勝ち点3!! 俊輔アシスト&ゴール!! 3月20日以来のゴール。   リベンジだ〜!!!  
やった〜〜〜〜〜!!!!!

試合後のインタは勿論俊輔 アナ「どんなゴールでしたか?」の質問に
俊「ん〜〜 (と首をかしげながら) 今まで結構全然入ってなかったんで ま〜ようやくというか ホッとしましたけど。   まあ大事なゴールで良かったです。」  
アナ「3月20日以来というゴールでしたが 直接FKというのは日本に帰ってから初めてなんですよね」
俊「笑 ちょっとね 時間かかり過ぎなのと ま 色々 なんか思ったより芝が短かくて 下から救えなかったとか 色々工夫してやっと入ったんで まあこの感触を持続出来れば と思いますけど。」
アナ「「しかも大事な一戦でとりましたね!」
俊「そうですね・・ みんな気持入っていたし はい あの〜 エスパルス強いんで まあアウェーで勝てて良かったと思います」 
アナ「このワンゴールは俊輔さんにとってどんなゴールでしょうか」
俊「ん〜・・・そうですね まあ ちと ファンにも マリノスのファンにも待たせすぎたというか はい これから続けられるように頑張りたいです。
アナ「また直ぐに試合もあります」
俊「そうですね。  ま 夏で 厳しいっすけど 頑張ります」 

以上! 勝った〜!!! この勝ち点は大きいぞ〜〜〜〜〜!!!!!
posted by Hiro at 11:03| Comment(608) | TrackBack(0) | マリノス試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

第13節 サンフレッチェ広島×横浜Fマリノス

Jリーグ第13節

サンフレッチェ広島×横浜Fマリノス

           3−0

【得点者】37分中島  39分佐藤 58分森崎


【サンフレッチェ広島】
スタメン:GK西川 DF森脇 ストヤノフ 槙野 MFミキッチ 青山 中島 服部 森崎浩 山崎 FW佐藤
SUB中林 横竹 丸谷 石川 清水 桑田 李

【横浜Fマリノス】
スタメン:GK飯倉 DF波戸 栗原 中澤 田中 MF小椋 兵藤 俊輔 山瀬 FW渡邉 アーリア
SUB秋元 金井 松田 清水 小野 斎藤学 坂田


※W杯中断から久々のリーグ再開。  猛暑続く中 マリノスはアウェーで広島戦というスタート。   
W杯での疲労の残る中澤選手も合流当時は別メニューをこなしてきたが 無事完全合流、 コンディション低下が見られていた俊輔も徐々に調子を上げこの試合に間に合わせてきた。  波戸 栗原も怪我から復帰 紅白戦ではボンバーがボレーでゴール 俊輔も見事なスルーパスを通すなど存在感を発揮している。   J再開戦 久々にベストメンバーで臨めそうだ。 
毎日続く猛暑での練習で 選手達は既に真っ黒。  給水に気をつけながらも 公式戦が待ち遠しいと言った感じで 表情は活き活きしている。   練習にまたユース高校生 小野がトップチームに昇格 広島戦にも制服姿で帯同 ベンチ入りが濃厚とされている。    もし俊輔が松田選手と同時に出場となれば 俊輔がイタリアへ旅立つ2002年以来 なんと8年ぶりに二人が同時にピッチに立つ事になる。
不安材料としては久々のしあいでの連携 そして俊輔の試合勘か。
一方ヒロシマは前節セレッソ大阪にホームで 0−5で敗戦している。
相手の山崎は元マリノス。 

【前半】晴れ 気温28度 湿度72% 
ボランチに小椋と兵藤 トップ下右に 俊輔 左に山瀬。
マリノスは白のユニ ブルーのパンツ。  俊輔は列の一番最後に並び登場。

広島パス繋ぎ中央〜右〜左へ 左サイドから槙野シュート は大きくゴール上。
ヒロシマ右ミキッチにパス通りクロス はクリアで右CK与える。 右CKは俊輔大きくクリア。
あまりいい入り方とは言えないマリノス。
中央山瀬倒されFKボンバー小椋 しかし連携会わず奪われ佐藤に飛び出されGKと1対1.  シュートはGK阻む。

10分低め 俊輔から一気に左サイド飛び出した山瀬へ 見事なロングスルーパス!  山瀬へ繋がりゴール前へ攻め込むも 相手DFに囲まれライン割りゴールならず。 惜しい! しかし大きなチャンス!!

13分中央パス奪った俊輔 相手ファールでリスタート すぐさま前線へクロス ! は僅かのところで相手クリア。
俊輔中央に。

16分俊輔 相手のプレスものともせず抜け出し鋭いスルーパス! 兵藤に繋がるも その後奪われる・・・><
俊輔心配された キレ 全く問題なし。 

18分右サイド兵藤へのファールでFK俊輔 は相手DFクリア。
細かくパス繋ぎながらチャンスを狙うマリノス。
22分中央俊輔 パス受けるとまた一気に前線山瀬へとスルーパス! 山瀬エリア右 あと僅かのところでシュートには持っていけず。
惜しい!

21分相手パスつなぎ森崎シュート! をボンバー 身体を投げ出しブロック!! ホッ・・・ お見事!

24分 相手のバックパス読んだ渡辺奪いエリア内へ そこへ俊輔ルーレットで受けながらシュートに持ち込むも倒され笛ならず そのこぼれ球を繋ぎ最後 田中シュート! は ゴール上。

28分俊輔 田中とのパス交換で左サイドからクロス!相手クリアのルーズボールから繋がれ右CK与える。  右CKはクリア こぼれ球 バイシュクルシュートもGK。
やや相手のシュート数が上回るもほぼ互角の戦い。 

左山瀬らの飛び出しは ストヤノフに何度も抑えられている。
33分右からのクロスクリアで左CK与える。  左CK 頭で合わされるもゴール左で救われる。   

35分右サイド俊輔〜パス繋ぎアーリアへ アーリア抜け出しクロス もファーサイド 誰もいないところへ・・・><    アーリアややミス多いか
37分自陣 左サイドからのクロスクリアが上に上りそのこぼれ球の競り合いから相手が落としたボールをシュート! 中島に決められ先制される。
38分中央 相手のロングクロスのクリアが相手に渡り 一気に右サイドミキッチに、飛び出されDF二人かわされクロス そのクリアも相手に渡り繋がれ 佐藤シュート がゴール左上に突き刺さり なんと2点目・・・><
クリアから全て 相手のチャンスになってしまっている。
 
前線でパスを奪われる場面も多い。 
ロスタイム1分。   前半終了。  2−0での折り返し。

【後半】
アーリアに代わって松田が入る。  小椋とのボランチか。 
中央森崎ミドルシュートはゴール上。
48分俊輔から右兵藤へ しかし兵藤のセンタリングは相手へ。
俊輔から前線渡辺へ しかし渡辺キープできず。
49分右低めから中央受けた松田あがり左の山瀬へ 最後田中のシュートはGK。
マリノス くさび もなかなかキープできない。
松田上り右の山瀬へ 山瀬落とし 波戸飛び出すも右山瀬へのダイレクトパスは僅か合わず。    イメージは良かったが・・・

56分右サイドスローインから一瞬の隙をつき俊輔ミドルシュート! GKキャッチ行くも滑りライン割り右CK得る。  (しっかり枠をとらえた強烈シュート)  右CK俊輔 山瀬とのショートコーナーからDFを切り返しでかわし クロス ! は惜しくもぎりぎりGKキャッチ。
58分左サイド 小椋? 田中?ドリブルで上がるも奪われカウンター 縦パス繋がれエリア右から攻め込み 左 森崎へとラストパス繋がれ森崎に3点目奪われる。   完全に崩された。   

59分中央低めでパス受けた俊輔 前線で1歩動き呼び込んだ渡辺へとピンポイント! 渡辺受けダイレクトで打つが 惜しくもゴール左へ・・・
惜しい〜!!  しかしこれぞ 俊輔 という見事なパスだった!!
俊輔が持ったとたん 出る と呼び込んだ渡邉の反応も良かった。

兵藤に代わって 小野が入る。  17歳。 トップ昇格したばかり。40番  頼むぞ〜!!

小野前線で懸命に追い回している。    
3失点に 顔をたたいて気合いを入れる俊輔。 
67分中央でパス受けた小野 素早いドリブルでDF置き去りにし渡辺へ! エリア右 渡辺受けるも僅か届かず ライン割る。   小野さすが 動きいい! 見事!

7分 左サイド 小野が倒されFK得る。 FK俊輔いいボール入るも 相手クリアで右CK俊輔 は


必死にチャンス作るマリノスだが なかなかシュートまで持って行けない。
ラストパスのタイミングがあっていない?  83分 山瀬に代わり斎藤入る。 
85分左サイド 俊輔へのファールでFK俊輔 GKキャッチにいくもキャッチできず右 ライン割る。   

何度もロングボールを前線に送る飯倉。   
しかし相手にパスを回されるマリノス。   試合終了。  3−0の完敗。
チーム内 攻撃の意思の疎通がいまいちなされていないようにも感じる。
連携も どことなくちぐはぐした感じがぬぐえない。  

ミスが目立ついい試合ではなかったが しかし俊輔のフル出場 そして小野の動きの良さには これから期待が持てそうだ。    パス1本1本 もっと大事に繋いでいかなければ最後まで行けない。    試合の入り方もよくなかったが 途中で奪われるシーンが多すぎた。
中盤でほとんどプレスがかからないまま たった2本のパスであっという間に自陣に攻め込まれる事も。   プレスが後出 後出。

どこが悪いと一言で言えないような試合内容だった。  
コンディションが心配された俊輔だったが かなり戻ってはきていると感じた。   所々多少のぎこちなさはあったが やはり決定的なパスを何度も出すあたりはさすが。   自らもシュートを狙う等 懸命の組み立て奮闘も  チーム連携や 選手一人一人のプレーの精度をもっと上げ ミスを少なくしていかないと なかなか いいパスを送ってもシュートまでは持って行けない。     失点の場面はクリアの仕方の問題=こぼれ球への反応 とその前の球際のプレスの甘さも。  

マリノスは全体的に相手より動きも遅く 運動量も こぼれ球への反応もいまいち 戦術も・・・?    
攻守に亘り 連携&意思の疎通がもっと必要。。。  相手よりも まず お互いのプレーの癖の把握も必要なのでは・・・?   
暑い中 相手はしっかり守って素早い飛び出しで一気にカウンター  サイドチェンジもうまく利用していた、  あれだけ回されると選手の消耗も激しくなってしまう。。。

今日の唯一の収穫は 何といっても小野!!  期待大! 

シュート数 20:9    BP48:52    
posted by Hiro at 11:56| Comment(505) | TrackBack(0) | マリノス試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

第10節 アルビレックス新潟×横浜Fマリノス

Jリーグ第10節

アルビレックス新潟×横浜Fマリノス

5日(水)午後15:50〜試合速報

                   2−1            
【得点者】渡邉(7分)
    新潟 チョヨンチョル(38分)マルシオ(65)

【新潟】4−4−2
スタメン:GK東口 DF西 千葉 永田 酒井 MF三門 小林 マルシオリシャルデス チョヨンチョル FW矢野 ミシェウ
SUB黒河 鈴木 中野 本間 田中 大島 ファグネル


【マリノス】4−2−3−1
スタメン:GK飯倉 DF天野 栗原 中澤 藤田 MF中村 小椋 水沼 山瀬 坂田 FW渡邉
SUB榎本 田中 清水 狩野 アーリア 兵藤 斉藤 


※ジュビロ磐田戦勝利からたったの中3日。   ゴールデンウィークでもあり この所みなとみらいには 多くのサポーターが訪れ 選手達の練習を見守っていた。     波戸選手の肉離れ離脱、 そして小椋の累積もあり ジュビロ戦では 俊輔と並んで金井がボランチ  右SBには天野が入った。    見事マリノスは俊輔の起点から 坂田が飛び出しクロス そのボールをエリア右から飛び込んだ天野が 肩で押し込み貴重な決勝ゴールをあげた。   天野はJ初ゴールだった。 
そんな中 これまでずっと痛みを抱えながら強行出場を続けてきた俊輔の左足にようやく回復の兆しが見えてきたという明るいニュースが舞い込んできた。    これまでガチガチのテーピング パットで 中々思うようなプレーが出来ずにいた俊輔は これまで控えてきたFK練習をようやく解禁。     紅白戦では 小椋とボランチに入りチーム攻撃を組み立てていた。    試合前日には軽いテーピングのみでFK調整。    元Mrマリノス10番大先輩の木村監督を傍らに 時折アドバイスを受けつつ 何本も決めるなど調子もアップ↑↑。 
俊輔の左足回復は チームにとっても大きな大きな好材料だ。  

今日は メンバーを入れ替え 前節ゴールを決めた天野に加え 水沼 藤田ら若手の先発が濃厚。    今日勝利すればマリノスはリーグ通産300勝目をあげたことになる記念すべき試合。  
ここは 何としても勝ち点3を積み W杯前 一気に上昇気流に乗りたいところだ。 

一方新潟は先日のアウェー神戸戦でようやく初勝利をおさめ最下位から脱出。   今回はホームでもあることから 絶対負けられない一戦と気合も十分、しかもここの所2連続で2ゴール とやや不気味さも持つ新潟、 厳しい戦いが予想される。
これまでのリーグ対戦では12戦で 5勝2分5敗。

【前半】
マリノスは白ユニ&ソックスにブルーのパンツ。   中澤右手小指と薬指に包帯を巻いての出場。
パス回すマリノス。  藤田から前線へ低いボール 水沼飛び出すもGK。
中央ハーフウェーライン付近かなり遠め 相手ファールでFK俊輔 一気にゴールに向けけりこむも 直接GK。   誰か飛び込む事を予想か。
4分左サイドインターセプトで矢野に突破され左CK与える。
CKは矢野が飛び込むもゴール大きくはずす。  中澤のDF。
飯倉膝を押さえ傷む。 も無事  相手選手と接触。

6分 右サイドDFラインからのパスに 渡邉競り合い そのこぼれ球を天野が拾い水沼へ 水沼ドリブルから DF間ふわりとやや浮き球のパス に渡邉飛び出し エリア右からシュート!!  見事ゴール左に突き刺さりマリノス 早くも先制〜〜〜!!!!!      
8分中央 渡邉からのパス受けた俊輔 右へのパスを相手が頭でクリア も上に上がり それを山瀬が空かさず拾いシュート! GK弾いたボールを 水沼更にシュート! は ゴール も惜しくもオフサイド。  惜しい!!!  いいぞマリノス! 
10分低い位置でのパス回しから中央 山瀬へのパスが相手に奪われミシェウに飛び出される も 中澤栗原 はさんでDF.  ホッ

11分チョが俊輔の後ろからプレスかけ一瞬奪われそうになるが 逆にチョ 自ら転び傷む。  右サイド天野上がりカウンターチャンス・・も チョ 倒れており 俊輔仕方なくボール出す。  
 
14分相手パス繋ぎ左サイドからミシェウ チョ ワンツーで突破〜シュート! は飯倉飛び出し死守。
14分左サイド坂田ドリブル突破からクロス にファーから渡邉飛び込むも ミートせず><  これは決めて欲しかった・・・><
15分中央 俊輔から浮き球パス 前線渡邉飛び出すも惜しくもオフサイド。
15分中央俊輔 後ろから来たマルシオにボール奪われマルシオ 左のチョとのパス交換かえら切り込み 最後こぼれ球矢野に拾われシュートも何とかクリア。  一瞬天野はボールを見失っていた。 ホッ
新潟はマルシオと チョ 矢野でチャンスを作っている。 危険!

17分右俊輔 水沼とのパス交換から 水沼クロス!相手クリアで右CK俊輔、DFクリアも そのこぼれ球 から 相手のバックパスに 飛び出した坂田 山瀬 エリア内で倒されるも笛ならずクリア。
坂田は完璧に相手の足がかかっていた。 怒!
右サイドスローインから 水沼〜山瀬ワンツーで繋ぎ山瀬シュート! はゴール右。。。惜しい!  

21分中央水沼?後ろから倒され奪われミシェウ突破 〜シュート というところで飯倉飛び出し死守。  藤田と交錯し 飯倉右でん部傷め立てず。  飯倉何とか無事。

中盤でパス繋ぐ新潟。 
27分自陣左サイド天野ファール?で相手FK、はクリア。 
右低め天野〜右サイド水沼へ 水沼仕掛けパス に渡邉飛込みシュート! はゴール左。  決めてくれ〜!!  

29分 セカンドボールを拾われる場面が目立つマリノス。 DFライン 一瞬ボールを見失う選手も。  
35分中央こぼれ球奪われ相手ミドル はゴール上。  相手の方がルーズボールへの反応がいい。

38分中央右自陣遠目 俊輔パスミスにフォローの小椋 矢野が倒れる.   笛と同時に前線へ大きくパス出した俊輔に何故かイエロー??  相手FKへ。  はクリア。   もそこからこぼれ球繋がれ エリア右へ  ゴール右で矢野シュート を一旦は飯倉が弾くも 更に それをループ気味のシュート! GKを超え ライン割ったか不明の中 小椋飛び込みクリアに行くが ゴールイン。  同点に追いつかれる。。。><
同点に 新潟の勢いが増す。

44分 パス繋がれ右サイド高め藤田 矢野倒しFK与える。  相手FKにゴール前 チョに飛び込まれるも ゴール左で救われる。  
新潟のチャンス続く。   危険!!
47分中央小椋当たられ相手突破 エリア左攻め込まれるもGK飯倉死守。

前半終了。   前半はマリノスが積極的な攻撃をみせていたものの 同点に追いつかれる少し前から 新潟にルーズボールを拾われる場面が目立ち相手に流れが。   同点に追いつかれてからは 完璧に流れは新潟ペース。   後半立て直しが必要。    相手 ミシェウ チョ 矢野 にチャンスを作られている。

【後半】 
中央こぼれ球繋がれ ミシェウ飛び出され左CK与える。 左CKは二アで合わせられるも 上に ファーで相手触り流れ救われる。
早速 チャンスを作る新潟。   
47分中央小椋DFでこぼれ球坂田拾い突破 そのまま切り込みシュート! DFに当たりそれを山瀬シュート!! はこれもGK.
48分中央低め 相手のロングボールを天野 頭でバックパスも失敗 相手に左CK与える。   左CKは中央混戦で右へと流れる。
50分藤田中央マルシオ倒しFK与える。    相手FKは壁に当たるも それをクロス ゴール左千葉に飛び込まれるもクリア。

52分中央低め 中澤 相手のプレスに奪われ相手突破 も最後相手のパスは俊輔のDF。  
俊輔がボールを持った瞬間の味方の動き出しがいまいち遅い。  
右サイド高め 俊輔〜水沼へ 水沼囲まれ相手に奪われる。  
57分中央山瀬から渡邉へ縦パス〜左の坂田へ 坂田エリア左からシュート! はゴール上。 天を仰ぐ坂田。
これは決めてくれ〜!!決定的。

パス繋ぎエリア左相手クリアで左CK得る。  ここで水沼に代わり狩野入る。   左CKはGKパンチング。  
62分中央狩野〜右俊輔へ 俊輔クロス クリアで右CK得る。 右CKは天野とショートコーナー  は最後GKキャッチ。

65分中央小椋奪われ相手左サイドへ展開 左からのクロスに中央DFクリアに行くも仕切れず こぼれ球 エリア右 後ろから飛び込んだ相手マルシオ シュート!
何とゴール中央に決められてしまう。  2−1に・・・><
相手は皆 フリー・・・ ><

67分中央狩野から 山瀬へ 山瀬落とし 右俊輔 バウンドボールをダイレクトで巻くような見事なピンポイントパス!!エリア左 坂田飛び込みヘディングシュート!!! も惜しくもGK.   決定的場面!!!惜しい〜!!!  これは決めて欲しい!! それにしても俊輔のパス 流石!!

68分山瀬に代わり兵藤入る。
69分エリア右いい位置。 俊輔へのファールでFK得る。 FK俊輔 ゴール左 ボンバー頭で合わせるも惜しくもゴール右上。 惜しい・・・!!
71分右サイド突破されミシェウシュート! はゴール右ネットで救われる。  危機一髪!  マリノス やや運動量落ちているか。

72分坂田パス奪われ 奪い返そうとしたところで 坂田にイエロー。
相手FK渡邉がクリア、 相手右CK与える。   相手右CKはクリア&相手ファールで笛。

藤田パス奪われ相手倒しイエロー。
マリノス メンバーが入れ替わった事もあるのか? ややドタバタした感じ。    パスを奪われる場面が多く 動き出しも遅い。
小椋ややミス目立つか・・・運動量多い事もありやや奪われる場面多い。
中央俊輔から右サイド天野へ 天野のクロスは GK。 味方触れず。

82分マルシオに足裏見せたと栗原にイエロー。 
坂田に代わりアーリア入る。  
ビッグスワンには41002人。 
87分右サイドアーリア倒されFK得る。    FK俊輔 中央栗原合わせるもゴール前相手DFで右CKへ。  右CK俊輔 は相手クリア。   相手カウンター 中央小椋ファールでイエロー。  相手FKからパス繋がれるも必死のDF。

ロスタイム何と5分!
中央小椋倒されFK得る。  ボール前には栗原と俊輔。
 壁近いとアピール。   俊輔FK 鋭いボールで直接狙うもゴールギリギリ右。  惜しい!!

95分矢野がGK飯倉に手をかけ キックの邪魔。 飯倉矢野を押したと 飯倉にイエロー 怒!! これは両者に出すべき!! 怒!!
試合終了・・・ 2−1の敗戦。

新潟は何と311日ぶりのホームでの勝利。 
中3日でのアウェー  疲労もあったのか メンバー入れ替えが影響したのか マリノスは先制したまでは良かったが その後 動きの速い新潟にセカンドボールを拾われ パスも何度も奪われ次第に新潟ペースに。   同点に追いつかれてからは 益々 新潟の勢いがアップ。
マリノスは 兵藤 狩野を投入するも 最後までゴールを割る事が出来ず 300勝目はならず。    

前線 攻撃陣にもっと俊輔のパスを引き出すような動き出しも欲しかった。  1対1での球際も 動き出しの速さも ホームの新潟の方が上回っていた。    ゴール前での威力もやや足りず  相手との気合の差を感じた。   相手のプレスに 消極的なプレー ミスも目立つ。  カウンター というところで下げてしまう場面も。  
前線に俊輔が上がっていた方が もっと決定的な場面があるような気がするが・・・。     特に山瀬 水沼が下がってからは 前線でチャンスを作る人間がいなかった。 

相手の素早いカウンターにイエローも多発。 相手0枚に対し マリノスは6枚のイエローを貰った。   
シュート数は 7:12.  ボールP 44:56
試行錯誤のマリノス・・・ 迷走・・・  
posted by Hiro at 22:57| Comment(744) | TrackBack(0) | マリノス試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

第7節 モンテディオ山形×横浜Fマリノス

第7節

モンテディオ山形×横浜Fマリノス
IMG_0073a.jpg
              0−1
           同時速報

【得点者】坂田(64分)

【モンテディオ山形】
スタメン:GK清水 DF宮本 西河 石井 石川 MF北村 秋葉 佐藤 宮沢 FW田代 古橋
SUB植草 園田 山田 下村 宮崎 大田 キムクナン


【横浜Fマリノス】
スタメン:GK飯倉 DF波戸 栗原 中澤 田中 MF小椋 金井 中村 山瀬 FW坂田 渡邉
SUB榎本 天野 ジョンドンホ 水沼 清水 バスティアニーニ


※10日 14日 17日の8日間3連戦。  しかも4人の代表組を抱えているマリノス、 セルビアに出場した俊輔 中澤 山瀬 栗原、は 3 7 10 14 17 の15日間5連戦、ピッチ状況も含め コンディション的にも かなり過酷な アウェー山形戦となった。

今回木村監督はは14日のナビスコジュビロ戦での動きがいまいちだった選手をスッパリ遠征メンバーから外し居残りを通達、 今日のこのメンバーを選んだ。
右足腿裏 左足の傷みをいまだ抱える俊輔はナビスコを欠場し回復に専念、 まだ完治には至っていないが 簡易プロテクターを装着して強行出場を果たす事が決まった。

しかし今日の山形天童市はこの所の異常な寒波で雪&霙。   気温も3〜4度とかなり低く北風もあり 怪我を抱える選手達にとっては かなり厳しいピッチ状況でのプレーを強いられる事になりそうだ。
選手達の怪我が悪化しなければいいのだが・・・。  
試合は無事 予定通り開始される事に決定したようだが 一方 マリノスのオフシャルの応援ツアーバスは郡山付近での通行止め?で この試合開始に間に合うか 今現在微妙な状況となっているようだ。 

両チーム 現在2勝2分2敗 勝ち点8と同じだが 得失点差で2上回り現在9位の山形に対し マリノスは7位。   
先日31日ナビスコ(ニッパツ)での対戦では 中々試合が動かず 後半58分 俊輔と山瀬の同時2枚替えでいっぺんに戦況が変わり 俊輔 中澤コンビでのセットプレーでようやくゴール 1−0で勝利した。

俊輔合流から見事な試合を見せていたマリノスだが どうも 俊輔が怪我で出場時間が短くなるのと同時にチームの結果も悪化する傾向にあり ここのところ勝利にも見放されている。    
俊輔頼みは決して良くない。  だがこの厳しい状況で 俊輔の先発強行出場も決まった。    
何とかアウェーで勝ち点が取れるよう 先発が決まった若手らの奮闘 アピールに 大いに期待したい。 

【前半】
雪?霙?は止み 現在スタジアムは曇り〜晴れに向っている模様。
朝からピッチの雪かきで何とか試合可能に。 俊輔はここのところ 左足でシュートを蹴っていない。  試合前のアップでも枠を何本か枠を捉えられないものがあった。   キムクナンはマリノスのレンタル選手。   

金井と小椋のボランチ。 坂田&千真の2トップ 山瀬は左 俊輔が右。   DFは田中 中澤 栗原 波戸で同じ。

一気にロングボールを入れる山形。 中澤がクリア。 
坂田飛び出しエリア左 落とし山瀬シュート! はGKキャッチ。
1分右サイド俊輔 山瀬とのパス交換 タメをつくりチャンス狙うも自らロングシュート! は坂田飛び込むもGKキャッチ。
開始早々チャンス作るマリノス。

3分DFラインパス繋ぎ 山瀬&千真シュート もDFに阻まれる。
ピッチ やはりかなり滑る模様。   しかしマリノスかなりボールを支配。   
9分相手右サイド突破クロス はGK
これまでのシュート数 マリノス3:1山形

13分山瀬〜渡邉〜坂田と繋ぎ坂田エリア左からシュート!!
は惜しくも左ポストに当たりGキックへ・・・ 惜しい!!
決定的チャンス!!  決めてくれ〜!!
今日は ピッチ状況が滑りやすい事もあり 選手の疲労も大きくなりそうだ。   今 俊輔左に山瀬右。 

18分中央山瀬から左の小倉へスルーパス 小倉のセンタリングに田中スルーは相手に、 更に20分金井のパスに山瀬抜け出しセンタリング 千真から坂田へと出すがDFに阻まれ・・ と再三相手エリアに迫るマリノス。   その左CK俊輔 ファーからボンバー身を投げ出し飛び込むもヘディングシュートは惜しくもゴール上。   惜しい!!
パス繋ぐマリノス。  後はゴールだけ!!

23分相手へのファールで小倉にイエロー。
中央左寄り遠目 相手のFKは3枚の壁に当たる。
26分相手のクロスが田中に当たり相手右CK、はショートコーナー  クリア。
その後 相手選手と浮き球を競り合った際に接触 俊輔左足接触で一瞬足押さえる。  冷っ!
金井のファールで相手FK は相手のFKが味方の頭に当たる。 珍しい・・・

29分山瀬のシュートがDFに当たり右CK俊輔 はファーの栗原に合わせるもDFに阻まれ僅か触れず。 惜しい!

30分相手パス繋ぎ右サイドからのパスに中央からシュート はバーの上。   やや押し倒された感もあるが・・・
高い位置からプレスをかける坂田。  裏への飛び出しもいい。 

34分中央俊輔〜金井へ 金井から前線坂田へスルーパス 坂田エリア左へと流れゴール前へクロス!に 渡邉胸トラップするも撃てず後ろの俊輔に 俊輔3人に囲まれてのパスが相手に当たりこぼれ それを渡邉拾いシュート! もやや弱くミートせず?GKへ。
チャンスは作るが最後が決まらないマリノス。

38分左サイド 強気のDFで相手から強引にボール奪う俊輔。  
42分自陣右サイドパス繋がれ相手に突破 右からシュート!?センタリング? は 誰も飛び込まずそのままは左へ流れ救われる。
やや流れが山形へ・・・

44分クロスが田中に当たり相手右CKは 直接GK。
ロスタイムなし。 前半終了 シュート数マリノスス5:山形2
前半何度か作ったチャンスにマリノスが決め切れなかった事で 次第に山形にパスが回り始めた。    後半もっと積極的な仕掛けが見たい!   千真の動きがどうも鈍いのが気になる。

【後半】
45分相手の突破に田中のDFクリアから右CK与える。 CKはクリアもこぼれ球クリアからまた右CK与える。
右CKをGKパンチングクリアも エリア内上がったボールを競り合った際 秋葉の腕が俊輔の顔面を直撃 強打。  俊輔顔押さえ倒れる。  相手秋葉にはイエロー。   口の辺りを何度も気にする俊輔  何とか無事の模様。ホッ 
48分中央でパス受けた山瀬 左サイドを自力突破。 も最後ややコントロール大きく そのままGライン割る。
パス繋げるも最後が繋がらないマリノス。  千真パス精度いまいち  どうした!?

54分右サイドでDF二人に囲まれながらもキープし繋ぐ俊輔。
55分相手選手交代。 
55分俊輔&田中から山瀬へ 山瀬左高め仕掛けるもライン割る。
56分右サイド突破されクロスにゴール前相手飛び込むも栗原必死のDF。   
この時間帯 やや山形に流れ。

59分中央やや右、俊輔〜渡邉に。 渡邉倒されFK得る。
ボール前には俊輔&山瀬。  壁5枚。
俊輔のFKはゴール右ギリギリ GKキャッチ・・・><  

61分自陣左 俊輔DF しかし相手にFK与える。 これがファールか??
相手FK クリアも左CKへ。  左CKは相手ファールで審判の笛。
マリノス 中々高い位置でボールが持てない。  

63分 中央左遠目 渡邉へのファールでFK得る。  FK俊輔 に坂田が見事頭で合わせゴール左ポストギリギリに決まりマリノス 待望のゴー〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!
お見事!!! 坂田の頭にどんぴしゃ!! 一気に坂田に駆け寄るチームメイト。  小椋と抱き合い山瀬とハイタッチで喜ぶ俊輔。 

時々口を押さえる俊輔、先ほどの所が痛いのか・・・
ボールをキープしながらチャンスを狙うマリノス。
70分パス繋ぎ エリア内 金井が倒されるも笛ならず!!怒!
73分相手 キムクナンが入る。 高さに要注意だ。

75分右サイド 山瀬のファールで相手FK与える。 
一旦は大きくクリアも 相手のグラウンダーのパスが一気に前線へとつながりシュート! という所で 飯倉がファインセーブ!! 失点免れる。 ホッ  危機一髪!  そのこぼれ球から相手クロス! は飯倉しっかりキャッチ。。。 
直後77分 エリア左ライン際  金井が相手倒しFK与える。 超危険な位置!!  相手古橋FKはゴール左上で救われる。

78分 千真に代わりバスティアニーニ入る。
やや選手に 疲れが見えてきたか・・・?
次々選手を入れ替える山形。
あと3分!!

89分俊輔に代わって水沼入る。
ロスタイム3分。 
90分相手エリアアーク付近 山瀬倒されFK得る。
そこで 坂田に代わり清水入る。
FKは山瀬か栗原か。 山瀬FKはゴール上。 

92分左サイド 相手倒しFK与える。 FKからクリアを再度クロス入れられるもオフサイド。  もう時間ない!!
試合終了!!!! 勝った!! 勝ちました!!!

笛と同時に ベンチに下がった俊輔らから笑みが。 
0−1で勝ち点3!! 4試合目の勝利!!
54分 俊輔のFKに坂田が綺麗に頭で合わせゴールギリギリ左に決めた。   坂田は決勝ゴールに 「俊さんがいいボールを蹴ってくれた キッカーさま様です。」とコメントしていた。
久々の先発起用で 坂田がしっかり 結果を出した。 おめでとう!坂田!!  そしてやっぱりそれを演出したのは今日も俊輔だった。
俊輔がピッチから降りた時 ユニには うっすらと血が滲んでいた。
口の中を切っていると見られる。

シュート数5;8  CK5:2  FK14:24 ボールポゼッション41:59.
試合後 木村監督は「疲れましたね。 もっとワクワクするようなサッカーができなくで申し訳なかったけど勝った事は良かった。 もっともっとどんどんパスを回すサッカーをやりたかったんだけど。 と。
また大雪の中 試合が出来るようにしてくれたボランティアの人達にも感謝の言葉も述べていた。
IMG_6807.jpg
確かに思ったようなサッカーは出来なかったかもしれない が・・・ この連戦、 慣れない雪の影響で滑るピッチの中 アウェーで勝ち点3をしっかり掴んだ事は拍手を贈るべきだろう。 
posted by Hiro at 11:08| Comment(522) | TrackBack(0) | マリノス試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

Jリーグ第4節 ヴィッセル神戸×横浜Fマリノス

Jリーグ第4節

ヴィッセル神戸×横浜Fマリノス

              1−1


【得点者】マリノス:渡邉(31分)
    神戸:ポポ(95分ロスタイムFK)

【神戸】4−4−2
スタメン:GK榎本 DF石櫃 北本 河本 茂木 MF松岡 田中 朴カンジョ ポポ FW大久保 都倉
SUB紀氏 宮本 富田 ボッティ 吉田 三原 小川 

【マリノス】4−4−2
スタメン:GK飯倉 DF波戸 栗原 中澤 田中 MF小椋 狩野 俊輔 兵藤 FW渡邉 山瀬
SUB榎本 矢野 藤田 金井 アーリア 河合 坂田

※相手GK榎本は元マリノスGKチームメイト。 当時は俊輔のFK練習の相手もしていた事から ある程度の癖は把握していると思われる。
一方 俊輔は最近これまでスペインで出来なかったW杯使用球での居残りFK調整を頻繁に行なっている事から かなりボールの癖は掴んだはず。  右足腿の古傷も少しずつ回復している模様。 

復帰直ぐにも拘らず正確なCKから栗原のゴールを連続でお膳立て 見事なミドルも決めている俊輔だが FKからのゴールはまだ。
是非 復帰初のFKゴールも決めて欲しいところだ。
しかしここ2連敗の神戸。 何としてもホームで勝利をと 攻撃の起点となる俊輔へのプレスが相当厳しくなる事が予想されるだけに 周囲の動きの質がかなり重要となる。    

ホムスタとの相性は決していいとは言えないが 俊輔も復帰、これまでのマリノスとは違う。  お互いを活かしあいながら今日も木村イリュージョンを繰り広げ 楽しいサッカーを見せて欲しい。
今日は岡田監督も観戦予定だ、栗原他 代表へのアピールにも大いに期待したい。 
獲るぞ!3連勝〜!!

【前半】天気晴れ  気温11度 
ホムスタは俊輔見たさにチケットの売れ行きが倍増。 
マリノスは前節川崎戦と同じスタメン。  狩野&小椋のボランチ 俊輔は右。
 
開始早々厳しい競り合い。 栗原と競った大久保が早くも倒れこみ担架で一旦ピッチを降りる。   そのFK相手左遠目はそのまま大きく流れGライン割る。     
2分栗原から一気に前線へロングボール も相手に渡り そこから神戸はロングボールで一気に前線左のポポへ ポポ頭でセンタリングはGKキャッチ。   大久保戻る。

7分右サイド神戸 ロングボールで前線朴に、朴落とし相手クロス は都倉飛び込むも飯倉キャッチ。 
8分渡邉?倒され中央FKかなり遠目、ボール前狩野&俊輔、 俊輔ふわりとエリア左の栗原?へ しかし僅かの所でDFクリア。  そのクリアを中澤が落とし 中央俊輔そのボールを拾い 次から次へと襲い掛かる神戸DFを見事なボール捌きで交わしながら前線へ。  魅せる俊輔。 
10分今度はFKクリアからの相手のカウンターを阻止しようと ポポから見事に奪い返す俊輔。

10分ミスパスから中央相手に渡り都倉ドリブル そのミドルシュートは飯倉ゴール右でキャッチ。  この試合最初のシュート。
神戸は右サイドからチャンスを作っている。  
11分栗原 都倉へのハイキックでドロップキックへ。  飯倉そこからGキックへ。

14分右サイド都倉へのファールでFK与える。  FK大久保 1人いた壁に当たり大きく上へ そのまま飯倉キャッチ。
15分 DFラインからのロングボールで右サイド上がった朴から走りこんだ石櫃へ 石櫃シュート はゴール左へ。  危険!
神戸のプレスもかなり早い。
 
17分左サイド田中から兵藤へ 相手クリアで左サイド高め田中のスローイン、から相手のクリアを兵藤受けエリアへスルーパス それを小椋が落とし 走りこんだ山瀬がシュート!は DFに阻まれるもそのこぼれ球を 兵頭シュート!!はGK触りゴール左 ライン割る。    惜しい〜!!   左CK俊輔 左CKはGK大きくパンチング。 

18分左サイド俊輔へのファールでFK俊輔 はGKキャッチ。
20分右サイド兵藤からのパスにエリア中央走りこんだ俊輔 DFを見事な足技で交わしながら千真へ  しかし千真タッチの差で相手DFに阻まれシュートへいけず。 惜しい〜!!  俊輔キレている。
21分中央低め俊輔倒されてのDFのFKから左サイドパス繋ぎ 千真〜山瀬落としたボールを狩野がシュート! はゴール上。 

23分右サイド低め 俊輔から一気に右サイド上がったか千真へパス通る 千真囲まれ〜俊輔へ戻し 俊輔ファーの狩野へパス も狩野の前に入った相手DFにクリアされる。 だがこれはいい形! 
そのクリアから 左サイド高めスローイン狩野 田中とのパス交換から最後山瀬シュート! は惜しくもゴール左。

相手のプレスも早くほぼ互角の戦い  しかし今日も 俊輔から何度かチャンスが生まれている。   ボール捌きも絶妙。

27分ロングボールに大久保に飛び出されるも栗原クリア。 大久保倒されたとアピールも笛はなし。   栗原先に身体入れていた。
相手右サイドスローイン 中澤一旦クリアも相手に渡り右サイドからクロス! 飯倉パンチングも エリア左外 ポポに渡り ミドルシュート! はゴール右上で救われる。
30分中盤でのボール奪い合いから神戸右へと大きくサイドチェンジ、そこから石櫃ドリブルで上がりクロス! 栗原頭でクリア 右CK与える。    
神戸右CK ややマイナスのパスにエリア中央大久保シュート はゴール上。

31分
Gキックを山瀬が頭で前線へ逸らし それに飛び出した千真が足を伸ばしシュート!! GKが前に飛び出してきていた事から そのままゴール!!! マリノス先制〜〜〜〜〜!!!!!  (山瀬が送ったボールを相手DFクリア出来ずそれを空かさず千真が押し込んだ)
  
32分自陣エリア右ラインギリギリ相手FK与える(理由判らず)  ポポ 後ろから走りこんだ朴とのサインプレーのシュートはDFクリア。 も右CKへ。   右CKはクリア。 
マリノスの攻撃もこれまで2戦とくらべるとうまく行っているとはいえない展開。  連動もいまいち。  そんな中 渡邉のゴールはチームにとっていい刺激。

37分右サイド俊輔 相手ポポに左足首蹴られ倒れる 左足押さえ一旦担架でピッチを降りる。 大丈夫か・・・   
しかし何とか無事戻れそう。 ホッ

39分狩野 茂木へのDFでイエロー貰う。  ここで俊輔戻る。
40分相手中央朴からで右石櫃へ 右CK与える。  右CKはクリアもそこからつながれまた右CKへ。
相手右CKはクリア。  しかし小椋のパスが直接大久保に渡りそのままシュート!は大きくゴール上。   この位置で危険!完璧パスミス!  

42分右サイド波戸〜俊輔 ヒールで山瀬へと流すもオフサイド。 惜しい。
相手右サイド高め 相手倒した田中にイエロー。 相手FK微妙な位置。    ポポFK 一旦クリアも田中に拾われゴール前へ 都倉のバイスクルシュートはゴール左へ。  救われる。

中央やや左 千真?倒されての小椋のFKから ファーの千真頭で落とし 中央狩野のシュート! はゴール上。   決めてくれ〜・・・
47分右サイド高め波戸スローインから右コーナーラインギリギリ 狩野 波戸〜俊輔へと繋ぎ 中央スペースへ 中央小椋ミドルシュート! は大きくゴール上。

前半終了。  ほぼ互角の戦いのまま。  マリノスも思ったような決定的な攻撃チャンスを作れていない。   中盤高い位置で中々ボールが奪えない。
前半シュート数は 8:7   CKは4:1    
先制シーンは相手DFのクリアミスと言える。  山瀬の流したボールにいち早く反応し飛び出した千真はお見事!  厳しい戦いの中のこの先制は大きい。    前半中々決定的な攻撃チャンスが作れなかっただけに後半立て直しに期待したい。 

【後半】
初っ端からロングボールを入れてくる神戸。
46分左スローインから左サイド山瀬へ通る もクロスは見方に合わず。  しかしいい形。  

48分波戸倒し都倉にイエロー。
俊輔があまりいい形でボールに絡めていない。。。 
50分左サイド中澤から一気に大きく右サイド駆け上がった俊輔へ 俊輔相手に倒されFK得る。   右ひざ押さえる俊輔。
俊輔FKは榎本キャッチ。

52分クリアから相手左CK、 クリアもまた右CK ファーでの相手のヘディングはゴール左で救われる。
中盤でのパスが繋がらないマリノス。
54分波戸粘り右CK俊輔 はゴール前味方のファールで笛。

59分神戸 一気にダイレクトで左前線へと展開 大久保のクロスにゴール右から朴が飛び込みシュート! はゴール上で救われる。
決定的場面。  これはまずい!!どうしたマリノス!!
神戸にペースを握られている。

62分中央やや左 都倉倒し相手FK 直接狙うもゴール右。
俊輔に松岡後ろからチャージ。 乗っかる。
中盤でボールキープ出来ないマリノス。  前線までパスが中々繋がらない・・・・
クリアこぼれ球も拾われている。  やや神戸優勢の展開・・・

相手のミドルから左CK与える。 左CKは飯倉キャッチ。
68分山瀬のキープから右CK狩野。 と 直ぐ笛。 ファールか? もったいない・・・><   審判こんな事位で笛吹くなっ!

神戸のプレスの早さにマリノスのパス繋がらず。
73分中央遠目相手FKはクリア&笛。    中澤靴脱げる。

74分狩野に代わり坂田入る。  山瀬トップ下か。
中盤で激しいボールの奪い合い。  ポポ倒した小椋にイエロー。
折角いい形でボールが入ってもロングボールを蹴ってしまう。
俊輔かなり疲れているか。  しかしこの展開に途中交代はまだ出来ない。

84分相手倒した山瀬にイエロー。 いったいカード何枚出すんだ!
相手のクロスクリアを繋ぎ右サイド俊輔ドリブルで上がり一気に山瀬へノールックでスルーパス! 山瀬GKと1対1 しかし惜しくも僅か飛び出し早くオフサイド。  惜しい〜!

85分左サイド 後ろから飛び出した相手のインターセプトから大久保〜都倉へ シュートは大きくゴール上。
86分自陣左サイド波戸パス奪われ 相手クロス! は大久保飛び込むも飯倉キャッチ。 危険!!  相手にパス奪われる場面多い。

神戸こぼれ球拾い猛攻。 
守れ〜〜〜 !!!!!
88分中央 俊輔へのファールで笛。 相手の焦りを引き出す。 
89分中央相手FK、一気にゴール前へ入れるもクリア。
ロスタイム何と4分!! 

90分右サイド 俊輔 山瀬とパス交換しながらキープしエリア内右 山瀬倒されるも笛はならず 相手に 相手一気に前線へ、大久保受けるも二人で奪い左サイド小椋が前線へ &クロス! 坂田飛び出すも僅かあわせられずGK.

92分渡邉に代わってアーリア入る。
93分相手左サイドからのクロスにゴールファー クリアで右CK与える。 あと45秒!!  右CKは一旦クリアも拾われ エリア左から大久保がクロス、 そのこぼれ球に飛びついた相手5番と栗原二人が交錯 何と 審判は栗原のファールとみなし相手にFKを与える。
エリア中央アーク かなり危険な位置。。。><

このジャッジは・・・??? ><怒!!・・・どちらがファールとも取れる。
ポポFK 何とそれが飯倉の手をすり抜けゴール右上に突き刺さってしまった。。。><
最後の最後まで守ってきた千真の1点・・・ 終了10秒前に個人技でいっぺんにやられてしまった。 
何という事か・・・ ><

第1節に続き またしてもロスタイム 終了直前に失点してしまった。
しかし 今日の神戸戦では 2節3節で見せたマリノスの勢いはなく 相手の素早いプレスと動きに中々 中盤でパスが繋げない。  先にロストボールを拾われ 俊輔が守備にかける時間も長かった。  

後半 選手達に疲労も見え始めたが 監督は途中交代を示唆していた俊輔をもフル出場させ 最後まで守っていた・・が・・ 結局 終了間際 どちらとも取れる審判のこのジャッジで相手にFKを与える事に。   
超危険な位置からのFKを相手ポポにしっかり決められ そのまま終了のホイッスルとなってしまった。
何とも悔しい結果。。。  身体を張ってDFした栗原を責める気にもならない。。。

しかし今日のマリノスは 本来のマリノスの攻撃が出せず苦戦、殆ど決定的チャンスを作れないまま終わってしまった。 
俊輔も前半見事な足捌きを見せていたが チームに連動がなく 中々いい形でボールに絡む事が出来ず 相手の素早いチャージにも苦しめられた。   
あと1点入っていれば 後半疲れが見えた頃の交代も有り得たが この展開での交代は 先ず無理。   結局90分フル出場となってしまったが 勝ち点3を掴みかけた所での 最後の最後でのこの失点は 何とも痛い結果・・・><  

シュート数 17:8  ボールポゼッションは50:50 
3連続勝利がラストワンプレーで幻となってしまった。。。  
しかし今回は結果以上に 内容的にも課題が残った。  31日にはナビスコもある。    もう一度気持を切り替え 修正立て直しして欲しい。
posted by Hiro at 11:24| Comment(457) | TrackBack(0) | マリノス試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

第23節 マラガ×エスパニョール

第23節

  マラガ×エスパニョール

              2−1  

【得点者】マラガ:フェルナンド(13分)ヌソフォ(74分)
     エスパ:Vルイス(45)

【マラガ】4−2−3−1
スタメン:GKムヌーア カメス ステパノフ ヴェリクトン トーレス MFフェルナンド トリヒオ Jロペス ベンアシュール ドゥダ FWカイセド

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFチカ パレハ Vルイス Dガルシア MFバエナ Jマルケス Lガルシア ベルドゥ カジェホン FWアロンソ
SUBアルバレス ロンカリア フォルリン 俊輔 モイセス サハル オスヴァルド

※現地 国内 共に俊輔の今後の動きが大きく噂される中 当の俊輔は負傷の右足がようやく回復、 チームに完全合流し 練習試合でも右ボランチに入りプレーするなど 次のマラガ戦に向け集中している。
一番いいのは スペインで 出場回数を増やす事。。。
しかし負傷にも拘らず出場させ悪化、 そして前節は 負傷が癒えたにも拘らずマスコミの騒動に反応しての突き放すようなコメント  そしてホームにも拘らず 結局メンバーにも入れないという監督の起用法に怒りを覚えたサポーターも多かった。
今節はアウェー、 今の時点でまだ遠征メンバーは発表されていないが 果たして移籍報道で揺れる 俊輔の名前は・・・   

一方 ベンサハルはイスラエル代表 俊輔も3月3日のバーレーン戦に招集された。  
12位のエスパニョールに対し マラガは現在15位。  マラガはスペインの一番南部にあたる。  
このマラガとは既に4節 ホームで対戦、先制されるも サハル そして俊輔のアシストからアロンソが見事ゴールを決め2−1で勝利している。    またあの時のようなピッチを走り回る俊輔が見たい・・・

Fマルケス コロは怪我。  フォルリンが復帰した。 
怪我がようやく回復した俊輔は何と5試合ぶりのメンバー ベンチ入り!   
黄色のアウェーユニのエスパニョール。

【前半】
1分ホームのマラガが中盤でボールを奪い両サイドからスルーパスを通し チャンスを作ってくる。   エリア内左 DFのクリアミスが相手に渡り相手が撃ちに行く所を倒す  も笛ならず救われる。  これはPKをとられても文句は言えない・・・ホッ
アウェーとはいえ 強豪相手というわけでもないのに この立ち上がりはどうみても良くない・・・。
DF まんまと裏を取られている。

4分右サイド DFクリアを相手に繋がれ右からセンタリング、に相手飛び込みあわや! というところで GKカメニ飛び出し足で死守! もこぼれ球拾われ エリア左からシュート! はゴール上で救われる。
失点は免れたが 危機一髪状態。   カメニお見事。
エスパDFどうした?? 後出 後出になっている。
スローインも味方に繋げず。

6分相手左サイドから右へ大きくサイドチェンジからクロス エリア内競り合うも そのこぼれ球を ダイレクトシュート! はミートせずエリア左の相手へ  シュート! も オフサイドで何とか逃れる。 ホッ     しかしエスパ 攻撃殆ど出来ず。
6分Gキックから 中央アロンソ競り合い落ちたボールをガルシア繋ぎ前線に走りだしたアロンソへ シュート! も直接GK。 惜しい!
エスパ最初のシュート。 
7分右サイドチカからスルーパス は 誰も反応せず。><

10分左マルケスから右へサイドチェンジ チカ?落とし 中央カジェホンドリブルで上がるもDFつめ 左のマルケスへ そのこぼれ球を最後ベルドゥシュート は 大きくゴール上。
13分中央左 カジェホン 相手倒しFK与える。 相手FKにゴール前 ピタリと頭で合わせられ あっという間にゴール左に突き刺さる。
何と 早くも失点・・・
相手のFKは絶妙なボールだった。   ゴール右 相手4人が同時に飛び込み エスパDFは 全く掴みきれず。   きれいにゴール左下に決められてしまった。    決めたのはフェルナンド。


14分右サイド低めパレハから 上がったLガルシアへ ガルシアクロスがDFに当たり右CK得る。
右CKガルシア 中央競り合い上がったボールを マルケス中央からダイレクトでミドルシュート! が相手DFに当たりゴール左へ。 左CK得る。  左CKカジェホン ゴールまん前へ入れるも競り合い上に上がりGKキャッチ。

15分またパレハから1発狙いのロングボールが前線に。   しかし大きく誰も反応できず。
20分 なかなかボールが落ち着かない。   エスパニョール連携どうもちぐはぐ  連動してない。 
22分パレハからマルケスに縦パス、そこから横パスを繋ぎ 最後ガルシアがミドルシュート! は直接GK。 
ようやくシュートへと持っていったが 相手のプレスも素早く 中々相手を崩せないエスパ。
その後両者共に 決定機に欠ける 静かなゲーム。。。 

26分DFラインから中央への縦パスに 味方後ろから倒されるも笛ならずそこから縦パス繋がれ相手シュート! は ゴール右で救われる。
中盤でパスは繋ぐも シュートまで持っていけないエスパ。    前線動き出しも悪い。
29分チカ倒され相手にイエロー。 

31分クリアから右CK与える。  右CK エリア右コーナー付近へのグラウンダーのパスに マルケスDF行くも相手が倒れFK与える。
かなり危険な位置。。。    俊輔なら一番得意な位置か・・・
相手FKは 壁に当たり救われる。    中央ハーフウェーラインへとこぼれたボールを 相手一気に右サイド高めへとロングボールを入れてくる。   DFを交わしクロス! はゴール真ん前 競り合い何とか阻止。  
40分相手早くもメンバー交代。  怪我か???

42分中央相手 インターセプトから左サイドへと展開 センタリング〜シュート! がDFに当たり左CK与える。   相手CKはクリア。
そこから一気にエスパカウンター  ロングボールに飛び出したカジェホンに繋がるも エリア右コーナー付近 倒され相手にイエロー、 FK得る。
これはいい位置。
45分FK Jマルケス  相手DFの頭をかすりやや方向がずれたボールに ゴール左下ギリギリ足を出し飛びこんだVルイスが 押し込みエスパついに同点に追いつく!!!


ロスタイム1分。    左サイド遠目 相手倒しカジェホンにイエロー。  相手FKはクリア。 前半終了。
前半 早めに先制したマラガもその後は決定的チャンスは作れず エスパも最後までパスが繋がらずゴールに繋がるようなシュートまで中々行けず。   殆ど見せ場らしい場面がなくこのまま折り返しかと思われた中、 前半終了間際 FKのセットプレーから 同点に追いついた。
こういう試合は やはりセットプレーが物を言う。   VルイスのDFと縺れながらの押し込みは見事。
前半のボールポゼッションは 48:52.    ゴールチャンスはわずか 1:1。    シュート数は4(1):5(3)だが 遠目からのシュートなどで 到底決定機といえるものではない。
また ポゼッションもエスパが上回ってはいるが内容的にはマラガの方が 崩せていた。    
後半ベンチ入りした俊輔の投入はあるのか・・・

【後半】
46分パレハからガルシアへ ガルシアから前線走り出したアロンソへと縦パス繋ぎ エリア右 飛び出した相手GKと交錯しアロンソ倒されるも PKならず。  コーナーすらもならず・・・><
今日の審判 かなり笛少ない。
4分中央から右ガルシアへ ガルシア落としチカクロス! もエリア内 味方は右に3人  ファーには誰もおらず。  もったいない・・・><

50分Jマルケス倒され相手にイエロー。    51分相手早くも二人目交代。
52分右ガルシアから右へ上がったベルドゥへ 右CK得る。   右CKガルシア 中央競り合いこぼれたボールを パレハから右サイドガルシアへ一気にパス。 
ガルシアコーナーギリギリ追いついたところで 相手DF阻止し右高めスローイン。
チカのスローイン、二アのアロンソ落とし 飛びこんだベルドゥがシュート!! は相手DFかすり惜しくもゴール右ネット。。。
ややこの時間帯 エスパ優勢の展開か。
右CKガルシア 味方頭で合わせるもミートせず相手DFクリア  も クリアしきれず チカがこぼれ球拾い右のガルシアへ ガルシアのクロスはDFに阻まれ 更にそれを拾ったチカから左へ展開  左カジェホン 中央へと切り込み仕掛け シュート!! はGK弾き こぼれたボールをゴール真ん前アロンソダイレクトボレー!! も何とGK真ん前。   ゴールならず。。。
これは決定的チャンスだった。   後半はエスパいい。

55分右 ベルドゥから右サイドガルシアへ ガルシア〜カジェホンへ カジェホンループ気味のシュート! が 何とGK届かずバー直撃!  こぼれ球DFクリアで左CK得る。   
56分左CK1本目葉クリアで 再度左CK。   ファーのVルイス頭で合わせるも ミートせず 上へ、 ライン割る。  Vルイスはユースあがりの超若手。

58分アロンソに代わり オスヴァルド入る。
60分左サイド低めVルイスから 前線へロングボール、オスヴァルド相手のクリアを拾いベルドゥへ ベルドゥから飛び出したオスヴァルドへ浮き球パス! もやや大きくGK。
61分左低めから一気に前線へロングボール、相手DFクリアが アシストした形となりそれを受けようと飛び出したオスヴェルド 相手に倒され笛。  相手にイエロー。 
FK得る。 中央のかなりいい位置。  (オスヴァルド 担架に座り 一旦ピッチ出る) ボール前には パレハとJマルケス。(ここに俊輔がいたら・・・><)

パレハのFKはカーブがかかるいい軌道も 惜しくもゴール左。 
エスパ後半はチャンスを作りいい攻撃を見せているが 中々ゴールに結びつかない。   ここで何としても追加点を奪っておきたいところ・・・。
64分DFクリアが中央相手に渡り そこから右へと展開 クロス! はゴールぎりぎり上。    しかしヒヤリとするボール。 
66分右サイド Vルイス相手倒しFK与える。   相手FK  ゴール真ん前カメニ 相手が迫り何とか弾き こぼれ球を自らクリア。
やや またマラガが盛り返してきたか??

69分 右サイド中央味方のスローインから 相手に奪われ一気にロングパス! それが繋がりDF足出すも間に合わず相手シュート!! はゴール上で救われる。
これは1点もの。。。 危険

70分またもや中央からの縦パスに相手オビンダに抜け出され あわや! もDFクリアで相手の左高めのスローインへ。
スローインからパス繋ぎ中央から右サイドへと展開  クロスがDFに当たり右CK与える。   右CKは直接カメニ。
72分 中央ベルドゥから右サイドチカへ チカのクロスに 二ア 味方触れず こぼれ球に左から飛びこんだルイスガルシア合わせるも 何とゴール右に・・・
これは決めなければ。。。

74分相手のクロスがDFに当たり左CK与える。   ゴール真ん前 頭で合わせ落ちたこぼれ球を 押し込まれ何と マラガ追加点・・・><2−1に。    
後半 エスパがいい攻撃を見せていただけに これは悔しい。   やはりいい時間帯にゴールが奪えなかった事が大きい。    またまたこれもセットプレーからの失点・・・
ここで失速しなければいいが・・・

77分Jマルケスに代わりサハル入る。  
80分右から左へとパス繋ぎ サハル からベルドゥへ ベルドゥ〜左上がったDガルシアへ  Dガルシアクロス! にファーのベルドゥ受けるもDF3人に囲まれ右のカジェホンへ カジェホンクロス に ファー味方頭で折り返すも ゴール真ん前味方DF&GKに阻まれシュート撃てず。    惜しい!

中々ゴールを割れないエスパ。
一方相手マラガは 時折投入したオビンダ?の飛び出しを狙い ロングボールを入れてくる。   がたいもでかく フィジカルの強いオビンダの飛び出しにはDFも必死。
82分エスパカウンター 左サイド つながり一気に前線へ  中央からのスルーパスにオスヴァルド走りこみシュートへと行くところでGK。   おしい・・・

84分左サイドバエナ倒し 相手ガメスにレッド 退場〜!  10:11に。
俊輔交代準備!!!
84分中央ベルドゥから右パレハへ パレハのセンタリングクリアで 右CK得る。  右CKカジェホン (俊輔はまだか??)
CKのクリアを味方 中央ダイレクトでうちに行くがDFに阻まれる。
85分ベルドゥに代わって俊輔入る!! 5試合ぶりの出場〜!!

積極的にパスを受けに行く俊輔。   
87分右サイドパス繋ぎ 右カジェホンクロス にゴール前 味方飛び込むもGKキャッチ。
右からパス繋ぎ左へと展開  Lガルシアのクロスは 味方には合わず。
左カジェホンから 中央俊輔〜 右のチカへ  チカが俊輔へと戻し 俊輔DF交わしゴール前へ丁寧なクロス!!  は飛びこんだ味方 DF二人に阻まれ惜しくも触れずファーへ。

45分左スローインから俊輔 中央バエナへ バエナ縦パス味方へ入れるも味方倒され繋がらず。
右サイドワンツー縦パス通り コーナー付近相手クリアで右高めスローイン。   
チカのスローインから 右低め〜大きくエリア左へ  エリア左オスヴァルドが頭で落とし 俊輔そのこぼれ球拾いDF二人を次々切り返しで交わし鋭いクロス!  は惜しくもGKキャッチ。
強烈シュートでも良かったが これはいいプレー。     オスヴァルドも回り込んだが ここは俊輔 自分で行きたかったのだろう。  見せ場だ!

ロスタイム3分。 
左サイドスローインから大きく前線へロングボール。  エリア内 味方頭で合わせるも 繋げられずオスヴァルドと競り合った相手が倒れ笛。   時間を稼ぐ相手・・・><
時間がない・・・
中々蹴らない相手GK。   大きく前線へ。   ライン割りスローイン入れた所で ついにタイムアップ・・・
2−1. 

エスパニョールは結局 またしてもアウェーで勝利をあげる事は出来なかった。   前半はマラガがチャンスを作り先制 しかしその後はマラガも決定機を作れず 逆に終了間際にエスパが追いつき同点に。  
1−1で折り返した後半 いい攻撃を見せたのはエスパだった。  
何度もチャンスを作ったが 中々ゴールに結びつかず いい時間帯に追加点が奪えない。       そこで追加点が入っていたら また違った展開になっていたはず。     
結局またマラガに流れが傾きはじめ 74分 またしてもセットプレーから  押し込まれ追加点を与えてしまった。

エスパは サハル  そして 最後俊輔も投入。    俊輔は 投入直後ボランチで中々前を向いて仕掛けられない状況だったが それでも右サイドからゴール真ん前への丁寧なクロス  そして終了間際 右サイドからのクロスの落としを拾い  迫った相手DF二人を次々と交わし鋭いクロス!!  惜しくも素早い反応を見せた相手GKにキャッチされたが 会場の相手サポからは 同点に追いつかれるのでは と 大きなどよめきが起こる等 積極的なプレーを見せた。

何と5試合ぶりの出場を果たした俊輔。    勿論 時間も短く 到底納得の出来るようなものではないだろう。    
しかし 移籍話で持ちきりの中 アウェーゲームに召集され 短い時間でも出場できた事は プラスに考えるべきか。。。
今週中にも クラブ間同士の話し合いから J復帰が決まると言われている俊輔にとって もしかしたら これが リーガ最後の いや ヨーロッパ最後の試合になってしまうのかもしれない。

2002年7月21日の国立 マリノス最終戦ベルディ戦を最後に 日本からヨーロッパへと飛び立った俊輔。    あれから8年 常にそのチームの為に 100パーセントを出し戦ってきた俊輔が今  長い長い旅の終わりを迎えようとしている・・・。       
しかし移籍は最後の最後までわからない。  正式決定がどうなるか 暫く 目が離せない状況となりそうだ。
エスパニョールは 次節24節 またアウェーでシェレス と対戦する。 

2010年02月15日

第22節 エスパニョール×デポルティーボ

第22節

エスパニョール×デポルティーボ

【得点者】
ベルドゥ(39)カジェホン(60)

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFチカ パレハ Vルイス Dガルシア MFバエナ Jマルケス Lガルシア ベルドゥ カジェホン FWアロンソ
SUB:アルバレス ピジュ フォルリン モイセス Fマルケス オスヴァルド サハル 

【デポルティーボ】4−2−3−1
スタメン:GKアランスビア DFパブロ コレット ロボ ラウレ MFトーマス ジュカ ペレス ロドリゲス ロペス FWボティボ
SUBマヌ カストロ グアルタド ドミンゲス バレロン セオアネ

※前節アウェーレアル戦で3−0の完敗をきしたエスパニョールだが 今日はホーム。   相手は6位のデポルティーボだが アウェーにはめっぽう弱いエスパだけに ここはしっかりホームで勝ち点3を掴まなければならない。

今季3節アウェーでデポルと対戦したエスパは 何と2−3で勝利している。   MFベルドゥは 元このデポルの選手。   そのベルドゥが古巣相手にアウェーでゴールを決め 派手に喜びを表した事にサポーターから大きなブーイングを浴びていた記憶も新しい。  ホームでのこの対戦にベルドゥはやや挑発的とも取れるコメントをする等 やる気満々といった様子だ。

また一時は引退も示唆したデラペニャは水曜 ずっと傷めていた右ふくらはぎの手術についに踏み切り無事成功 まだ2〜3ヶ月はかかる模様だ。
チカが前節の出場停止から戻ったと思ったら 今度はロンカリアがまた累積で出場停止。      一方 モイセスとフォルリンが怪我から復帰したのはいいが 今度はコロが怪我。   次から次へと怪我人入れ代わりのエスパ。   Bチームから若手選手を使ってまで凌いでいる・・・。   
そして俊輔。  ようやく怪我の回復に努めチームに完全合流したのはいいが 現地スポ紙の移籍噂騒動で 監督までがそれを意識、久々のベンチ入りが期待されたにも関わらず メンバーから外されてしまった。
Bチームの 全く経験もない十代の若手を起用しながらも 俊輔を投入しないあたりは全くもって不可思議としか言いようがない。   監督は戦術上の理由としているが これに納得する人はいないだろう。

俊輔本人が移籍につき何かを言ったわけでも何でもない。   ただ回復に努め頑張る としか言っていないにも関わらず スポ紙に触発され メンバー外にする監督には 強い怒りを覚える。  俊輔とほとんど年齢差もない若い監督・・・ 発言にも もう少し配慮が欲しいものだ。
同様 全く出場させてもらえないタムードも さぞかし悔しい思いでいるのだろう・・・

【前半】天気 曇&晴  気温8度
試合開始前 黙祷が捧げられている(理由は??)
キックオフと同時に 最終ラインDFパレハから一気に前線へロングボール入れたエスパ。   中央高め 競り合いで笛、FK得る。
ボールの前には Jマルケス パレハ ガルシアと3人揃り。 
Jマルケス直接ゴール狙うもゴール右へ。 

3分右サイド高め 相手のミスパスを奪った味方から右サイド上がったガルシアへ ガルシア〜チカ〜バエナと繋ぎ中央バエナシュート! はDFに当たりGKキャッチ。
(ここで会場から何やら拍手が。 何と女子のバルセロナダービーで エスパ女子が バルサ女子に4−0で勝利したらしい  女子強し!)

6分DFパレハから中央高めベルドゥ?へ ベルドゥから前線飛び出したアロンソへスルーパス! アロンソGKと1対1も僅か長くGK。 も GKキャッチ出来ず エリア左へと流れたこぼれ球をアロンソ拾いゴール前へクロス!  エリア右で受けたカジェホンシュート! はミートせず バンドしGKへ。
しかし開始からエスパいい攻撃を見せている。

7分相手Gキックから中央頭で前線へ流され 自陣エリア右 競り合うもクリアミスで落ちたボールを相手シュート!  はカメニしっかり判断し触らずゴールギリギリ左へ。

8分右高め 右サイドガルシアこぼれ球奪いアロンソからエリア右ガルシアへ アロンソへ戻しエリア右からシュート! はゴール左上へ。

9分自陣右 クリアミス拾われエリア右からクロス がDFに当たり右CK与える。  相手右CKは頭で合わせるも?上に上がりカメニキャッチ。
14分中央からの縦パス に相手に飛び出されるもカメニ飛び出しキャッチ。   14分自陣右からクロス がDFに当たり右CK与える。右CKはライン割り」笛で救われる。

16分右サイドガルシアからクロス ゴール前アロンソ競るも左へ流れカジェホンシュート! はDFに当たり左サイドスローインへ。

21分左サイド突破され中央へパス、 クリアミスで中央相手に、相手がシュートへ行く所で倒しFK与える。  エリア中央アーク付近。 かなり嫌な位置・・・
倒したDガルシアにイエロー。   その後抗議したパレハにもイエローが。   23分その相手FK中央 はゴール上で救われる。

26分中央やや左 バエナ押されFK得る。  FK Jマルケス。 は中央合わせに行くが相手DFクリアで右CKへ。  右CKJマルケス ファーを狙うもそのままGライン割る。   最近キッカーを任されるようになったJマルケス。。。
 
29分左サイドDガルシアへのファールでFK Jマルケス。 
FKの相手クリアが 中央味方に戻り一気に前線へクロス、カジェホン バランスを崩しながらもしっかり落としゴールまん前アロンソへ アロンソシュート! はGK・・・ 決定的チャンスだった。。。

32分相手Gキックから中央頭で前線へ流し落ちたボールをシュート! はゴール上。  デポルティーボは 何度もこのやり方でチャンスを作りに来ている。   

33分中央アーク 相手ミス見逃さず一気にベルドゥドリブルであがり左カジェホンへ カジェホンのセンタリングはDFクリアで左CKへ。
左CK LガルシアからややマイナスのFKの競り合い落ちたボールを中央シュート! に行くもDFに阻まれこぼれたボールを バエナから右のカジェホンへ カジェホンゴール前に スルーパス出すも味方には合わずGK.    チャンスは作るも中々ゴールが決まらない・・・

パス繋ぎチャンスを狙うエスパ。 
38分Gキックから中央落ちたボールをベルドゥから右サイドカジェホンへ カジェホンDFを交わしながらGラインまで粘りギリギリグラウンダーのセンタリング ゴールまん前ベルドゥ シュート!! 見事ゴール上に突き刺しエスパニョール先制〜〜〜!!!
カジェホンの粘りは見事。

43分自陣左 ハイキックで相手にFK与える。 相手FKクリアのこぼれ球から一気に前線左に飛び出したカジェホンへロングパス! もDFに阻まれ左サイドライン割る。

44分中央インターセプトから右サイド上がったアロンソへ アロンソからエリア右ガルシア そして左のカジェホンへ カジェホンの後ろを上がったDガルシアが折り返すも ファーへと流れ 拾ったガルシア粘るもライン割り笛。 
ロスタイム1分 中央アロンソ後ろから倒され笛。  前半終了。
ボールポゼッション56:44。 ゴールチャンス2:1   シュート数6(4):3(0)

ややエスパニョール優勢の展開。  前半にしっかり先制した事が 優位に試合を進めるきっかけになっている。   カジェホンのドリブル突破が チームの攻撃チャンスを作り出している。   
後半 追いつかれる事のないよう 早めに追加点を奪いたい所。

【後半】
50分パレハから一気に前線アロンソへ エリア右アロンソ頭で落としLガルシアシュート!! はゴール大きく上。
6分中央アークこぼれ球拾いベルドゥからエリア左のカジェホンへ シュート! はDFに当たりエリア右へ それをチカ拾いクロス ゴール前アロンソ競り合いあがったボールをJマルケス強烈シュート! はDF頭部に当たりGKパンチング。    当たった相手選手倒れ起き上がれず治療。   

9分右サイド上がったチカへのファールで相手トマースにレッド退場!!   FK得る。
55右サイドFKマルケス グラウンダーのボールクリアで右CK得る。  右CKはクリア も こぼれたボールを中央からミドルシュート!! GKが弾いたボールをゴール左で詰めたアロンソシュート! ゴールに突き刺すも何とオフサイド・・・  これはホントにオフサイドか??  出ていたのは他の選手だが・・・???
強気で試合を進めるエスパ。

58分右サイド 相手スローインからクリアミス奪い中央Jマルケスから左カジェホンへ カジェホン切り込みシュート!!! が見事ゴール右下に突き刺さる。  2−0に。   
カジェホン今日のプレーは見事! カジェホン今季2ゴール目。 お見事。

60分右サイドハーフウェーライン Lガルシア相手に倒され顔を抑え立ち上がれず。   会場サポから大きなブーイング。  
61分自陣左 インターセプトから 一気にスルーパス通され DF交わされGKと1対1 グラウンダーのシュート!! はカメニ見事なセーブ!!! でDFクリア。    カメニすげ〜〜〜!
(カメニはW杯で対戦予定のカメルーン代表GKだ・・・)
 
これは決定的チャンスを与えてしまった!  この時間帯どんどん攻め込んでくる10人のデポルティーボ。 

63分中央 相手のパスミス拾い右サイド上がったアロンソへ アロンソ落とし チカのクロスにLガルシア 頭で合わせるもゴール左上へ。65分アロンソに代わりオスヴァルド入る。   
  
73分右サイド高め相手ファールでFK Jマルケス ゴール前鋭いボール バエナ合わせるもミートせずDFクリア。 
左CK Jマルケス DFクリアが中央ガルシアへ ガルシア 左の味方へと繋ぎクロス! にオスヴァルド反応しヘディング! はギリギリゴール上。  もGK触り右CK得る。右CKは ファーでマルケス倒されるも笛なし。

77分右低め バエナ倒し相手にイエロー。
80分相手Gキックのクリアミスから エリア右 相手に渡りパス繋がれスルーパス! に抜け出されシュート ゴールも 完璧オフサイドで救われる。

中央マルケスファールで相手FK からこぼれ球を右サイドへと展開 チカから右ガルシアへ ガルシアクロスに オスヴェルド 頭で合わせ見事ゴール もオフサイド。   もったいない・・・

84分カジェホンに代わりモイセス入る。
カジェホンに大きな拍手。
89分右サイド高めスローインからパス繋ぎエリア右 Lガルシアシュート! はGKパンチング。 
ここでLガルシアに代わりFマルケス入る。 
ロスタイム3分。
試合終了。  2−0の完勝。 今年3勝目。  
ボールポゼッション61:39. シュートチャンス9:2  シュート数は15(9):4(1)

相手が早い時間に退場になり ホームで11対10人と優位に試合を進められた事が大きかった。 
6位相手にホームで先制し かなり攻撃的な展開を見せたエスパ。 
相手に決定的場面を与えたのは1度だけだった。   
カジェホン Lガルシア を中心に連動 若手Jマルケスの精度あるキックと技術もチームの攻撃を活性化させていた。   このところJマルケスがキッカーを任される事が非常に多くなってきている。

今日もスタジアム観戦となってしまった俊輔 チームのこの勝利をどんな思いで見つめていたのだろうか。   このレベルの高いリーガでポジションを奪い返す難しさは想像を超えるものがあるだろう。 
しかしレベルが高いからこそ 学ぶ事もそれだけ多いはず。
俊輔・・・ 周囲の騒ぎなど気にせず 自ら選んだ道を 悔いのないよう突き進んでくれ〜!!  
がんばれ!! 俊輔〜〜〜!!!   
 
       アロンソ

カジェホン  ベルドゥ  Lガルシア

    Jマルケス  バエナ

Dガルシア Vルイス パレハ  チカ

        カメニ

2010年02月06日

第21節 レアルマドリード×エスパニョール

第21節

レアルマドリード×エスパニョール

              3−0
  

【得点者】レアル:ラモス(4分)カカー(29)イグアイン(90)

【レアル】4−1−3−2ダイアモンド
スタメン:GKカシージャス DFアルベロア アルビオル セルヒオラモス マルセロ MFシャビアロンソ グラネロ カカー グティ FWラウール ベンゼマ
SUBドゥデク カゴ ラサナディアラ ドレンテ ファンデルファールト イグアイン

【エスパニョール】4−1−4−1
スタメン:GKカメニ DFロンカリア パレハ Vルイス Dガルシア MFバエナ Lガルシア コロ ベルドゥ マルケス FWオスヴァルド
SUBアルバレス ピジュ ディダック アマ Fマルケス サハル アロンソ


※前節ホームでのビルバオ戦でようやく勝ち点3を積みあげたエスパニョール。    その勢いを何とか強豪レアルアウェー戦にも持ち込みたいところだが 現在チームはタムード デラペニャ 俊輔だけでなくフォルリン モイセスも離脱。   更に痛いのは 前線で攻撃の要となっているカジェホンが 何と レアルから移籍の際 レアルとのアウェー戦には出場しない という契約を結んでいる事。  違約金?を払えば出場可能かという噂も出ているがおそらく無理だろう。

チカは出場停止で 俊輔の怪我もまだ完治には至っておらず 今回もカンテラからの若手選手が名を連ねる事になるだろう。 
俊輔にとっても このようなビッグクラブとの対戦に出られない事はとても残念な事。   2節ホームでは代表戦での負傷もあり後半は退いたものの いい動きを見せていただけに この一戦に出たい思いは相当強かっただろうと思われる。    負傷中とあって こればかりは仕方がないが 治療に専念し一日も早く完全合流できるよう祈るばかりだ。

一方レアルは前節、鬼門のリアソールでデポルティーボに3−1の勝利、首位のバルセロナとの勝ち点差を5とキープした。   しかし今季 世界が驚くような補強をしたレアルだ・・・それを思うとこの差は決して小さくはないだろう。     
ホームで 確実に勝ち点3を取りに来るであろうレアルに エスパがどこまでやれるのか・・・ 何とか意地と粘りを見せて欲しい所だ。  

【前半】天気    気温 度
2分DFラインから中央へ縦パスから一旦右サイドLガルシアへと展開 そこからクロスクリアのこぼれ球を 中央左Dガルシア空かさず拾いミドルシュート! は惜しくもゴール左。   エスパ最初のチャンス!

4分右サイドパス繋がれエリア右高い位置 アルベロア倒しFK与える。   FKグラネロ ファーから中央スペースへと飛び出したラモスに頭で決められ あっという間に先制される。。。><
9分左サイド高め コロ倒されFK得る。 FKLガルシアから ゴールファー ラインギリギリ折り返すも相手に渡り左サイドへクリア。 スローインもあっという間に奪われる。
11分相手エリアライン グティとベルドゥ接触でグティ倒れる。 口元押さえるも無事。

15分DFクリアから右CK与える。 グラネロの右CKはクリアも中央拾われエリア左へと展開 マルセロのクロスは カカー頭で飛びこむも あわせられず救われる。  ファーへのこぼれ球ラモスに拾われグラネロクロス! はゴール前味方クリア もそのこぼれ球をファーからマルセロシュート! は真上に上がりクリア。 ホッ レアル猛攻。

クリアから必死で凌ぎエスパカウンターベルドゥ〜コロ、も 最後のパスやや長くオスヴァルド撃てずGKへ。 惜しい。
19分左サイド カカードリブルで上がり一気にゴール前グティへ グティトラップ僅かあわずGK。 ホッ

確実にパスを繋ぐレアル。
22分中央Jマルケスから左サイド上がったDガルシアへ ガルシアのクロス!にゴール前コロ飛び込むも惜しくもあと僅かのところでGK. 惜しい〜!
23分マルセロ高い位置で奪い左らウールへ ラウールエリア左からクロス!そのクリアがまたラウールに戻りDF2人相手に粘り。  たまらずDF左サイドへクリア。    そのスローインからこぼれ球カカーに拾われエリア左からシュート!はDFに当たりライン割り左CKへ。
左CKグラネロはショートコーナーからファーサイド狙いクロス はあわせられずDFへのファールで笛。 

25分中央マルケスから左ベルドゥへ展開 ベルドゥ落とし Dガルシアクロス! の こぼれ球をコロ繋ぎ中央Jマルケス ループ気味シュート! はゴール大きく上。
 
26分レアル中央縦パス繋ぎエリア右のカカーへ カカーシュート! はゴール右ギリギリGKカメニ阻み右CKへ 右CKグラネロから中央またしてもラモスに飛び込まれるもヘディングはゴール左へ。   ラモスの打点高い! しかもゴール左にはベンゼマも更にそのボールに飛び込んでいる・・・  

29分レアル パス繋ぎ中央右からのグラネロのクロスにゴールまん前ラウール ヘディングシュート!! をGKカメニ弾くも ゴール右こぼれ球に反応したカカーに押し込まれる。    この反応の素早さ、しかもしっかりおさえて枠を捉えてくるあたりは 敵ながらあっぱれというしかない。 
早くも追加点奪われる。  2−0

31分オスヴァルド左サイド突破で落とし Jマルケス中央からミドルシュート がDFに当たり左CK得る。 ガルシアCKはややミスキック も競り合いこぼれ球右に流れたボールにベルドゥシュート? はライン割る。

32分肘いれたとバエナに対しカカー抗議。 自陣でパス繋ぐレアル。34分エリア右からのアルベロア グラネロとのワンツーからゴール前浮き球パス はカメニ必死に蹴り出しクリア。  危険!  
グティに対するマルケスのファールで FK与える。  中央遠目 グラネロのFKに ファー アルビオルヘディングはゴール右
で救われる。

36分右サイドアルベロア〜グラネロ〜カカーと繋ぎカカーのクロスに二ア ラウール飛び込みヘディングシュート!もカメニバーギリギリ触り出す。 危機一髪!  右CKへ。
右CKグラネロ 中央カカー落とすもDF大きくクリア。
これまでの決定機は レアル5に対しエスパ0。

37分オスヴァルド 競り合いでラウールの脇腹蹴りイエロー。 故意にも見えたが・・・
エスパ選手 今日はかなり見えないところで悪質なファール多い。 
40分エリアやや左 ベルドゥがグラネロ倒しFK与える。  超危険な位置。  グラネロFKはゴール左ギリギリGK弾き左CKへ。   左CK 二ア頭でで合わせられたボールを ゴール右カメニ必死で弾いたボールを ファーからベンゼマに撃たれるも ゴール上で救われる。。。 エスパ危機一髪の連続 

43分カカー左サイドドリブルで上がりクロス にパレハDFで左CK与える。 パレハ クリア時に足痛めた模様。 立ち上がれず担架で一旦ピッチ降りる。   心配そうなポチェ監督。  ピジュ アマ アップしているが・・・
相手左CK 二アに合わせ ラウールシュート! はゴール上で救われる。
前半終了。  ボールポゼッション64:36 ゴールチャンス8:0  シュート数 14(7):3(0) ( )は枠内
レアルの攻撃好調。  相手の突破の速さに ファールでしかとめられないエスパ。    あまりに早い先制に あっという間の追加点。 
やはり 力の差は大きい。。。
しかしこれ以上の失点だけは絶対避けたいところ。  もう少し意地を見せてくれ〜!!

【後半】
コロに代わりアロンソ入る。 右アロンソで2トップ。 パレハは続行。
パスが中々最後まで繋がらないエスパ。  
52分中央パス繋ぎ右ロンカリアのクロスがクリアがDFに当たり中央ベルドゥ〜ゴール左へと流れ エリアD左ガルシアクロス!! にエリア内 味方後ろから押し倒されるも笛ならず(怒!) そのままDFクリア。  

52分エスパDFライン Vルイス?インターセプトからそのままカウンター 中央突破から左へと繋ぎ エリア左 アロンソシュート!! はゴールギリギリ左。 惜しい! しかしようやくエスパのいい攻撃。GK触り左CK得る。   左CKは直接GKキャッチ。

54分中央左グティからエリア中央ラウールへ縦パス ラウールのパスにベンゼマGKと1対1もオフサイド。    ラウールのパスはおしゃれ・・・
55分相手左サイド突破から左カカーからのマイナスのパスに中央マルセロDF交わしシュート!はゴール右。      相変わらずパスが前線へと繋がらないエスパ。

58分マルセロ?からのセンタリングのこぼれ球 エリア中央カカーシュート! はポストで救われる。
59分ベルドゥ倒され相手ラモスにイエロー。

61分中央ベルドゥから左オスヴァルドへ オスヴバルドエリア左からシュート! はGK。
Lガルシアに代わりFマルケス入る。

67分中央ベルドゥ?からのパスに右サイド高めマルケス仕掛け倒されFK得る。 JマルケスFKはゴール左。
グティに代わりDFディアラ入る。  守備固めか。

69分自陣左サイドマルセロに対するファールでロンカリアにイエロー。  FK与える。  FKは直接GK。
71分左ロンカリアクリアが相手に。 そこから右サイドへと展開 アルベロアから中央へ グラネロの浮き球パスにアルベロアに飛び出されるも ゴール上で救われる。  危機一髪。   グラネロのパス・・・おしゃれ・・・  しかしこれは俊輔にも出来るはず。
72分パレハに代わりアマ入る。  ベンゼマに代わりイグアイン入る。

エスパが持てば必ず2人で奪いに来るレアル。  
75分右カカーから イグアイン アルベロア 繋ぎ 中央グラネロシュート がDFに当たりライン割り右CKへ。   右CKグラネロ、二ア味方競り合いクリアこぼれ球をファーから相手シュート はゴール上で救われる。

78分中央ベルドゥから右Fマルケスへ マルケスクロスはやや大きく ファー アロンソ拾いラインギリギリセンタリングもライン割ったとGキックへ。 
中々繋がらない・・・
79分中央相手のパスミス拾いロンカリア上がり落としJマルケスへ マルケスシュートから左CK得る。   左CKからこぼれ球マルケス中央からシュート はゴール左。 惜しい!

81分カウンター仕掛けるベルドゥをあからさまにひっぱりシャビアロンソにイエロー。  これはあまりにも・・・。
82分ラウールに代わりファンデルファールト入る。

殆ど攻撃の形を作れないエスパ。 右サイドFマルケスのドリブル突破から何度かチャンスを作るも クロスが 味方に繋がらない。 
86分左サイドマルセロ上がり 中央ファンデルに ファンデル ヒールで落としカカーグラウンダーのシュート! はカメニ ゴール下でキャッチ。  ホッ

88分中央アロンソから前線へ上がったオスヴェルドへ ラモスDFでエリア右へと流れたボールをオスヴァルドから Fマルケスへ マルケス仕掛けるもDFに阻まれ こぼれたボールを味方拾いエリア右のオスヴァルドへ オスバルドシュート! GK触り右CKへ。  右CKクリアもこぼれを Jマルケス強烈シュート! はゴール右。 

89分中央アーク付近からのファンデルファールトのロングボールに エリア中央相手イグアイン 見事なトラップでVルイスのDFをあっさり交わし 飛び出したカメニも交わしシュート! 何と終了間際に 個人技でゴール。。。
これには 脱帽というしかない。 
大きなレベルの差を感じた。  

90分左サイド 味方倒れているにも関わらず試合続行の相手に抗議しかけたアロンソにイエロー。 
試合終了。  3−0

やはりアウェーでのレアル戦は予想通りの内容となった。
BP61:39    ゴールチャンス11:1   シュート数22(10):10(3) 
数字からみた通りの 圧倒的レアル支配の内容。 
攻撃 守備 共に 大きなレベルの差を感じた。   
俊輔のいるこのスペインのレベルの高さ!! 受けてからシュートへ持っていくまでの攻撃陣の身のこなし・・・   改めて日本にいる代表選手らにもしっかり見て 勉強して欲しい。。。

  〜〜俊輔の一日も早い回復を祈ります〜〜

        オスヴァルド

Lガルシア ベルドゥ Jマルケス コロ

         バエナ

Dガルシア Vルイス パレハ ロンカリア

         カメニ
       4−1−4−1   

2010年01月30日

第20節エスパニョール×ビルバオ

第20節

 エスパニョール×ビルバオ

               1−0

【得点者】Lガルシア(57分)

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKアルバレス DFチカ パレハ Vルイス ディダック MFバエナ Jマルケス Lガルシア ベルドゥ カジェホン FWオスヴァルド
SUBJルイス コロ ロンカリア アロンソ ピジュ サハル Fマルケス
俊輔は怪我で2戦連続欠場。 

【ビルバオ】4−4−2
スタメン:GKイライソス DFコイキリ ウスタリツ アレモビエタ イラオラ グルペギ オルバイス イトゥラスペ ジェステ FWトケーロ ジョレンテ

※GKカメニが代表から戻り木曜からチームに合流。 早速ビルバオでの復帰なるか・・・と思いきやメンバーには入っていないようだ。  
チームは前節マジョルカ戦で 移籍仕立てのFWオスヴァルドがチーム久々の先制ゴールをあげたものの後半 思わぬ判定でのPKで同点に追いつかれるという何とも悔しい結果となってしまった。  

疑惑のPK判定に加え 大流血のアロンソは放ったらかし 更にモイセスと交代の若手の投入も無視・・・と審判の相次ぐ有り得ない行動に試合後 会場からは審判に大きなブーイングが起こった。    
PKを献上した形となってしまったモイセスは今回出場停止だが 左太腿を傷めたようで Dガルシアも負傷。  今日の中盤はバエナとJマルケスが濃厚か。     また加入間もないオスヴァルドがゴールを決めた事で チームはFWのスタメン争いが激化してきた。
一方 負傷離脱中の俊輔は 地道にリハビリを重ね順調に回復に向っている模様だが ビルバオでのベンチ入りは流石にまだ微妙ベンチ外が予想される。

ビルバオは現在8位と好調。 18節にはホームでレアルにも勝利した。  だがこれまでのホームでの対戦でエスパニョールは7勝4分と負けなし。     苦しい試合が続いているエスパだが 今日こそは絶対勝ち点3が必要だ。  
オスヴァルド2試合連続ゴールなるか。  ホームでの先制 そして今度こそ 最後に追いつかれる等という事の絶対ないよう しっかり最後まで集中して欲しい。


【前半】天気晴れ  気温14度
今日も移籍したオスヴァルドのワントップ。 
一気にDFラインから大きく右サイド前線へ ガルシア駆け上がるが間に合わずライン割る。  Dガルシアに代わりに入ったのはカンテラのディダック。

4分右サイドチカのクロスに エリア中央競り合いで相手選手同士二人が衝突し倒れる。  1名出血で一旦ピッチ降りる。

中盤では激しいボールの奪い合い続く。  出血の相手選手戻る。 も直ぐ今度はまた相手シェステがスライディングを仕掛け自ら負傷しピッチ出る。

12分中央マルケス奪われ相手突破から右サイドへと展開 もオフサイドで救われる。   低い位置でのプレスには要注意だ。
13分DFからのパスが 右サイドチカへ通り チカからエリア右ガルシアへ 相手クリアで右CK得る。 
右CKガルシア は一旦クリアでもう一度ガルシアに戻りあげる。 ゴール前オスヴァルド ゴールを背に オーバーヘッド気味ボレーで反応も大きくゴール右へ。

14分パレハのパスがカットされ 相手一気に左サイド突破 パレハのバックパスに相手トケーロ詰めGKあわや!必死のクリア。 危険! バックパスは要注意!
ここで相手選手戻る。

15分チカのファールで左サイド相手FK与える。  一気にゴール前へ。 GKアルバレス 飛び出し競り合いの中 必死に手を伸ばしキャッチ。

17分中央パレハのインターセプトから左ディダックへ から一気に前線へセンタリング は DFに当たりそのこぼれ球を中央カジェホンシュート! はゴール右。   
(ここで相手 先程負傷しピッチを降りていた選手ジエステが交代。 やはり無理だったようだ)

19分右カジェホンドリブルからクロス DFクリアから右CKガルシア得る、 CKガルシア ファー低めのマルケスシュート もミートせず こぼれ球奪われ一気に相手前線へ  もインターセプトで奪い返しDFラインから左サイドへと展開 も競り負け相手へ。 相手右サイド突破しクロス! はミスで大きく直接GKへ。 

21分相手中央 こぼれ球から強引にミドルシュート、 はゴール大きく右。
会場から今日も 21分に拍手。 (ハルケの番号)

21分右サイド相手パス繋ぎミドルシュート! はゴール右で救われる。  相手ビルバオ 遠目からもどんどん撃ってくる。

22分右サイド チカのスローイン受けガルシア〜マルケスへ マルケスからエリア中央ガルシアへ縦パス ガルシア更に右サイド上がったチカへ。    チカのクロスに ゴールファー カジェホンシュートに行くもDFに阻まれ撃てず。   一旦はエスパにボール戻るもパス奪われ
23分相手左サイド高めからのクロス!は何とかクリア。

26分DFパレハからのロングボールのクリアこぼれ球を右サイド チカが拾い 右ガルシアへ ガルシア落とし 中央カジェホンから前線オスヴァルドへスルーパス! に足出すもGKに阻まれる。   これは決定的! カジェホンのスルーパスは見事! オスヴァルド決めなくては!!

26分右低め こぼれ球拾ったパレハそのままま前線へとオーバーラップ ガルシア落とし カジェホンからスルーパス にパレハ上がるも間に合わず。    カジェホン 何度も中央でチャンス作っている。
その間左サイドは?? ディダックが上がっている模様。

27分Jマルケス右サイド ドリブルでジリジリ上がりDF交わし切り込みシュート! が 相手DFに当たりボールの方向が変化 GKギリギリ触り左CK得る。   マルケスもいいが相手GKの反応は見事。
左CKガルシア ファーで味方の折り返し はGK.

30分中央左低めから大きく右ガルシアへ ガルシア粘り右高めスローイン チカ。  スローイン受けたガルシア粘り右CK得る。  右CKガルシア ファー 味方頭であわせるもこぼれ一旦クリア こぼれ球をDFから右サイドカジェホンへ  クロス入れるも相手の顔と手?に当たり倒れる。   カジェホン ハンドだとの主張は通らず。 
相手選手今日は次々傷みご難・・・笑

33分相手選手またもや出血で治療。
しかし今日は エスパ サイドがオーバーラップしている・・・ 
34分左マルケスから大きく右サイドチカへ展開 チカそのままダイレクトで中央へセンタリング 味方飛び込むもやや遅く触れずクリア 左CK得る。  しかしエスパいい展開! サイドチェンジも効果的。
左CKガルシア は相手DFクリアも 中途半端でそこから繋ぎ右サイドへ パレハ ベルドゥとのワンツーから抜け出しクロス! はDFクリアで右CK得る。   CK何度目か?  エスパいい攻撃!
右CKガルシア ファー味方頭で合わせるもクリア がエリア左カジェホンに渡りカジェホンシュート! はゴール大きく右へ。

37分エリア中央 ベルドゥに対するファールで相手にイエロー。
エスパいい攻撃の形を作っているが 中々ゴールだけが決められず。
相手中央FKからクリアも自陣右サイド カジェホンボール奪われ中央へ〜クロス! はGKキャッチ。    

39分中央 相手倒しJマルケスにイエロー。
相手FKゴール前 GK競り合いもキャッチできず 相手のヘディングは大きくゴール上へ。    相手選手足傷めたか? 

43分左サイド一気に飛び出されクロス はクリア。 から一気にカウンター中央マルケスから大きく前線へ オスバルド飛び出し右サイド GKと1対1. 相手GK一気に飛び出しヘッドで必死のクリア。

44分エリア右高め 飛びだしたカジェホン倒しFK得る。  FKガルシア、二アで相手DF頭で触りあわやオウンゴールか!というボールを またもやGK見事な反応で触り左CKへ。   左CK ファーにパレハ飛び込むもファール取られ笛。
エスパ猛攻。   ロスタイムは4分。

45分相手Gキックのこぼれ球拾い 中央ベルドゥドリブルで突破、エリア左へと侵入し倒れるもPKはなしで左CKへ。  左CKガルシア二ア低めは 一旦クリアも 中央こぼれ球マルケス拾い飛びだしたベルドゥへ縦パス! エリア左 ベルドゥ 倒されるもPKならず。 首を押さえられたとベルドゥ主張も認められず。

45分DFラインVルイスからのロングボールが一気に右サイドカジェホンへ通る カジェホンドリブルで切り込みシュート はDFに当たる。
前半終了。
エスパ再三のチャンスも結局ゴールだけは奪えず。  何と9回もあったCKも全て実らず。   オスヴァルドがゴール前で中々ボールに触れていない。   チャンスの多さに対し 決定的な場面はやや少ない。   後半 何としてもゴールを!!
前半ボールポゼッション60:40.  シュート数4(1):2(0)   CK9:0
今日はしっかりパスが回っている。  後はゴールだけだ・・・

【後半】
開始早々 チカ倒される。 
(アロンソアップ始めるも頭には痛々しい白い絆創膏)
中盤で激しいボール奪い合い。
50分右サイド高めスローインから ワンツーでパス繋ぎ ベルドゥからオスヴァルドへ オスバルドエリア右 ヒールで落としガルシアのパスに最後ゴール前 ベルドゥ合わせるもゴールならず! 惜しい〜!!
ベルドゥ 決められず頭抱える。    しかし最近では見られなかった このスムーズなパス交換! 見事!! そろそろゴールのにおいが・・・
このとき相手DFがオスヴァルドとの接触(顔面に肘)で直後倒れ治療。 既にこの選手頭にも包帯を巻いている。 ボール際は厳しい。 右CKはクリア。       

52分相手右サイドDF二人交わされ突破 から中央へパス スサエタ のシュート! はゴール上で救われる。  これは危険!!1点もの。    直後相手の左からのシュートがDFに当たりこぼれたところを再度シュート!! はGK何とかキャッチ。  危険!
54分右サイド突破しようとした相手倒しバエナにイエロー。
だんだん 試合が荒れ気味に・・・
相手の厳しいプレスに 会場からも大きなブーイング。

57分中央カジェホン突破から左サイド上がったベルドゥへ ベルドゥからエリア左のJマルケスへ マルケスシュートのGK弾いたボールを右からガルシア飛込み見事ゴ〜〜〜〜〜ル!!!!! エスパ先制〜〜〜〜〜!!!!!ガルシア!!!
相手立て続けにチャンス作る。

何とかもう1点! 1点差は何が起こるかわからない!
65分左サイドカジェホン突破から倒されFKから右サイド チカ粘り右CK得る。
カジェホンに代えてコロ入る。 カジェホンに会場から大きな拍手。
右CKガルシアからゴール前パレハ落とし コロヘディングシュート! は相手GKの見事なセーブでゴールならず。 惜しい!

68分ベルドゥ左肘傷む。 オーバーヘッドでのクリア失敗か?
相手左サイド突破から左CK与える。  CKは何とかクリア。
72分左サイド DFディダック 苛だった相手に故意に倒される。
ピッチまたボコボコ。

76分相手左サイド突破から左CK 一旦クリアもまた右CK与える。 右CKはクリア。
78分相手の猛攻を必死で凌ぐエスパ。 
79分GK競り合いでアルバレス腰傷める。 大丈夫か。

80分オスバルドに代わりアロンソ。   オスバルドにも会場から拍手。
84分中央相手倒したコロにイエロー。 相手FKはGK飛び出すも触れず 相手にキープされるがクリア。 ホッ
守れ〜!! あと5分!!

86分左サイド相手倒したチカにイエロー。
相手FKからこぼれ球はギリギリGK。 ホッ
ビルバオ猛攻。  相手シュートはDFに当たり救われる。 必死で凌ぐだけのエスパ。 

88分エリア左 バエナ相手倒しFK与える。 危険な位置。
ここでベルドゥに代わりロンカリア入る。 
相手FKは GKパンチング。
ロスタイム4分!

相手右サイド突破から右CK与える。  右CKはアルバレス競り合いも必死のキャッチ。
チカ 足傷めたか? 

ロスタイム3分相手左CKから右サイドで繋がれるも相手のミスでライン割る。 ホッ
右サイド相手FKは GK大きくジャンプでキャッチ。
前線まで来ていた相手GKがキャッチ後ちょっかいを出し相手GKにイエロー。

試合終了〜!! 1−0で勝利!! ようやくようやく勝ち点3!!
喉から手が出るほど欲しかった勝ち点3.  
今日は 今までのチームとは別のチームかと思うほど オーバーラップも頻繁 パスが良く回り 連動し いい攻撃チャンスを作っていた。 

50分にはベルドゥの決定的場面も作ったが 57分ようやく待ちに待った先制ゴールをガルシアが決めた。  その後ビルバオの攻撃が活性化 中盤では益々激しい奪い合いが続き やや荒れ気味となるが エスパはビルバオの攻撃を必死のDFでそれを最後まで守りきった。 
カメニ合流も今日もスタメンとなったGKアルバレスは 練習で相手のハイボールに対する練習を何度も行っていた甲斐があったのか 高さのあるボールに 必死に喰らいついていた。  
(カメニは やはり代表での精神的ダメージから今回は外れたようだ)

後半含めたボールポゼッションは52:48.  ゴールチャンスは5:1
シュート数8(4):4(1) だった。
久々にスペインサッカーらしいエスパニョールのサッカーを見る事が出来た。   スタジアムで観戦していた俊輔もこの試合を見てまた改めて発奮したのではないだろうか。     
次はあのレアルと アウェー戦だ。    厳しい戦いが続くが ようやく連動し始めたチーム、何とかアウェーでも粘りを見せて欲しい。 

       オスヴァルド

カジェホン   ベルドゥ   Lガルシア 

     Jマルケス  バエナ

ディダック Vルイス  パレハ  チカ

        アルバレス       

2010年01月23日

第19節 エスパニョール×マジョルカ

第19節

エスパニョール×マジョルカ

              1−1

【得点者】オスヴァルド
マジョルカ:パレロ(PK)

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKアルバレス DFチカ Vルイス モイセス Dガルシア MFマルケス Lガルシア ベルドゥ オスバルド FWバエナ カジェホン
SUBJルイス ピジュ アマ Fマルケス サハル コロ アロンソ
※俊輔 デラペニャ タムードは怪我で欠場

【マジョルカ】4−2−3−1
スタメン:GKアヴァデ DFホセミ ラミス ルベン コラレス MFスアレス バレラ カストロ ペッツォラーノ FWケイタ
SUBルクス フェリペマッティオーニ ヌネス アルバレス ルイスマルティ ブルーノシナ セルシ

※俊輔は前節アウェーオサスナ戦前の練習で右腿裏を傷め 別メニューだったにも関わらず後半頭から出場。
悪化はどうやら避けられたようだが やはりその後も完全別メニュー調整のまま いまだ回復には至っておらず 今日の試合は 欠場が濃厚だ。   次節復帰に向け一日も早い回復を祈るばかりだ。

前節オサスナ戦では ガルシアが累積、ベルドゥ フォルリンも離脱で チームは開始から たったの8分で2失点。
それを取り戻すべく 後半から俊輔が投入され負傷を抱え奮闘したが 流れがエスパに傾くも ゴールは最後まで割れず。    最初の2失点をひきずったまま 2−0の敗戦となってしまった。
毎度毎度 俊輔の起用法 投入状態に不満もあるが 少しでも多くの出場機会を求めている今 そんな不満も言っていられないのか。。。

現在エスパの攻撃には殆ど連動らしい連動は見られない。   復帰したら スタートから俊輔を中央高めで長時間起用してみて欲しいと願いは募るばかりだが  監督をはじめ チームメイトにもそんな俊輔のプレーの意思はまだ届いていないようだ。 
そんな中 セルティック時代の監督ストラカン氏が出場機会のない俊輔の今の状態を心配し オファーを打診してた事が現地スポ紙により明らかになった。
勿論 それに俊輔が心を動かす事はないだろうが そんなストラカンの気持ちは今の俊輔にとって涙が出る程有難く 大きな励みになっている事だろう。   
(ストラカン氏は俊輔のJ復帰の強い意志&セルティックとの契約延長断りを確認後 自らもセルティック監督退任を発表、2部に落ちたミドルズブラ立て直しのため呼ばれ現在ミドルズブラの監督となっている)
http://shun-celtic.seesaa.net/article/131316302.html

チームは現在14位。   ホームでもある事から今日は勝ち点3をしっかり積みたい所だが 相手は4位と好調のマジョルカ、 厳しい試合が続く。   フォルリンもまだ別メニュー パレハ ロンカリアも累積で出場停止とDF陣は不安でいっぱいだ。
これまでの両チームの対戦成績は エスパ18勝 マジョルカ17勝 引き分け7 とほぼ互角だが ホームではエスパが強さを見せている。

【前半】曇 14度
今日もカメニは代表不在でGKはアルバレス。 怪我のフォルリン 累積で抜けたパレハ ロンカリアに代わって DFは右からチカ モイセス Vルイス Dガルシア。  バエナとJマルケスの2ボランチ。 
中盤は右にLガルシア ベルドゥ 左にカジェホン と代わらないが 何とFWワントップに先日イタリア・ボローニャから加入したばかりのオスヴァルドが入った。    

2分DFラインインターセプトから一気に前線のオスヴァルドへ オスヴァルドへ通るもDFに奪われる。  その後クリアが一旦エスパの中盤に渡るもまた奪われ一気に相手左サイド突破。   チカスライディング行くが交わされクロス! クリアから左CK与える。
相手左CK二アのこぼれ球をエリア中央でクリアミス(空振り)も何とか味方のフォローでオスバルドへと繋がるもまた直ぐ奪われる。   そこから一気に相手右サイドへ大きくロングパス通り センタリングに中央あわや! というところで何とかDF3人必死のクリア。
開始早々あまりいい入り方が出来ていないエスパ。

4分右サイドJマルケス相手倒しFKから一気にエリアへ はクリア。
エスパのパス中々前線へと繋がらない。
5分相手左サイド ピッチに足をとられ転倒のミス から一気にカジェホン左サイド突破、パス繋ぎ好機狙うも相手DFに阻まれる。

7分相手中央縦パスから左へ展開 グラウンダーのクロスはGKキャッチ。
9分Gキックが左高めのカジェホンに。 カジェホンドリブルで中央へと仕掛けシュート! はDFに当たりゴール右でGKキャッチ。 CK取れず。

11分パス繋ぎ左のDガルシアへ ガルシア一気に前線へクロス! もゴール前味方には合わず エリア右へと流れたボールをベルドゥ追いつきセンタリング、にガルシア走りこみエリア右からパス!? Jマルケス飛び込むもGKに阻まれ ライン割るもCKは取れず。 

15分左サイドカジェホンドリブルから左CK得る。 左CKLガルシア は直接GK。
17分中央やや右相手FKから大きく左サイドへ パス繋がれ必死のクリア〜右チカ〜ベルドゥへ。   ベルドゥ右サイドから中へと上がりループシュート!はGKキャッチ。

18分中央パス奪われ相手右サイドへと展開、センタリングのこぼれ球シュート! はGKアルバレスゴール右下で死守。 ホッ
19分中央相手のパスミスから繋ぎ エリア右のカジェホンへ! もオスヴァルドスルーせず触ってしまい カジェホンへと届かずDFクリア。   右CK得る。  右CKLガルシア。 はファー狙うもクリア。

ようやく流れがややエスパに傾き始める。 
21分ハルケのナンバーに今日も拍手が起こる。 
21分エリア右コーナー付近 いい位置 チカ競り合いで倒されFK得る。  ボール前にはLガルシアとJマルケス。  Jマルケス直接習うもゴール右。   惜しい・・・

24分中央遠目オスヴァルドファールで相手FK は直接狙い ゴール右上 アルバレス触り右CK与える。   右CKクリアが相手に渡りシュート はDFに当たりそのクリアも相手に、 しかし相手ピッチで滑る。   まだまだピッチ状態は良くないコルネジャ・・・

29分左サイドから中央Jマルケスへ マルケスシュート もDFに当たりGK。
31分中央カジェホンインターセプトから一気に前線飛びだしたオスバルドへ オスヴァルドゴールを背に胸トラップしオーバーヘッド!!
も 惜しくもゴール上。   

34分前線でパス回し中央ガルシアから右のカジェホンへ カジェホンクロスクリアから左CK得る。    左CKガルシア 味方飛び込むもGKパンチング クリアを繋ぐも結局DFに阻まれ撃てずクリア。
クリアボールを中央 相手選手同士二人接触で倒れ こぼれ球拾いチカから前線右へ、グラウンダーのクロスにモイセス?飛び込むも笛。
なぜ故? オフサイド??  ファールか??

中央でまだ倒れたままの相手FWケイタ。 
37分相手DFラインからのロングパスが右サイド高めに通りクロス クリアから右CK与える。   あいて右CKはクリアで相手右スローイン。      右スローインクリアから一気に右サイド Lガルシアへと繋ぎセンタリングをオスヴァルド受けるもミス?で相手に。

38分中央インターセプトから一気にまた右のガルシアへ ガルシア〜中央オスバルドへ渡るもDFに阻まれ撃てず右サイドへ チカ追いつきクロス も大きく直接GKキャッチ。
流れはエスパだが 中々決定的チャンスが作れない・・・
中盤での相手のプレス素早い。  
前半ロスタイム 中央右 ガルシア倒されFK得る。 FKJマルケス ゴール前にいいボール、混戦の中 クリアも 中央バエナ スライディングで奪いクロス も精度なく相手に。   もったいない・・・

前半終了。  0−0.  開始はいい入り方ではなかったが 次第にエスパに流れが。   しかしそのいい流れも結局ゴールには結びつかず。  決定的チャンスと言える場面は中々作れず。   後半何とかゴールを!
ボールポゼッション65:35.  しかしゴールチャンスは0:0.
シュート数は6:4も 枠内は 0:2 とマジョルカが上回るという内容。

【後半】
48分 DFから右チカへ エリア右 チカDFに阻まれ右へ上がったガルシアへ。   ガルシアの低目のクロスにオスヴァルド ダイレクトでシュート行くもDFに阻まれこぼれたボールをすぐさま左足でシュート!! 見事GKの股間を抜きゴールに突き刺さり エスパ待ちに待った先制〜〜〜〜〜!!!!!
オスバルド移籍後初ゴール!!!  1−0に。
次々駆け寄り祝福するチームメイト。  開場一気に盛り上がる。


55分右スローインから右サイドオスヴァルドドリブル突破、エリア右 倒されるもPK獲得はならず。 
57分中央インターセプトから前線へスルーパス、それが味方のスルーで一気に右サイドオスヴァルドへと通る。   オスヴァルドのクロスに ゴール前ベルドゥ頭で合わせるもゴール左上。

60分中央低めインターセプトから左のスペースへ 受けたオスヴァルド ドリブルで切り込みシュート! は大きくゴール右上。 
ピッチのめくれをなおすオスヴァルド。

62分左サイドスローインからパス繋ぎカジェホンから大きく右のガルシアに ガルシアのセンタリングに中央カジェホンシュート!! は大きくゴール上。

63分自陣左高めモイセスDFで相手にFK与える。  FKクリアから繋ぐも中央マルケス倒されFK得る。   FK大きく前線へ その相手のクリアが ゴールファーのカジェホンへと渡りカジェホンシュート! はGK触りゴール上。   左CK得る。  左CKガルシアはファー狙うもGK。

66分DFラインからのロングボールクリアが中央相手に渡り相手シュート! はGK。
次々メンバー交代させるマジョルカ。  67分右スローインからパス繋ぎ中央からシュート!! はゴールぎりぎり右で救われる。
やや マジョルカの攻撃が活性化。    点差はたったの1点、要注意だ・・・

68分左サイド高めカジェホン倒されFK得る。   流れが相手に傾いてきた所でポチェ監督が動いた。
ベルドゥに代えアロンソ。  オスヴァルドに代えFマルケス投入。
左サイドFKは直接GK。

70分自陣左 モイセスファールで相手FK与える。 危険な位置・・・><    モイセス足痛め担架でピッチ出るのかと思われポチェ監督は次の投入選手を用意。    交代のボードまで掲げられたにも関わらず  モイセス続行。    ポチェ監督「どうなってるんだ!」というジェスチャーで やや怒った様子 交代はなしに。

相手FK。 はポスト左上に当たり 跳ね返った所を開いてヘディングも上に上がりGKキャッチ。 ホッ・・・

73分右サイド低め 奪いそのまま右サイドガルシアへ ガルシアDF交わし突破クロス! にゴールファー カジェホントラップ&シュート! はゴール大きく右上へ。
決定的チャンスだったが どうやらピッチに足を取られている。

75分DFラインVルイスから一気に前線へロングパス エリア左アロンソへと通るが センタリングがパスミスに。 惜しい・・・
77分中央遠目バエナ&ガルシア挟んでのDFに相手FK与える。
相手FK大きくゴール前へ。  すると笛!? は??
何と エリア内で相手を倒したとモイセスにイエロー。 PK!!
どうみても シュミレーションに近いような倒れ方。   このPKは有り得ない!!!怒!!

モイセス次節出場停止。 しかも抗議したVルイスにもイエローが!
開場からは 大きな大きなブーイング!!
相手PKパレロ ゴール右上に決め1−1同点に追いつかれる。
このPKは あまりに酷い・・・
これぞ1点差の怖さ・・・><

81分モイセスに代わりアマが入る。。。? DFアマはユースの選手。 デビュー戦だ。
すると突然 左サイドでパス繋がれシュート! はGKが弾くもこぼれ DF必死のクリア。   モイセスがピッチを降りたにも関わらず アマがまだ入っていない状態で 試合が動いている!!
いった審判いどうなっているんだ!!?有り得ない!!

開場は大騒ぎ 監督は激怒!!
どうやらモイセスとアマは交代のタッチをしたにも拘らず アマのナンバーが掲示されてなかったのか待てといわれ入れず。   そのまま試合が動いたという信じられない状況。

84分右サイドチカ上がり 浮き球パスにガルシア?サイド飛び出しクロス! ファーでアロンソ頭で合わせるもDFにさえぎられ 上に上がりクリア。
アロンソ 流血!!も試合止まらず。  そのまま今度は中央Jマルケスから左サイドカジェホンにスルーパス通る! グラウンダーのパスは相手に渡りクリア。 もったいない・・・ アロンソまだ出られず。

85分中央マルケスファールで相手FKからのパス奪い 右サイド Fマルケスへスルーパス、も中央右倒されFK得る。 
FK中央右遠目 ボール前にはガルシアとマルケス。  アロンソここで処置。。。
ガルシア サインプレー マルケス撃つもDFに当たり相手へ。

87分中央相手倒しFK 折角のクリアもパスミスでまた相手に エリア左からDF交わされクロス! ゴールまん前 こぼれ球撃たれるも必死のDFでボールはゴール上。 救われる・・・><
しかし 個人技でDFを交わしクロスをあげてきた相手・・・すげ〜
危機一髪!!

ロスタイム4分。
激しい奪いあい。 ロスタイム3分左スローインからヒールパスで繋ぎクロス!にファーサイド飛び込みダイレクトシュート!はゴール大きく
上で救われる。
試合終了 1−1. 
開場から大きなブーイング。   勝ち点3がPKで逃げていった。
試合後 ガルシア審判に何か言っていた。  

待ちに待った折角の先制も 思わぬPKで またするすると勝ち点がこぼれてしまった。  ホームという事もあり エスパはボールを持つ時間も長かったが 中々追加点が奪えない。 結局はそれが響いた。 
これがPKかと審判の判定にも?だが 今回も結局ホームで 大事な勝ち点3を積めなかったエスパ。    いつもこういうゲームで こんな事で勝ち切れないのが今季のエスパだ。    何とももったいない・・・  

オスヴァルド

カジェホン  ベルドゥ   Lガルシア

    Jマルケス  バエナ

Dガルシア Vルイス  モイセス  チカ

       アルバレス
      4−2−3−1

2010年01月16日

第18節 オサスナ×エスパニョール

第18節

 オサスナ×エスパニョール
                         パンブローナ
             2−0

【得点者】
オサスナ:フアンフラン(6分)パンディアニ(8分)

【オサスナ】4−4−2
スタメン:GKリカルド DFアスビリクエタ モンレアル フラーニョ セルヒオ MFネクナム フアンフラン カムニャス ニペル FWパンディアニ アランダ

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKアルバレス DFDガルシア ロンカリア パレハ Vルイス MFJマルケス カジェホン サハル Fマルケス モイセス FWアロンソ
SUBJルイス 俊輔 コロミナス チカ ピジュ オスヴァルド バエナ

※2010年初戦バレンシア戦は アウェーでロスタイムに失点し 掴みかけていた勝ち点1を落としてしまったエスパニョールだったが 前節ホームでのサラゴサ戦では先制しその後オウンゴールで追いつかれるも 見事追加点を上げ2−1で勝利、 久々の勝ち点3を手にした。 
しかしその勝利も 俊輔の出場ならずで 喜びは半減。     それでも前向きにアピールし続ける俊輔に 何とかチャンスを与えて欲しいと願いは募るばかりだ。

現在チームは13位。  ガルシアが出場停止で フォルリンが右足腿 ベルドゥが左足内転筋を傷めているが今日の試合にまだ間に合う可能性もある。 
 
また アルゼンチンから新たにレンタル加入したオスバルトも既に練習に参加して来るなど、 依然スタメン争いは激しい状態が続いている。 
相手オサスナは14位だが アウェーでもある事から今日も厳しい戦いが予想される。   これまで練習の紅白戦などでは ボランチでプレーしながらずっと好調さをアピールし続けていた俊輔だが 昨日 遠征直前 練習中に右足腿裏を傷め途中離脱したとの情報が入った。 
怪我の程度についての詳細はまだ判らないが 何とトレーナーと共に遠征に帯同しているようだ。  大丈夫なのか・・・ 益々厳しい状況となってしまった。   一日も早い回復を祈るばかりだ。  悲。。。

ひらめき追伸・・・結局 ベルドゥもフォルリンもチームには帯同しておらず。    
右足腿裏に怪我を抱えている俊輔が帯同した事に驚いたが 何と欠場決定的と思われた俊輔が ベンチ入り!!

これまでの対戦成績は エスパ22勝 オサスナ20勝 引き分け14でほぼ互角。   だが オサスナはホームでは強さを見せている。

【前半】
表示では 右からロンカリア パレハ Vルイス Dガルシア 中盤 モイセスとハビマルケスのボランチ そして右からFマルケス アロンソ 左にカジェホン 珍しいサハルのワントップ。

2分オサスナの攻撃に エスパ エリア前 短いパス繋がれ DF対応ミス 相手にボール渡りシュート! はゴールぎりぎり左で救われる。
開始早々 大丈夫か・・・

開始からオサスナ猛攻。  かなり素早い積極的な攻撃を見せている。
エスパ 全く攻撃に移れず。 
5分中央 相手倒しFK与える。 FKは大きくバー超え救われるも左CKへ。
相手左CK、ショートコーナーからDF一人交わされグラウンダーシュート! が何とあっという間にゴール右隅に突き刺さる。   エスパたったの6分で失点。   ドタバタ。

8分 失点からたったの2分後 今度は左サイドでパス繋がれクロス!に ゴール ファー 頭で合わせられ信じられない あっという間の2失点。    早くも2−0に・・・><  全くのフリーだった・・・ どうしたDF・・・

9分モイセス エリアライン付近こぼれ球シュート?にゴール右マルケス?スライディングで足出しゴール割るもオフサイド。 

12分オサスナの攻撃にDF遅れ目立つエスパ。 相手シュートGK弾き左CK〜右CKへ。   CKはクリア。
15分Jマルケス倒され相手にイエロー。

右サイド高め ロンカリアのスローインから サハル受けそのままシュート! はGK。  しかしサハルこれはいい動き!

19分DFラインからの鋭い縦パスにアロンソ飛び出すもライン割る。 惜しい! 
ややエスパ落ち着いたか・・?。

いや・・・オサスナの素早いパスに未だエスパDF対応出来ておらず エリア前でのミスも多い。   ポチェ監督懸命に何か指示している。
危ない場面続く。   

27分左サイドカジェホンドリブルで上がりクロス にアロンソ飛び込むも合わせられずGK。
カジェホン左サイドからミドル狙うもGK. 

29分相手右サイド突破〜クロスに行くところでDF 右CK与える。
CKはクリア。

31分相手中央から右サイドへと展開〜クロス DFクリアで右CK与える。  右CKはそのまま左へ流れるも ロンカリア必死のDFで相手のファールに。
エスパ攻撃組み立てられず Fマルケスも全く活きていない。
オサスナ かなり激しいプレーッシャー。 しかも速い。

36分相手左サイド突破から高め 倒し相手FK。  FKはクリアも左CKへ。  CKはクリア。

38分中央 やや遠めだがいい位置。 Jマルケス倒されFK得る。 ボール前にはマルケス。 FKに味方合わせに行くもクリアされこぼれ球シュートがDFに当たりエリア左へ そこからのクロスに 右サイドFマルケス粘りクロス! ファーにあわせるもDFクリアで左CKへ。 
左CK カジェホンから ゴール前 アロンソ頭で合わせるもギリギリゴール上へ。   引っ張られたと主張するアロンソ。

41分中央 相手ファールでJマルケス アロンソ二人が倒され2枚目で退場!! 11:10に!!
43分相手GK傷むも 戻る。
ロスタイム2分中央でロンカリア相手倒しイエロー。 相手FKはエリア左に上がるもクリアで前半終了。

何と開始8分間に2失点は 痛い・・・。 かなり高い位置から相手のプレスがかかり DFの対応は遅れがちだ。 ミスも多い。
しかし相手が一人退場した事は エスパにとっては大きなチャンス。 
アウェーで2−0での折り返しは何とも厳しいが 後半は せめてエスパの攻撃を見せて欲しい!

【後半】
何と!!後半頭からカジェホンに代え俊輔が出場!!!
怪我は・・・?? 大丈夫なのか・・・???  強行出場か。
俊輔は真ん中〜やや右よりにいる模様。  
46分 相手エリア右パス繋ぎライン際 俊輔へ 俊輔シュート?がゴール左の味方へ シュート! はDFに阻まれる。  
後半開始 エスパの流れだ! 

右CK俊輔 低目を二アに入れるもクリアがまた俊輔に 直ぐにクロス! 味方にどんぴしゃ頭で合わせるも惜しくもGK。

51分何とロンカリアのDF後 ガルシアが相手を倒したが 何と審判はロンカリアのファールに!! ロンカリアが2枚目で退場へ!!!
倒したガルシアではなく なぜロンカリアに??? 10:10に。

折角 流れがエスパに傾いたかと思われたところで これでまた流れがかわってしまうのか・・・>< 何と言うことか・・・!!怒
俊輔はやはりロンカリアの位置を気にして 中央やや下がり気味に DFの意識強くなる。   

12分相手右サイド突破から右CK与える。  右CKはクリア。
16分中央俊輔から左サイドへ 味方ドリブルで上がりシュート! はゴール右へ。

パレハDFから相手左CK。 クリアもこぼれ球から左サイド上がられクロス! にエリア内 相手倒れるも直ぐシュミレーションで救われる。    

19分中央絶好の位置。 マルケス?倒されFK得る。  ボール前にはパレハ 俊輔ともう一人。  パレハFKは惜しくもゴール左上。 
エスパ 前半に比べるとやや落ち着いている。 
足を痛めているにも関わらず 献身的に一番走っているように見える俊輔。

25分 足を気にしている俊輔。。。 相当無理をしているのだろう・・・><
エスパ攻撃に入るも いいところでファールになったり ミスになったりしている。  もったいない・・・

73分右サイドコロ粘り右CK得る。 右CK俊輔からクリアがマルケス?へ マルケス強烈シュート!!! は惜しくもGKに阻まれる。 決定的!!惜しい!

エスパの時間帯続く。 
75分俊輔から左のハビマルケスへ マルケスシュート! はゴールギリギリ左へ。 惜しい!!!
 
相手GK遅延行為でイエロー。 俊輔パス精度やや今日悪いか 痛みがかなり強いのでは・・? 心配。

79分右サイド高め 相手倒しFK与える。 FKはクリア。
何度も攻めあがるエスパ。 も最後ところでミス。 シュートへ持っていけない・・・><

85分相手倒し パレハにイエロー。 次節出場停止か。
俊輔中央でプレー。 周囲の動き出しがあればいいのだが・・・
ロスタイム3分 圧倒的にエスパの攻撃時間。
1分マルケスのドリブルから エリア内右コロ  そしてオスヴァルド飛び込むも ギリギリ ライン割れずGKに抑えられる。  惜しい〜〜〜〜〜!!!!!決定的瞬間。

試合終了。 結局最初の2失点を 最後までひきずってしまった。
前半 エスパニョールは ホーム オサスナの勢い 素早いプレスとパスに翻弄され 殆ど自分達の攻撃の形を作る事が出来なかった。
前半41分 相手が2枚目イエローで退場し10:11になったものの
アウェーで2−0で折り返しという厳しい状況。

しかし後半頭 何と負傷でのベンチ入りをしていた俊輔が カジェホンに代わり出場。    開始からチャンスが訪れ流れが傾いたかと思われたエスパだったが 何とそのたったの数分後 ロンカリアが審判の不可解な(人違い?)判断?で2枚目退場。。。

やっと傾いた所で また流れがオサスナに行くかと思われたが 後半は殆ど エスパニョール支配。    しかし前線へと運ぶものの最後が自らのミスで 中々シュートへと持っていけない。  
俊輔はCKから チャンスを作りマルケス?の決定機 そのほかにも2〜3度チャンスはあったが 決めきれず。  
結局最後までゴールは決まらないまま 2−0のまま敗戦となってしまった。  

時折足を気にしていた俊輔 試合中は痛みがわからなくなるほど集中する俊輔だけに 相当痛みがあるのではないかと心配だった。   そのせいだろう ややパスの精度は普段より落ちているかと思われた場面もあったが 痛みをおして最後まで献身的に走り回り回っていた。 
何と言っても 俊輔がボールを持った時の 前線の動き出しが欲しい〜〜〜!!! 
これさえあれば・・・!!!

ベンチ入りにも驚いたが この出場には更にびっくり。  試合後の悪化がなければいいが・・・    一日も早い回復を祈るばかりだ。
 
        サハル


カジェホン  アロンソ   Fマルケス


   Jマルケス   モイセス


Dガルシア          ロンカリア
     Vルイス  パレハ       

        アルバレス
       4−2−3−1

2010年01月11日

第17節 エスパニョール×サラゴサ

第17節

 エスパニョール×サラゴサ

              2−1
            


【得点者】エスパ:ベルドゥ(12分)Fマルケス(70分)
  サラゴサ:OGモイセス(38分)

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKアルバレス DFチカ パレハ ロンカリア フォルリン MFルイスガルシア Jマルケス モイセス ベルドゥ FWカジェホン アロンソ
SUB ピジュ 俊輔 ハビルイス バエナ Vルイス コロ Fマルケス

【サラゴサ】4−3−3
スタメン:GKカリッツ DFロペス ディオゴ バレデス ゴニ プリド MFエレーラ ボンシオ ペナント ラフィタ FWアリスメンディ


※2010年2戦目。  前節の今年初戦は アウェーで強豪バレンシアと戦い 最後まで無失点に抑えるも 何と試合終了1分前に失点。
悔しい悔しい結果となってしまった。
しかし4位のバレンシア相手にアウェーである程度戦えた事だけはプラスと考えていいだろう。 
GKカメニの神技セーブ連発にも驚いたが この試合では俊輔も後半早めからの出場が叶った事も嬉しかった。
日々の練習で懸命にアピールしながら前を向く俊輔。   試合前の練習では サイドではなく ボランチ トップ下でプレーしたようだ。
しかも 居残りFK練習ではかなりの確立でゴールをとらえたようだ。
少しずつ少しずつ  俊輔がスペインで本領発揮する日が近づいてきていると信じたい。   その努力が 後にきっと大きな花を咲かせると祈って・・・。 
サラゴサは19位と現在低迷中。  ここで何としても勝利し チームに勢いをつけたい所。
俊輔はベンチスタートが濃厚だが 前節もチームに流れが絶対に必要な とても大事な所で投入された。      今日も積極的に前線で攻撃に絡んで欲しい。 
デラペニャ タムードは相変わらず別メニュー調整。  アロンソが出場停止から復帰。   Fマルケスも怪我から復帰した模様。


【前半】天気曇り   気温6度!!寒! 
俊輔はベンチスタート。   試合前トーゴ銃撃の追悼セレモニー。
アフリカネーションでGKカメニはおらず今日のGKはアルバレス。 
右にガルシア 左にカジェホン。   長髪アロンソ いつの間にかバッサリ!スポーツ刈り。
開始から中々ボールが落ち着かず。  エスパ パス繋ぎ前線へ上がるもラストパス繋がらずチャンスに結びつかない。
11分エスパ初の左CKもシュートへ持っていけず。 

12分DFライン?からのグラウンダーのロングパスが何とそのままクリアしきれないまま前線へと転がり GKが飛び出しあわててクリアするも それがベルドゥへ、 ベルドゥへのナイスパスになりベルドゥシュート! が見事ゴールに突き刺さる。   エスパニョール先制〜!! ラッキー!!♪ 

ゴールから数分経っているにも関わらずサポーターまだ飛び跳ね踊りながら?大騒ぎ。  おいおい気を抜くのはまだ早いぞ〜!! 
20分中央相手ミドルシュート はゴール左。
そして21分ハルケに対する拍手が今日も。 

22分相手中央強引突破個人技〜エリア左へ展開〜シュート!! ゴール右に反れ救われるが かなりこれは 危険!! (踊っている場合じゃねぇ!!)
サラゴサやや攻撃的に。。。
エスパの攻撃 ほとんど前線へは繋がらず。 
28分モイセスファールでイエロー。 累積4枚目?
相手FK遠目 はクリア。  しかしこぼれ球撃ちにいった相手を後ろから倒したとパレハ?ファール。   しかしそれに抗議したLガルシアにイエローが。 

31分相手左CKはクリア。  先制も攻撃のいい形は殆ど作れていないエスパ。   
32分右サイド相手シュートクリアから右CK与える。 右CKはクリア。  もカジェホン倒されカウンターにはいけず。

中央ベルドゥ?から右上がったガルシアへ ガルシアエリア右からシュート! は角度もなくGKキャッチ。
ようやく エスパの攻撃の形が出来たか。
36分左サイドFKJマルケスからのボールに アロンソ頭で合わせるもゴール上。

38分左サイド高め ロンカリアショルダーで相手倒しファール取られ FK与える。    そのFKから二ア 3人混戦の中 頭で後ろに流れたボールがそのままループぎみにゴールに右に入ってしまう。   オウンゴールか??モイセスが頭で触ったように見えたが・・・><
何と 1−1に。。。><  
  

43分右サイド ロンカリアドリブル突破からエリア右ライン際倒されFK得る。  JマルケスFKは 直接狙うもDFクリア。 
ロスタイム1分。  1−1で折り返す。   
やはり失点はモイセスのオウンゴールだった。

先制点も相手のミスによるもので 殆どエスパは攻撃の形を作れないまま前半を終えてしまった。    悪いわけではないが点を取れそうな気配もない・・・
ボールポゼッション51:49。  ゴールチャンス2:2。
シュート数4(2):3(0) とさほど大きく差は出ていない。
19位相手にホームでチャンス2:2は・・・ 何とかならないものか・・・。    ゲームメーカーがいない・・・
後半に期待したい。   俊輔の出場は・・・?

【後半】
45分前線高め中央アロンソからガルシアに縦パス! はクリア。
48分インターセプトから繋がれ相手左サイド突破。  最後がオフサイドで救われたがこれは危険。。。
52分モイセス接触で傷ムも無事。
53分左サイドからの縦パスにとび出したチカコーナー付近で倒されFKへ。  FKパレハはゴールバーギリギリでGK触りゴールならず クリア。

56分ベルドゥ下がりVルイス。  モイセスに代わりFマルケス入る。   Fマルケス復帰。
57分左サイド高め カジェホン倒されFKガルシア。   FKはDFクリアで右CKへ。  右CK?はグラウンダー入れるもクリア。
60分右サイド中央味方 こぼれ球一気に中央へ飛び出したカジェホンに縦パス。 
カジェホンGKと1対1 もエリア内中央 DFにはさまれ倒されるも笛ならず。 怒!

62分中央高め 相手の杯キックでFK得る。 いい位置。 FK一旦ずらしてのマルケスのシュートはGKまん前。
64分中央 ?への縦パスはオフサイド。
ハビマルケスの左からのパスに ゴール前アロンソ足出すも触れず・・・惜しい!

71分Gキックから一気に前線左サイドカジェホンにパス通り カジェホンドリブルで持ち込みシュート! GKが弾いたボールをFマルケスが決めエスパ 2点目〜〜〜〜〜!!!!! マルケス初ゴール!!!!!

73分中央微妙な位置、やや遠目だが相手倒しFK与える。 相手のグラウンダーのFKはDFに僅か当たりややずれるもGK何とかゴール左下でセーブ。ホッ・・・

中央ロンカリア落としマルケスへ マルケスシュートはやや弱くGK。
しかしエスパ前半よりかなり攻撃的に。
79分中央相手からエリア右へ一気にチャンス作る。  シュートは何とかGKキャッチ。
80分Fマルケス傷み一旦ピッチ出る。 

82分左サイド高め パレハ倒されるもパレハのファールに。相手にFK与える。   FKは必死のクリア。
83分中央低め 今度はアロンソファールでイエロー。
サラゴサ必死の猛攻しかける。  パレハ再三の判定に審判に抗議でイエロー。   かなりヒートアップしている。

41分エリア中央アーク マルケス倒されFK得る。  これは文句のない絶好の位置。   ボール前に3人。 LガルシアのFKはゴール左。  
88分中央ファールから相手FK、はエリア内 頭で繋ぎ必死のクリア。   ファールの数が凄い。 
ロスタイム4分。  長い・・・

サラゴサの猛攻を必死にクリアするエスパ。 
中央マルケス 〜右のカジェホンへ。 カジェホン倒され笛。 も中央で接触し倒れたマルケスが起き上がれないまま。   
ようやく胸を押さえながらピッチ出る。

ロスタイムあと1分 カジェホンに代わりバエナ入る。 
これで3人目。   俊輔出場ならず・・・・・
試合終了。    2−1勝利。

ようやく掴んだ勝ち点3。  この勝利は大きい。   勝ち点3が積めた事は今のチームにとって本当に良かった。
しかし喜びが沸かないのは やはり俊輔の出場が叶わなかった事。
前半 殆ど前線にいいパスが入らず 攻撃チャンスが全く作れなかった事を考えると やはり真ん中に俊輔のような選手が絶対必要。
腐るな俊輔!! 

        アロンソ

カジェホン   ベルドゥ   Lガルシア

   Jマルケス   モイセス

チカ              ロンカリア
    フォルリン  パレハ 

       アルバレス
      4−2−3−1    

2010年01月02日

第16節 バレンシア×エスパニョール

第16節

バレンシア×エスパニョール

            1−0        

【得点者】ジギッチ

【バレンシア】4−2−3−1
スタメン:GKサンチェス DFブルーノ ナバーロ、アレクシス ミゲル MFアルベルダ マタ ホアキン バネガ アルバ FWビジャ
SUBマルチュナ フェルナンデス ジギッチ・・・

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFチカ ロンカリア パレハ フォルリン MFマルケス ガルシア ベルドゥ コロミナス モイセス FWカジェホン
SUBアルバレス ピジュ 俊輔 Vルイス Jロペス バエナ べドラサ

※2010ついにW杯の年を迎えた。  リーガは短いクリスマス休暇を挟み 約2週間ぶりの再開。  昨日元旦にはキャプテンハルケの27歳のバースデーを迎えるはずだった。
チームは連敗が続いている中 昨年最終戦となったホームでのアルメリア戦ではようやく勝利を掴み 最悪の雰囲気での年越しだけは何とか逃れたエスパニョール。    2010初戦がアウェーで現在4位のバレンシアとは何とも厳しいスタートだが 監督は100パーセントで臨むと断言。    FWアロンソは出場停止だが デラペニャ タムード以外はほぼ練習に合流している事から 前節のスタメンが濃厚か・・・
バレンシアは4位だが ホームでの取りこぼしも多い。   アウェーゴールを狙って2010年初戦何とかいいスタートを切って勢いに乗って欲しいところだ。
このところベンチスタートが続いている俊輔だが 決して下を向いてはいない。   いつかきっと来る転機を信じて虎視眈々とその時を狙ってくれるだろう。
メンバーには カメニ、アルバレス チカ、Vルイス、ピルッ、ロンカリア、パレハ、フォルリン、コロ、中村俊輔、バエナ、Jロペス、ヴェルドゥ、モイセス、Jマルケス、カジェホン、サハル、ペドラサ、Lガルシアが選ばれ 電車でバレンシア入りした。  
これまでの対戦成績は47勝:7勝。

【前半】天気   気温 度
俊輔はベンチスタート。  中央ベルドゥ 右にLガルシア 左にコロ。  モイセスとJマルケスのボランチ。
エスパニョールは黄色のアウェーユニ。
バレンシア ダイレクトでのかなり早いパス回しで攻撃的なスタート。 だがエスパもそれに慌てる様子はなし。   だが相変わらず攻撃はDFラインからのロングボールに頼りがち。     
7分ガルシアDFでピッチ外看板まで倒す勢い。 アウェーでの強豪相手に選手達の気合もかなりのものか。 
9分相手右サイド突破からクロス! はカメニギリギリキャッチ。
悪くはないが肝心な前線へ中々パスが繋がらないエスパ。
11分コロ倒し相手アルベルダにイエロー。
DFパレハ 相変わらずロングボール多用・・・><

13分中央相手倒しFK与える。 もエスパ必死のDFでチャンス与えず。  しかし直後カウンターくらい右からのクロスに ゴール前シュート!?は ミートせず上へ。   救われる。

16分中央右ガルシアこぼれ球拾いミドルシュート! はゴール上。
客席の小さな女の子に当たったようで泣き出す。。。

17分中央低めモイセス倒されるも笛ならず相手突破から右へ展開 最後ビジュのシュート! はゴールネット右で救われる。 ホッ    右サイドからの攻撃で攻めあがるバレンシア。

21分相手一気にダイレクトで縦パス繋ぎ突破 あわやGKと1対1! というところで直前 パレハ入り失点逃れる。 
エスパカウンター 右からのクロスに飛び込むも 1歩 GKが早くシュート撃てず。

23分バレンシア猛攻。
24分中央高め ガルシアへのファールでFK得る。 FKはガルシアかJマルケスか?   マルケスFKはゴール右下GKキャッチ。

26分高め相手のパスミスこぼれ球からチャンス作るも最後エリア右カジェホンシュート撃てずセンタリングは相手DFクリア。
エスパ コンパクトな体制で積極的。   プレスも素早い。
28分右サイド フォルリンファールでイエロー。  相手FKはクリアで左CK与える。  パス繋ぎエリア ヘディングはカメニキャッチ。

30分中央高め Jマルケスボール強引に奪いシュート! はGKはじき必死のクリア。  マルケス強い・・・
切り替えも早く ほぼ互角の戦いを見せるエスパ。  しかし1点が遠い・・・

36分相手ハンドにイエロー出ず 直後チカ傷むも無事。
エスパ 中央で強さのあるマルケスが効いている。  
39分バレンシア右サイド突破から立て続けのシュート!はDF必死のブロック。   最後の所で DFに阻まれホームで中々先制出来ないバレンシア。
左サイドからの攻撃は殆ど見せないバレンシア。 最後久々に左からのクロスにこぼれ球中央シュートはカメニキャッチ。

44分中央相手倒したハビマルケスにイエロー。  FK与える。 かなり嫌な位置。  危険・・・
相手FKは直接カメニ。  難なくキャッチ。
前半終了。  0−0での折り返し。

エスパがアウェーでの強豪相手にいい試合を見せている。 昨年のエスパとはどこか違う感じ。  切り替えもかなり早く少ないながらもしっかりビルドアップも出来ていた。   あとはゴールだけなのだが ゴールを感じさせる程のチャンスはまだ中々ない・・・
ボールPは56:44。  シュート数は5:3.

【後半】
先ずはまたパレハからのロングボール。笑  は相手へ。
開始から積極的に攻めあがるバレンシア。  左からのクロス はカメニ。   バレンシア動きが変わったか? 
前半と違い左サイドからも何度も仕掛けるバレンシア。

51分モイセスへのファールで右サイドFK はゴール前DF頭でクリアでGK。   
53分中央相手1本の浮き球パスから飛び出したビジャ個人突破!!からGKと1対1シュート!! をGKカメニ 足で阻止!!!見事!!
バレンシア猛攻。   ビジャの猛攻 危機一髪状態を カメニの見事なセーブ連発で凌ぐエスパ。  全く攻撃に持っていけず。
ビジャ恐るべし〜!!!

この流れ そろそろバレンシアゴールの匂いが・・・><やばい!

14分(59分)俊っ!!!俊輔〜〜〜!!!俊輔の姿が!!!!!!
何とかこの嫌な流れを変えたいエスパ。  ここでの投入は嬉しいぞ俊輔!   コロと交代。


見事にやや落ち着いたエスパ。
62分モイセスファールで相手にFK与える。
しかしエスパの攻撃がやや活性化。 
すると相手バレンシアも続々とメンバーを交代。

63分ロンカリア個人突破。 〜シュート! は惜しくもゴールぎりぎり左へ・・・><惜しい!

しかしDFにパスミスがやや出始めたエスパ。  疲れが出てきたか・・・?

69分相手左CKは俊輔クリア。  こぼれ球最後シュート撃たれるもカメニキャッチ。
守備に追われ中々攻撃に移れないエスパ。  
72分相手選手交代もエスパ長い時間パス繋ぎ中々入れない状態に 会場から大ブーイング。

74分ベルyドゥからカジェホンへ カジェホンエリア右からシュート行くもDFに阻まれる。 惜しい!!  
75分左サイド高めカジェホン倒されFK〜ヘディングはゴール右上。

77分バレンシア猛攻。 中央からのパスにロンカリアクリアミス&転ぶ、そのボールをクロス! 中央相手ヘディングシュート!!! は何と左ポストで救われる。    更にエリア中央そのこぼれ球繋がれシュートはDF身体で阻止し 右CK与える。 右CKショートコーナーはDFクリア。  そこからクロス入れられるもカメニキャッチ。
必死の抵抗でゴールを守るエスパ。

78分ベルドゥに代わりピジュ入る。 俊輔が中央高めへ?
35分左サイド俊輔 ガルシアパス交換から中央へ展開 しかし中央味方奪われカウンター もDF必死のクリア。
あと8分だ 守りぬけ〜!
36分中央俊輔から右カジェホンへ カジェホンシュートはDFクリアで右サイドスローインへ。
チャンスを作るエスパ。

83分中央 チカファールで相手FK与える。  相手FKはゴール左。
エスパ攻撃に移るところで何度もファール取られ流れ切られる。
あと3分だ!! 頑張れ〜〜!!!

このまま行けばアウェーで勝ち点1だ!!
42分ロングボールに飛び出され右CK与える。  こぼれ球からバレンシア最後の猛攻見せるも守るエスパ。
エリア左ガルシアキープで倒されFK得る 時間かける絵スパ。 FKガルシア。   44分そのこぼれ球からマルケスシュート!はゴール上。

ロスタイム4分!!
守れ〜!!
カジェホンに代え べドラサ入る。
かなり高い位置にいる俊輔。 左サイド高め 俊輔からべドラサへ べドラサキープもその後奪われる。   そこからロングボールでジギッチがポスト役で 右サイドへ展開。
ロスタイム なんと終了たったの1分前!! その右サイドからのクロスに中央後ろから飛びこんだフリーのジギッチにヘディングでゴール左に押し込まれる。
なんということか・・・>< 

最後の最後にこの悔しい失点・・・あ”〜〜〜〜〜〜><痛すぎる〜〜〜〜〜><泣

アウェー強豪バレンシアからの勝ち点1が またしても終了1分前にこぼれていってしまった・・・。

BP54:44. シュート数18:9 だが枠を取られたシュート数は 10:3 
2010年 エスパニョールのスタートは 結局勝ち点を詰めず悔しい敗戦となってしまった。
しかし これまでのエスパとは違い やや良くなったイメージもあった。    スタメンではなかったが 後半相手の猛攻が続き チームが一番苦しい時に 俊輔が投入されたことは 嬉しい起用となった。
それだけ信頼されていなければ あの大事な場面での投入はないだろう。
確かに流れが代わり バレンシアの攻撃は抑えられた。  それだけに最後の最後になってのこの失点には やはりかなり痛いものがあるが そんな中でも アウェーでバレンシアをここまで抑えられた事に自信を持って 是非次につなげて欲しい。 

先ずは俊輔の出場にホッとしたい・・・ これが正直な気持ちか。      

2009年12月20日

第15節 エスパニョール×アルメリア

第15節

エスパニョール×アルメリア

             2−1

【得点者】Jマルケス(45分)コロ(80分)


【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFロンカリア パレハ Vルイス チカ MFモイセス Jマルケス Lガルシア ベルドゥ カジェホン FWアロンソ
SUBアルバレス 俊輔 サハル ピジュ コロ バエナ ファンホ

【アルメリア】4−2−3−1
スタメン:GKジエゴアウヴェス DFミシェウ アカシエテ チコ ドミンゴシスマ MFエムバニ ベルナンデジョ オルティス ソリアーノ ピアッティ FWカルーウチェ

※ヨーロッパはこのところ一気に大寒波が押し寄せ バルセロナも1週間前とは打って変わっての極寒。
俊輔も「バルセロナへ来てからこんなに寒いのは初めてだよ」と言っていた。   ましてスタジアムとなれば一層の冷え込みを感じる。
このところの連敗でチームの雰囲気は勿論良くない。  
しかし今日は2009年最終戦  しかもホームでもある事から 何とか勝利で終えたい、いや終えなければいけない と願うばかりだ。
5連敗で17位まで一気に順位を落としたエスパに対し 相手も 現在同じ勝ち点13で並ぶ 16位と低迷中のアルメリア。   
苦しい同士の対決だ。    チームは明日から28日までクリスマス休暇に入る。  この試合で勝利した方がいいムードでの年越しとなりそうだ。   


【前半】天気晴れ  気温8度
試合前日までの練習ではボランチと右サイドで練習をしていた俊輔だったが 残念ながら今日はベンチスタート。   試合前ピッチでチームメイトとボールを蹴りあう姿がどことなく切なく見えてしまうのは自分だけだろうか・・・。  
今日の中盤は右にガルシア 左にカジェホン ベルドゥがトップ下。
アロンソの1トップ。   DF今日は右にロンカリア 左にチカの表示。

1分開始早々相手左サイド突破からスルーパスにあっという間に抜け出されほぼGKと1対1! エリア左からシュート! はGKカメニ しっかりキャッチ で救われる。    おいおい解し早々これでは先が思いやられるぞ!    直後エスパ 相手エリアまで攻め込むも最後がパスミスで シュートまで持っていけず。  
アルメリアの攻撃に エスパDF陣 やや不安定。
 
4分左サイド DFラインからの縦パスにカジェホンそのまま上がりエリア左からクロス! ゴール前 アロンソ受け競り合うもボールが上がりGK。    これはカジェホンからいい攻撃。  

5分相手左サイドまら突破でCK与える。 相手左CKからエリア左へとグラインダーのボール〜サインプレー!ゴール左 あわや!という所でギリギリDFクリア。   冷や冷や〜><  DFしっかりしてくれ!      中盤パスミスも多い。   チカ接触で倒れる。も無事。
10分右サイドこぼれ球アロンソ飛び出し前線へ上がるもDF。 
中々 中盤でパスが繋がらないエスパ。   こういう時こそ中央に俊輔が欲しいのだが・・・。
11分Gキックに ガルシア猛ダッシュでプレス。 ボールがガルシアの足に当たりこぼれる も そばには味方全くおらず。。。

13分中央高めベルドゥから右ガルシアへ ガルシアシュート?クリアから右CK得る。   右CKはクリア。  もその後こぼれ球拾い右サイドガルシアへ ガルシアのクロスに ファーからパレハ飛込み頭で合わせるもゴールとは逆方向へ・・。

15分中央低めパレハのファールで相手FK はグラウンダーで直接狙うもゴール左で救われる。
直後右ガルシアから中央Jマルケスへ マルケスシュートはゴール大きく上。   マルケスは初先発・・・
17分左サイド カジェホンつかまれFK得る。 FKカジェホン ゴール前一旦こぼれ球拾うもパスミスで相手に。
ボールは持っているものの中々決定機を作れないエスパ。

21分会場から拍手。 ハルケのナンバー。
ファールで何度か相手にFKを与えているエスパ。 23分相手FKのクリアがそのまま前線に繋がりカウンター、中央ドリブル突破のベルドゥ エリアのアロンソにパス! が ややズレて アロンソ ダイレクトでシュートに持って行けず DFを交わし切り込み倒されるも笛はなし。    決定的チャンスになっていただけに これは何とももったいない!   パスの僅かのズレが 1点を逃してしまった・・・ 
しかし 会場からは審判に大きなブーイング。

26分右サイドベルドゥから右高めガルシアへスルーパス、 ガルシアGラインギリギリ追いつきクロス! 二アのアロンソ ヒールで流し後ろのカジェホンへ カジェホンシュート!!!!! もGK左足1本でセーブ!! 右CKへ。 右CKはクリア&笛。
これは決定的場面だった。   決められなかったのはかなり痛い・・・
相手GKを褒めるべきか・・・  

29分右サイドからのパスクリアで右CK与える。 相手右CKはクリア。   直後中央ガルシアから右ベルドゥへ ベルドゥのクロスにアロンソ飛び込むも前のDFに阻まれ撃てず。   もったいない・・・

32分エリアラインギリギリ ロンカリア抜け出した相手倒しFK与える。   これは超危険な位置。。。  ロンカリアにイエロー。
相手FKはバーギリギリ GKカメニ掻き出し左CKへ。 ホッ・・・カメニお見事!! 1点ものだった。
左CKは直接カメニ。
ややアルメニア活性化。。。

34分中央ベルドゥこぼれ球拾い左のガルシアへ ガルシアからエリア左へ走りこんだベルドゥへパス も僅か長くDFクリアで左CKへ。  左CKはGKパンチング もエスパ拾い右サイドへ展開 ロンカリア粘り右高めFK得る。      FKマルケス。 一旦クリアもベルドゥに戻り 右へ展開も長すぎ そのままライン割る。 
中々チャンスを活かせないエスパ。

38分DFラインから一気に右ガルシアへ ガルシアのクロスはDFクリア。   直後右ガルシアとベルドゥのワンツーからガルシア再度クロスも味方には合わず。    更に右サイドインターセプトから中央ベルドゥへ スルーパスにエリア右飛びだしたアロンソが受け 更に中央走りこんだベルドゥへ!  シュート!?パス?? は何と大きくゴール左へ・・・ 左から来たカジェホンへパスのつもりだったのか・・・??   またもやここで 決定的チャンスを逃したエスパ。
これで2点取れていたはず・・・><

40分自陣エリアラインギリギリ ロンカリアファールでまた相手にFK与える。  相手FKは壁でクリア 救われる。 
42分DFクリアのロングボールが前線でこぼれ 味方に カジェホンミドルシュート! は大きくゴール上。
このまま無得点での折り返しか・・・???

44分右サイド ベルドゥドリブルで上がり ガリシアとパス交換からクロス! 中4枚! 見事中央Jマルケスがダイレクトで流し込み先制〜〜〜〜〜!!!!!  Jマルケス初先発で初ゴール!!!!!
前半終了間際に ようやくエスパゴール!!  6試合ぶりのゴール!
(本当はこのJマルケスの位置に俊輔が入りたいのだが・・・)

前半終了。 いらだった相手シスマがガルシアに詰め寄り言い合い?。  ベルドゥが中に入り抑える。  相手だけでなくガルシアにもイエロー。 これはもったいない・・・
1−0で折り返し。   BPは61:39と大きくリード。  ゴールチャンスは3:2。 やはり今年最後のホームだけに気合は入っているようだ。    リードに落ち着く事無く しっかり勝ち点3を積んで欲しい。  

【後半】
DFラインから大きく前線へ 中央落とし左サイドカジェホンへ カジェホンシュート?クロス?は大きく右へ。
相手中央上がり左サイドへ展開 クロス! はGKカメニ必死でパンチング  それが中央相手に渡りシュート! は運良くDFに当たるも更に相手に、 DFプレスで相手に右CK与える。  CKはクリア。

51分左サイド低め味方インターセプトからベルドゥドリブルで上がり 中央アロンソとワンツーで抜け出すも僅かアロンソのパス長く相手GKへ。 おしい・・・ (ベルドゥはバルサカンテラ出身)
55分DFラインJマルケスから大きく前線アロンソへ アロンソGKとほぼ1対1.  エリア内 飛び出してきたGKを 浮き球で交わすもDFに渡りゴールならず・・・ もったいない・・・><。

ベンチメンバーとウォーミングアップを続ける俊輔。 戦況が気になり時折悔いるように見つめる。  
57分ガルシアに代わりコロが入る。  この交代は??? ややガルシアこの交代には不満げ。

61分右サイドベルドゥプレスから右CK得る。 CKマルケスいったんクリアでサイドCK ファーのパレハ 合わせるもゴール大きく左。
中央低めマルケスからコロ〜アロンソへと縦パス繋ぎ左CK得る。
左CKカジェホン 二アのバウンドボールをもイセスからマルケス〜左カジェホンへ カジェホンクロスに ファーでアロンソあわせるも GK。

65分中央ベルドゥミドルから左CK得る。  左CKカジェホン、相手クリア拾い再度左のカジェホンに クロスに 二アアロンソ合わせるも撃てずファーのパレハに流れ、パレハシュート は何と大きく大きくゴール上。 

67分左サイドDFラインから大きく前線アロンソへ アロンソ受けるもエリア内 シュート?は DFに阻まれゴール右へコロコロ。 
トラップに工夫がない・・・><  頭を使えばDFが来る前に撃てたはず! 

68分自陣エリア左高め 飛びだした相手倒しFK与える。  クリアが何度も相手に渡るがようやく右サイドコロ突破、 コロから左へ走りこんだアロンソへパス もズレ ライン割る。  コロいまいちパスに精度がない・・・ 俊輔を入れておけば・・・><

右サイドロンカリアから右ベルドゥへ 右CK得る。  右CKクリアで左CK ゴールまん前 こぼれるもモイセスのシュートはDFに当たりクリアされる。    ここで審判一度プレーを止める。 どうしたのか???
GKカメニ傷んでいたのか ピッチで治療に入る。。。
何とか プレー続行。

アップし続ける俊輔。  投入はないのか・・・?
77分中央マルケスから左のベルドゥへ ベルドゥエリア左からループ気味のシュート! が何とバーに当たり こぼれ球が右のカジェホンへ。 カジェホンクロスクリアから右CK得る。   右CKカジェホン エリア中央味方競り合うも流れる。

80分セットプレーからパス繋ぎ 中央こぼれ球拾ったJマルケスシュート!!! をGKが弾いたところへゴール右 詰めたコロが押し込み2点目〜!!!!! ようやく待ちに待った追加点!
コロ入ってから精度なかったが ここで ゴール。
俊輔らアップ中のチームメイトも次々祝福で飛び掛る。 
このゴールは マルケスを褒めるべきか・・・。

84分相手中央パス繋ぎ一気に右サイドへエリア右 DF交わし切り込み シュート!! をGKカメニ僅か触り左ポストに当たる!! 危機一髪! もカジェホンに対するファールで笛。 救われる。

85分左サイド高め ロンカリア相手の飛び出し押さえ倒しFK与える。    エリア左高め相手FK、はカメニ必死のパンチングでこぼれたボールが一旦は相手に渡るも 奪いカウンター ベルドゥ。
中央ベルドゥ〜右サイドへ ダイレクトで前線へ出したパスにアロンソ飛び出すもDFに阻まれあと1歩で撃てず・・・。  これは強引にシュートへ持って行かなければ・・・

86分カジェホンに代わりバエナ ベルドゥに代わりベンサハル入る。
これで俊輔の出場はなくなった・・・><涙・・・
89分相手中央から右サイドへ展開 ラインギリギリでのクロスはカメニキャッチ。    何とロスタイムは6分!
アルメリア必死の攻撃もエスパの落ち着いたDFに阻まれシュート」まで中々行けず。
ロスタイム4分 相手右SBから大きく前線左へパス通り繋いだボールをシュート! クリアも更に拾いシュート! はカメニ死守。
試合終了。

久々の勝ち点3に会場から大きな拍手。  2009年最終戦 無事勝利で終える事が出来た。  が・・・ 俊輔の出場ならずは かなり複雑。    初めから覚悟はしていたものの 中央で初スタメンを果たしたJマルケスの活躍  そしてLガルシアの代わりに入ったコロのゴール・・・と  俊輔の出たい位置で代わりに入った選手が次々アピールしていく状況に 今俊輔がおかれている状況の厳しさをヒシヒシと感じた。  

ピッチで戦況を気にしながら黙々とアップを続ける俊輔が 代わりに入ったチームメイトのゴールを祝福に笑顔で飛びだす姿は 本当に切なかった。  グッと胸の中にしまいこんだ悔しさは いつかこのリーガで爆発させ 鬱憤を晴らして欲しい! その時は絶対来る!!   

日本代表10番 中村俊輔が この厳しいスペインで 今必死に挑んでいる。    熱くなったのは勝利にではなく その頑張る姿だったのかもしれない・・・
この後 俊輔はクリスマス休暇で日本へ帰国。 自分も帰国します。

2009年12月12日

第14節 バルセロナ×エスパニョール

第14節

バルセロナ×エスパニョール

               1−0


【得点者】バルサ:イブラヒモヴィッチ(PK)

【バルセロナ】4−3−3
スタメン:GKバルデス DFダニエウアウヴェス ピケ プジョル マクスウェル MFシャビ イニエスタ Yトゥレ FWイブラヒモヴィッチ アンリ ペドロ
SUBピント マルケス ミリート チグリンスキー ケイタ セルヒオブスケツ ポーシャン

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFチカ ロンカリア パレハ Vルイス ルイスガルシア ベルドゥ フォルリン コロ バエナ FWアロンソ
SUBアルバレス ピジュ 俊輔 カジェホン サハル Jマルケス ファンホ

※連敗中のエスパニョール。 前節 急遽ボランチに若手を入れ臨んだラシン戦では ホームで4−0と 何とも屈辱的な敗戦をきしてしまった。
連敗にチーム状況最悪の中 何とここへ来てよりにもよってバルセロナダービー。
世界最強と言われるチーム バルサと 迷走中のエスパがアウェーで戦うという 何とも厳しい一戦がついに来てしまった。
メッシがCLでの負傷で欠場とはいえ ペドロ イニエスタと好調メンバーは健在  最強チームに間違いはない。
そのホームのバルサに エスパがどこまで意地を見せることが出来るか。。。不安でいっぱいだが 俊輔の出場活躍を期待したい。
バルサは言わずと知れた勝ち点36のリーガトップ。  11勝3分無敗。      対するエスパはこのところの連敗でどんどん順位を落とし現在14位となっている。   更に怪我人も続出中だ。    

天気    気温  度
【前半】
俊輔はベンチスタート。 またもやフォルリン バエナを前で使う前節と同じ布陣か。    会場には多くの日本人サポーターの姿 そしてメッシの姿が。    試合前バロンドールを受賞したメッシがピッチに現われ黄金のサッカーボールのトロフィーを掲げる。 会場から大きな拍手と歓声。 

開始早々 DFラインパレハから大きくロングボール、それを前線アロンソへと繋ぎ最後ガルシア〜コロへ もDFにクリアされる。  エスパ最初のチャンス作る。
直後バルサ左サイド突破から左CK得る。  シャビCKはゴール前 ヘディング打たれるが 何とかカメニキャッチ。 

6分クリアから左CKバルサ トゥレヘディングは DFクリア。
8分左エリア深めイニエスタシュートはカメニ。
9分アロンソファールでピケ傷む。   イブラヒモヴィッチ個人技で右サイド突破もDF。  チカ抑えるのに必死。

13分中央DFラインクリアが相手に渡りペドロシュート! は何とゴール左で救われる。
14分中央高め 相手DFクリアがベルドゥにこぼれベルドゥミドルシュート! GK触り右CKへ。  右CKガルシアは最後シュートへ持っていけずライン割る。

16分左サイドイブラヒモ絶妙なタイミングはかり引き付けてアンリへ アンリ飛び出しシュート! はカメニ何とか弾きDFクリア。 危機一髪。  カメニ見事。
簡単にボールを奪われるエスパニョール。   これまでのBP何と78:22。  エスパ セカンドボールも殆ど拾えず。

23分右ピケから大きく左アンリへ アンリシュートから左CKシャビ はクリア。
25分パス繋ぎキープから最後こぼれ球中央ダニ絵うエウシュート はゴール上。

圧倒的支配のバルサ。  エスパ全く攻撃に移れず。
29分相手の飛び出し抑えられず手で止めチカにイエロー。 相手右サイドFKはそのまま合わせられず救われる。

30分審判に抗議でイブラヒモイエロー。  
クリアするだけで精一杯 前線へ全く繋げないエスパニョール。
折角マイボールになってもDFラインから大きく蹴るだけで味方には全く繋がっていない。    これまで失点を免れている事だけが救い。

35分左サイドパス繋ぎマクスウェルシュート! はゴール上。
34分カウンターから左サイドアロンソクロス? はそのままゴール右
へ。

38分左からのクロスにエリア中央 バエナがシャビ倒し(?微妙)何とPK献上。   PK イブラヒモヴィッチゴール左上に決め1−0に。  
40分センタリングクリアから左CKバルサ、こぼれ球つながれるがライン割り救われる。

カジェホン Jマルケスがアップ。
43分中央ベルドゥからアロンソへスルーパス はDFに奪われる。
ロスタイム1分。  エスパのパス殆ど繋げずあっという間に相手ボールに。    前半終了。 1−0。 BP73:27.   シュート数7(3):3(1)
あれだけ支配された中 PKでの1点だけだった事が不幸中の幸いといった所か。    しかしエスパは既に3人イエローを貰ってしまっている。  2枚目退場者が出なければいいが・・・。  俊輔の出場は・・・?
エスパは4−2−3−1. 右にガルシア 左にコロ。 

【後半】   
バエナに代わってJマルケス、ベルドウゥに代えカジェホン入る。
2分コロ高い位置でボール奪い左CK得る。  CKはこぼれ球チカシュートはクリア。

4分右アウべスからセンタリング?にゴール左アンリ詰めるもカメニ。高い位置からプレスに行くエスパ。
中央こぼれ球拾い右サイドガルシア上がりクロス に味方飛び込むもヘディングはクリアされる。

59分バルサ ペドロに代えケイタ。
61分相手スローインカットから味方シュート! はゴール右。
62分俊輔アップ後ベンチへ。。。   マルケスのクロスにアロンソシュート!はGK。  ややバルサ疲れが見えて来たか。

64分自陣相手と接触で パレハ傷むも無事。
67分右サイドロンカリアから前線へスルーパス もアロンソ飛び出すも繋がらず。  
  
左サイド奪われ突破からクロス にゴール前DF頭でクリアもそれがゴール右イブラヒモへ シュート はゴール外れ救われる。
73分アロンソから 飛び出したカジェホンへ はクリア。
ベンサハルが呼ばれた模様・・・

74分フォルリン プジョル倒し会場からブーイング。
75分コロに代えベンサハル入る。    
イニエスタから左アンリへ 左CK与える。  左CK 中央頭で合わせられるもゴールギリギリ上で救われる。 

83分右サイド低めアロンソ倒されFKから カジェホン飛び出すもハンド取られシュートに持っていけず。
85分中央プジョル カジェホン倒しイエロー。 
今度は右サイドルイスガルシア マクスウェルに倒されFKからガルシア エリアに高いボール入れるが ぎりぎりGKキャッチ。    やや荒れた内容になってきたか。。。

44分右サイドアウベスのクロスに ファー アンリ飛び出すもDFクリア。 左CKバルサからキープに出るバルサ。
時間がない・・・ 

しかしバルサの攻撃も得点には結びつかず。 試合終了1−0.
圧倒的なBPも 結局バルサは PKでの1点のみ。
パレハは 試合後プジョルとユニ交換。   パレハのインナーには 何とハルケという文字が。

イエローカード3枚ずつ。 後半もバルサ支配するものの Jマルケスの投入もあり 僅かではあるがエスパの攻撃が見られるように。
しかしバルサゴールを脅かすようなシュートへ持っていけるまでには至らず1−0で敗戦。
俊輔はついに最後までベンチ。  強豪との対戦に何を得ただろうか。

       アロンソ


コロ     ベルドゥ   Lガルシア


   フォルリン   バエナ

チカ              ロンカリア
     Vルイス  パレハ

        カメニ
      4−2−3−1

2009年12月06日

第13節 エスパニョール×ラシンサンタンデール

第13節

エスパニョール×ラシンサンタンデール 0−4



【得点者】
ラシン:エンリケ カナーレス×2 チテ

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFチカ ピジュド パレハ ビクトル・ルイス MFフォルリン カジェホン ルイス・ガルシア コロミナス  バエナ FWベン・サハル
SUBアルバレス 俊輔 マルティネス Jマルケス ベルドゥ タムード アロンソ 

【ラシン】4−4−2
スタメン:GKトニョ DFエンリケ クリスティアン モリス トレホン MFラセン コルサ ムニティス セラノ カナレス FWチテ
SUBコルトルティ オリオル モラトン アラーナ ディオブ ルイスガルシア ヘイホ


※7節テネリフェ戦での勝利以降、国王杯を入れると7試合勝ちなしのエスパニョール。チームは今、デラペーニャ、Fマルケスの負傷をはじめ、ベルドゥが首、Dガルシアが右足、パレハが腿、GKカメニまでが肩鎖骨・・・と更に怪我人が続出。正直やや危機的状況といわざるを得ない。
しかし、前節アトレチコ戦で4−0と大敗をきしたものの、中央でスタメンフル出場した俊輔はこれまでになく多くボールに絡めた事もあり、攻守に活躍。肝心なゴールだけは惜しくも決める事は出来なかったが、かなり手ごたえを感じた試合となったようだ。
アルゼンチン代表のアグエロらの素早く強靭な動きを肌で感じられた事も俊輔にとってはプラス。また大きな壁が立ちはだかった試合となったが、世界最強のプレーをこうして実感する為に来た俊輔だ。大きな手ごたえと新たな向上心を得た事だろう。 
今日はホームだ。怪我人は多いが何とか勝利し、これまでの嫌な流れを一気に払拭したい所だ。前節中央でのプレーが光った俊輔、果たして今日の試合は・・・?そして連動は・・・?

俊輔、ベルドゥー、タムード、イバン・アロンソなどのいつもの主力メンバーがベンチスタート。入れ替わった選手らがどのような働きをするか、そして主力組がいつどのように投入されるかが注目である。

【前半】晴れ 気温16度
前半3分、ルイスガルシアの左コーナーキック。中央でヘディングで折り返すが、シュートには繋がらず。

前半6分、左からのクロスの相手DFのクリアミスを拾いシュートするが、相手に当たりコーナーへ。

前半6分、ルイスガルシアの左コーナーも最後相手DFに当たり、再度コーナーに。
前半7分、ルイスガルシアの左コーナーは相手DFにクリアされる。

エスパニョールは立ち上がりからプレスと縦への意識が強く、積極的にゴール前までボールを運んでいる。早めに先制点が欲しいところだ。

前半11分、最終ラインのパレハからのロングパスを受けたカジェホンがエリア内で相手GKと1対1に。しかし、倒れこみながら放ったシュートは惜しくも枠を外れる。

前半18分、エリア右でピジュドがハイキックで倒されFKを得る。ルイスガルシアのFKは味方に合わずそのままボールが流れる。

前半20分過ぎ頃からラシンが徐々に押し返してきたが、エスパニョールは依然にプレス、セカンドボールへの意識が強く、簡単にはゴール前まで運ばせない。

前半31分、ルイスガルシアの左サイドからのFK。ゴール前でのクリアミスを拾ったピジュドがミドルシュートを打つが大きく外れる。

前半32分、左コーナー付近でファールを犯したモーリスに警告。そのFKをルイスガルシアが蹴るが、相手GKがパンチングクリア。そこから相手にカウンターを食らうが、ラストパスをカメニが飛び出してセービング。

前半41分、ルイスガルシアが倒され右サイドからFK。ガルシアが蹴るが、中の選手と合わずそのままクリアされる。

前半42分、セラノがハイキックで警告を受ける。

前半44分、エスパニョールDFにボールが当たって抜け出したムニティスが中央にいたチテにパスを送るが、幸いにもシュートを外してくれた。この試合最大のチャンス。   危機一髪。

ロスタイムは1分で、そのまま前半終了。終盤に相手に押し込まれたが、何とか持ち堪えた。お互い流れの良い時間に得点を奪えなかったのが、最近得点力不足に悩む両チームの状態を物語っている。。。
BPは54:46 だがシュート数は3(0):6(1)と相手が上回っている。  

【後半】
後半開始。両チームともにメンバー交代はなし。俊輔は後半早々からウォーミングアップ開始。

後半2分、右サイドからの相手のFK。18歳のカナーレスのFKをエンリケがヘディングで合わせ、アウェイのラシンが先制。エスパニョールにとっては痛い失点、何とか早い段階で同点にしたいところだ。

後半6分、カナーレスの振り向きざまのシュートが決まり2失点目。与えてはいけない追加点を献上してしまった><

53分、バエナに代わってイバンアロンソ、ルイスガルシアに代わって俊輔が入る。   しかし既に2点差。。。

55分、右サイドの俊輔がゴール前のイバンアロンソにキラーパスを送り、アロンソがベンサハルに落とすも、惜しくもシュート出来ず。

後半13分、エリア中央の外から俊輔がミドルシュートを放つが相手DFに当たる。
後半16分、モーリスに代わりオリオルが入る。エスパニョールはベンサハルに代わりタムードが入る。

俊輔はボランチの位置でパスを供給している。なかなかゴール前まで顔を出すシーンがない。もう少し前でプレーしたいところだ。

後半21分、ピジュドがエリア内でセラノを倒しPKに。そのPKをチテに決められ3失点目。2試合連続の大量失点に。

後半25分、カウンターから最後セラノのパスに抜け出したカナーレスにゴールを決められ4失点目。カナーレスは2得点1アシスト。

後半26分、そのカナーレスに代わってルイスガルシアが入る。

後半28分、フォルリンに警告。

4失点を喫し、エスパニョールは完全に集中力を欠き、パスもなかなか繋がらなくなってしまった。

後半42分、ビクトルルイスがエリア中央近くで相手を倒し警告を受ける。FKは壁に当たり5失点目は免れる。

ロスタイムは2分。試合はそのまま終了し、スタンドからはブーイングが鳴り響く。

前半立ち上がりは良かっただけに、その時間帯に先制点を奪えなかったのが痛い。逆に後半立ち上がりに立て続けに失点を喫し、PKの3失点目でエスパニョールの集中が切れてしまった。
俊輔も中盤の低い位置でボールを供給していたが、決定的なチャンスを演出することは出来ず。次節はカンプノウでのダービー戦、2試合連続の大量失点に不安が残る。なんとかこの苦しい状況から抜け出したいところだ。 とにかく得点が欲しい〜!!!!

       カジェホン

ベンサハル  ルイスガルシア  コロ

     バエナ   フォルリン

チカ              ピジュ
    Vルイス   パレハ 

        カメニ
      4−2−3−1   

2009年11月29日

第12節 アトレチコマドリード×エスパニョール

第12節

アトレチコマドリード×エスパニョール

              4−0

【得点者】アトレチコ:フォルラン アグエロ×2 ロドリゲス


【アトレチコ】スタメン
スタメン:GKセルヒオ DFファニート ウィファルシ ドミンゲス MFペレア フラド アスンソン レジェヌ シモン FWフォルラン アグエロ
SUB

【エスパニョール】4−1−4−1
スタメン:GKカメニ DFチカ ロンカリア フォルリン Dガルシア モイセス ベルドゥ Lガルシア 俊輔 カジェホン FWタムード
SUBアルバレス コロ ピジュ バエナ Jマルケス ビクトルルイス
  

※ヘタフェ連敗に デラペニャの離脱&引退示唆発言に・・・とチームはここの所やや暗いニュースが多い。
更にチームは現在離脱者が続出。  デラペニャの他 Fマルケスにパレハが怪我 そしてアロンソも風邪(インフルエンザ)で練習を休んでいる。 
俊輔は前節 代表の疲労考慮もあり 試合終了前たったの数分間しか出場できず チームも負け悔しい思いをしたが 中央でのプレーだった事もあり 短い時間だった割にはボールに絡む回数が多く 多少の手ごたえを感じたようだ。   ホームでの敗戦は良くないが 気持ちを入れ替え まずは得点力不足解消のため アウェーでも強気の試合を見せて欲しい。
アトレチコは現在18位。 今季はまだ1勝しかしておらずかなり失点が多いが 強力な2トップの武器を持っている。  アトレチコは 以前マリノスに在籍中 俊輔獲得に動いた事もあるチームだ。   是非出場し今度こそ自らも納得の行くプレーで会場を魅了して欲しい。

【前半】曇り 気温5度
俊輔スタメン!!! 試合前の表示ではポジションは左だが果たして・・・。   アトレチコは赤白の縦じま。 
俊輔は右か。 ガルシアが真ん中にいる。  カジェホンは左に。
1分開始早々Lガルシア倒される。 
2分右俊輔から大きくサイドチェンジ Dガルシア大きく前線へいれタムード飛び出すもGK。  直後ガルシア相手に横から首にチャージ受け倒れる。 危険!ガルシア動けず担架でピッチ出る。。。><
開始早々アクシデント・・・

6分カジェホンパスミスからつながれ自陣左サイドかなり低め相手スローイン 最後相手のミドルはやや弱く枠大きくはずれカメニ。
ガルシアまだ戻れず首に治療。
9分自陣右サイド 相手の縦パスがタッチラインギリギリでつながり前線へ ピンチ! 相手のセンタリングに中央撃たれそうになるがトラップミスか?DFか相手撃てず倒れ何とかクリア。
直後相手スローインからエリア左に繋がれシュート! はゴール右上。

10分俊輔こぼれ球素早く飛びつきモイセスへ そこから左カジェホンへと繋ぎカジェホン切り込みパス出すも相手へ。  カジェホン今日はややパスミス多いか?
中央ベルドゥから右チカへ チカクロスは味方飛び込むも直接GK。
俊輔こぼれ球への反応かなりいい。 何度もいち早く拾い繋いでいる。

13分自陣左サイド高め ロンカリアファールで相手FK。 はクリア。   左サイド低め味方一気にエリアへ入れるもGK。もったいない・・・
15分右サイドスローインからライン際タムード突破からクロス! FGクリアを俊輔拾いチカへ チカクロス入れるもエリア中央味方へは合わずクリア。   それを更に素早く拾い味方へと繋ぐも味方中々 前線には入れられず。

15分Gキックから繋がれ一気に左サイドへ縦パス、競り合いのこぼれ球からそれを更にエリアへと繋がれ飛び出されるも必死のDF 最期カメニが足でクリア。   ホッ・・ 相手アグエロの球際の強さは半端ではない。  危機一髪!!!    自陣右サイド そのスローインから一気にエリア左に繋がれるもコントロールミスでライン割り救われる。
相手17分競り合い相手のチャージでチカ倒れる。 相手にイエロー。
17分DFライン そのFKからロンカリア前線右サイドの俊輔へ大きくパス 俊輔落としチカとのパス交換から右サイドをドリブルで突破 クロス! エリア内タムードには合わずクリア もそれを更に繋ぎ中央ベルドゥへ ベルドゥ倒され相手クリアも それを俊輔エリア右で競り合いチカへ チカクロス! も味方DFに阻まれ合わせられずこぼれ球 エリア左 タムード拾いクロス! はファー 俊輔飛び込むもDFとGKに阻まれGKキャッチ。    俊輔起点から再三チャンス!

直後18分相手のGキックから 左サイドDF?ベルドゥ?頭で受けるもクリアミス 相手にお膳立てした形になり飛び出したアグエロを左高めでフォルリン倒し相手FKへ. ショートコーナーはクリア。 

20分中央こぼれ球Lガルシア拾いドリブル 相手に囲まれ俊輔フォローに行くもパス出さず ガルシアそのままボール放さず結局すぐ相手に奪われる。  そこから縦に繋がれ一気にエリア前 GKと1対1!! カメニ飛び出し ギリギリの所でセーブ!!! 危機一髪!!
こういう球離れの悪い所が折角のチャンスを一瞬で自分達の危機へと変えてしまう!! >< フォローがあるのになぜ出さない!!怒!

21分左カジェホンドリブルからセンタリング クリアが中央モイセスへ モイセスシュートはDFに当たりGK。   
21左サイド縦パス繋がれエリア左からのセンタリングに中央シュート!  カメニ見事なセーブ!そのこぼれ球を更にシュート!! もカメニ手に当たりライン割り失点免れる。  左CKクリアからまた繋がれ更にミドルシュート!! と行くところで 俊輔危険を察知!思い切りスライディングで飛込み相手シュートを阻止!! お見事!!  かなり資金距離で撃たれたため俊輔足痛め倒れるも何とか無事。 見事なセーブ!
23分クリアから中央ベルドゥ 前線へ も精度なく相手へ、そこから右サイドへと繋がれスルーパスにシュート!! は何とかオフサイドで救われる。  ホッ・・・
Gキックから中央俊輔 頭でガルシアへと繋ぐ も ガルシア大きく前線へ・・・ 味方全く追いつけず。   ガルシアどうした!もったいない!
(25分 映像途切れる。怒!!!)
俊輔かなり今日はボールに良く絡みチームにも馴染んでいる。

26分相手エリア右パスミスで奪われ右サイドへ展開 一旦中にはたいてのワンツーで突破されシュート!寸前DFクリアもそのこぼれ球を 最後中央フォルランシュート!それがゴールに突き刺さり 先制される。。。>< 右サイドからのロングクロスに中央頭で合わされシュート!はゴール右で救われる。   エスパDFやや不安・・・><
31分左俊輔から大きくサイドチェンジ チカ パスつなぎカジェホンクロス! はファーにだれもおらず・・・
俊輔この時間中央で攻撃を組み立てている。 俊輔のボールが集っている!!いいぞ俊輔!!
しかし味方 パスミス多い・・・クロスの精度もいまいち。

34分俊輔中央でうまくボールをさばいている。も 相手のチャージにやや脚痛そうな動き。 大丈夫か?
エスパ パスが回るも 再三相手の激しいチャージ。
36分自陣右サイドギリギリ 相手一気にロングパス通る。 エリア右切り込んでのパスにDF、必死のクリアに俊輔空かさずフォローで落ち着いたDF。   いいところで顔を出す俊輔。

そこから一気に左サイドLガルシアへ繋がるも相手の執拗なチャージに笛。  素早いリスタート邪魔した相手にガルシア怒る。
37分中央モイセスから一気に前線タムードへ タムードエリア左で落とし ガルシアクロス はDFクリアも中央bねルドゥから右チカへ展開チカ〜カジェホンクロス はDFクリアも更にベルドゥに戻り チカクロス!は精度なくGライン割る・・・><もったいない・・・ 

39分ベルドゥ傷むも何とか無事。 相手のファールにエスパ選手次々傷んでいる。。。怒!! 審判しっかり見てくれ!!

42分相手左深めからのクロスにファーからシュート!はゴール上。
43分中央俊輔トリッキーなプレーで後ろのベルドゥへと繋ぎ ベルドゥ一気に前線エリア左のガルシアへ ガルシアが俊輔へと落とし 俊輔クロス! エリア右のスペースへ入れカジェホンへ 右サイドパス繋ぎ右カジェホンからのクロスに俊輔エリア左飛び込み ワントラップ シュートに行く・・と言う所で惜しくもDFに阻まれ滑り撃てず。  惜しい〜〜〜!!! 俊輔 ここはスペイン そこは思い切り直接ボレーで良かったよ〜・・・
 
直後左サイド俊輔 相手のチャージでまた足押さえる。。。

前半終了。 エスパは良くパスが回っている。 俊輔もかなり多くボールに絡んでいる。   が 最後のところで工夫が足りないエスパ。 中々フィニッシュまでいけない。  やはりチームの戦術なのだろうか。  かなり早い段階で前線へと入れてしまい最後まで繋ぐ意識がどうも薄いようだ。 
アトレチコはやはり前線のパスワークがうまい。 が・・・1点とった後は 中々チャンス作れておらずその後はあまり見せ場なし。 前半最期はエスパ支配だった。

前半のBPは51:49。   ほぼ同じだが シュート数は圧倒的にアトレチコ多かった。   後半も俊輔を中心にパスを回し何とかフィニッシュまで持っていきアトレチコゴールをこじ開けたいところ。
チームは1点ビハインドだが 俊輔はこれまでで一番いいと思うくらい多くボールに絡み攻撃を組み立てている。  エスパはモイセスのワンボランチ 俊輔はベルドゥと中央で並んだ形か。 結局 4−1−4−1。

【後半】
後半メンバー交代。 チカに代わりピジュが入る。 カジェホンに代わりコロ。    俊輔は中央からのスタート!!!
開始早々ロンカリアにイエロー。 エスパ相変わらずDF不安・・・
相手の早いパスワークにDFついていけておらず。   
52分相手右CKは 難なくカメニ。
味方パスミス多い・・・><
54分右サイドからのパスに飛び出すも相手DF倒れファールに。 殆ど当たってない!!怒!

56分右サイド味方のパスが相手に奪われそうになったところで一気にスライディングで取り返し中央へ そこから左へと展開しクロス! にタムード コロ 俊輔 とエリア3枚飛び込むもDFクリアでスローインへ。 

57分相手高い位置でのインターセプトからエリア右へと繋ぎワンツー はDFに当たり右CKへ。 右CKはクリア。もまた相手に渡り俊輔必死のDF また右CKへ。 右CKはカメニ触り今度は左CKへ、左CKもDFクリアで また右CK。 アトレチコ猛攻。  こぼれ球拾い俊輔 前線へ もあと僅かのところで味方に繋がらず。 惜しい! 

その後こぼれ球奪われ右サイド相手突破  エリア右 相手に撃たれそうになったところで俊輔必死に飛び込みスライディングDF! ボールに行ったように見えたが 相手倒れ俊輔にイエロー。 累積2枚目(これは仕方ないか・・倒れた相手は一旦担架で外へ) 
相手にFK与える。  ゴール右下ポストぎりぎりバウンドし カメニ反応も何とその僅かの隙間をすり抜け2点目奪われる。。。。これは神業的・・・>< やはりアグエロただモンじゃない・・・泣
しかし前線からここまで一気にDFに俊輔が戻ってこなくてはならないのもどうしたものか・・・>< 回りがもっとフォローしてくれ〜

63分左低めから一気に右コロへ コロ仕掛け右CK得る。 右CK俊輔 二アに入れるもコロのファールで笛。   右スローインからガルシア右CK得る、 右CK俊輔 二アに入れるもDFクリア。   
65分右サイド遠目 ベルドゥ倒されFK得る。  FK俊輔 強烈ないいボール入れるもゴール前DFで左CKへ。 左CK俊輔は・・・クリアから繋ぎ  今度は右CK俊輔 相手クリアを中央コロミドルシュート〜!! も惜しくもGK死守。
67分ベルドゥに代わり ベンサハル入る。  2トップ!!

69分左サイド遠目ガルシア倒されFKガルシア は味方触れずゴール右。
72分左サイド俊輔から大きく前線コロへとサイドチェンジからオーバーラップしたピジュへ 右ピジュからクロス! にゴール前サハル 僅か届かずファーへ流れたボールをガルシア強引にシュートへ持っていくもDFに阻まれ撃てず。 
73分中央かなり遠目だがいい位置 サハル倒されFK得る。  ガルシアか??俊輔か?? ボール前に二人。  俊輔FKはゴール大きく上へ・・ どうしたか? ピッチに足を取られたか??  珍しい
(気合入り過ぎだよ俊輔・・・♪)

74分右コロからのパス受けると中央俊輔 一気に飛びだしたガルシアへ 僅か合わず惜しくもGKへ.   しかしガルシアといい連携だった。 
俊輔にどんどんボールを集めろ〜!!
77分右サイド遠目 味方倒されFK俊輔 はDFクリアから更に入れるも今度は味方のオフサイド。
自陣中央右 相手倒しFK与える。 クリアを頭でつながれるも相手のオフサイド。

81分タムードハンドでイエロー。
83分ロンカリア相手倒し??2枚目のカードでレッド退場。
エスパは10人に。

直後そのFKからDF競り合いのこぼれ球クリアできず押し込まれ3点目奪われる・・・><


86分自陣右サイド低め味方ボール奪われ右CK与える。 右CKこぼれ球からシュート はDFに当たりまた右CK・・・
88分相手一気にダイレクトで縦パスつなぎ突破 DF3人見事に振り払いアグエロ個人技突破〜センタリングに飛びこんだロドリゲスシュート・・・ で何とエスパ4点目失点・・・><  最悪。 エスパDFボロボロ  全て後出になっている。
試合終了。 完敗。 
BP52:48. 相変わらず相手の素早い確実なパス回しで一気に前線へと持って行かれDF追いつけず ゴール前での見事なワンツーで崩され 失点・・・その繰り返し。  ただただアグエロおそるべし。

4失点は痛いがこの試合は俊輔にとってはこれまでで一番手ごたえのあった試合だったと言える。    久々の先発 そして何と言っても中央でのプレーにこれまでになく多くボールに絡んだ。    相手の厳しいチャージにパスミス連発し奪われる味方の中 俊輔はパスミスも少なく攻撃の起点となりチャンスを作ろうとしていた。   
しかしその後が続かず また守備に奔走。  中々フィニッシュまで持っていけず 歯がゆい思いをしていただろう。
俊輔が中央で絡みパスは確かに回っていた。   あとは最後エリア付近での課題が大きい。    俊輔は先発フル出場  4−0の大負けの中も どこか光がさしたような試合となった。
エスパは初の布陣。 4バックに モイセスのワンボランチ。
右にカジェホン 左にガルシア。  中央にベルドゥと俊輔が並んだ。         

        タムード

Lガルシア           カジェホン
      ベルドゥ  俊輔 

        モイセス  

Dガルシア フォルリン ロンカリア チカ 

        カメニ

2009年11月22日

第11節 エスパニョール×ヘタフェ

第11節 
   エスパニョール×ヘタフェ


              0−2

【得点者】ヘタフェ:カスケロ リオス


【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFチカ パレハ フォルリン Dガルシア MFモイセス ベルドゥ Lガルシア アロンソ カジェホン FWタムード
SUBアルバレス 俊輔 サハル コロ ピジュ Jマルケス   


【ヘタフェ】4−1−4−1
スタメン:GKウスタリ DFディアス マネ ラファ コルテス MFカビラン ボアテング ペドロレオン カスケロ ゴンザレス FWソルダド
SUBコディーナ べレンゲル マリオ トーレス アルビン リオス マヌデルモラル


※2週間ぶりのリーグ再開。  
10月末の国王杯を含む3連戦を終えたばかりの俊輔は その後スポルティング戦と 代表合流を遅らせ臨んだ国王杯ヘタフェとの第2戦をこなし 直後 超長距離移動を経てようやく代表に合流した。  疲労困憊の中 ほぼ1日で南アフリカ戦に後半早めから出場し その中2日後には更に長距離移動を経てアジアカップ香港戦にフル出場。  
そこから一気にバルセロナまでとんぼ返り後 20日すぐさまチームに合流し2日間 居残りも含め練習を強行し今日を迎えている。

相手は国王杯4回戦で3−1での敗退を強いられた相手ヘタフェ。
ホームでは俊輔のお膳立てから1−1の引き分けに持ち込んだが 1回戦アウェーでの0−2負けが響いてしまった。 
今日はホームでもあることから そのリベンジの意味も含め 何としても勝ち点3を奪いたい所だが 俊輔は 代表の疲労もあり ベンチスタートが濃厚と思われる。   ヘタフェは現在12位。

チームーは ようやく復帰したと思われたデラペニャがまた右足下腿三頭筋負傷で離脱、20日2度目の超音波検査を行ったが どうやら全治は10〜15日、場合によっては今年の復帰は微妙かなどという記事もちらほら。。。
デラペニャは今季まだたったの4試合 159分間のプレーのみという状況で 怪我でプレー出来ない状態が続いている。
更に Fマルケスも前節ラインまで必死にボールを追い太腿裏を負傷し離脱。     Lガルシアも胃腸の調子を崩していたが おそらく今日の試合には間に合わせてくる模様。
一つ好材料は ヘタフェ戦で移籍のごたごたからようやく復帰して来たタムードがスタメン濃厚、またコロも怪我から復帰してきた。 
ベンチスタートが濃厚の俊輔だが現地紙のコメントでは良く寝られたし疲れはない いける状態にあることを強調、 代表戦で持ち帰った課題を克服するべく レベルの高いこのスペインの地で必死に自らのレベルアップを目指す。

【前半】天気晴れ  気温21度
俊輔はベンチスタート。  カジェホンが左 右にLガルシア。 タムード復帰。
開始早々 低い位置 モイセスに激しいチャージから自陣左へ展開される もオフサイドで救われる。   開始から相手のプレス激しい。
2分右Lガルシア中央へ 前線タムードへのパス出すもタムードエリア内 倒され笛はならず。 
3分ヘタフェ ソルダド切り込み落としに相手シュート! はカメニパンチングで死守。  双方互角の滑り出し。
8分相手のバックパスにタムード プレスかけ右CK得る。 LガルシアCKにフォルリン飛び込みヘディング! は惜しくもバーに当たりギリギリ上へ。 惜しい!

審判中々ファールの笛吹かず。  中盤ではかなり激しいボールの奪い合い。
20分カジェホン傷み相手コルテスにイエロー。 完全に足に行っている。怒
21分中央遠目 相手倒しFK与える。 FKはあわせたのか?相手触れずゴール左で救われる。  

26分双方見せ場作れず。 やはりデラペニャが不在の為か エスパの攻撃にいまいちリズムがない。  

30分相手右サイド突破 フォルリン?滑りDF遅れ相手がクロス!にカメニDFと重なりキャッチ出来ず そのこぼれ球をファーからシュート撃たれるもDFにあたり救われる。 危機一髪!!
32分左サイド縦パス繋ぎクロス! ファーでの折り返しをシュートに行くが阻まれる。 詳細後ほど
33分左サイドカジェホン突破からシュート! はゴール上。

35分チカのクロスに中央競り合いこぼれ球をエリア左からタムードシュート!! は惜しくもGK。
37分ヘタフェ猛攻。   押し込まれるエスパ 必死で凌ぐ。 
37分中央低め パレハファールで相手FK、壁に当たるもこぼれ球繋がれエリア左へ はDF。
  
42分左やや遠目 ガルシア倒されFK得る。 FKガルシア。はクリアされる。
43分相手左サイドジリジリ上がりシュート! はゴール左。
中々決定的チャンスを作れないエスパ。 時間がない・・・ロスタイム1分。
ガルシアのクロスクリアから右CK得る。 ファーで味方合わせるもDFクリア。
前半終了。 0−0で折り返し。  エリアへの決定的なパス クロスが殆どない。 攻めあぐねている感じ。 決定的といえば3分相手のシュートのみ。  後半 俊輔が中央に入って動き出しのいいタムードらに合わせられればいいのだが・・・
前半のボールポゼッション55:45 シュート数3(2):6(1)
数字から見ても判るようにボール支配は高くてもシュート数は相手ヘタフェの方が倍。

【後半】
メンバー交代はなし。
俊輔アップ始めている。 
48分中央相手のクリアミス拾い右へ展開 クロスクリアから右CK得る。  右CKからゴール前相手のクリアミスのこぼれ球をシュートに行くもDFに当たり 更に味方こぼれ球シュートもまたDFに阻まれる。
5分左サイドカジェホンドリブルから左CK得る。  左CKは右へ流れる。  
51分カジェホンの突破から何度かチャンスを作るエスパ。 も中々ゴールに結びつかない。
53分エリア左ライン際 味方のファールから相手FKは 壁直撃。

小康状態・・・中々 タムードにいいパスが出てこない。
タムードが欲しがっているのだが・・・ 
59分 ルイスガルシアに代わりコロが入る。
61分中央チカのドリブル突破から右カジェホンへ カジェホンのクロスにファー アロンソ折り返すもGK。
63分エリア左 カジェホン倒されFK得る。 角度はあるがいい位置。  カジェホンFKにアロンソ飛び込むも合わせられず。

67分相手右CKからゴール前 頭でたたきつけこぼれ球撃たれそうになったところでカメニキャッチ。 危険!
68分タムードに代えてベンサハル入る。
70分右サイド チカ上がりクロス にエリア中央アロンソ頭で合わせるもゴール左上へ。。。

73分DFラインからのロングボール拾いGK避けややループ気味のサハルシュート! はゴール上。
75分左サイドアロンソ突破〜中央サハルへ サハルから右へ上がったコロへ コロシュート!はゴール左へ。。。

76分中央 相手ソルダド コロ後ろから倒しイエロー。
リベンジはどうしたエスパ!  俊輔を早く入れろ〜!
78分中央 競り合いで奪われての1本の素早い縦パスに飛び出されエリア右からソルダドシュート! カメニの弾いたボールを中央からカスケロに押し込まれエスパ失点・・・>< 
なんてこった・・・ 

監督はまだ動かないのか・・・遅い・・・><
81分DFラインからのパスを中央サハル受け 右サイドコロへ コロ落としチカクロス! にGKキャッチしそこなったボールがエリア左アロンソへ アロンソ カジェホンとシュート撃ちに行くもGKに当たり左CKへ。   CKカジェホン はクリア。

83分俊輔ようやく呼ばれる。 も 試合中断せず中々入れない・・・
40分モイセスに代わり俊輔入る。 時間なさ過ぎ!
右サイド チカからのスローイン受けた俊輔 DFを交わしすぐさま前線へクロス! そのクリアが戻ると 更にエリア前へ、 積極的に前線へと送る俊輔。   しかし惜しくも僅かのところで味方に合わせられず。
自由に動き回り 攻撃のリズムを作り出している俊輔。 流れはエスパに。   俊輔からチカへ チカのクロスにアロンソは・・・オフサイド。

88分中央高めフォルリン相手倒し相手FK・・・><。 時間を賭けるヘタフェ。   ロスタイム3分。
中央低め俊輔から右コロへ コロのクロスに ゴール前味方競り合うもクリア。     更に左サイド低め俊輔から一気にピンポイント狙い味方へ 惜しくもこれもあと僅かのところでDFに阻まれる。
中央俊輔こぼれ球受けシュート撃つと見せかけ 右のベルドゥへ ベルドゥシュート!! は惜しくもゴール右下でGK死守。 
ロスタイム 相手 中央から一気に左サイドへ展開 相手の飛び出しにDFチカ追いつけず そのクロスに中央 飛びだしたリオスにほぼGKと1対1の状態で頭で合わせられ追加点奪われる・・・><
試合終了。。。 0−2。  撃沈・・・><


後半も続いた小康状態に 俊輔の投入がもっと早ければ・・・
あまりに時間がなかった。  それでも積極的に前線へとパスを入れたがあと僅かで味方合わせられず   その後攻撃的になったエスパの裏を突くように たった1本の縦パスであっという間に追加点を奪われてしまった。 なんとも悔しい敗戦・・・ 国王杯に続き ホームで0−2の負けはまずいとしか言いようがない。   
俊輔投入後 流れは確かにエスパへと傾いたが せめて後半30分位はプレーさせて欲しかった。。。><  
後半のボールポゼッション55:45  シュート数12(4):10(4)  CK7:3  

        タムード


カジェホン   アロンソ   Lガルシア


    ベルドゥ     モイセス


Dガルシア フォルリン  パレハ   チカ

         
          カメニ

2009年11月11日

国王杯第2戦エスパニョール×ヘタフェ

国王杯第2戦

 エスパニョール×ヘタフェ

              1−1

【得点者】ヘタフェ:ソルジャー
     エスパニョール:アロンソ

【エスパニョール】
スタメン:GKアルバレス DFピジュ パレハ ロンカリア Dガルシア MFデラペニャ モイセス Lガルシア アロンソ 俊輔 FWタムード
SUBベルドゥ カジェホン サハル・・・ 

【ヘタフェ】
スタメン:GKコディーナ Dコルテス ラファエル カタディアス トーレス セレスティー二 カスケーロ パレホ ペドロレオン マヌー FWソルジャー


※コパデルレイ 国王杯第2戦ホーム。
アウェーで行われた第1戦で ホームで絶好調のヘタフェに 2−0の敗戦をきしてしまったエスパニョールは 今日 絶対に勝たなければいけない試合。      しかし 移籍問題のこじれたタムードは未だに戦列を離れたまま、 Fマルケスはヒホン戦で負傷。。。  
これまでレアル戦以降 負けなしできたエスパニョールだったが 国王杯第1戦でこのヘタフェに2−0で敗れてから あまり調子がいいとは言えない。    前節も1−0でリードしながら試合終了20秒前に失点し勝ち点2を落とした。 
国王杯第1戦アウェーでは 俊輔がスタメンで出場し0−0で折り返したものの 俊輔を下げた後 エスパは次々と失点 何とレアル戦以降 久々の敗戦をきしてしまった。
マルケスが負傷という事もあり 南アでの代表合流が予定されていた俊輔はこの試合のためチームに残った。    試合翌日 遅れて合流する超過酷なスケジュールとなるが 何とかチームで一日も早く結果を残せるよう ホームでの活躍を祈りたい。

【内容】
何と!これまでスタメンを外されていたタムードが久々の先発! カジェホンはベンチスタート。   ベルドゥが外れ デラペニャが入った。俊輔は右サイドで先発!

開始から積極的な攻撃でエスパゴールに迫るヘタフェ、 GKカメニがカメルーン代表で不在の為 今日はアルバレスが代わってスタメンのエスパニョール。 
前半開始からヘタフェは積極的な攻撃でエスパゴールに迫っていた。 3度程 相手のシュートをアルバレスのセーブで逃れていたエスパニョールだったが、 しかしついに20分 コディーナからのパスをソルジャーに決められてしまい ヘタフェに先制を許してしまった。 

しかしこれに逆に勢いを増したエスパニョールは 俊輔から前線へとクロスでチャンスを作る。    中盤で激しいボールの奪い合いが繰り広げられる中 30分 自らシュートも撃ち懸命にチャンスを作る。 そして37分 ようやく 左サイド俊輔からの正確なクロスにアロンソが飛び込み 頭で合わせ同点に追いついた。

前半1−1で折り返したエスパニョールは後半も互角の戦いの中 エスパは59分デラペニャに代わりベルドゥを投入 Lガルシアに代わりカジェホンを投入するなど いっぺんに二人を交代させ攻撃を強化する。

64分にも 俊輔はタムードへのチャンスを演出するなどし貢献していたが76分 更に監督は攻撃的布陣を導入  俊輔に代え FWベンサハルを投入し必死にゴールを狙ったが 相手の固い守りに阻まれ最後まで追加点を奪う事は出来なかった。 
激しい奪い合いに カードが16枚も飛び交うという接戦 何とアロンソは87分 2枚目のカードでレッド退場となってしまった。

第1戦で2−0で敗戦しているエスパニョールは ヘタフェ優位の状況も ホームでの2−0以上を狙おうと臨んだ。  が 開始から猛攻を賭けるヘタフェに痛恨の先制を浴び  その後 俊輔のクロスでアロンソが同点弾を決めたものの ホームで1−1の引き分け、 結局3−1で国王杯4回戦での敗退が決まってしまった。
俊輔は 同点弾演出も チームの敗退にやはりショックを隠せなかった。
俊輔は13日 日本代表に合流する為 バルセロナを発つ。

カップ戦の放送はありません。 セルティックのカップ戦で行っていたような 試合の同時翻訳速報はありません。  ご了承下さい
  

2009年11月08日

第10節 スポルティングヒホン×エスパニョール

第10節

スポルティング×エスパニョール

              1−0

【得点者】ヒホン:ビリッチ

【ヒホン】4−2−3−1  メンバー
スタメン:GKファンパブロ DFボティア ロラ カネジャ グレゴリー MFリベラ マタブエナ カストロ ルイスモラン ミゲル FWビリッチ・・・
SUBクエジャル エルナンデス サストレ カルメロ マルドナード カマーチョ マテオ

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFピジュ パレハ フォルリン チカ MFモイセス ベルドゥ Lガルシア アロンソ FマルケスFWカジェホン
SUBアルバレス 俊輔 デラペニャ サハル ロンカリア ハビマルケス バエナ

※前節 3連戦最後のバジャドリードをホームに迎えたエスパニョールは 押し気味に展開も中々ゴールが割れず 後半ようやく1点リードしたにも拘らず その後の相手の猛攻に 時間が迫っていたにも関わらずボールキープではなく攻撃を選択、 1本の縦パスから相手に奪われ 試合終了30秒前に失点。     大きな勝ち点3を 自ら逃してしまった。     俊輔は負傷なしでは初のベンチ、最後まで出場は叶わなかった。    このままではいけない・・ と危機感を感じた俊輔は 昨日の紅白戦で 自ら積極的に前線へと仕掛ける 新たな俊輔をアピール。    一発を狙うアタッカー  ニュー俊輔のプレーがチームにどのような影響を及ぼすか アウェーではあるが ここは何とか出場を願いたい所!!   パレハも出場停止から復帰する。
一方 スポルティングヒホンは 8位のエスパに対し現在勝ち点差は同じものの 得失点差で7位。  相手は上位チームに勝利するなど調子もいいが  エスパは前節ホームで貴重な勝ち点を逃しただけに 今回は是が非でもアウェーで勝ち点を掴みたい。


【前半】天気 雨  気温13度  
俊輔はベンチスタート。 Dガルシアが抜け今日は右にチカ 左にピジュ。   エスパはホームユニ。  相手は赤白の縦じまユニ。
2分左サイドDF抜かれ左CK与える。    左CKショートコーナーからつながれエリア左からシュート! 相手シュートがビリッチによってコース変えられ何とゴールに突き刺さる。  早くもエスパ失点・・・
1−0に。   
 凄い雨。
8分エリア右やや遠目 ガルシア倒されFK得る。 パレハのFKは 壁1枚  もボールはゴール大きく上へ。。。
中盤では激しいボールの奪い合い。 相手のプレス早い。
中々前線へと仕掛けられないエスパ。   仕方なくロングで前線へ  しかしアロンソファール取られる。

16分左サイドマルケスから中央ベルドゥへ ベルドゥのスルーパスにエリア中央 カジェホン飛び出すもシュートはGKへ。。。   惜しい〜!!!  決めてくれ〜!!

19分中央ベルドゥから右サイドカジェホンへ カジェホンのクロスに ガルシアシュート! はバー直撃! 味方詰めるもクリアされる。 
惜しい!! 
21分中央ベルドゥ?から一気にカ飛びだしたジェホンへ カジェホン飛びだしたGKに阻まれシュートへ持っていけず。
エスパの時間帯。  ここでゴールを!!  

24分相手のパスがモイセスの手に当たりモイセスにイエロー・・・故意ではないのだが・・・。  ボールポゼッション 60:40 エスパこの時間押している。   ここで同点に追いついておきたい!!
26分右CKガルシア こぼれ球を中央からマルケスシュート! はゴール上。 

28分右サイドマルケス倒されFK得る。 FKベルドゥ は味方に合わずクリア。 
29分自陣左サイド クリアミスから左CK与える。 二アで合わせられるもライン割る。
30分左低め チカからnロングパスクリアから左CK得る。 カジェホンのFKはクリア。

33分マルケス後ろから倒され相手ロラにイエロー。 これは危険。
36分DFラインからのロングボールに追いつこうとFマルケス走り左足もも裏傷める。  肉離れか??? 一旦ピッチ降りる。
俊輔の出場は・・・? 

39分マルケスに代わって デラペニャ入る・・・
デラペニャから右ガルシアへ ガルシアシュート?は相手に当たり右CKガルシア。    CKから 最後こぼれ球にアロンソ足出すもゴール左へ・・・><
前半終了。  ヒホンは開始早々先制もその後の決定的場面が作れない時間が続く。   一方エスパニョールはその1点を取り戻そうと 次第に攻撃的に・・・しかし前線へまではいくものの 最後の部分が中々決められない。  決定的な場面が2〜3度あった。  左サイドマルケスの負傷で 俊輔かと思われたがデラペニャ。。。 後半の出場が望まれるところ。   
ボールポゼッション40:60   ゴールチャンス2:3   シュート数は 4(2):7(2)

【後半】
雨は止んだ模様。 両チーム交代はなし。
48分相手左サイド ハイキックでFK与える。  そこから繋がれこぼれ球 中央で撃たれそうになるもDF。
51分相手へのファールでフォルリンにイエロー。  後半開始エスパやや押されているか・・・
俊輔が呼ばれた模様!!!
54分 ついにベルドゥに代わって俊輔〜!!! デラペニャと共存〜!!!
俊輔は右サイドか?? 

相手左CKからエスパカウンター  右サイドからのパスを俊輔がスルー それを後ろにいたデラペニャが 一気に前線へ!! アロンソが飛び出しGKと完全1対1 も惜しくも寸前でGKにキャッチされる。   しかしいいチャンス!
俊輔 今は左にいる。
58分中央ガルシア倒されFKからパス繋ぎ 前線へ! 俊輔今度はそれをうけようとエリア右へと飛び出す。   かなり流動的に自由に動いている俊輔。

俊輔から一気に右サイド上がったガルシアにスルーパス! ガルシアエリア右からシュート! は惜しくもDFに当たる。
流れがエスパに傾いたかエスパやや攻撃的に。
俊輔 積極的に前へしかけようとしている。  
何とか追いつきたい!!!

64分右サイドDF二人相手に右エリア内へと仕掛け挟まれ倒される も何と俊輔のファールに!?怒   俊輔なぜオレ?とアピール。 これはどうみてもおかしい!!

65分中央やや遠目 ガルシア倒されFK俊輔!!!
壁近い!!5枚  低めGK前でバウンドボール は惜しくもGKキャッチ。・・ 
もう少し近ければ・・・

67分相手右サイド突破から右CK与える。   は俊輔大きくクリア。    からエスパカウンター 俊輔また受けデラペニャへ デラペニャそれを右サイド上がったガルシアへ! も惜しくもやや長くDFに阻まれライン割る。     

70分俊輔から右飛びだしたガルシアへスルーパス しかしガルシアエリア内DFに阻まれシュートに持っていけず。
直後俊輔クロス! も味方飛び込まず そのままGK.
73分中央相手倒したデラペニャにイエロー。

75分エリア左 ガルシア倒されFK得る。 FKアロンソ?はDFに当たり左CKデラペニャ。    左CKはクリア。
77分アロンソに代わり サハル入る。
中央遠目デラペニャ 相手のファールでFK得る。  FKふわりと出し サハル飛び出すもGK.

85分相手右サイド ラインギリギリから上げてきたボールに中央ヘディングは ゴール右で救われる。
47分中央やや右味方倒されFKデラペニャ 一気に前線へといれるが味方オフサイド。

89分中央から左サハルへ サハル仕掛けるもシュートまで持っていけず。 笛。
左サイド抜かれ 相手シュート はゴール右で救われる。
90分右サイド俊輔前線へ上がり足かけられ倒される。 相手にイエロー。
エスパ積極攻撃 も 時間ない!!  エスパ押し気味に展開するも 決定的チャンスは作れず 最後までゴールを奪う事は出来なかった。
試合終了・・・
ボールポゼッション42:58   シュート数はほぼ同数。 

開始早々の失点が最後まで響いてしまった。。。
ベンチスタートも 後半早めに久々のデラペニャとの共存出場となった
俊輔は はじめかなり自由に動き回り 積極的に前へ仕掛けようという意識が見られた。    中ではなくラインをしょいながらも 何度か上がるガルシアにスルーパスを送ったが 結局ゴールには結びつかず。

FKもかなり遠目だったこともあり低めの GK前でバウンドするようなボールを蹴ったがGKにキャッチされてしまった。
高い位置でのプレーでは これまでにない積極性も見る事が出来たが 連携面においては もっともっとプレー時間が増えてくれば チーム連携が上がり よくなってくるのではないかと感じた。

開始早々失点を許してしまったエスパは 8試合ぶりの敗戦。。。
結局勝ち点1をつめず結果が出せなかった事は 本当に悔しい限りだが 先ずは俊輔が試合に出られた事を プラスに考えたい。   
早くチームにフィットし 本来の俊輔らしいプレーが思いっきり出せるようになるには もう少し時間がかかりそうだが これも試合を重ねるたびに少しずつ解消していくのではないだろうか。
またこれから代表召集への影響が大いに気になるところだが・・・

             アロンソ

      カジェホン  ベルドゥ  Lガルシア

        モイセス    デラペニャ

    チカ               ピジュ
        フォルリン   パレハ

             カメニ   
           4−2−3−1

2009年10月31日

第9節 エスパニョール×バジャドリード

第9節 

エスパニョール×バジャドリード
               コルネジャ
     
              1−1

【得点者】ルイスガルシア
          バジャドリード:メドゥンヤニン

【エスパニョール】4−1−4−1予想
スタメン:GKカメニ DFピジュ ロンカリア フォルリン Dガルシア MFヴェルドゥ モイセス Lガルシア アロンソ FマルケスFWカジェホン 
SUBアルバレス 俊輔 チカ デラペニャ バエナ サハル ビクトルルイス

召集メンバー
カメニ、アルバレス ピルッ、ロンカリア、Dガルシア、フォルリン、チカ、Vルイス、モイセス、Jマルケス、ヴェルドゥ、デラペニャ、Lガルシア、俊輔、バエナ、アロンソ、サハル、Fマルケス、カジェホン
(パレハは前節レッド退場で欠場)

【バジャドリード】4−2−3−1予想
スタメン:GKビジェール DFマルコス 二ヴァウド ロペス Lプリエト MFナウゼト ボルハ アルバロルビオ カノッビオ ガルシアFWジエゴコスタ
SUBハコボ Jパラハ セサルアルソ メドゥンヤニン ペレ マヌーショ ブエノ 

※3連戦の3戦目。  国王杯アウェー ヘタフェ戦からまた中3日でホームに バジャドリードを迎えた。     前節アウェーセビージャ戦では パレハの退場もありエスパニョールはかなり長い時間10人での戦いを強いられた。  GKカメニの大活躍で無事スコアレスドローに持ち込んだが その3日後 メンバーを大きく入れ替え望んだ国王杯ヘタフェ戦ではやはり連携がうまく行かず2−0と 2節レアル戦以来の久々の敗戦となってしまった。     
しかし今日はホーム パレハの欠場は不安だが 気持ちを入れ替える為にもここはしっかり勝ち点3を積んで欲しい。   
一方バジャドリードは現在14位。  しかし前節あのデポルティーボに4−0で快勝するなど 決して気は抜けない やや不気味な相手となっている。
欠場のパレハの代わりには フォルリン ロンカリアが濃厚。 
またこの所 途中交代が多くなっている俊輔は 周囲の報道に対し自らの現在の状況を素直にコメント、懸命にスペインサッカーに適応出来るよう努力を重ねる事 またこれからはもっと自我を出しゴールに直結するようなプレーを積極的に出していく等 自らのプレーを変えてでも適応させていく覚悟をコメント、  またマリノス時代の恩人 アスカルゴルタ氏までが地元ラジオ番組で 俊輔の状況に対し 現在のポジションついて また代表召集がそれを邪魔しているなどのコメントを寄せたようだ。

出来ればデラペニャとの長い時間の共存が望まれる所だが 今は先ず自分の事を一番に考え 俊輔自身もスカッとするような1発を狙って欲しい!!
タムードは今日もメンバーから外れている。

【前半】曇り  気温21度
何と・・・>< 俊輔はベンチスタート  代わりにFマルケスがスタメンに入っている・・・。   マルケスは左サイド。  右にLガルシア。   バリャドリードは3トップといってもいい攻撃的布陣。
 
相手ユニがまた紫と紺?の縦じまで 区別が付きにくい。
両者共に積極的な攻撃を仕掛けている。
2分カウンター右低めガルシアから左マルケスへ マルケスDF交わしながら前線に上がり  左からエリア中央味方へパス も奪われる。  
5分左サイドスローインからエリア左アロンソへ〜左サイドガルシアからのクロスはGKキャッチ。
7分中央低めフォルリン?から左のDガルシアへ ガルシアのスルーパスにアロンソ飛び出しエリア左高めからセンタリング!にゴール右 カジェホン飛び込むもDFに阻まれ右CKへ。    右CK Lガルシア ファーサイド アロンソが頭で合わせるも GKキャッチ。

8分右サイドピジュから大きく右前線ガルシアへロングパス、ガルシアのクロスは相手DFが頭でそらし ファーへ流れたボール
カジェホンセンタリング もDFに当たり左CK得る。 ガルシア左CKはGKパンチング からこぼれ球ファーで拾いカジェホン センタリング  はDFに当たり右CKへ。 右CKはクリア。
かなり素早いパスワーク。 

10分相手 右サイド奪われパス繋がれエリア右からのセンタリングに ゴール左飛び込まれる も僅かのところで合わず救われる。 危機一髪。
11分右アロンソからのパスにカジェホン飛び込むもGK。
12分相手DFラインから中央ジエゴへ ジエゴDF一人交わし一気に 強引なミドルシュート はゴール右。   

13分DFラインからのパスにマルケスがスルー 後ろ 前線へ飛び出したカジェホン受けエリア左遠目からシュート! はゴール右上。

16分相手右サイド プリエトから一気に前線エリア右にパス通るがクリア。 右高めその相手スローインから ワンツーで抜け出されクロス!は GKカメニ触りDFクリア。
相手ながら見事なスルーパス・・・

18分中央からのパスに左飛びだしたFマルケス エリア左ライン上で倒されFK得る。  FKガルシア ゴールまん前に落とすもGKパンチング こぼれ球を中央ベルドゥミドル狙うもゴール左。

20分DFライン ロンカリア?から大きく出したパスをガルシアが落とし 右サイドピジュに、 ピジュ追いつくも右CKへ。   右CKはDFクリアで再度右CKへ。      右CKガルシアから ファーでの折り返しに 中央ロンカリア 頭であわせるも阻まれ上がったボールはGK その前に笛。
21分 ハルケの番号で会場から大きな拍手。

両者かなり攻撃的。  エスパ素早くパスを繋ぎチャンス作るも中々決定的な場面が作れず。   
24分相手カウンター 左サイドから一気にエリア左へスルーパス通る もカメニ飛び出しギリギリキャッチ。 相手の一発スルーパス怖い。

25分中央味方 相手のパス競り合い こぼれたボールをカジェホン拾いベルドゥへ ベルドゥの胸トラップからのワンツー受け 左カジェホンGKと1対1 シュート! もミートせずGK。  これは決定的 決めなければ。   中々ゴールが決められないエスパニョール。
28分右サイド ロンカリア 相手ジエゴの飛び出しに体を張るが相手とやりあい。 しかし相手ジエゴにイエロー。 

33分中央相手パス繋ぎ突破 エリアやや右で フォルリン相手倒しFK与える(ボールに行っていたが) 相手カノッビオのFKはゴール左上で救われる。
会場には 犬飼会長が視察している。  

36分左Fマルケス?ガルシア?からのパスにアロンソ飛び出しGKと1対1 もアロンソのシュートはGKに阻まれる。
37分左サイド相手ファールでFKガルシア、は直接GK。
38分中央遠目 相手倒しFK当たる。   相手FK直接ゴール狙うも大きくゴール上。
 
41分相手左サイド突破 ロンカリア 相手倒しFK与える。 相手FKのクリアから一気に大きく前線へのパスでカウンター カジェホン見事にエリア左へ飛び出し上がったフォルリンへ フォルリンシュート! もGK触りゴール右へ。   右CKは中央アロンソヘディングもゴール左。
右サイドピジュ?からエリア右高めアロンソへ アロンソ倒されFK得る。  相手にイエロー。 Lガルシア 鋭いボール入れるも中央飛びこんだフォルリンヘディングはゴール上へ。   GK触っているのだがGキックへ・・・。
45分左サイドパス繋ぎ最後 カジェホンクロス はGK触り右CKへ。  右CKガルシアはDFクリア。
前半終了。    エスパニョールは素早いパスワークで攻め込んではいるものの 中々ゴールが割れない。     バジャドリードも1本のパスで ヒヤッとするような攻撃を見せている。
ボールポゼッション 56:44. シュート数8(3):3(0) ホームのエスパニョールがやや押し気味に進めている為 俊輔の出場はいかに・・・
しかし 中々ゴールが奪えず 小康状態が更に続けば変化をつけなくてはならなくなる。 

【後半】
エスパニョールは交代なし。 
中央遠目 相手倒しFK与える。  FKはファーでの折り返しを中央で撃たれるもゴール左。  
デラペニャ 俊輔アップ始める。

3分中央ガルシア倒されFK から左CK得る。 左CKカジェホン  はクリア。
4分相手右サイドからのパスに飛び込まれるも何とかクリア。
一気にカウンター 右 Fマルケス?からのパスに中央ルイスガルシア 飛び出し ゴール前 相手DFクリア足届かずクリアミス それをガルシアシュート!  見事ゴール中央に突き刺さる!!
エスパニョール先制〜!!!  

10分相手右サイドからのパスに飛び出されるも(詳細後ほど)
14分相手攻撃クリアから一気にカウンター 左カジェホンパスに追いつき切り込みシュート! は惜しくもGK こぼれだま拾いにいくも当たってライン割る。

16分中央嫌な位置、フォルリンスライディングで相手倒しFK与える。  相手FKはゴールギリギリ左で救われる。
18分ルイスガルシア足痛むも無事戻る。 
19分Fマルケスに代わりデラペニャが入る。

22分相手のロングパスで一気に繋がれサイドからセンタリング ゴール前飛び込まれあわや!! 危機一髪場面続く。 
たった2本のパスでゴール前まで持ち込んでくる。 素早い・・・
やや攻め込まれる場面多くなったエスパニョール。
31分アロンソに代わりベンサハル入る。

33分デラペニャ倒されFKデラペニャ スルーパスに味方飛び出すもGK。
運動量落ちない両チーム。
デラペニャが入り チームの攻撃にややリズムが出始めた。
82分エリア中央ど真ん中 フォルリン相手倒しFK与える。 フォルリンにイエロー。  嫌な位置・・・。
相手FKは何と左ポスト直撃!! 跳ね返りを撃たれそうになるが必死のDFでクリア。   危機一髪〜〜〜!!! 最後まで持ちこたえられるのか?

85分ベルドゥに代わりバエナ入る。 これで俊輔出番なし。。。><
相手左サイドで粘りスローイン  カメニ飛び出すもキャッチできずエリア内 必死のDFクリア。    バエナ投入の意味は??

完全なる相手の猛攻。 ロングボールで何度もエリアへ攻め込む相手の猛攻を必死で何度も跳ね返すエスパ。   折角マイボールになっても デラペニャ直ぐ前線へと早いパスを入れてしまい そのまま相手へ何度も渡っている・・・  この時間帯だ 攻め急がずもっと中盤でキープができないものか?   
ロスタイム4分!
凌ぐだけのエスパニョール。  
中央相手倒しFKからロングボールこぼれ球 撃たれそうになるも空振りでホッ。   あと1分!!守れ!!!  猛攻に次ぐ猛攻。
あと何秒か!?
中央からの縦パス繋がれ相手シュート! が何と!!ゴール左に決まってしまった〜!!・・・
試合終了30秒前に 失点・・・ 最悪・・・


1−1のドロー。    信じられない失点・・・ ほぼ掴んでいた勝ち点3が 最後の最後 あと何秒かのところでこぼれていってしまった。
終了後 デラペニャが審判に時間が過ぎていたんじゃないかと講義 イエローを喰らってしまった。

なんという結末か。。。   俊輔は出場出来ないわ 最後の最後に追いつかれるわ・・・  ホームエスパニョールにとっては最悪のバジャドリード戦となってしまった。 
最後の時間の使い方が下手。   サハル バエナ投入も キープができないまま相手の猛攻を阻止できなかった。   ロスタイム リードしているのだから むやみに前線へ入れ1発を狙わず キープで勝ち点3をしっかり掴んで欲しかった。   ボールを持てば直ぐ攻撃・・・しか頭にないのか。 何とも悔しい。    
  
   
            カジェホン

   Fマルケス  アロンソ  ヴェルドゥ  Lガルシア

             モイセス

  Dガルシア  フォルリン  ロンカリア  ピジュ

              カメニ
            4−1−4−1
 

2009年10月29日

国王杯 ヘタフェ×エスパニョール

国王杯 コパデルレイ
第1戦  
 ヘタフェ×エスパニョール             

          2−0

【得点者】Juan Albín  Gavilán

【エスパニョール】
スタメン:GKアルバレス DFピジュ パレハ ロンカリア チカ MFJマルケス バエナ 俊輔 Lガルシア FWサハル Fマルケス
SUBベルドゥ アロンソ べラドサ・・・

俊輔はスタメン。  エスパニョールは前半0−0で折り返したものの 52分俊輔に代わりアロンソを投入 しかしその8分後の60分 更に69分と相次ぎ2失点、 2−0で敗戦となった。
(65分Lガルシアに代えベルドゥ、 79分サハルに代えべラドサ)

試合の全映像がない為 詳細は定かではないが 現地スポ紙による試合の流れデータグラフを見ると前半はほぼ互角の戦いも、 後半に入り ややエスパニョールに流れが傾きはじめたか・・ と思えた中での 俊輔の交代、 その後一気にへタフェに勢いを持って行かれ あっという間に2失点。  最後エスパBの選手であるFWべラドサをも投入も最後まで得点はならず2−0で敗戦、 何とも悔しい結果となってしまった。 

第2戦は 11月10日 ホームで行われる。

2009年10月22日

第8節 セビリア×エスパニョール

第8節 セビリア×エスパニョール
於サンチェスピスファン

               0−0

【得点者】

【セビリア】4−2−3−1
スタメン:GKバラス DFコンコ、スキラッチ、エスクーデ、Fナバーロ MFナバス、レナト、ゾコラ ドゥーシェル ペロッティ FWネグレド
SUBチェバントン コネ ロマリック カペル サンチェス ヒメーネス(サンチェスは元エスパ)

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFピジュ パレハ フォルリン Dガルシア MF俊輔 ベルドゥ モイセス Lガルシア FWカジェホン アロンソ
SUNアルバレス ロンカリア チカ バエナ Fマルケス サハル デラペニャ 

※キャプテンハルケの死から最悪のスタートを切ったエスパニョールだったが 2節までの敗戦後は勝ち点を順調に積み上げ 7試合でここまで5戦負けなしと いいペースで勝ち点を11にまで伸ばして現在8位。    チームはタムード移籍問題のいざコザから決してまだいいムードとは言えない状態が続いているが デラペニャが練習にようやく復帰した事で 俊輔との連携も上がってきているようだ。 
前節 コロが右足首を負傷し離脱 右サイドは前節代表帰りで温存された俊輔が先発する可能性が高いと思われる。   チカもいるがここは何としても俊輔の先発を願いたい所。 またサイドでなく中での起用の可能性も・・・。

またここへ来てGKカメニが練習に参加出来ておらず別メニュー、パレハはアレルギー性鼻炎?から何とか復帰 出場には問題なさそうだ。
代表から戻ったばかりでテネリフェ戦に出場した俊輔以外の二人が揃ってその後体調を崩してしまった事になる。    
スペインもこの所一気に気温が下がる等 冬支度。   怪我や体調を崩しやすい季節でもある事から ケアにも充分気を使い 強豪とのアウェー戦にしっかり備えて欲しい。 

一方セビリアは言わずと知れた強豪。 現在バルサ レアルに次ぐ3位。   前節はでポルティボにアウェーで敗戦も 前々節にはレアルに勝利している。     エスパニョールはこの後中2日で国王杯も迫っており厳しい3連戦となるが この初戦 強豪ではあるが 何とかいいスタートを切り 勢いに乗って欲しい。   

【前半】気温24度 晴れ
俊輔スタメン。 表示では位置は左。 モイセスのボランチ? その上に右にベルドゥ 中央にLガルシア 左俊輔となっている。
エスパニョールユニはイエローユニ。  セビリアは白。
その後の表示では右になっているが・・・。  今日は2トップ。

俊輔はやはり右サイドの模様。 
キックオフ! 直後一気にロングボールで相手右駆け上がりDFクリアで右CK。   
中央へのグラウンダーのパス失敗で こぼれ球拾ったカジェホン?が一気にカウンター も中央で倒されそのまま奪われる。
1分ピジュ 俊輔とのパス交換から俊輔の落としたボールをピジュが右サイド駆け上がるアロンソ?へ。   アロンソのセンタリングにゴールまん前 Lガルシア飛込みシュート! はGKの足に阻まれ惜しくもゴールならず。  決定的チャンス!!

3分相手右サイド突破で右CK与える。 ヘディングシュートはバーの上で救われる。
4分中央低め俊輔受けるも出しどころなくキープからDFへ DFパレハ 後ろのカメニに任せるも素早いプレスがかかり カメニのキックが また相手に。  そこからシュート撃たれるもカメニ見事に触り左CKへ。  見事!    左CKはクリアもまた相手に。 そこから左突破されクロス! そのこぼれ球折り返し中央ヘディングシュート!! はバーの上で救われる。  ホッ

7分相手右サイドから何度も突破しチャンス作っている。 
相手のプレス半端ではない。   俊輔に3人のプレスがかかっている。
8分左サイドDガルシア倒されFKから大きく前線へ 中央味方落とし左サイドへと展開 ガルシアとベルドゥのパス交換からセンタリング! にカジェホンと俊輔飛び込むも カジェホンDFに阻まれシュートへ持っていけず。   その真後ろで俊輔ボレーを狙っていたが・・・惜しい!    直後右サイドからの相手シュートはクリア。

8分中央俊輔 モイセス ピジュとのパス交換から右サイド上がるも3人に囲まれ奪われる。  そこから繋がれるも相手のクロスは合わず救われる。 
10分中央もモイセスこぼれ球拾い ガルシアから左サイドへ展開 左アロンソからのパスにゴール左 俊輔飛込み完全に相手が出すも(しかもハンド?) 何と 相手のGキックに!!!怒!!!!!手を広げアピールする俊輔。  これには監督も抗議!  
しかし俊輔チャンスに積極的に前線へ飛び込んでいる。

12分相手右サイド突破 センタリングに中央飛び込まれるもゴール右下ギリギリでカメニ死守。   凄い速さ!
13分中央俊輔 左サイドガルシアから受けたパスをダイレクトでベルドゥへ ベルドゥそれを倒されながら一気に左前線飛び出したカジェホンへ !カジェホン シュート!は惜しくもバー右上。   惜しい〜!!  決めてくれ〜!  しかし俊輔今日はボールに何度も絡んでいる。
14分ピジュ傷む。 一旦ピッチの外へ。  チカがアップ。

16分フォルリンハイキックで中央相手FK、はファーの折り返しをカメニキャッチ。
いかにも強豪相手という一瞬の気も抜けない試合展開が続く。  早い・・

18分中央パレハファールでイエロー。   中央ど真ん中 やや遠目だが嫌な位置、相手FK。    グラウンダーのFKは直接カメニ。
エスパニョール かなり守備で走っているが・・・
21分右サイドピジュと相手ボール奪った俊輔 一気に前線カジェホンにピンポイントパス! もカジェホン僅かオフサイド。。。惜しい!    ハルケの番号21で会場から拍手が起こる。

23分エリア中央嫌な位置 パレハのファールで相手FK与える。 はカメニ左ポールギリギリはじき左CKへ。  左CKはクリア。
展開かなり速い・・・速報が追いつけないほど。
24分DFクリアから相手右CK は何とかクリア。
26分中央低めベルドゥから倒されながらもまた一気にカジェホンにスルーパス通る も またカジェホンオフサイド・・・ 惜しい・・・

27分中央俊輔 カジェホンからのパス受け 一気に前線左サイド ガルシアへピンポイントクロス通る! 
ガルシアのマイナスのセンタリングに俊輔全速力で上がり飛び込むもやや遅く エリア右カジェホンにも合わずDFに阻まれる。   
しかし 俊輔から一気にチャンスが生まれる。

34分カウンター俊輔 中央低めから一気に前線のアロンソへパス通る もアロンソ味方へのパス囲まれ奪われる。  もったいない・・・。しかし相手の厳しいプレスの中 精度ある俊輔のロングパスが効いてる。 

37分相手右サイド 味方のクリアミスで中央低めで相手にボールが渡る。 そこから最後シュート はカメニ何とかキャッチ。
相手のプレス半端ではない。 素早く強い。 中々ボールキープ出来ないエスパ。
39分俊輔左サイド倒される 右足首痛めたか? 押さえているが無事。

相手の猛攻も エスパ 失点を逃れている。 頑張れ!!
前半終了。  流石スペインという激しい戦い。  ボールポゼッションは59:41. シュート数は 10(5):3(1)
エスパニョールは守備に追われる時間が長いが相手の猛攻を凌ぎながら カウンターから俊輔のロングパス1本で一気にゴール前へと仕掛けている感じ。    何とか前半失点は免れているが 守備に追われる時間が長い為 後半どこまで選手達が持ちこたえられるかに不安もある。
しかし俊輔は これまでになくボールに絡む回数は多い。  俊輔がボールを持つと 一気に3人のDF、  相手の素早く強いプレスに キープも難しい所だが何とか少ないチャンスを活かしてゴールを狙って欲しい。   俊輔が守備に追われ高い位置で中々前を向いて絡めないのが痛いが、後半も何とか失点だけは逃れて欲しい・・・。

【後半】
メンバー交代なし。 
DFから45分相手左CKはクリア。 
エスパニョール チャンスに中々繋がらない。 
49分右サイド突破からクロス!にヘディングシュート はバーの上。
51分Dガルシアにイエロー。

52分 俊輔に代わってデラペニャが入る。。。><
交代も戦況は全く変わらず。
58分左サイド相手のロングボールの飛び出しにパレハファール。 相手倒しイエロー 2枚目でレッド退場。   11対10に。 やばい・・・

ベルドゥに代わりロンカリア入る。 守備固めるエスパ。
62分中央 味方倒されFK得る。  FKデラペニャ ふわりとしたボールに アロンソ頭で合わせるもバーの上・・・ もったいない・・・いいボールだったが・・・

66分中央デラペニャから左ガルシアへ ガルシア エリア左からシュート! はゴール右へ・・・ 決めてくれ〜!

67分左サイド相手突破からFKはクリアもまた左CKへ、クロスにヘディングシュート!はカメニパンチング 更に繋がれ相手シュート はカメニキャッチ!  直後中央突破されGKと1対1!! 相手シュート!! も これまたカメニの見事なセーブで ゴール免れる!!!
カメニ 神業セーブ連発〜!!!!!

71分相手左CKからヘディングシュート! はゴールギリギリ右で救われる。  
完全なる相手の猛攻。   全くチャンス作れないエスパニョール。
こぼれ球に対する反応も相手の方がずっと早い。
何とか 守りきってくれ〜!!!

75分相手選手出血。 
接触?でアロンソと相手選手にイエロー。
全く攻撃に移れない エスパ。 守備のみ。
79分左サイド ピジュ相手倒しイエロー。 激しい戦い。
左サイド相手FKからこぼれ球中央からシュート! はゴール上。

81分中央 アロンソ倒されFKデラペニャ。 はDFクリア。
83分DFから左CK与える。 左CKはクリア。
84分アロンソに代わりベンサハル入る。
 
85分左サイドからのクロスに ゴールまん前相手へディング はカメニキャッチ!
相手の嵐のような猛攻を何度も凌ぐエスパ。

88分中央やや右嫌な位置。 相手倒しFK与える。
FKは味方に当たったのかGキックへ。 エスパ救われる。
90分左サイドから中央デラペニャへ エリア右からカジェホンシュート! もゴール左へ・・・ これは決めなくては! ようやくエスパにチャンス!
直後ルイスガルシアにイエロー。

ロスタイム 中央DFなぎ倒しながらの相手の突破に シュート! はゴール上へ。   
カメニに遅延行為でイエロー。  守れ〜!!!
時間なし!!! 笛が中々ならない!!怒
 中央相手倒したデラペニャにイエロー。
試合終了〜!!!!!!!!!!
守った!!守り抜いた!! アウェーセビリアに スコアレスドロー!!
これは勝ちに等しいドロー。
カメニに始まりカメニに終わったこの一戦。  終始セビリアの猛攻を凌ぐだけの激しい戦いとなった。   俊輔も相手の素早いプレスで殆ど前を向かせてもらえず 前半何本か精度あるロングパスを前線に送ったがそこからが繋がらず後半52分にデラペニャと交代。   

しかしその後も厳しい戦況は全く変わらず。  最後までセビリアの猛攻を凌ぐだけの展開となった。   GKカメニが嵐のようなシュートを何度も何度も跳ね返し 更に53分パレハの退場で一層苦しくなった中 エスパニョールは10人で最後の最後まで守りきった。 
後半のボールポゼッションは何と 62:38。     

スペイン強豪の強さを改めて思い知らされた試合だった。 レンジャーズが自分のホームで4失点するのも判るような気がした。
球際の強さは半端ではない。 プレスも相当早くしかも強い。
一人一人の視野も広く展開も素早く見事。   エスパは攻撃らしい攻撃は数えるほどしか出来なかったが それでもゴールだけは許さなかった。   今日のMVPはピッチ上の誰でもない・・・ GK カメニだ。
彼の素晴らしいセーブ 判断力に拍手を贈りたい。

俊輔の交代には悔しさを覚えたが それでもいつもよりボールに絡むか回数は多かった。    3人に囲まれる厳しい中 倒されながらも一気に前線に精度あるロングパスを送り必死にチャンスを作ろうとしていた。   交代は何とも悔しいが 守備ばかりに追われるこの状態で90分激しいプレスの中 プレーを続けるのも正直無理かとも思えた。  足首を押さえていたのは気になるが 今日の一戦で スペイン強豪のこの強さ この速さ この展開・・・ 日本では決して味わう事の出来ないものを感じる事が出来ただろう。 

ただ幸か不幸か?交代後も戦況は全く代わらなかった。 
エスパニョールは後半も完全に支配された中で粘りの守備。 あれだけの猛攻を浴びながら最後の最後まで失点を許さなかったのは見事といえるだろう。   

スペインが厳しいのは判っているが 今日はレアル以上のものを感じた。  無失点に終わった事は セビリアの決定力のなさ というより 今日はGKカメニの見事なセーブを褒めるべきだろう。    
次節パレハの欠場は何とも苦しいが 今日のドローは エスパニョーにとっては勝ちに等しいドロー。  貴重な貴重な勝ち点1となった。 一方セビリアはこのホームでのドローで レアル バルサとの上位争いに食い込むチャンスを逃してしまった。          
     

         アロンソ

 Lガルシア   カジェホン    俊輔

     ベルドゥ    モイセス
    
 Dガルシア            ピジュ
 
      フォルリン  パレハ

          カメニ

2009年10月18日

第7節 エスパニョール×テネリフェ

第7節

エスパニョール × テネリフェ

              2−1

【得点者】エスパニョール:アロンソ×2(11分59分)
 テネリフェ:アルファロ(14分)

【エスパニョール】4−2−3−1(前半終了時4−1−4−1)
スタメン:GKカメニ DFビルツ パレハ ロンカリア Dガルシア MFモイセス ベルドゥ コロ アロンソ Lガルシア FWカジェホン            
SUBアルバレス 俊輔 バエナ Fマルケス ベンサハル ビクトルルイス  

【テネリフェ】4−2−3−1
スタメン:GKアラゴネセス DFシシリア クレプラス ルナ ベイビス MFアロンソ リチ ファンルエンス アルファロ コメ FWニノ
SUBルイスガルシア アイトールヌ二エス アヨセ ラモス アンヘル サイサール シネイ

※2週間ぶりのリーガ。 俊輔 カメニ パレハらは 各国代表戦を追えチームに戻ったばかり。   相手は強豪ではないがチーム内はここのところタムードの移籍問題を中心に世代交代問題などまで取りざたされ やや不穏な空気が流れている。  しかし噂で持ちきりの中 タムード自身がここへ来てハッキリとエスパニョールに留まりたいとコメントした。    主力が代表で2週間抜けた事もあり 試合に向けエスパニョールは正直 ベストな状態とは言いがたいが ずっと離脱していたデラペニャがようやく復帰した事は好材料。
テネリフェは 今季Aから昇格して来たチームで 現在2勝4敗の15位だ。     これまでエスパニョールは10対戦中7勝3分と負けなし。   ホームでもある事からエスパは絶対勝利が求められるが 先発に誰を使ってくるか 注目される。

トーゴから中3日 超長距離移動を強いられようやくバルセロナへと戻った俊輔だけに 流石に先発の可能性は低いと思われるが こればかりは試合直前までわからない。    
先発でもベンチスタートでも 今持てる限りの100パーセントを出し尽くす俊輔に日本からエールを贈りたい。

天気 晴れ  気温19度
【前半】
俊輔はやはりベンチスタート。 俊輔はデラペニャの隣に。 
テネリフェは赤紫のユニ。
開始早々テネリフェが左高い位置でボールキープ。  も 2分中央パレハから一気に前線へスルーパス通る 右アロンソからセンタリングはDFに阻まれこぼれ球 モイセスシュート! はバーの上。

テネリフェ 高い位置からプレス。  
7分右サイドコロからのパスに中央ガルシア GKと1対1!! 
シュート!! もGKに阻まれクリアされる。。。><

10分カウンター 中央味方頭で落とし カジェホンの中央からのスルーパスにアロンソ一気に飛び出しエリアやや右からシュート!  GKの手をすり抜け見事ゴール!!! 先制する。 お見事!
アロンソ ベンチから飛び出したデラペニャのところへ駆け寄り次々チームメイトが祝福。

14分相手中央右でパス繋ぎミドルシュート!! が 何とゴール左ポストに当たりそれがゴール右に吸い込まれてしまう。  あっという間に同点に・・・><
17分左サイド カジェホン倒されFKパレハ は直接狙うもGK。
18分コロ危険なファールで倒されるも笛なし。  相手のプレスかなり厳しく激しい。    怪我人が出なければいいが・・・
テネリフェ 今季昇格したばかりのチームとは思えない積極的な攻撃を見せている。   球際も強い。   

21分会場から大きな拍手が贈られる(ハルケの背番号21にちなんで)
GKカメニ 代表直後でややお疲れか。。。
相手の動き素早い。 左サイド相手コメが 強引に突破しては危険なセンタリング入れてくる。     
27分クリアボールを中央から強烈ミドルで狙ってくるテネリフェ バーの上で救われる。    GK気を抜けない!

31分中央高め 詳細後ほど。
エスパまた今日も狭い中央から何度も強引に入れようとしている。。。
34分エリアへと攻め込むエスパ  も最後のパスが中々繋がらない。
35分左サイドアロンソのクロスから ゴール前 カジェホン頭で合わせるも ラインギリギリでGKが飛びつき死守。  惜しくもゴール認められず・・・><   空中ではライン内だったように見えたが・・・

36分中央高め カジェホン倒されFKLガルシア。  ガルシアのFKは大きく枠外れる・・・><
39分エスパ高い位置でパス繋ぎ最後アロンソシュート! はGK触り左CKへ。   左CKガルシア は直接GK.
攻め込むも 中々ゴールを割れないエスパ。

43分中央低めパレハからのロングパスに エリア中央アーク内 カジェホン倒されFK得る。  暫く起き上がれないカジェホン。  相手にイエロー。     FKパレハ は右ポスト隅に当たりこぼれ球から味方シュートに行くがDFに阻まれ撃てずクリア。。。
決定的チャンス 逃す・・・

45分DFクリアから相手左CK はクリアミスからつながれるも前半終了の笛。     ボールポゼッション 56:44.  シュート数は 9(6):3(1)カッコ内は枠内
1−1のまま折り返す。    相手は左サイド コメを中心に何度も攻め込んでいる。   何とか追加点が欲しいところだが 後半選手の交代はあるのか・・・

【後半】
両チーム共にメンバー交代なし。
47分右サイドピジュと?とのパス交換から上がりセンタリング 相手DFに当たり右CK得る。   右CKガルシア は中央 パレハシュートも相手と接触でファール・・・
49分相手左サイドからのクロスにエリア右からシュート! がゴールぎりぎり左で救われる。 ホッ 危機一髪!!

51分中央相手にボール奪われ一気に中央突破 もエリア内 DFが粘りのプレー 相手倒れるも笛はならず。
53分左サイドエリアコーナー付近 ガルシア倒されFK得る。 
FKガルシア、 はバー右上へ・・・

55分カウンター パスに中央突破したアロンソ エリアライン上で倒されるも 何と!!! アロンソのシュミレーション取られる!!怒!!!  アロンソにカード・・・ ><
これには会場から大きな大きなブーイング!!!
56分コロに代わりFマルケス入る。  コロ右足首痛めたか?
ガルシアが右へ
デラペニャがアップ始める。
58分左からマルケス切込み エリア中央ベルドゥとのワンツーで飛び出しエリア内 倒されるも笛なし。   会場からブーイングもすぐさまガルシアCKへ。 CKはクリア。

59分左サイド Fマルケス突破! 一気に駆け上がりエリア左からマイナスのパス! それに飛び込んだ中央アロンソシュート!! が見事ゴール左上に突き刺さる〜!!! 追加点!!  2−1に。 
Fマルケス 入ったばかりで見事なアシスト〜!!凄い突破。

61分相手 ニノシュート! はGKカメニ死守。  しかしこれは危険!! 
63分またマルケスからエリアへ 最後パレハシュート行き倒されるも笛なくそのまま相手に。
64分マルケス またまた左サイド上がり自らエリアへ進入、倒されるも笛なし。

66分右サイドガルシア 相手に足かけられ傷む。  も何とか無事。
かなり相手のプレス激しい・・・  
68分左マルケスからセンタリング に味方飛び込むも僅かあわせられず。
69分カジェホンに代わりバエナ入る。 バエナはまだ20歳。 

俊輔 デラペニャ揃ってアップ。
71分アロンソシュートは 枠捉えられず。
74分相手倒しバエナにイエロー。
76分左サイドコメに対するファールでFK与える。 しかし審判に文句を言った相手コメにイエロー。笑
相手FKはGKカメニパンチング こぼれ球撃たれるもDFが阻止。

79分左低めから一気に右サイド上がるガルシアへ 右CK得る。 ガルシアの右CKは直接GK.
80分中央からのパスにアロンソ飛び出すもエリア内DFに奪われシュートへ持って行けず。

82分相手パス繋ぎ猛攻。  エリア右飛び出されシュート もカメニ死守。    相手の猛攻に絶えるエスパ。 
85分左サイド コーナー付近マルケス倒されFK得る。 85分アロンソに代わりベンサハル入る。   FKベルドゥ 直接狙うもGK。

守れ〜!!守りきれ〜!
相手のクリアボール拾い 左サイド マルケス突破 倒されFK得る。
FKからパス繋ぐも奪われる。
ロスタイム4分。
ロスタイム 2分ロンカリア エリア内相手倒すも笛なし。 ホッ。
必死でボールキープするエスパ。
右サイドピジュ接触で傷む。  そこから相手FKはバウンドもカメニ死守。
試合終了〜!!   2−1で勝ち点3ゲット〜〜〜!!

厳しく激しい試合だった。  相手のプレスが素早く中盤では激しいボールの奪い合い。   しかしエスパはそんな中もカジェホンのスルーパスにアロンソの見事な飛び出しから先制。    だが あっという間に相手のミドルが決まって追いつかれてしまった。   そこから中々追加点が奪えず このまま互角の小康状態が続いてしまうかと思われた後半 コロに代わって投入されたFマルケスの左サイド突破から センタリングにアロンソが飛び込みようやく追加点をあげる事が出来た。 

その後も何度か左マルケスの突破からチャンスを作るも 最後はテネリフェの猛攻を阻止するのに精一杯。   ロスタイム4分を必死のボールキープで凌ぎ 嬉しい勝ち点3を掴んだ。
デラペニャと共に 俊輔もアップを始めたが 追加点が入った事で 共に温存。    俊輔は代表遠征の疲れを考慮され デラペニャと共にベンチから戦況を見守った。    俊輔も 今日は味方のプレーに学ぶ事も多かっただろう。。。   途中から入った若手 悪童とまで言われたFマルケスだが やっぱり技術は光っていた。

一方 相手テネリフェは 昇格したばかりとは到底思えない程のチームだった。   得に左サイドのコメの突破力は大きな武器だ。
格下などと嘗めてかかると絶対にやられるチームがこれから出てくるだろう。 

これでエスパニョールは勝ち点を11に。  苦しいスタートではあったが何とか順調に勝ち点を積んでいる。               

              カジェホン

      Lガルシア             コロ
           
           ベルドゥ    アロンソ
               
               モイセス

     Dガルシア  ロンカリア  パレハ  ピジュ
               
                カメニ  

2009年10月03日

第6節 ビジャレアル×エスパニョール

第6節

ビジャレアル×エスパニョール
                       エルマドリガル
              0−0

【得点者】

【ビジャレアル】4−4−2
スタメン:GKロペス DFベンタ ロドリゲス ゴディン カブデビラ MFカルソラ セナ エグレン ピレス FWロッシ ニウマール
SUBオリーバ アンヘル マルカーノ ブルーノ ジョレンテ ペレイラ

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFロンカリア パレハ フォルリン Dガルシア MFモイセス 俊輔 Lガルシア アロンソ  コロ FWカジェホン
SUBアルバレス ビルツ ベルドゥ Fマルケス Hロペス バエナ サハル

※エスパニョールはこれまで2勝2敗1分で10位。  対するビジャレアルは これまで勝利なしの2分3敗の現在19位と低迷。
俊輔自身はビジャレアルと2008−9シーズン チャンピオンズリーグで対戦。  アウェーではセナのFKでの1点に悔しい敗戦をきしたが ホームでは俊輔の起点で2−0勝利。 セルティックが圧倒した。

今季まだ無勝と 最悪のスタートとなっているビジャレアルではあるが セナが怪我から復帰した模様、 戦力アップは間違いない。。。
一方前節 最下位へレス戦で最後までゴールを決められず3連勝を逃したエスパニョールは 依然としてデラペニャ タムードが復帰しておらず。   更にここへ来て追い討ちをかけるように チカとモイセスが内転筋の違和感で別メニュー、ベルドゥまでが足首の打撲を抱えている状態だ。    マラガ戦で頭部裂傷を負ったDFフォルリンがようやく復帰可能か・・・? と チームは怪我人続出で 今日のアウェービジャレアル戦に大きな不安を抱えている。

しかし その反面 俊輔に対する期待も高まると見られ ここで何とか結果を出し一気に信頼度アップ と行きたいところ。 
右サイドでの起用が多い俊輔だが 一昨日の練習ではボランチでもプレー 今日はそのポジションにも注目だ。  
そしてもう一つは何と言っても連携。  前節も相変わらず欲しいところでパスを貰えない状態が目立っただけに 今回はどれだけ俊輔がボールに絡めるかにも大いに注目したい。
ポチェッティーノ監督はエスパニョール選手時代 監督として来たバルベルデ監督に戦力外通告を受けた経験も持つ。 そして選手引退へ・・・。 ここは是非監督の為にもビジャに一泡吹かせたい!

気温26度 晴れ
【前半】
表示では俊輔は左ボランチ!! ビジャは黄色ユニ エスパニョールはホームのブルーユニ。
ビジャのキックオフ。 始まったら俊輔は右のボランチ
高い位置からプレスかけるエスパ。 1分ビジャ一気に左サイド高めにロングパス センタリングはクリア。
3分右サイド相手スローインから左へ展開。 DF交わされセンタリング は何とかDFクリアで相手左CK はクリア。
相手積極的な攻撃で何度も攻め込んでいる。 

10分中央俊輔受けた俊輔 右上がったコロへ コロシュート!はDFに阻まれる。   ようやくエスパの攻撃。
12分左サイド高めで受けたカジェホン倒されFKガルシア。 
FK ファーのDFヘディングクリアがバー直撃!! 惜しい!! しかしクリアされる。
15分カメニのGキックから中央 一気に縦パス繋がれ 飛び出した相手をエリアラインギリギリ フォルリンが倒したと一発レッド!!これは厳しすぎる!!
開始早々11対10に・・・><
相手FKエリア中央ラインギリギリどまん前! は ゴール右下でカメニが見事な死守!!! 〜DFクリア。

18分今度は中央アーク アロンソが相手を倒しイエロー。。。
18分 俊輔に代わりDFピジュが入る・・・・・><何と言うことか
フォルリン退場が 思わぬ事態となってしまった・・・


22分カジェホン上がりガルシアシュート! はゴール上。
26分相手右CK ファーに流れたボール拾われるもクリア。 相手スローインからエリア左突破されシュート! はまたしてもカメニ見事なセーブで救われる。   ビジャ猛攻。

中央セナから右へ展開スルーパスから最後中央からシュート! はゴール大きく上。

30分エリア左抜け出された相手倒しパレハにイエロー。
エリア左コーナー相手FK はバウンドもカメニキャッチ。
カメニ大活躍・・・
33分右サイド中央ピジュ倒されFKパレハ ゴール前 味方ヘディングは相手に。

34分クリアミスで相手右CKはクリア。 も 再度右CKはクリア。
37分ハーフウェーライン モイセス 相手と接触で傷む 一旦ピッチ降りるも何とか無事。
39分相手シュートがDFに当たり相手右CK はクリア から一気にエスパカウンター Lガルシア中央突破ドリブルから左へ展開 左からエリア右に上がったカジェホンへスルーパス!も カジェホン何と追いつけず。。。 これは追いつけたはずだが・・・??
41分相手パス繋ぎシュート へ行くもカメニ飛び出しギリギリセーブ!! 見事!!
相手左サイドから 何度も攻め込んでいる。 相手左CK はカメニキャッチ。   ビジャ攻めるも 中々ゴール割れず 助かっている。

43分相手左CK からカメニキャッチ出来ずそこからつながれるも 相手のヘディングはギリギリゴール右で救われる。
45分相手左サイドからのパスクリアミスで エリア右へ流れたボールをシュート! もこれまたカメニの素晴らしいセーブでゴール右へ・・・。     カメニの見事なセーブが続く。
前半ロスタイム 右からのパス クリアミスでエリア中央で相手に しかし何とかクリア。。。
前半 やはり一人少ないエスパに対しビジャレアルは猛攻 もエスパ 俊輔をピジュに交代させ守備的に ビジャの猛攻をカメニの見事なセーブで必死に凌いでいる。
ボールポゼッション 何と 70:30
シュート数 8(3):2(0) カッコ枠内 
ファール数 6:12
俊輔にとっては 何とも悔しいビジャレアル戦となってしまったが GKカメニの素晴らしいセーブで 前半0−0での折り返し。
このまま失点さえしなければ 少ないチャンスでゴールもありうる。
最後まで粘りを見せて欲しい。

【後半】
コロに変わってバエラ入る。 バエラはBチームから上がった選手 何とデビュー戦! 
48分相手と競り合ったバエナに早くもイエロー。 
49分中央低めガルシア倒されFK得る。 前線へロングボールは相手GKへ。。。
50分左サイド高め 相手倒しFK与える。  FKはクリア。 
52分左サイド高めこーナ付近相手倒しFK はクリアから 再度CK ショートコーナー はクリア。
エスパ殆ど攻撃できず。 

55分 10人のエスパ相手に 中々ゴールが決められないビジャにやや焦りが見え始める。  サポーターもやや不安顔・・応援も前半のような勢いはなし。
中々 うまくいかないビジャの攻撃。  エスパは守備一辺倒だが よく守っている。 
60分左サイドからのパスに中央相手シュート! もカメニ見事なセーブ!
このまま守りきれ〜!!!

62分エリア右アロンソ?倒されFK得る。 FK Lガルシアはゴール右ネット も右CKへ。  右CKガルシア は味方合わせ切れず クリア  からつながれた所で セナ 頭から出血 で一旦ピッチ降りる も直ぐ戻る。

65分左サイドスローインからチャンス作るビジャ。  必死に凌ぐだけのエスパ。
67分エリア内 飛び出した相手と接触でカメニ傷む。 会場から時間稼ぎと??大きなブーイング。

72分パス繋ぎ好機狙うビジャ。 右サイドからのパスに中央飛び込まれるもカメニキャッチ!
73分右からのパスにエリア中央 飛び込んだ相手倒れるも右CKへ。 ホッ。
右CKクリアから左スローインへ。  
完全に 引いて 守るだけのエスパ。  
エスパニョールDF集中している!! 守れ〜!!守りきれ〜!! 
何度もチャンス作るが 一行にゴールだけが割れないビジャレアル。

中央アロンソ倒されFKパレハ はそのまま相手へ。
あと10分〜〜〜!!

82分カジェホンに代わりHロペス入る。
85分自陣エリア内 左サイドからのパスを何とゴールまん前でクリアミス!!何とエリア中央右セナにパスミス!! セナのシュート!!! はゴール左!! ホッ・・・超決定的!!!
87分中央からのシュートがDFに当たり相手右CKは左に流れクリア。
あと2分!!!守れ〜!!!!!

攻め込むビジャレアル。 粘りの守備でゴールを全員で守るエスパ。
ロスタイム4分!

ロスタイム2分 自陣エリアまん前 アロンソが相手倒しFK与える。 超危険な位置!! こんな時間に・・・
カメニ頼むぞ〜!!!
相手のFKはカメニ直接キャッチ!!!!!凄っ!!
ロングボールを放り込むビジャ。 何度も何度もクリアするエスパ。 
試合終了〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!
守った!!!守りきった!!!!!0−0!!!!!
これは勝ちに等しい引き分け!!

何と言っても今日のベストプレイヤーはGKカメニ!!
彼のスパーセーブが エスパを救ったといってもいい程の見事な守りっぷり。   彼のプレーが 一人少なくなってしまったピッチの選手達に 最後まで 元気と落ち着きを与えた!!

しかし何と言っても開始早々のフォルリンの一発レッドは厳しい・・・
その影響が この試合に強い意気込みを見せていた俊輔にまで及んでしまった。  ようやく真ん中でのポジションでスタメンを得た俊輔  代表合流を前に この交替は悔しい思いでいっぱいだろう。   しかもこの状態でまた代表戦で2週間 チームから離れる事になる俊輔・・・  複雑な気持ちでいることは間違いないが こればっかりは仕方がない。  すっきり気持ちを入れ替えて また1から出直そう!!   頑張れ俊輔!!

怪我人続出中のエスパがアウェーで しかも10人で戦い 勝ち点1取れた事はとても大きい。   俊輔が抜け守備を強化したチームは 案の定 全く攻撃の形が作れないまま 10人で75分間守りきった。
逆に考えれば ビジャレアルのダメージは相当なもの。  いまだに勝ちなしで セナが復帰してのホームで 10人になったエスパ相手にそれでも勝利できなかった事で 明日は監督解任関連の記事が一気に噴出しそうだ。   チャンスは作れどゴールだけが奪えないビジャレアル・・・   どこかと同じような・・・mmm・・・

2009年09月27日

第5節 エスパニョ−ル×ヘレス

第5節 エスパニョ−ル×ヘレス

              0−0
      


【得点者】


【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFチカ パレハ ロンカリア Dガルシア MFモイセス ベルドゥ コロ アロンソ 俊輔 FWカジェホン
(SUB:アルバレス ピジュ Hマルケス ベンサハル Lガルシア ファンホ Hロペス)
 

【ヘレス】4−1−4−1
スタメン:GKレナン DFフランシス アイタミ プリエト メンドーサ MFケイタ カルボ アレックス アルメンテロス モモ FWマルドナド
(SUB:チェマ ヒオダ モレーノ サンチェス アントニート ベルメホ)

※初戦アウェービルバオ そして2戦目レアルと敗れたエスパニョ−ルは 3節デポルティボ 4節マラガとの2連勝に一気に活気付いた。 最下位から一気に9位にまで浮上したエスパニョールは 今日のヘレス戦での3連勝で更なる順位アップを狙う。
FWタムード デラペニャは怪我による別メニューが続いており欠場、 タムードは現在 次節ビジャレアルに向け調整を続けている。
同じくFWのサハルは宗教上の問題で(ヨム・キプル)出場が注目されていたが どうやら試合後からの適用になったようでメンバーにも入った。

また前節競り合いで頭部に9針縫う怪我を負ったDFフォルリンは 試合からまだ4日という事もあり 大事をとって欠場が濃厚 今の所メンバーにも入っておらず。   
一方代表戦オランダで足首を負傷した俊輔は前節マラガ戦で後半から出場し見事決勝ゴールをアシスト。   ようやくテーピングもとれたようで 今日の出場に意欲を見せている。
相手へレスは これまで4連敗でまだ勝ち点は0というチームだが 必死の相手に 決して侮ってはいけないと監督も慎重な構えを見せている。   ホームでの連戦だ、 何としてもここは3連勝で一気に上位へと食い込んで行きたい。

また今日 地元紙では俊輔の10月代表3連戦召集が報道された。 代表オランダ戦での負傷もあり この1週間3連戦には その後のリーガへの影響がないかと 地元もやや不安を抱えた雰囲気の記事となっているようだ。

【前半】晴れ 気温24度
俊輔 表示では左で先発。 コロが右。 Lガルシアはベンチスタート。
エスパニョールは白いメッセージTシャツ(ANIMS MANELと書かれている)を着用し選手達が登場。(チームの医学療法士マネルのお父さんがなくなったためのもの 喪章もつけている)
キックオフ。   俊輔は右サイドにいる。
今日も日向と日陰の差が大きい。 GKは要注意。

ヘレスのキックオフ。  ヘレスかなり高い位置からプレスをかけてくる。
2分左Dガルシアから左コロへ コロサイドを上がりエリア内へ進入 センタリングはDFに当たるも こぼれ球味方拾い右サイドへと展開
直後俊輔右で受け中央へ、味方とのワンツーで更に中で貰い一瞬ミドルを狙うと思いきや それによってフリーになった右サイドのカジェホンに大きくサイドチェンジ カジェホンクロスは相手に当たりスローインへ。   やはり俊輔の視野の広さはピカ一。

4分DFパレハ一気に左前線のコロにロングパス贈るもあっさり相手に。 そこから相手ドリブルで上がり自陣エリアコーナーギリギリでDFと競り合い相手倒れるもおとがめなし。 ホッ、 しかし1歩間違えればPKにも繋がるシーン しっかり繋いでくれ〜!

5分そのカウンター 中央低めアロンソ受け中央を突破 からエリア右カジェホン?へパス カジェホンDFの間から中央に飛び込んだ俊輔へパス出すも 相手DFに当たり俊輔には通らず。 惜しい!
しかしここはいい連携。
直後 中アーク ベルドゥ?相手に奪われ相手ミドルシュート! はGKカメニ正面でキャッチ。

6分DFラインから左サイドコロへ コロから中央DFの裏を抜け出したアロンソへスルーパス エリア左アロンソのセンタリングに ゴール前カジェホンシュート!! は惜しくもゴール右下でGKに阻まれそのこぼれたボールを カジェホンもう一度シュート!はゴール大きく上。  これは決めなくては!! ここにも俊輔いたが・・・><

エスパニョール 立ち上がりから何度もチャンス作っている。 
俊輔は今 中央へ。 
8分中央味方から大きく左サイドコロへ、コロ突破からシュート行くもはるかゴール上。    
9分右サイド チカから受けた俊輔ドリブルで上がり フリーになったチカへ落とす チカクロス! はDFにクリアされる。
10分Gキックの相手クリアが左サイドのコロへ コロから中央へ飛び出したアロンソへ GKと1対1!も僅かにGKの方が早かった。。。

12分またパレハ一気に前線へロングボール はそのまま相手ボールに><   15分またしてもパレハ前線へロングボール、これもそのまま相手ボールに。  何度も同じ事をやって相手に渡している 繋いでチャンスを作れ〜! 
19分次第に相手のパスが回り始める。
19分モイセスファールで相手FK右サイド、FKはゴール前 頭で合わせられるもゴール右で救われる。   エスパ攻撃単調・・・

21分右低め 俊輔相手ボールを強引に奪い味方へ。 会場から拍手。(ハルケの背番号21と俊輔のDFと両方への拍手か?) エスパニョール中々攻撃に移れず 俊輔かなり低い位置までボールを奪いに行っている。   開始早々のチャンスで決めておきたかった・・・

25分右サイドで受けた俊輔 左前線コロへ大きくサイドチェンジ は惜しくも直前で相手DFにさえぎられる。
自陣左 パレハ粘りDF マイボールのはずが左CKへ。 相手CKはクリア。   相手右スローインへ  相手クロスはGKカメニキャッチ。
27分左サイドコロ突破からアロンソへ アロンソセンタリングから左CK得る 左CKコロ、 ゴールファーでパレハヘディングも 右ネットへ。 惜しい・・・
29分ベルドゥから左Dガルシアへ ガルシアのクロスをエリア内競り合い落ちたボールをカジェホンシュート!! はゴール左へ・・・>< 
エスパニョール 中々ゴール奪えず。。。

29分チカから右サイド俊輔へ 俊輔突破から右足でクロス!! ゴールファーの味方どんぴしゃ!  頭で落とすも味方へ繋がらず相手へ・・・><
30分中盤でガルシア モイセス ベルドゥと繋ぎ左コロへ コロのクロスはまたもやそのまま相手に・・・パスミス連発!  しかしそのクリアを拾い ベルドゥから エリア左上がったDガルシアへ ガルシアクロスをアロンソ頭で落とし 最後カジェホンシュート!! もゴール左へ。。。
33分右サイド俊輔落としチカクロス!は味方へ繋がらず相手に渡ったところで俊輔すぐさまDFで味方へ。  会場から拍手。
俊輔からしっかり味方へ繋ぐも その後が中々繋がらない。。。なんとも歯がゆい・・・ 味方のプレーが 雑!! 3連戦で疲れているのか・・? 精度ない・・・

35分DFライン チカからのロングパスにコロ飛び出しエリア中央で 後ろから頭ど突かれ押し倒され更に乗っかられるも なんと!!PKなし!!PKどころか審判は無視!
怒〜!!!!!!!!!! これは有り得ない判定!!!!!!
コロ起き上がれず。 そのままプレーは続行。  最後アロンソが粘り右CK得る。    コロまだ立ち上がれず。  一発レッドとも取れるファールだ! 会場から審判に大ブーイング!! 

37分右CK俊輔 ゴール前GK弾けず落ちたボールをパレハシュート!! もDFの足に当たりゴール右上へ!! 惜しい! しかしパレハシュートと同時に相手に突っ込まれ腰を強打、起き上がれず。  審判しっかりしてくれ!
もう一度俊輔右CK からゴール前 モイセスにどんぴしゃ! モイセスのヘディングシュート! はゴール左下でGKが必死のセーブ。  決定的チャンス!
しかし再三のチャンスに ゴールだけが決まらないエスパニョール!

38分パスミスからつながれ自陣 中央から右へ そのクロス?シュート? はカメニ死守! 危険!!
39分自陣中央 ロンカリアファールで相手にFK与える。 相手FKは はるかゴール上。。。!
繰り返される審判の有り得ない判定に 会場サポは怒りまくり。

俊輔現在 左に。 
44分相手エリア前 カジェホン ファールで倒れるもまた笛なし。
左サイド 俊輔から前線のカジェホンへ カジェホン受けるもその後相手に奪われる。   Bポゼッション55:45.
審判かなり ヘレス寄り。 エスパの選手に対するファールは殆どとってくれない。
エスパ チャンス作ってはいるが 決めきれず 結局0−0で折り返し。   最終BPは57:43.  

俊輔がもっと中央高めでボールに絡めれば・・・サイドで張っていてもボールが来ず 下がって相手ボールを奪いにいく場面もある・・・ 味方パスミス多すぎ! チャンスでもっと丁寧に繋いでほしい。  もっとポジションチェンジを有効に使ってくれ〜!! 俊輔を使え〜!
シュート数は8(2):2(0枠内)   しかし前半ノーゴール。 たった1本のミスでやられる事もありうる。  しっかり 早めに先制ゴールをあげて欲しい。   それにしても審判 もっと公平にジャッジしてくれ! 

【後半】
メンバー交代なし。 審判遅れて登場に会場から大きなブーイング!
中央アロンソ倒されるもまた笛なし。
46分左コロから飛び出したアロンソへ もGK。
47分相手左サイド突破 もオフサイド。 危険!

48分俊輔ワンツーで左ベルドゥ〜コロへ コロのセンタリングで左CK得る。 左CKはクリア。
51分相手左サイドでパス繋ぎ一気に前線へ 中央相手に飛び出され カメニ早めに飛び出すも ロンカリアが頭でずらしたのか 相手が
頭でトラップしたのか カメニボールに触れず  危機一髪! ギリギリ ロンカリアが入りクリア。  これは1点もの。・・><ホッ
52分左サイド高め 味方完全に倒されるもこれも審判無視! 

53分左コロから中央ベルドゥへ ベルドゥダイレクトでエリア中央に走りこんだ俊輔へ 俊輔その瞬間エリア左に飛び出したアロンソへ見事な浮き球パス!! アロンソシュート!! は僅かDFに当たったのか上に上がりGKキャッチ。  惜しい〜〜〜!! 決定的チャンス!!見事な連携!!    

54分中央から左サイド俊輔へ 俊輔 エリア左のスペースへ! 飛び出した味方追いつき ゴール前のコロへ! コロシュートに行くがDFに阻まれ撃てず エリア右のアロンソへ。。。もそれをDFにカットされ またしてもゴールならず。  会場から大きなため息。
しかし俊輔から再三決定的なチャンス生まれている!!!
54分アロンソに代わりLガルシア入る

57分エリア中央コロ無理やり突破しかけては奪われている。 前半からそうだが 俊輔エリア右でフリーになり何度も手を広げパス待つも サイドには出ず コロ 強引にボールを持ち狭い中央を抜けようとするが 直ぐさまDFに奪われまた守備に追われる。  何を考えているんだ!!見えていないのか??    

俊輔 さぞかし 悔しい思いでぶち切れていそうだ!
58分右サイド低め俊輔 一気に前線左サイドのコロへ コロのクロスはそのまま相手へ・・・><
63分コロに代わり サハル入る。
サハル頼むぞ〜!!
直後左カジェホンから中央サハルへ サハルミドルシュート! は大きくゴール上。
65分中央Lガルシアから左サイドカジェホンへ カジェホンクロスはDFクリア も左サイド更にこぼれ球 相手のハイキックでFK得る。 カジェホンFKはクリア。
どうしたエスパニョール!!68分中央パレハ 右いい位置で俊輔待つもわざわざ中央DF裏狙いロングボール  またそのまま相手に渡る。。。これで何度目か?><
70分中央でパス回し 中央やや右 ガルシアから俊輔へ 俊輔からエリア左飛び出した味方へ !GKと1対1! もGKが僅か早くシュート撃てず・・・

71分相手中央から右へ展開 右からのクロスに飛び出されゴールファーで相手ヘディング!!が なんとバーに当たる!!危機一髪!!超危険!!!!!
72分中央やや左カジェホンから一気に右サイド上がった俊輔へ 俊輔から一気にゴール左のガルシアへピンポイント! ガルシアヘディング行くもミートせず 後ろへ・・・Gキック  惜しい!!

相手のチャンスが増えはじめる。
75分右サイド俊輔 チカの上がり待つも来ず 一気に左サイドガルシアへサイドチェンジ! ガルシア撃てずもう一度 右の俊輔へ戻す。
俊輔DF交わしながら勝負!切り込みゴール前のガルシアへ!! しかしガルシア後ろのDFに阻まれゴールへ押し込めず。 右CK得る。 

会場からその俊輔のプレーに大きな拍手。  右CK俊輔 会場からはまた一段と大きな歓声と拍手起こる。 
右CK俊輔高めのボールでサハルピンポイント狙うもサハルDFに阻まれまた右CKへ。    右CK俊輔 二アのモイセスのヘディングは惜しくも決まらず。。。惜しい!!  再三いいボールが入っているのだが・・・

76分相手GKに遅延好意でイエロー。
ベルドゥに代わりHマルケス入る。
77分左サイドカジェホンから中央モイセスへ モイセスシュート!! はゴール左。 

わざと中央の狭いところを通そうとしているエスパ。  どフリーで俊輔が待っていると言うのに!!怒!!! 目の前しか見えないっ!!!
82分チカへのファールで倒れるも笛ならず そのままプレー続行。 ガルシア一旦ボールを外へ出す。 酷い審判。。。

83分左サハルからのパス受け 俊輔DF交わし中央へ そのままミドルシュート〜!! はGKファンブルで落とすも 死守。 惜しい〜!! 強烈シュートだった!! 会場から拍手と お〜っという唸り声。
怒りの一発か!
85分パレハから俊輔へ そのまま俊輔上がったチカへ チカのクロスから右CK得る。   右CK俊輔 GKパンチングから中央マルケスシュート!!! はゴール左。   チャンスに全く決められないエスパ。
86分右サイド中央 俊輔から大きく前線へ飛び出したガルシアへ!ガルシア受けるもエリア右DF阻まれシュートにもって行けず。 また右CK得る。   右CKそのままガルシア クリアボールから中央左で受けた俊輔 左サイドのカジェホンへ カジェホンのクロスに 中央サハル ヘディングもゴール右へ・・・

時間がない!!! 俊輔にボールを集めろ〜!!!
88分中央から右サイドチカへ チカのセンタリングに味方飛び込みむも触れず 更に左ファーから俊輔スライディングで飛び込むも 直前DFの頭で触られ 合わせられず。 惜しい〜! 抜けていればゴールが決まっていたか・・・左スローインへ。

90分左サイドいい位置 サハル倒されFK得る。FKはLガルシア。
ロスタイム3分!  FKは壁に当たりクリア。
DFラインチカからのロングボールにエリア左 ガルシア受けクロス! は味方おらずクリア、 それをカジェホン拾いエリア右からシュート!?  はGKバーギリギリ触りライン割る。 惜しい〜!右CK得る。   右CKガルシア DFクリアをまた拾いチカへ チカクロス! はGKキャッチ出来ずこぼれるがロンカリアのGKに対するファールで笛。   こぼれ球にはしっかり俊輔がシュートに行ってた・・・
時間がない!!
ロスタイム左サイドマルケスに対するファールでのFKから 俊輔一気に右サイドどフリーのチカ?へ チカのクロスはクリアも そのこぼれ球をサハルシュート! はゴール右。
試合終了。 0−0 これは相当まずい。 

今日のエスパの攻撃には正直 これでもスペインサッカーか?と思う程 本当にがっかりした。  俊輔がボールに絡めば一気にチームにチャンスが訪れているにも関わらず 味方は自分で行きたいのか 狭い中央を無理やり通そうとして 直ぐ奪われている。  酷い審判の判定より逆に 視野の狭い味方に怒りを感じる程の試合だった。    パスミスは多く・・・視野は狭く・・・雑なプレー連発。 チャンスをわざと逃していた。  自滅・・・

しかし俊輔の存在感は目の肥えた地元サポには伝わっているはず。 後半俊輔が自由に動きボールに絡む回数がふえてから一気に チャンスが何度も生まれた。    
これが前半からだったら・・・ と残念でならない。 
この試合で俊輔は 右サイドに張っている事に また大きな疑問を感じてしまったのではないだろうか。   
俊輔を真ん中で使え〜〜〜〜〜!!!怒!!! 
しかし 俊輔に対する会場の反応はかなり大きい。 1試合1試合俊輔のレベルの高さが認められていくだろう。  
それにしてもエスパニョールの攻撃 想像性に全く欠ける・・・><  

      カジェホン

コロ    アロンソ   俊輔

    ベルドゥ モイセス

Dガルシア パレハ ロンカリア チカ

       カメニ
  

2009年09月23日

第4節 エスパニョール×マラガ

第4節
 エスパニョール × マラガ

       9月24日(木)午前4:53〜同時速報

              2−1 試合終了

【得点者】マラガ:フェルナンド
     エスパニョール:サハル アロンソ

【エスパニョ−ル】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFチカ フォルリン パレハ Dガルシア MF Lガルシア ベルドゥ モイセス コロミナス FWサハル カジェホン  
SUBアルバレス 俊輔 ロンカリア Hマルケス Fマルケス アロンソ ピジュ

【マラガ】4−4−2
スタメン:GKムヌーア DFガメス クアドラード ヴェリグトン ムティリガ MFフェルナンド Hトーレス ファニート ドゥダ FWバハ オビンナ
SUBアルナウ Mトーレス ガスパール アシュール ルケ フォレスティエリ エディーニョ


※ホームコルネジャでのリーガ2試合目。  初戦アウェービルバオ 2節レアル と2連敗したエスパニョールは 4日前の19日に行われた3節デポルティボ戦で 俊輔 デラペニャ タムード アロンソら主力の多くを怪我で欠く中 若手を起用、 見事アウェーで勝利を収め勝ち点3をゲット  最下位から一気に14位に浮上した。

ただ 勝利したとはいえ手放しでは喜べない。  前半と後半の試合展開は全く逆、後半は相手の猛攻を必死で凌ぐだけの展開となっていた事、 またそのデポルティボ戦を 劣悪ピッチで戦った強豪レアル戦の出来と比べる事も出来ず・・・ 更に中3日での連戦でもある事から監督はスタメン決定にギリギリまで悩む事になりそうだ。   ただ欠場していた主力メンバーはまだ完璧とは言えない状態でもあり 前節と同じ若手起用が濃厚か。。。   

俊輔は代表戦で痛めた左足の負傷から21日 ようやくチーム練習に合流 まだテーピングは取れないが痛みは順調に回復、練習ではゴール アシスト と復活をアピールした。
しかし 完璧に戻すには時節シェレス戦での復帰が一番望ましいのだろうが果たして・・・?
また胃炎で欠場したアロンソも無事復帰した。  しかしタムード デラペニャは 今日のマラガ戦には結局間に合わず今回もメンバーから外れた。

マラガ戦メンバー発表
GKカメニ、アルバレス DFピルッ、チカ、フォルリン、ロンカリア、パレハ、Dガルシア MFモイセス、Hマルケス、ヴェルドゥ、コロ、Lガルシア、中村俊輔、Hロペス FWイヴァンアロンソ、ベンサハル、Fマルケス、カジェホン

一方 対戦相手のマラガは1勝2敗の現在11位。 2節ではデポルティボに0−1で敗れ 3節ではホームでラシンサンタンデールに1−2で敗れている。
また新スタジアムコルネジャは レアル戦で露呈した劣悪ピッチを全面特急で入れ替え マラガ戦に間に合わせる為必死の張り替え作業が行われていたが ついに張替えが完了した。    日数がない為 ピッチ状態は試合が始まってみないと把握できないが ホームだ。 何とか勝ち点3を掴み 常勝ムードを高めて欲しい。

【前半】24度 曇り
俊輔はベンチスタート。 ユニは両チームともに同色のブルー?で全〜っく見分けが付かず。 マラガは紫のようだが  近寄らないとどれが味方だかTVではほとんどわからず。 これはいくらなんでもまずい・・・!!  マラガアウェーユニはこれだけ??
2分Dガルシア奪われ相手右サイド突破。 クロスに中央ヘディングシュートはゴール左でカメニキャッチ。
4分相手のバックパスに反応しサハル飛び出しGKに詰めるもクリア。
5分マラガ中央から左へ エリア左からのセンタリングのクリアこぼれ球に中央からバハがシュート! は何とかギリギリゴール右で救われる も右CKへ。  右CKは何とかクリア。  危機一髪!!  開始からマラガ積極的な攻撃。

直後左サイド サハルカウンターで上がり中央〜右へと展開 右からのクロスクリアから右CK得る。 右CKはクリア。
8分中央ベルドゥ倒され相手中央突破 左エリアからのセンタリングに また中央から撃たれる!! はGK正面でキャッチ。 ホッ  続けて相手のチャンス!
9分DFラインでパス回しから一気に前線右へロングパス、飛び出したコロ最後押されエリア右でFK得る。  エリア右FKガルシア クリアされるもボールが中央味方へ そこから更に右のガルシアへ戻る。  ガルシアのセンタリングに中央 コロ合わせシュート! も相手GK弾きゴールならず。 惜しい! 決定的!

12分中央から左へ エリア左から相手ミドルシュート! はカメニキャッチ。
13分右サイドからのクロス クリアから右CK与える。 右CKはクリアもまた右CK。  一旦クリアも 更に拾われシュート! はカメニパンチング。  マラガ猛攻。

17分左サイド カジェホン突破 Gライン割るも笛ならず エリア中央に入れるも 味方触れずクリア。  

20分右サイドからのロングパスに飛び出したカジェホン エリア内右で倒されるもPKはならず 右CKへ 右CKは左に流れ  ベルドゥ拾いクロス もGK直接キャッチ。
24分 エリア付近までは行くが 最後シュートまでが中々持っていけないエスパニョール。

25分相手右からのクロスクリアで左CK与える。 左CKはクリア から一気にLガルシアから右サイド コロへ エスパのカウンター しかしコロ DFに阻まれ進入出来ず左へと展開 左からカジェホンのセンタリングはクリアも左CKへ。  左CKカジェホン はGKパンチング。   味方にこぼれるもシュートはミートせず。

28分相手左〜中央〜右サイドへパス 右エリア内からジリジリ上がり相手シュート! が何と! (DFフォルリン?)に当たり方向が代わりGKカメニキャッチできず。  何とオウンゴールで先制される。  0−1に。  ゴールはフェルナンド。

31分左サイド カジェホン ユニ引っ張られFK得る。 FKガルシア、 はクリアで左CK得る。  左CKはファー狙うもクリアで右スローインへ。  スローインはGKキャッチ。

34分中央ガルシアからのパスに 右サイドからカジェホン飛び出しGKとほぼ1対1.  シュート! はゴール左へ・・・これは決めなくては!!
36分コロからのパスにガルシア粘り右CK得る。 右CK 低いボール入れるも 味方にあわず。   そこから繋ぐも最後パスミスでクリア。
41分左サイドカジェホンDF交わしクロス ゴール右クリアから右CK得る。  右CKのクリアから左CKカジェホン ゴール前こぼれ球をコロがオーバーヘッド! もゴール上。 惜しい!
中々決められないエスパニョール・・・

43分DFライン パレハから大きく前線へ エリア中央 サハル飛び出すも倒され・・・しかしサハルのファールとられる。 
44分左サイド相手シュート! はゴール右で救われる。
前半終了。 0−1での折り返し。  ボールポゼッションは60:40  しかしエスパニョールも攻めてはいるが シュート数は圧倒的にマラガの方が多い。  相手の先制もあり ボールポゼッションとは全く違い やや押されているようなイメージだ。

オウンゴールは仕方ない。後半立て直し 早めに追いつきたい所。  後半メンバー交代は・・・。
ピッチ状態はOK.

【後半】
開始早々相手シュート!! カメニの好セーブで相手の2度のシュートを何とか守りきる。 カメニ見事!!   後半もあまりいいスタートではないエスパニョール・・・

47分右サイド コロのパスからチカシュート! はゴール枠捉えられず。  
中央モイセスから右チカへ チカセンタリングも味方にあわず。
52分ルイスガルシアに代わりアロンソ入る。
54分左サイドでカジェホン奪い 右サイド コロに大きくサイドチェンジ。 右コロのクロスにゴール前 サハルが飛び込みヘディングシュート!!  見事GKの手をすり抜けゴール右に突き刺さりエスパニョール同点に追いつく〜!!!  1−1に。
61分相手選手倒し右サイドFK、クリアから一気にカウンター は繋がらず。

62分サハルに代わり 俊輔入る。 会場から大きな拍手。  俊輔はポジション右へ入る。
64分GKカメニから受けた俊輔右サイド突破 からエリア右へ上がったカジェホンへ カジェホンのセンタリングにゴール前味方二人合わせに行くも僅かあわせられず!惜しい! 決定的!
20分右俊輔からz戦線チカへ チカのセンタリングは味方に合わずクリアで左CK得る。  左CKコロ エリア右で合わせるも上に上がりそこから右スローイン得る。   
右サイドスローイン Gラインギリギリのカジェホンへ、 そこから右CK得る、俊輔のCKに会場が沸く。  右CK俊輔からクリアが真上へ 更にそれをGKパンチング も こぼれ球カジェホン詰め 左コーナー付近で相手倒れ笛、会場から判定にブーイング。 相手は無事。

俊輔 右サイド チカとのパス交換からキープ 再三チャンス作る。
俊輔〜チカ チカのクロスにアロンソヘディングはゴール左でゴールならず。   しかし 俊輔が入ってから エスパニョール チャンス増大!ゴールの匂いが・・・   必死で凌ぐマラガ。 
69分左サイドスローインからカジェホン〜コロがチャンスメイクで左CK得る。   
左CK俊輔 その間 パレハ エリア中央で熱くなり相手選手何人かともみ合い。 パレハにイエロー。(どうやらその前にコロが相手に平手打ち受け 更にパレハも相手にやられていたようだ パレハだけににイエローは納得いかない)
左CK ファー気味に高く上げ味方飛び込むもギリギリでGKキャッチ。
72分相手右 俊輔ベルドゥからのパス受けると同時に両サイドからDF  一人に後ろから押し倒されるも笛ならず 相手そのままミドルシュート!  はGKカメニキャッチ。   会場から審判に大きなブーイング。

73分右サイド俊輔&チカのパス交換からクロス! 中央ゴール前 味方シュート!と同時に倒される。 が 何と!笛はならずクリア。怒!
エリア中央左 コロ倒されFK得る。 ボール前にはアロンソとパレハ。 パレハFKは直接GK.
79分左サイド味方へのファールで相手ドゥダにイエロー。  かなりエキサイトしている両チーム選手達。

80分左カジェホンからのサイドチェンジのパスをエリア右で俊輔受け すぐさまダイレクトで中央のアロンソへ  アロンソシュート!!!!!が見事ゴール左に突き刺さりエスパニョール2点目〜!!!!!
俊輔リーガ 初アシスト〜!!!


86分カジェホンに代わりロンカリア入る 
89分中央コロのハイキックで相手FK。 はカメニパンチングで凌ぐも更に繋がれエリア左からシュート はDFに当たりそれをカメニパンチング。     相手左サイド高めスローインから粘られ左CK与える。   ロスタイム4分。
90分相手左CK 相手のニアでのヘディングは右へ流れるも更に拾われ右からクロス! 中央頭で合わせられるも 何とかGKカメニキャッチ。   危険!
ゴール前 カメニのGキックを後ろから邪魔しこぼれ球からシュートを撃った相手にイエロー。   マラガ最後の猛攻。

ロスタイム2分 Gキックを中央で競り合ったフォルリン 相手の頭と接触で頭から酷い流血!!!  そのまま担架でピッチ降りる。
10対11に。  
ロスタイム3分相手高め右スローインクリアから右CK与える。 
相手右CKはクリアも パスミスからキープされ またファールで右サイドからのFK与える。 これがファールか? 怒りを抑えられないポチェ監督。  4分右サイド相手FKはクリア。  最後のマラガ猛攻を必死で凌ぐエスパニョール。

試合終了〜!!! 会場大爆発。
2−1でエスパニョール ホームでリーガ初勝利〜!!! 
本当に嬉しそうな選手達。

エスパニョールは前半 積極的な攻撃で襲い掛かるマラガの猛攻にオウンゴールから先制され苦しい展開に。   ボールポゼッションからは伺えないやや押されムード。    しかし後半カジェホンのサイドチェンジからコロのクロスに 見事サハルがヘディングでゴールを決め ようやく同点に追いついた。 

63分 サハルに代わり俊輔が投入されると 次第にエスパニョールに流れが傾き始めた。   俊輔の高い位置でのボールキープからエスパはチャンスを作り ゴールの匂いが漂い始めると・・・ ついに80分 左サイド カジェホンからのサイドチェンジのパスを 右へ上がり受けた俊輔 それをダイレクトでゴール前のアロンソへ、 アロンソはDFを押さえシュート!! 見事ゴールが決まり逆転!!決勝ゴールを決めた。    
俊輔は投入されると チームに流れを引き寄せ アロンソの決勝点をリーガ初アシスト!!   ロスタイム4分 DFフォルリンが流血でピッチを降り一人足りない中 最後マラガの猛攻をエスパは必死で凌ぎ ついに 2−1で逆転勝利!

エスパニョールは デポルティボ戦に続き 見事2連勝を飾った。
試合終了時でのボールポゼッションは58:42。
しかしシュート数は前半の少なさが影響し 9(枠内5):13(10) と 圧倒的にマラガが多かった(後半のシュート数は6本ずつで同じだったが)  そんな中で エスパニョールが逆転勝利出来た事はとても大きいと言えるだろう。    レアル戦でめくれ上がった最悪のピッチも見事に張り替えられていた。 
俊輔のアシストで決勝ゴールを決めたアロンソは ゴールを決めると両手で2と1を示し ハルケの背番号を表した。  ハルケの奥さんは18日ハルケの子 マルティナを出産したばかりだった。  
この「マルティナ」という名はハルケがなくなる以前に既につけていたもの。
【追伸】
一部地元紙の情報だったが その後の情報で 何とハルケの子はこの試合中に生まれた事が発表された。   しかも1点目と2点目の間だったと。。。  何と 不思議な出来事か・・・
 
         カジェホン

 サハル      Lガルシア     コロ
 
       ベルドゥ   モイセス 

Dガルシア               チカ
     フォルリン     パレハ
           カメニ
         4−2−3−1

2009年09月18日

第3節 デポルティボ・ラコルーニャ×エスパニョール

第3節

デポルティボ・ラコルーニャ
        × エスパニョール

                            リアソール
    
               2−3

【得点者】
エスパ:カジェホン(19)フォルリン(41)ヴェルドゥ(後8)
デポル:アドリアンロペス(27) ラサド(30)

【デポルティボ】4−2−3−1
スタメン:GKアランズビア DFフィリペ ゼ・カストロ ロボ ラウレ MFジュカ アドリアン グアルダド バレロン ロドリゲス
SUBマヌ マヌエルパブロ ビスク ラサド ミスタ アルバレス


【エスパニョール】4−4−2
スタメン:GKカメニ DFチカ Dガルシア パレハ フォルリン MFカジェホン Lガルシア ヴェルドゥ ロンカリア モイセス FWサハル コロミナス
SUBアルバレス ピジュ Hマルケス ロンカリア Fマルケス ファンボ Hロペス 


※アウェー開幕戦ビルバオ そして2節ホーム開幕戦レアル と2戦連続で敗戦となってしまったエスパニョール。
レアル戦では前半いい試合を見せながらも結局0−3と決定力の差を見せ付けられた。      
俊輔は代表オランダ戦での負傷を抱え レアル強行出場も コルネジャの劣悪ピッチに症状は悪化、現在必死の治療と別メニュー調整を行っているが 中々痛みが引かず  昨日午後病院で検査を受けた。   MRI検査の結果は炎症が発見されたものの 程度は酷くなく プレーできないほどのものではないようだが まだ痛みもある事から遠征には参加せず 今試合への出場はなくなったようだ。  判断はギリギリとなったが次のホーム マラガ戦へ向け 調整を続ける。 

一方相棒デラペニャも右足ふくらはぎ負傷からレアルにギリギリ間に合わせたものの同じく悪化。  エスパニョールは中盤の軸を欠く事になりそううだ。   
更に心配なのはタムードの負傷。  右足ハムストリングを痛めたようで 俊輔 デラペニャ タムードと 主力3人がこぞって抜けるとなると エスパニョールの連携にも大きな影響が出てきそうだ。    だがタムード負傷に関してはベンサハルらが強い闘志を見せている、 アウェーゴールに期待したい。   尚タムードの検査は月曜に行われる予定。  
ただ別メニューが続いていたGKカメニはようやく昨日チーム練習に合流、 唯一の好材料となっている。  デポルティボには何とか復帰出来そうだ。
このように 主力メンバーに負傷者続出のエスパニョール 不安視する声が大きいが そんな前評を吹き飛ばすような試合を是非見せて欲しい。

※現在離脱していないメンバー
カメニ、アルバレス チカ、ビルツ、ロンカリア、Dガルシア、フォルリン、ハビマルケス、ベルドゥ、モイセス、コロミナス、ハビロペス、ルイスガルシア、カジェホン、ベンサハル、イバンアロンソ マーキス。
デポルティボは今季1勝1敗で現在9位。 これまでの対戦成績はデポルティボが23勝に対し エスパニョールが3勝10引き分け、 過去3シーズンはデポルティボ負けなしでエスパを完封している状態だ。
ベルドゥは昨季までデポルティボの選手だった為 気合が入っていると思われる。

何と 直前になってまたまたアロンソの欠場が決まった。理由は胃炎。

【前半】晴れ
俊輔は左足首負傷で欠場。 デラペニャ タムードも負傷で欠場。 更にアロンソは胃炎。
デポルティボがブルー&白ユニの為 エスパは黄色のアウェーユニ。
エスパニョールは今季初の2トップ。   しかも若手サハルとカジェホンを入れてきた。   中盤には右からコロ ベルドゥ モイセス ルイスガルシア。  FW右にカジェホン 左にサハル。
DFは右からチカ パレハ フォルリン Dガルシア。

45秒左サイドガルシア突破クリアで左CKガルシア は二ア狙うもDFクリア。
ベルドゥがボールを持つとブーイングが起こる。(元古巣)
3分右サイドからサハル?仕掛けるもゴール前へのパスは奪われる。
4分自陣右 相手倒しFK与える。 危険な位置。 相手FKはチカの頭に当たり チカ倒れる。 笛。  一旦ピッチ降りるも直ぐ復帰。

9分右低めチカから一気に前線へ エリア右カジェホン?受けるもサハルには繋がらず相手クリア も 左でこぼれ球拾いガルシアドリブルで上がるも倒される 笛なし。
11分DFライン パレハ?からのロングパスに エリア中央サハル飛び出すもDFに阻まれ相手クリア 更にそれを味方拾い左サイド ガルシアがクロス! ゴール前 サハルが頭で合わせるも惜しくもGKキャッチ。 惜しい!

15分自陣右 さっきと同じ位置 相手倒しFK与える。 グラウンダーのボールいれるもゴール右カメニがギリギリのセーブでゴール右へ。 相手右CKからゴールまん前こぼれるも何とかクリア。 ヒヤッ! しかしエスパ そのクリアが中央味方に繋がり一気にカウンター、 コロからゴール前 サハルへのパスは繋がらずも 中央コロこぼれ球拾いエリア左のガジェホンへ カジェホンドリブルで仕掛け倒されるも 何と シュミレーションでカジェホンにイエロー。 怒!

19分左サイドガルシア?からのロングパスに右サイドコロ飛び出しゴール前へ しかしGKに阻まれシュート撃てず 左から上がったサハルへ サハルシュート! は相手DFに当たり左CKへ。   
ガルシアの左CKから ゴール前 パレハ頭で合わせるもバーに当たり ゴールまん前にこぼれたボールをカジェホンがシュート! 
見事決まりエスパニョールが先制〜!!!お見事!! 今季エスパの初ゴール。

23分カウンターからサハルミドルシュート はゴール右。
27分中央からの縦パスに左から斜めに飛び出されオフサイドかからず 相手GKカメニと完璧な1対1 アドリアンロペスにゴール決められる。
1−1に。

33分右サイドス高めスローインから 頭でつなぎエリア左からカジェホンシュート! から左CK得る。
左CKはクリア。

38分中央奪い右サイドからクロス! 右CK得る。 右CKガルシア はクリア。
41分中央ガルシアから右のカジェホンへ カジェホンクロスから右CK得る。  右CKクリアも そこからパスつなぎ 右からのカジェホンのクロスに飛び出したフォルリン頭であわせ ゴール!!!!!
1−2に!! フォルリン リーガ初ゴール!! 

前半終了。  1−2 で折り返し。 ボールポゼッション42:58シュート数3(1):8(6) でエスパニョール好調。  やはり2トップはいい・・・

【後半】
46分中央やや右相手へのファールでFK与える。  FKはそのまま流れ救われる。
27分右CK&右サイド中央部分で何と!! スプリンクラーが故障。 ピッチに散水〜!!! 一時中断。  Jでは有り得ない?
ようやく水止まる。

51分ガルシアシュート は大きくゴール右。
53分右チカ?から中央ガルシアへ ガルシアからのスルーパスに中央ベルドゥがうまく飛び出しシュート! 見事ゴール左に決まりエスパ3点目〜!!!   これは大きな1点!! 1−3に。
エスパこぼれ球への反応がいい。 

58分中央ルイスガルシア倒されFK。 その間相手バレロンに代わりラサド入る。 他 デポは一気に3人代えてきた。

63分サハルに代わりハビマルケス入る。
65分相手左からのクロスにゴール前 頭で合わせるもGKカメニキャッチ。    相手の中央突破を必死のDFで抑えるエスパ。
68分右低めからのロングボールにカジェホン飛び出しヘディングシュート? もGK。

デポルはかなり積極的な攻撃を仕掛けている。
73分相手エリア右からのクロスから右CK与える。 右CK必死のDFで凌ぐも最後中央からミドルシュート! はゴール枠捉えられず救われる。ホッ
デポ猛攻しかける。 
75分左サイドからのパスのこぼれ球をつながれゴール左ギリギリ押し込まれラサドにゴール奪われる。  2−3に。 
77分中央コロ倒され傷む。 抱えられピッチ一旦降りるも直ぐ戻る。
79分クロスクリアから相手左CK。  左CK 頭で合わせられるもギリギリゴール右で救われる。   ホッ かなり危機一髪!
完璧なデポルティボ猛攻状態。 81分審判中々笛を吹かずエリア右 だんご状態でのボールの奪い合い。
必死で猛攻を凌ぐエスパ。
 
83分ヴェルドゥに代わりロンカリア入る。
ピッチを降りるヴェルドゥに会場から大きなブーイング。
かなりのリスクをおかし攻め込むデポルティボ。  エスパは完全に引いている状態。
86分カジェホンに代わりFマルケス入る。(初)
ボールポゼッション50:50   しかし完全なデポ支配。

88分カメニのGキックを相手選手が邪魔。 相手にイエロー。
しかし今度は遅延行為でパレハにイエロー。 
ロスタイム何と5分??? こんなにあったか??長すぎる・・・

全員守備状態のエスパ。 相手の猛攻を必死のDFで凌ぐ。
しきりに細かい支持を出すポチェ監督。
ロスタイム エリア中央つながれゴール右あわや!! も何とか守りきりエスパニョール勝利〜!!!!!
今季初勝利〜!!!。 

アウェーで 貴重な 貴重な勝ち点3を手にした。  決して愛称のいいスタジアムではない中 エスパはこぼれ球への素早い反応でチャンスを作った。   やはりこれまでのタムードのワントップに比べると2トップによる布陣は良かった。   先制できた事 そして一旦は追いつかれるも追加点が早めに奪えた事が大きかった。   後半3点目を奪った後は 完璧な相手支配、 エスパは猛攻を凌ぐだけの苦しい状況となったが 全員で 最後まで見事守りきった。
俊輔が欠場の中での勝利で 複雑ではあるが チームがアウェーで勝ち点3を手に出来た事は とても大きい。   これを機にチームが一気に活気付き 常勝ムードが訪れてくれる事を祈りたい。   そして何よりも 俊輔 デラペニャらの負傷が少しでも早く治りますように!!       

2009年09月12日

第2節 エスパニョ−ル×レアルマドリード

第2節
エスパニョール×レアルマドリード


                0−3

【得点者】
グラネロ  グティ ロナウド

【エスパニョール】4−2−3−1 
スタメン:GKカメニ DFチカ パレハ フォルリン Dガルシア MFモイセス ヴェルドゥ ルイスガルシア アロンソ 俊輔 FWタムード
SUBアルバレス ピジュ ロンカリア ハビマルケス カジェホン コロ デラペニャ

【レアル】4−4−2
スタメン:GKカシージャス DFアルべロア アルビオル メッツェルダー マルセロ MFグティ Hアロンソ カカー グラネロ FWイグアイン ベンゼマ
SUBドゥデク ガライ ラサナディアラ ドレンテ ロナウド ファンニステルローイ

※2009−10シーズン第2節。  ホーム 新スタジアムコルネジャでのリーグ開幕戦。  こけら落としリバプール戦以来の公式戦だ。
迎えるのは あのレアルマドリード。  もう何の説明もいらないだろう。    今季世界を驚かせる大補強を行ったレアル、 ベンゼマ シャビアロンソ カカー ロナウド・・・ 
このスター軍団にエスパニョールがどんな試合を見せるのか。  

これまでずっと別メニューとなっていたデラペニャがようやく復帰 試合にギリギリ間に合わせてきた。    が、カメニ サハル 俊輔 パレハらは 各々の代表戦をこなし バルセロナに戻ってきたばかり。   
俊輔はオランダ戦で受けたファールによる左足負傷を抱えている事から出場が危ぶまれていたが この為にスペインへ移籍したと言っても過言ではないほどの 夢にまで見た対戦だ、本人は出場に強い意欲を見せている。    復帰したデラペニャがスタメンかベンチスタートかによって中盤が入れ替わる可能性もあるが 出来ればお互いが活かしあえる俊輔との共存と願いたいところだ。    
チームは更に開幕戦で負傷したDガルシア そしてアロンソも今日の出場はまだ微妙となっている。
初戦ビルバオにアウェーで敗れてしまったエスパニョールだけに 連敗は何とか避けたいが 先ずはレアル相手にエスパニョールがどこまでやれるか・・ リバプールに続きコルネジャに勝利を齎すことが出来るのか・・  
監督の采配に 大きな注目が集まる。

レアルは 俊輔とのマッチアップが予想されていたスペイン代表DFセルヒオラモスが故障でメンバーに入っておらず。   9日には俊輔ら同様 相手ロナウド もW杯予選を戦っている状態だ。   

レアルとは今回初対戦となる俊輔だが CLで ロナウド率いるあのマンUから自らのFKで勝ち点3を奪っている。  カカーとのCL対戦でも最後10分間の途中出場で見事な決勝ゴールの起点を作るなどミランから見事な勝利も奪った。    また監督のペジェグリー二氏とも 同じくCLでビジャレアルと対戦した際 監督をしていた事もあり その左足の怖さは重々承知・・・ 警戒が予想される。     

できるだけ前でプレーし 積極的にゴールを狙って行くと 注目の対戦を前に闘志満々の俊輔、スター勢ぞろいの銀河系相手に 何とか日本選手の意地を見せて欲しい。   
既にチケットは完売 スタジアムは超満員が予想されている。  日本からのサポーターも大勢駆けつけるこの一戦  報道陣の数も勿論半端ではない。    地元スポ紙によると この8月のグッズ売り上げが 昨年の何と5倍にも上っていることが判明。    
この俊輔効果が グッズだけでなく ピッチでも表れるよう大いに期待したい。

【前半】晴れ25度。
開場には大きなハルケのフラックが掲げられている。(ハルケ忘れないと書いてある)
肩を組み円陣を組む選手達。 ハルケの追悼音楽が流れる中 黙祷が捧げられる。  その後会場から大きな拍手。

レアルのキックオフ。 俊輔は右。 プレスをかけるエスパ。 レアル一気に大きく前線へロングボール入れる もDF頭でGKカメニへ。
4分アロンソファールで相手FK クリアから右CK得るレアル。 右CKはゴール中央でバウンド 相手蹴るも真上に。 ホッ

7分中央からの攻撃が右へ流れタムードから右俊輔へ 俊輔相手DF二人に挟まれるがエリア内へ強引に仕掛け足をかけられFK得る。  エリアコーナー付近 角度ありすぎ。 だが蹴るのは俊輔。 二アの下を狙うもギリギリゴール右へ。 惜しい!!   ピッチ既に所どころめくれている。 

11分右タムードから受けた俊輔 エリア右からクロス! ゴール左 アロンソへ渡るも  アロンソ 僅かオフサイドでゴールならず。
アロンソへ渡ったとたん相手DFが一気に戻った。。。
しかし俊輔から立て続けにチャンス!!

14分左カカークロス?がDFに当たり左CK は何とかくクリア。
俊輔カウンター 行くもマルセロの必死のDF。
15分中央味方へのファールで中央でFK得る。 やや遠めだが・・・狙える位置  ボール前には俊輔とガルシアとパレハの3人。  
パレハ蹴るも大〜〜きくゴール上。 

俊輔 今は左へ。
18分アロンソへのファールでまたFK得る。   先程と同じエリア右コーナー付近。
俊輔FK ゴールファーのタムードへドンぴしゃり! ヘディングで落としそれを味方が押し込むも ラインギリギリでGKが死守。
決定的チャンス!!! 俊輔見事〜!!
21分 ハルケの背番号の時間にあわせ ハルケの名前を叫ぶサポーター。
22分俊輔右サイド粘りボールキープから前線のタムードへ タムードDFクリアでスローイン。

23分カカーに強烈なスライディング見せる俊輔 笛なるもボールにいっていた為 セーフ。  強気の俊輔。
24分中央味方 カカーへのファールで相手FK中央 はエスパDF。
エスパいい試合している!! 俊輔気合見せる。  全く足を痛めていることなど感じさせない。   芝がもうかなりあちこちめくれている。。

26分ヴェルドゥ 中央でボール奪いドリブル突破〜シュート! はゴール上。  惜しい!個人技!
27分レアル左サイドから突破もエリアで倒れ左CKへ。   CKはクリア。
28分相手右FKグティはクリア。
30分中央ベルドゥへの完璧なファールからFK。 そこからチカ上がりシュート! は大きくはずす。  開場は相手のカードを求め大ブーイング。

33分右サイド俊輔 大きくサイドチェンジ(開場から大きな拍手) そこから味方一気に上がりスルーパスにタムード飛び出すも僅かのところでGKさわり それをDFクリアで
シュート撃てず・・>< また決定的チャンス! 惜しい〜!!!

35分右サイド俊輔倒され奪われ大きくロングボール に相手ベンゼマ飛び出し シュートへ持っていくが DFでミートせずゴール右へ。

38分相手左サイド カカーへのファールでカカーFK は相手のオフサイドで笛。
38分中央へ縦パス入れられ そこからワンツーで一気につながれシュート!ゴール左に決められる。 グラネロ先制。。。>< 
42分エスパ左サイド俊輔から中央フリーのモイセスへ モイセス強烈シュート!! はギリギリゴール左へ・・・惜しい〜っ!!!
またまた決定的チャンス!

44分相手シュート から左CK与える。 グラネロCKはショートコーナー からクロス はGKキャッチ。
相手のファールには開場からものすごいブーイングが!

前半終了。  0−1で折り返す。  ボールポゼッション51:49
内容は決して悪くなかった。 俊輔から決定的チャンスも何度も生まれている。   後半何としてもゴールを!!!
決定機に確実に決めるレアルと ギリギリで決められなかったエスパ。
ピッチの芝がめくれ上がりFKもかなりやりにくそうだ。
俊輔から何度もチャンスがうまれているだけに もっともっと俊輔にボールが集まるといいのだが・・・ 周りの上がりも相手を警戒してか やや遅いか・・・。 

【後半】
レアルが先に登場。 ブーイング。  俊輔に代わりデラペニャ  アロンソに代わりコロが入る。  出来れば共存が見たかったが・・・
コロが右サイド。  左ルイスガルシア トップ下にデラペニャ。
45分右サイドコロドリブルで深く切り込み中央へパス も味方身体で跳ね返してしまいクリアされる。

49分相手右サイドからのクロスクリアから相手に左CK与える。
CKはクリアもまた相手に も何とかクリア。
51分中央デラペニャ ドリブルで中央突破 もエリア前で奪われる。相手にスパイク入り ヴェルドゥにイエロー。
ロナウドアップ始める。
  
55分右サイドカカー突破 エリア右遠目 倒しガルシアにチカにイエロー。  グティFKはクリア。
60分デラペニャから右タムードへ タムードクロスから左CK得る。
左CKデラペニャ。 ゴール前入れるもDFクリア。
62 63分レアル 立て続けにチャンス。 DFクリア。
ロナウド準備。 ベンゼマに代わってロナウド入る。

21分自陣エリア左コーナー付近 相手倒しFK与える。 蹴るのはロナウド。   壁に一瞬当たりGKカメニキャッチ。
67分中央 タムードに対するファールでグラネロにイエロー。

69分中央デラから左のコロへ コロのクロスは味方にあわず。
デラペニャ中央から 前線へ仕掛けるも再三相手にあたり何度か奪われている。
左CKデラペニャ 相手クリアで右CKデラペニャ。 もDFクリア。
中央右デラ倒されFKからエリア左 最後コロのシュートはGK。
73分イグアインに代わりラウール入る。

75分中央デラ受けそのままミドルシュート! は大きく外れる。

76分左サイドカカーがエリアに切り込み中央のグティへ グティシュート! が決まりレアル2点目。。。><
79分カカーに代わりラサナディアラ入る
79分エスパエリア右FK は 詳細のちほど。

81分左ロナウドドリブルからシュート! はゴール大きく上。
84分右からのクロスクリアで左CK得る。 ガルシアCKはどうしたのか 大きく右へ。  足元がやはりゆるいのか・・?

タムードに代わりカジェホン入る。
エスパニョールチャンス作れど 中々前半のような決定的チャンスにはならず。
89分レアル エスパエリアで再三パス回しチャンス作る。 
中央から右のロナウドへ ロナウドそのまま突破〜シュート! 
3点目奪われる。   エスパ全くチャンス作れず。

0−3.試合終了。

俊輔が怪我をしていたとはいえ やはりデラペニャとの共存があれば もっとチャンスを作れたのではないだろうか。
前半の決定的チャンスに決めておかなかった事が悔やまれる。 
後半 俊輔が下がりコロ など仕掛ける選手を入れたものの逆にそれを突かれ失点を重ねる結果となってしまった・・・
俊輔の交代はおそらく怪我もある事から 最初から決まっていたと思われる。  

やはりレアルの一人一人のレベルの高さは見事。  
ホームでの開幕戦に0−3はかなり痛いが 前半はかなり決定的なチャンスも作れており 決して下を向く必要はない。  
後半 コロ デラペニャが入り攻撃が活性化しチャンスは作ったものの 一つ一つの精度に欠け やや雑、 前線まで行くものの 決定的なものは殆ど作れていなかった。

レアルとの初対戦に 俊輔は前半 積極的なプレーでチャンスを作った。  芝の根つきが不十分で かなりやわらかく FKなどは本来の力が出せずギリギリゴール右に反れてしまったが 精度あるパス クロスで レアルゴールを何度も脅かした。    7分相手エリアへの強引な突破はこれまであまりみられなかったプレーだった。   相手二人に囲まれてもパスを選択せず 強引にいったおかげでFKを得る事も出来た。   負けはしたものの 俊輔の今後の成長が楽しみだ。  
あ〜 デラペニャとの共存が見たかった・・・ それだけが大いに悔やまれる・・・。

※後ほどまた修正が入る予定です。

2009年08月29日

ついに開幕!第1節ビルバオ×エスパニョール

サッカースペインリーグ ついに開幕exclamation
ひらめき俊輔リーガデビュー戦exclamation×2

第1節 ビルバオ×エスパニョール
                サンマメススタジアム(スペイン最古)

              1−0

【得点者】ビルバオ:トケーロ(76分)



【ビルバオ】4−4−2
スタメン:GKイライソス DFイラオラ ウスタリツ アモレビエタ カスティージョ MFムニアイン ハビ・マルティネス グルペギ デ・マルコス FWトケーロ フェルナンド・ジョレンテ

【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFピジュ パレハ ロンカグリア Dガルシア MFベルドゥ モイセス ルイスガルシア イヴァンアロンソ 俊輔 FWタムード

※ついに俊輔 夢のピッチへexclamation
新スタジアム コルネジャでの感動の移籍記者会見をスタートに早速チーム練習に合流した俊輔、 16日から始まったペララダ合宿からこれまで 約1ヶ月半に亘りチームメイトと共に必死で厳しい練習をこなしてきた。   
3週間前にはキャプテンハルケの死という思わぬ悲劇がチームを襲い 一時は立ち直れない程のダメージを受けたエスパニョールだったが その悲しみを分かち合うことでチームがひとつになり ようやく前を向いて歩き出した。
初戦がアウェー ビルバオ戦 そして2節ホームには あのレアルマドリードを迎えるという 何とも初っ端から厳しい戦いが用意されているが 夢にまで見たリーガの舞台だ、全力でぶつかり目の肥えたスペインサポーターの心をわしづかみにして欲しい。
ハルケの後任キャプテンとしてようやくベテラン デラペニャが決定した。 

国王杯準優勝でヨーロッパカップの出場権を得たビルバオは早いスタートを切り プレーオフにて本戦出場を決める等 既にチームは出来上がり絶好調。     一方エスパニョールは 新スタジアムこけら落としリバプール戦で 3−0勝利をおさめる好スタートを切ったものの ハルケショックは大きく 開幕に向け調整は大幅に遅れた。  パレハ Dガルシアも体調不良で調整が遅れた他 ハルケの穴を埋めるべく つい先日チームは若手DFフォルリン そして左サイドマルケスを獲得したが ピジュ ロンカリアも新加入とあって 守備陣の連携には まだかなり不安が残る状態となっている。     またデラペニャもふくらはぎの故障のため 開幕戦の出場可能性は低い。

しかし 「今季は12人で戦う」とガルシアが言った通り 選手達はハルケの思いを胸に 勝ち点3を掴むため必死で戦ってくれるはず。  厳しいアウェーでのスタートだが 何とかいいスタートを切れるよう祈ると同時に スペインデビューとなる俊輔の活躍に大いに期待したい。
痛めていた右股関節もようやく順調に回復 開幕へ向け準備は万端だ。
現地ではこのビルバオ戦を前に 俊輔のメディア注目の高さまでが記事になるほどの盛り上がりを見せているだけに ビルバオの俊輔警戒心も一層高まりそうだ。
ついに俊輔が夢の舞台へ! 最強リーグと言われるスペインで また新たな歴史を刻み始める。

遠征には19人が参加。  新加入仕立てのフォルリンは入ったがマルケスはフィジカル調整不十分で遠征に外れた。
遠征メンバー
カネミ  Cアルバレス  チカ  Dガルシア  ハビマルケス ピジュ  ヴェルドゥ 俊輔 カジェホン  ルイスガルシア  ロンカリアサハル  パレハ  フォルリン  コロ  モイセス  タムード  イヴァンアロンソ  ファンホ (デラペニャは右足故障)

ビルバオは昨季13位。

【前半】  
俊輔 表示では左だったが 右〜中央でプレー始める。
1分左サイドガルシアからのセンタリングが相手DFに当たってのこぼれ球を俊輔が中央に走りこみ ボレーに行くがミートせず。

3分右サイド自陣低い位置でボール受けた俊輔 一気に詰めるDF二人を次々を交わし味方とのワンツーでハーフウェーラインまで上がると更に切り返しでDFを交わし 一気に 前線右に走り出したガルシアに見事なスルーパス!!! ガルシアのエリア右からセンタリング に ゴール前味方受けるも DFに阻まれシュートへと持って行けず。 惜しい〜!   しかし 俊輔 初っ端から見事なプレー見せる。
4分ロンカリア GKからのパス受け損ない相手に右CK与える。
相手右CKは・・・
※ただ今 映像が全く届かず怒!!!

8分相手右CKからこぼれ球 危うく撃たれそうになるがカメニ死守。 ホッ
9分左サイド低めDガルシアからのロングボールの相手クリアが中央味方へ そのスルーパスに反応したアロンソ エリア中央アーク付近 倒されFK得る。  絶好の位置 蹴るのは??   俊輔がボールをセット。 そばにはガルシアとパレハも。  が先ずパレハが諦めボール前には俊輔とガルシア。 
壁8〜9枚? 相手の壁は相当俊輔のFKを警戒しているのか ずらりと高い壁を作り味方も入れると相当な数。   俊輔蹴るもボールが思うように落ちず バーの上。。。>< 

13分中央ガルシアからのパスをエリア右で受けた俊輔 ぴったり付いた相手DFのマークを切り返しで交わしセンタリング も 相手DFの出した足に当たりこぼれ球はクリアされる。 
15分中央アロンソ インターセプトからミドル狙うもゴール左。
16分相手中央からのロングパスにヘディングシュート! はカメニギリギリさわり右CKへ、右CKからヘディング?はゴール右でGキックへ。
18分相手のクリアから左CKガルシア はクリアが右へ流れ右スローインへ。
(日向と日陰の差が激しく見づらい・・・)

22分中央俊輔からガルシアへ ガルシアから一気に前線へ飛び出したベルドゥへ  ベルドゥのヘディングはゴール上。 惜しい!! 
24分相手FKのクリアから相手右CKはカメニキャッチ。
25分相手左サイドから猛攻もエスパ必死のDF。
26分中央左ピジュファールで相手FK はカメニ直接キャッチ。
ビルバオ ロングボールで一気に攻め込んでくる。
28分中央俊輔受けるも右サイドから味方上がってこず一旦キープ から更に右サイドようやく上がったピジュへ ピジュのセンタリングは味方タムード合わせられずDFクリア。

29分相手左CKクリアからまた右CKへ 右CKは無事クリア。 
俊輔 左サイドへ。
33分中央俊輔受けるとスライディングで飛び込む相手DF交わし一気に前線タムードへ しかしオフサイド・・・><

35分相手選手傷みエスパ選手ら一気に給水。
36分相手中央ドリブル突破から倒しFK与える。 何と相手は16歳!
FK中央遠目は壁に当たる。
エスパニョールやや攻守共に連携面ちぐはぐ。  両チームともロングボールが出始めている。 
  
42分Dガルシアにイエロー。
ボールポゼッション48:52 も ややビルバオ優勢の展開か? 
ビルバオも決していいとは言えない状況だが枠を捉えたシュートはエスパの2倍。
45分左サイドからのクロスに ゴール前 アロンソ ヘディングもゴール上。 惜しい!
前半終了。  やはり公式球と芝に 俊輔のFKは普段どおりの軌道が描けない模様。   後半何とか立て直し 先制ゴールを奪って欲しい。   
【後半】
選手交代はなし。  益々日向と日陰の差が見えにくい。
相手倒し中央右相手FK はクリア。 から最後相手左からシュート はカメニキャッチ。 ホッ
俊輔は中央か?  
51分右サイド遠め味方倒され俊輔FK ゴール前 味方飛び込むもおしくもGKギリギリキャッチ。
   しかしいいボール。
54分右サイド俊輔 相手ブロックで顔に腕が入ったのか 俊輔に珍しいイエロー。  故意ではないが
56分中央アロンソドリブルから右俊輔へ〜俊輔から更に右へ飛び出したアロンソへ クロスはDFクリアから左CK得る。
左CKガルシア はDFクリア。  
60分Dガルシア腿傷み チカが入る。  モイセスがキャプテンマーク。

62分アロンソパスミスから相手突破に ヴェルドゥファールで イエロー。  中央やや右相手にFK与える。  相手ヘディングで合わせるもゴール左で救われる。
相手のプレスかなり素早く激しい。

67分ファールから中央左相手FKはクリア。
69分相手倒しモイセスにイエロー。  右サイド相手FK はカメニパンチングからカウンター も倒され中央遠めFKへ。
70分右サイド俊輔からエリアのピジュへ ゴール前ピジュ受けるも僅かのところで撃てず。 惜しい!
72分自陣エリア左ファールで相手FKはクリア。
エスパミス多く中々攻撃チャンス作れず。

76分タムードに代わりベンサハル入る。
77分右サイド 中央からの浮き球パスに飛び出され相手突破〜シュート!  ゴール左に突き刺さり
トケーロに先制される・・・>< 
エスパ 相変わらずミスから相手にチャンスを与えている。

85分中央俊輔からノールックで右のピジュへ 右サイドからのセンタリングは味方に僅か合わずクリアが中央の俊輔へ戻る。  と同時に直ぐさま後ろから上がったチカにパス チカシュート も相手DFに当たってライン割る。
アロンソに代わりカジェホン入る。
選手交代で時間を稼ぐビルバオ。
89分相手突破〜シュートはゴール上。

ロスタイム4分。
中央からのパスに俊輔落としモイセスシュート!  はゴール上。
試合終了。  1−0

俊輔のスペインデビューとなったビルバオ戦は 何とも厳しい開幕戦となってしまった。
エスパニョールは 攻守にまだまだ連携不足。  相手のプレスによるミスも多く DFラインで回すもその後のビルドアップが全く出来ない状態。  俊輔が高い位置で前を向いて攻撃チャンスを作れる余裕は中々なかった。     チームは試合中 何度も浮き球に相手に飛び出されていたにも関わらず結局 同じような浮き球に飛び出され失点を許した。   スペインらしくない? ロングボールもかなり多かった。

開始直後の中央で得たFKの場面では 自ら蹴るも やはり練習中不安を抱えていた通り 慣れないボールと芝に ボールが落ちずゴール上へ・・・    残念ながらチャンスを活かす事は出来なかった。
右〜左〜中央 とポジションを替えながらプレーするも 次第にチームは前線でのキープが出来なくなり 俊輔も守備に時間をとられる事が多くなった。    また初戦から(腕が相手の顔に当たったのか?)思わぬイエローを貰うなどの 珍しい場面も・・・  

苦い開幕となってしまったエスパニョールだが 新しく入った選手が多く やはり連携面の立て直しが早急に必要だ。       

しかし悪い事ばかりではない。 チームが連動した時はいい攻撃を見せる場面もあった。  俊輔も前線タムードに見事なスルーパスを出すなど 開始直後 終了間際は積極的に攻撃を仕掛けた。  
終わってみれば結局先発フル出場。。。  俊輔の挑戦はまだ始まったばかりだ。  本領発揮はまだまだこれから!!今後の活躍に期待したい。

最終ボールポゼッション 56:44 シュート数は10(5):7(0) ()内は枠内
開幕戦からエスパは何とイエロー6枚 更に怪我人もでてしまった・・・。  
次はホームでレアルだ。  早く気持ちを切り替え 次に向け一層連携を高めて欲しい。

 

2009年08月02日

俊輔初戦エスパニョール×リバプール

手(チョキ)俊輔エスパニョール新スタジアムこけら落としexclamation×2

  サッカーエスパニョール×リバプール                                          コルネジャ

ひらめきまだエスパニョール選手の把握が出来ていない為 暫くの間色々ご不便をおかけすると思いますがお許し下さい。

                 3−0

【得点者】エスパ: ルイスガルシア ベンサハル×2


【エスパニョール】4−2−3−1
スタメン:GKカメニ DFビジュ ハルケ パレハ Dガルシア MFルルイスガルシア モイセス アロンソ デラペニャ 俊輔 FWタムード
(SUB)アルバレス チカ ロンカーリャ ビクトルルイス ディダック ハビマルケス ヴェルドゥ スミリャニッチ カジェホン ベンサハル コロ

【リバプール】4−2−3−1
スタメン:GKレイナ DFグレンジョンソン サンホセ キャラガー インスーア マスチェラーノ ルーカス カイト ジェラード ペナユン FWフェルナンドトーレス
(SUB)カバリエリ デゲン ドッセーナ ケリー プレシス リエラ シャビアロンソ スペアリング ヴォローニン バベル エンゴグ

※ついに俊輔エスパニョール移籍初の公式親善試合。
10日にバルセロナ入り 13日に新スタジアム初の移籍記者会見を行った俊輔は 早速チーム練習に合流 16日からは2週間に亘りペララダでの過酷な合宿をこなしてきた。
2度の地元チームとの練習試合でレベルの高さをみせつけた俊輔だが チームは長期合宿での疲労がピークとなっている。    
練習試合2試合目では まだまだ連携も課題が残る状態だったようだが
 今日のリバプール戦は エスパニョールにとって 新スタジアムこけら落としとなる歴史に残る記念すべき試合、 勿論疲れはあるだろうが 何とかいい試合を見せ 勝利でのスタートを切ってくれる事を祈るばかりだ。
チームは試合前日新スタジアムで練習を行ったが これまで怪我で別調整だったデラペニャもようやく初参戦。  出場が叶えば モイセスらと共に中盤3人の連携に注目が集まりそうだ。
新スタジアムという事もあり 出来立てホヤホヤ、 芝の根つきがまだ完全ではないようで 慣れないボールと共に 初づくしの試合となるだけに不安も大きい。    地元サポには どうか長い目で見守って欲しい。
既にチケットは完売。 俊輔は右サイドハーフでの先発出場が濃厚だ。

現地時間7:30PM 気温13度 湿度63% 曇り

【前半】 
コルネジャは超満員 ブルー一色。  オープニングセレモニーが行われる。  エスパ選手がピッチに白いTシャツ(誰かの顔写真入り)を着て並び リバプール選手を握手で迎え入れる。  俊輔は左から5人目。   そして写真撮影に。 俊輔は後列の左から2番目。 撮影後その白いTシャツを脱ぐと 下に こけら落としの新ユニが現れた。

俊輔は何と左でスタメン。  デラペニャ&モイセスのWボランチ。  タムードのワントップだ。
リバプールのキックオフ。

開始早々積極的な攻撃を仕掛けるリバプール エリア右からのパス受け中央ジェラードシュート!は大きく外れ右コーナー付近へ。
直後 DFから左俊輔へのパスに俊輔左右から挟まれ潰されながらもしっかり味方へ そのボールをDF大きく前線へ クリアボールを中央低めで味方がインターセプト〜デラペニャ受け中央右のアロンソへ アロンソシュート! はゴール右下でGK。 惜しい!  

4分俊輔左サイド 相手ボール奪いそのまま前線へドリブル突破、エリア左隅で倒されFK得る。  FK 蹴るのはルイスガルシア。  ガルシアのFKはタムードのオフサイド??で笛。
8分相手エリア左 倒しFK与える。 俊輔デラペニャと二人で壁。 ジェラードFKからエリア右相手トーレス飛び込みあわやGKと激突という所でぎりぎりカメニパンチング。   超危険。 カメニの顔面とトーレスの足が当たる寸前だった。 トーレスも転倒。

9分左俊輔 デラペニャのカットされたボールをすかさず拾い 左で ガルシアとの見事なワンツー、ガルシアのクロスは 僅かずれるもクリアミス それをまた繋ぐも相手クリア。  
直後10分 DFラインからのロングボールを右ガルシア追いコーナー付近からクロス もDFで右CK得る、 右CK俊輔 会場から拍手起こる。  俊輔CKは味方飛び込むも相手DFさわり あわやオウンゴール という所でゴール左に流れ左CKへ 左CKはルイスガルシア。
CKはDFクリア も中央で俊輔それを拾いしっかり味方へと繋ぐ。

俊輔は右 中央とポジションチェンジしながらプレー ボールを持つと会場から拍手が起こる。
11分左デラペニャから一気に中央タムードへ! は惜しくもDFクリア。  それを受け 今度はデラペニャから大きく右サイド俊輔へ、 俊輔ライン際で相手を背負いながらもキープし味方へ。 会場からまた拍手。
リバプール相手にいい攻撃を見せているエスパ。 完全にボールを支配。
13分中央デラから左俊輔へ 俊輔からエリア左のアロンソへ アロンソのクロスにタムード飛び込み倒れるもPKならず。  クロスの精度も ややなかった。
15分右ジェラードからのパスにエリア右トーレス受けるもDFに阻まれライン割る。 ホッ
18分左からのパス受けた中央ジェラード強烈ミドル。 は何とDF頭に当たりバーに当たり跳ね返る。   危険!

19分中央ガルシアから左俊輔へ 俊輔エリアへアーリークロス!! そのクリアを俊輔すかさず拾い 一気にエリア中央のルイスガルシアに見事な鋭いスルーパス!! ガルシア見事なトラップでDF交わし エリア左からシュート!!  ゴ〜〜〜〜〜ル!!!!!   エスパニョール先制〜〜〜〜〜!!!!! 俊輔初アシスト〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!
お見事!!!  選手一人一人の技術高い!!! さすが!!
俊輔&ガルシア チームメイトに一気に囲まれ祝福。  会場は二人のプレーに総立ちで拍手と大歓声!   

(ピッチにセキセイインコがいる! 監督がそっと抱え出す 笑)

?分相手 中央からのスルーパスにトーレス飛び出しエリア中央ラインギリギリで倒しパレハにイエロー FK与える。   これは超危険な位置。 
頼む〜〜〜!!!   壁に俊輔も入る。 壁5人。 俊輔は右から2人目。
ジェラードの壁右を巻くようなFKは 何と右ポストに当たりDFクリア。   ホッ・・・  ジェラード 怖っ!!  左CKショートコーナーはGKカメニキャッチ。

28分リバプール ジェラード中心にすばやい攻撃仕掛けるも エスパ懸命の阻止。 先制され 必死の攻撃を見せるリバプール  
(新スタジアム ライトアップされかなり綺麗)

33分アロンソ倒され相手ルーカスにイエロー。
俊輔 味方との連携もまずまず。 これがたったの2週間とは到底思えない連携。
36分デラからのパス受けガルシア中央からシュート! はGK。
右低めガルシア倒され相手キャラガーにイエロー。  

41分DFハルケから 中央低めで受けた俊輔 一気に前線に飛び出したタムードへ見事なダイレクトキラーパス!! タムードエリア左からシュート!! が見事ゴール右に決まり2点目〜〜〜!!!  会場は大爆発!!  しかし 何と言うことか タムードオフサイドとられ ゴールは認められず。  はッ? これがオフサイドか〜っ??!!!怒!!  有り得ない・・・!  
しかし 俊輔のその素晴らしいプレーに 思わず幹部の面々ご満悦の表情見せる。   このレベルの高い中で すげ〜〜〜俊輔!!!

直後ルイスガルシア倒され 相手マスチェラーノにイエロー。
ロスタイム1分。

前半終了。  1−0で折り返し。  リバプール相手にデラペニャ 俊輔 中心に エスパいい試合見せている。  
俊輔からのパスでのタムードの2点目が幻で消えたのは なんとも悔しい!!!  あれが認められていれば・・・><
しかしやはり一人一人のレベルの高さは見事だ。  
俊輔 新スタジアムで先制点初アシスト〜!!! 右CKも俊輔が蹴っている。  

【後半】
GKカメニ&デラペニャ&俊輔&タムードの4人が前半で交代。  代わりに新加入のベルドゥ&カジェホン&ハビマルケス&GKアルバレス入る。 
お披露目もあり エスパはかなりメンバーを入れ替えてきた。  リバプールはグレンジョンソン&インスーアに代えデゲン&ドッセーナ  マスチェラーノ&ペナユンに代えスペアリング&バベル。   

47分中央 キャラガーのハンドで得たFKから 中央ヴェルドゥのミドルシュートはGKはじき右CKガルシア はDFクリア。そのクリアを混戦の中 奪い右サイドへ カジェホンシュート は大きく外れる。
細かくパス繋ぎ ジリジリ攻撃を仕掛けるエスパ。 

53分カウンター カジュホンがドリブル 中央やや左倒されFK得る。 ヴェルドゥのFKは直接GK.
後半もボールポゼッションはおそらくエスパが上回っている。

59分相手エリア右からのジェラードのセンタリングにデゲンシュート もDF阻止で右CK与える。   右CKはクリア。
60分アロンソ パレハ ルイスガルシアに代わり コロ ビクトルルイス ベンサハルが入る。     エスパ総取っ替えか??

63分中央右 カジェホン?からのパスにエリア左サハル飛び出しシュート!!
しっかり決まりエスパ2点目〜!!!!!  2−0
リバプール相手に2−0〜!
会場のサポーターから ウエーブが起こる!! サハルはチェルシーから加入してきたイスラエルの選手でまだ19歳だ。

69分リバプール ルーカス&カイトに代わりプレシス&リエラ。 トーレス&ジェラードに代わりエンゴグ&ヴォローニン入る。

72分モイセス&Dガルシアに代わり スミリャニッチ&ディダック入る。   ビジュに代えチカ、 これでエスパは ハルケ以外全員交代。
73分カウンターから DF〜MF〜サハルへと一気にスルーパス通るもオフサイド。 オフサイドか?? ギリギリだ・・・><怒!

78分右サイドパス繋ぎ突破にエリア右からサハルシュート! は惜しくもGK。 いいシュートだった。
俊輔は他の選手同様 既に白い移動ユニに着替え選手ベンチで観戦。 

82分相手キャラガーに代えケリー。 スペアリングに代えシャビアロンソ。
86分右サイドからのパスにエリア右 コロが見事な個人技で受けでシュート! それをGK弾き?ゴールまん前から サハルがごっつあんゴール。
エスパ何と3点目〜!!! 3−0
ピッチやわらかく所々めくれている。

サハルの飛び出し いい!
89分ハルケに代わり新加入ロンターニャ入る(まだ加入したばかり)

試合終了〜!! 3−0!!
リバプール相手に完勝〜!!!
選手たちはピッチに集まり 会場サポに拍手。

俊輔はスペイン移籍後 新スタジアムこけら落としでの強豪リバプールとの記念すべき初戦で何と左で先発出場。   見事チームの先制点をアシスト、その後もタムードに2点目となるなずはずだった 見事なダイレクトパスを送り 会場を魅了した。    チームメイトとの連携も良く たったの2週間の合宿で 見事にチームに溶け込んで見せた。
会場からは 俊輔がボールを持つたび拍手や声援が起こった。
残念ながら エスパはメンバー総入れ替えとなり 後半はデラペニャ タムード カメニらとベンチで戦況を見守ったが その存在感は目の肥えたスペインサポーターにもしっかり焼きついただろう。

日本人俊輔がやっぱりスペインの地でも輝いた。 初めてづくしのハイレベルの初戦にも関わらず その左足はやっぱり光を放った。
俊輔エスパが 強豪リバプールを撃破!!明日の新聞が楽しみだ。。。 

試合後 ピッチが突然真っ暗に!  こけら落としのセレモニー。
白い衣装を着た人がピッチ中央に白い大きな布を広げ そこに エスパの歴史が映し出されている。   

続いて会場からは花火が上がり始める。 

               タムード

          俊輔   アロンソ  ルイスガルシア

            デラペニャ  モイセス

     Dガルシア  パレハ   ハルケ    ピジュ

                カメニ

              (今日の布陣)
              4−2−3−1

2009年05月24日

09’SPL第38節最終節 セルティック×ハーツ

ひらめき2008−9シーズン

サッカーSPL第38節 最終節exclamation×2

  セルティック×ハーツ

              0−0

【得点者】


【セルティック】4−4−2
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル ローフェンス オディ MF俊輔 ブラウン ハートリー マクギディ FWマクドナルド サマラス
SUBブラウン クロサス ヘッセリンク マローニ ネイラー フロッド

【ハーツ】4−5−1
スタメン:GKケロ DFニルソン ヨンソン ザリウカス ウォレス MFカリヴィディス ムロヴィエツ スチュワート オブア テンプルトン FWエリオット


※ついにSPL2008−9シーズンも最終節を迎えた。  
俊輔が移籍してから4年。  セルティックはずっと優勝カップを掲げてきた。   この4年の間に様々な選手が入り そして去って行った。    今ではマクマナス マクギディ ボルツと共に俊輔も古株、プレーのみならず 何事にも真摯なその姿勢に 「彼の人間性は選手のお手本」 とまで言わしめるほど 俊輔のチーム監督からの信頼度はとてつもなく厚い。      

2005年8月6日第2節ダンディU戦でSPL初出場を果たした俊輔は、8月13日3節フォルカーク戦でハートソンのゴールを早くも初アシスト。   そして8月28日ダンファームリン戦 ズラウスキのアシストでSPL初ゴールを決めると 10月26日マザウェル戦では 初めてFKでのゴールも決めた。   

移籍初年 移籍が決まり成田を発つ日になって セルティックのCL敗退を知った俊輔、だが 翌年には移籍時の約束通り チームをしっかり優勝へと導き CL出場を掴んだ。    

2007年9月13日 あの真っ赤に染まるオールドトラフォードのピッチに立ち 欧州CL初出場を果たした俊輔は 何とその初出場のCLで  マンUから見事なFKでゴールを奪った。  忘れもしない 初出場初ゴール。   Shunsuke Nakamuraの名を世界中に知らしめた瞬間だった。

しかしその2ヶ月後11月21日 セルティックパークで迎えたCLマンU戦で 俊輔は またしてもあのGKファンデルサ−ルから 信じられない見事なFKを決め マンUよりも早いグループ最初のCL決勝トーナメント出場を掴んだ。   セルティック歴史に残る初のCL決勝T進出。    俊輔はこの年 SPL年間MVPをはじめ 数々のMVPを獲得。   もうセルティックになくてはならない選手へと上り詰めた。

そして今日 ついに迎えた2008−9シーズン最終節。 俊輔にとってこれが最後のSPLとなるかもしれないと言われている。
セルティックパークへ初めて足を踏み入れてから4年、最後の試合は 強豪ハーツを迎えての優勝決定戦となった。 ハーツは現在3位だ。 

前節1位となったレンジャーズとの勝ち点差は2.  得失点差で上回るセルティックは 勝利し レンジャーズが引き分け以下で終われば逆転V4達成となる。   昨季同様 最終節まで縺れ込んだ優勝の行方。  レンジャーズは同時刻 アウェーでダンディUと対戦する。 (ダンディU GKザルスカは来期からセルティックに移籍してくる事が決まっている)     
優勝カップの行方は神のみぞ知る。。。  先ずは最後の最後まで集中し しっかり自分達が勝利する事。  勝利なければ優勝もない。
全選手がチームの為に全てを出し尽くし 決して悔いの残らない最高の90分にして欲しい。 
俊輔は今日も右足付け根痛を薬で抑えての強行出場を予定している。 
見せてくれ!! 紙吹雪舞うピッチで4度目の優勝カップを大きく掲げる俊輔の姿を!!

【前半】
会場にはロッドスチュワートの姿。 俊輔の顔の横断幕に兜姿のサポも見られる。   選手がピッチに現れると会場は総立ちで大きな拍手。選手達はハイタッチで気合。  円陣を組む選手達にユルネバの曲が流れサポの大合唱で試合が始まった。   そのまま歌い続けながらマフラーを掲げ試合を観戦。  やはりいつもとは違うセルティックパークの雰囲気。
1分開始早々 右俊輔  相手ボールを2度に渡りカットしチャンスメイク。  
俊輔から右ヒンケルへ ヒンケルのボールに相手が触ったにも拘らず右CKを与えられずGキックへ。   その判定に会場から大きなブーイング。   

3分バイタルエリア左 俊輔後ろから倒されFK得る。(左足首痛めたか??)
FK俊輔 グラウンダーのシュート! はゴール右下 ギリギリで相手GKがナイスセーブで阻まれる。  惜しい〜!!! 
しかし 相手にはかなりの脅威になったはず。    今日は右の俊輔から再三チャンスを作っている。

7分右低目ヒンケルから一気に前線のマクドヘ マクド受けエリア右からGKと1対1 シュート!! は惜しくもGKキャッチ。
ハーツ ロングボールで一気に飛び出してくる。
    ※(レンジャーズが早くも先制してしまった)

13分相手左サイドからクロス! はボルツキャッチ。
カウンターからマクド突破もマクドパスミスで相手に。
16分左サイド マクギ相手に後ろから倒されFK俊輔、DFクリアをヒンケる拾うもまた次がパスミス・・・ セルティック攻撃陣ミス多い・・・。

18分右俊輔からエリア右のマクドヘスルーパス! マクド撃てず中央俊輔へ 俊輔シュート! はDFに当たり阻まれる。
ハーツ全員引いていた。

20分中央ブラウンからマクドヘ ワンツーで飛びだしたブラウンがシュート! GK弾いたボールをマクドゴール右からシュート! が何とゴール上に外れる。   会場から大きなため息。 監督思わず物を投げつける。  これは決定的チャンスだった 決めなくては!!

27分マクドとのワンツーからマクギ中央へ切り込みシュート! はGK触って右ポストへ当たり右CK得る 右CK俊輔 直接狙ったか惜しくもGKキャッチ。

セルティック味方またミスが多い!! サマラス動き出しもいまいち。
パス出さず無理矢理突破しようとしては 奪われている。
31分相手中央突破しミドルシュート!! はボルツこぼすもキャッチ。
マクギのクロスから左CK得る。 左CK俊輔 二アでDFクリアもそれをハートリーがミドルシュート! はDFに当たりGKキャッチ。
34分左マクギから俊輔へ 俊輔エリア左からシュート!! がゴール右GK弾きこぼれたボールを右からマクドシュート!! はこれもゴールならず。

36分俊輔エリア右 相手二人DFに奪われるもスグさま奪い返しブラウンへ!!ブラウンシュートはゴール上。 俊輔の粘りのプレーに拍手!
37分中央低目 ブラウン倒されこぼれたボールを俊輔一気にゴールめがけてロングループシュート!! GK前に出ていたのをしっかり見ていた俊輔 惜しくもギリギリゴール右上に。   会場からそのプレーに大きな拍手と驚きの歓声!!

マクド突破から左CK得る。 左CK俊輔 ゴールまん前相手選手触りあわやゴールか!と思われたがゴール上で左CKへ。
左CK俊輔 DFクリアをブラウンシュート! もこれもゴール大きく上。
ローフェンス競り合いで痛み一旦ピッチを降りる。  大丈夫か・・・

ローフェンス戻る。
44分相手右サイド高めスローインからゴール前こぼれ球シュート がGKボルツの股下抜かれるが その後ろでライン際味方が必死のクリアで救われる。
     ※(レンジャーズが2点目入れた模様)
前半終了。  セルティクは再三のチャンス作るが 今日も中々ゴールだけが割れない。  前半終了と共に ライバルの2点目を知ったのか セルティックパークが一気に静まり返ってしまった・・・
最期までサッカーはわからない!! 何としても勝利を〜!!!

【後半】
サマラスに変わりやはりヘッセリンク投入。 
マクド前線でボールを追い回す。   エリア左オディクロスから左CK得る、 左CKハートリー は右に流れたところを拾いクロス!はDFクリア。

54分中央右俊輔から一気にエリア左にオディへオディが落としたボールに マクギシュート!はゴールギリギリ左でゴールならず。 惜しい〜!! 決めてくれ〜!!!
55分右ヒンケル?から大きくエリア中央のマクドヘパス通る、マクド胸トラップ失敗で相手に奪われる。 FW陣の工夫も全く見られない・・・※(レンジャーズ3点目)

攻めるも攻めるもゴールが決められないセルティック。 マローニが準備。   厳しい表情で見守るサポーター。
57分中央俊輔から右上がったブラウンへスルーパス ブラウンタッチライン割り相手に・・・
58分マクギから中央マクドヘ マクドパスミスでまた相手ボールに・・・ ミス多すぎ!!怒!!

59分マクギ左サイド突破から左CK得る。 左CK俊輔、二アに入れるも味方触れずDFクリアから左サイドスローイン、俊輔スローインからパス繋ぎ俊輔DF交わして中央ブラウンへ エリア中央マクドへの縦パスにマクドクロス! ヘッセリンクヘディングも惜しくもゴール上。

左サイドオディからエリア左ヘッセリンクへ それを落としマクギ拾うところで相手のファール、 FK得る。 
バイタルエリア左FK俊輔・・・ハートリーがチョン出ししてのFKはゴール前 味方飛び込むもGKパンチング。   味方ゴールへの貪欲さが見られない・・・競り合いに強引さも見られない・・・  もう諦めているのか???怒!

68分右サイド俊輔スローインから 右コールドウェルが中央のマクドヘパス! エリア中央マクドシュート!はゴール右上。 これまた決まらず。
68分マクドに代わり マローニが入る。
69分中央低め俊輔スライディングDFで奪い味方へ 再度ボールが戻ると一気に前線のマローニへ しかしマロー二飛び出し遅れ相手DFクリア もさらに駆け寄り俊輔ヘディングで前線へ はDFクリア。

70分右サイド 相手ボールを奪った俊輔 思わず奪われた相手が俊輔右腕を両手で掴んだまま放さず笛。 強靭な粘り見せる俊輔。  
71分右サイド 俊輔から右ヒンケルへ ヒンケルクロスは ライン割る・・・>< 精度まるでなし。
どうしたセルティック!! 交代したマクド 監督と何やら下を向き話している。  不本意な交代だったか??

72分中央ハートリーからエリア中央俊輔へ 俊輔DF3人抱えながらもキープしマローニへ マローニ撃てず一旦落としたボールをブラウンシュート!!! も惜しくもGKパンチングで右CKへ。
右CK俊輔ゴールまん前ストンと落ちるいいボール オディt飛び込むも僅か触れずGK身体で阻止。  もう一度右CKへ。 右CK俊輔はコールドウェル受けるもDFクリア。

75分セルティック前線で何度も何度もエリアへ攻め込もうと試みるも最後の所が決まらない。   精度がない・・・><
俊輔がボールを持った時の回りの選手の動き出しも遅い。 味方の視野が狭い・・・流れが読めていない・・・
 
77分左サイドスローインからエリア左マローニ突破!からシュート! はGK触りゴール左で左CK得る。  左CK俊輔中央競り合いこぼれたボールをマクギシュートもDFに当たりクリア。
79分左サイドスローインからマクギクロスに中央マローニヘディングシュート! は惜しくもギリギリゴール右へ。  惜しい〜|!

80分中央俊輔からマローニへ スルーパス もそこからヘッセリンクへは繋がらず・・・
勝利を諦めるな!!!もっとゴールへの貪欲さを見せてくれ!!

81分ブラウンに代わりフラッドが入る。
早くも帰り始めるサポーター。 これは・・・><

84分右ヒンケルからクロス にエリア右 DFのクリアボールこぼれ球拾ったフラッド?がヘッセリンクへ シュート! はDFに当たりクリア。  それを拾ったコールウェルからエリアで縦パスクリアをフラッドが強引に頭で奪いヘッセリンクへ ヘッセリンクのヒールパスにマフラッド飛び出すも最後オディのシュートはDFに阻まれ左CK得る。 
85分フラッドシュートから左CK俊輔 いいボール入るも味方シュート撃てずDFクリア。
決めてくれ〜!!!
俊輔足が痛いか? やや気にしているように見えるが・・・

87分エリア右ヒンケル倒されるも笛なし 怒!
88分左フラッドクロスは そのままライン割る。
時間がない!!!
89分エリア左マローニ倒されFK得る。 いい位置。  ボールの前にマローニ。 俊輔に蹴ってほしい〜!!!しかし自らマローニがボールをセット。。。
俊輔とのサインプレーでマローニFK は大きくゴール上。
時間も迫っている。 何としてもここは俊輔が蹴って欲しかった・・・
   ※(レンジャーズは0−3で勝利)
92分右フラッドからエリア左のオディへ オディ競り合い潰れるもそれを空かさず拾った俊輔が 右足でシュート!! は僅かゴール右へ。
惜しい〜!!相手DF触っており それをアピールするも認められず。
そのまま試合終了。  0−0のドロー。   会場からは ブーイングと拍手。   
試合後 他の選手がピッチに残り相手選手と挨拶を交わす中 俊輔は一人静かに早々ピッチを去った。  
何とも悔しい そして切ない最終戦となってしまった。

まさに決定力不足・・・  前節と同じく 何度もあったチャンスを全て決められず 悔しさだけが残る試合となってしまった。
決めるところでしっかり決められたレンジャーズがついに優勝。。。

最後まで諦めず走り 戦い抜いた俊輔の気持を考えるとたまらない。
下を向き 最後のピッチを一人降りていった俊輔・・・
何ともいえない切なさだけが残った。  
posted by Hiro at 18:36| Comment(12) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

SPL第37節 ハイバーニアン×セルティック

SPL第37節

 ハイバーニアン×セルティック

              0−0

【得点者】


【ハイバーニアン】4−4−2
スタメン:GKマカランビ DFザンテン ティコ ジョーンズ スティーブンソン MFランキン マレイ チズム バンバ FWライオダン フレッチャー
SUBマクニ−ル ハンロン マコーマック キーナン グロブリー オブライエン ヨハンソン

【セルティック】4−4−2
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル ローフェンス ネイラー MF俊輔 ブラウン ハートリー マクギディ FWサマラス マクドナルド
SUBブラウン オディ クロサス ヘッセリンク マローニ ミシュン


※SPL2008−9シーズン最終2試合。   セルティックは頂上決戦アウェーダービーで敗戦 自力優勝が一時消滅する厳しい状況においこまれたものの その後強豪ダンディUに見事勝利 一方レンジャーズがアウェーハイバーニアンを1−1のドローで終えた為 早くもセルティックは勝ち点で並び得失点差でまた首位に返り咲いた。
しかし昨日一足早く行なわれたレンジャーズはホームでアバディーンを2−1で下し勝ち点3を積んだため 今度は逆にセルティックがプレッシャーをかけられた立場に。
今日はアウェーだが 絶対勝利が最低条件。  何としても勝利(出来ればなるべく多くのゴールで)をもぎ取り 最終節には絶対V4を手にしたい。 
現在の勝ち点レンジャーズ 83  セルティック80 得失点差46:47。  今日勝てば得失点差でセルティックは首位をキープ出来る。

【前半】  
今日は中盤にクロサスではなくハートリー。  サマラスとマクドの2トップ。  連携はいかに・・・。
黄色のアウェーユニのセルティック。   天気は晴れ。
セルティック開始からかなり積極的に攻めあがっている。  
2分左マクド倒されFKハートリーから左飛びだしたマクギへ CK得る。   左CK俊輔 二アに入れるもクリア。
4分左ネイラーから上がったマクギへ DFクリアで左CK得る。 左CK俊輔 二ア はクリア。  から直接相手ライオダンに繋がり突破はヒンケルDFでクリア。

中央サマラスからエリア左への縦パスに マクド受けるもトラップミス?で奪われ相手カウンター 左マレイシュートのクリアから相手左CK はクリアハイボール拾われ また左からクロス にファーでヘディングシュートはゴール上で救われる。    中途半端なクリアに要注意! マクギクリア対応甘い。
 
8分右サイド高め相手スローインから俊輔詰め奪いパス繋ぎブラウンから中央ネイラーへ ネイラーミドルシュートも大きくゴール上。 外しすぎ。

味方のクロス相変わらず精度なし。  ネイラー何度もふかしている。
10分低めハートリーインターセプトから右ヒンケルへ ヒンケルのクロスにゴール前サマラス倒され その後ろのマクドシュートも相手触り左CK得る。    左CK俊輔 CKはサマラスにどんぴしゃも 何とゴール上。  これは決めなくては!! ほほフリーで決定的チャンスだった!!  このミスは痛い・・・
セルティックDFかなり高い位置を保っている。   早い時間帯での先制を狙う意思が感じられる。

13分自陣左ライン際 俊輔 相手の突破おさえ見事なDFで相手ボールを奪い それを取り返そうと掴みかかる相手を振り切り味方へと繋ぐ。  会場から大きな拍手。  俊輔強い!!

16分相手右サイド突破から右スローイン、 右高めスローインから受けクロス はバウンドしてゴール右で直接ボルツ。  
17分そのカウンターから 右マクギのクロス にエリア内 マクド後ろから倒されるも笛なし。 直ぐ立ち上がる。  会場からブーイング。
攻めあがる割には 最後の精度の悪さから中々決定機を作れていないセルティック。

21分中盤で激しいボールの奪い合い。  ブラウンのファール取られ(これはファールではない やや熱くなるセルティック選手)相手バイタルエリア右 FKからDFクリアのこぼれ球拾われ 中央からゴール右相手へ再度クロス 〜相手オーバーヘッドシュート! はボルツ見事なセーブ!!これは危機一髪!! 強烈なオーバーヘッドだった。
ようやくクリアも 味方サマラスのパスが中途半端でまた相手に。。 
・・・相手左からクロス! はまた右へと流れ相手に繋がり3度目のクロス!   は何とかゴール前コールドウェル受けマイボールに。  危険!!低い位置でのいい加減なパスは命取りだ!!  それが原因でハイバーニアン猛攻 相手の時間帯・・・。   

25分中央アーク ハートリー倒されハートリー〜コールドウェルへ 一気にエリア右のマクドヘと縦パス〜 右サイド高めそれを受けた俊輔 相手に飛び込まれ倒される。 左足首押さえ傷む俊輔。 相手マレイにイエロー。  俊輔FKはゴール前味方飛び込むもあと僅かところで触れず。  惜しい!! コールドウェルにどんぴしゃだったようだが・・・ 混戦で相手に当たったようだ。   

中央俊輔から左ネイラーへ ネイラークロスクリアから左CK得る。
左CKから二アでローフェンスあわせるもゴール上。
 
31分相手左中央 ネイラーファールでFK与える。 相手FKはそのままゴール左に流れ触れず救われる。
サマラス 連携もいまいち パスミスも多い。
  
34分中央 俊輔捕まれFKコールドウェル。  はヒンケルパスミスで相手へ。   ストラカン かなり厳しい表情で怒鳴っている。
ブラウンも何でもないところでミスをしている。 いったい皆どうしたのか??  チームメイトミス連発。
ピッチで滑っている選手も何人かいる。

37分左ネイラースローインから左サイド高め マクド倒されFK俊輔 コールドウェル飛び込みヘディングシュート に最後ゴール右ヒンケル足出すもゴールならず。   これも決定的チャンスだった。
決めてくれ〜”!!
39分右CK俊輔 DFクリアもまたマイボールへ。
今日はセルティック どことなくおかしい。  プレッシャーなのか・・・

41分中央ブラウンファールでイエロー、相手FKはそのままライン割る。 ホッ
マクギ マクドエリア左からチャンス作るもシュートへ持っていけず。
45分右サイドDFラインからのロングクロスにエリア左 マクド受けGKとほぼ1対1! もマクドのシュートは何とゴール右へ・・・><
これも決定的!! 絶対にきめなくてはいけない場面だった!!

前半終了。 あれだけ攻めて何と0−0での折り返し。
これはまずい。 セルティック選手達はいったいどうしたのか。
俊輔はいつもどおりだが 味方にパスミス 精度のなさが かなり目立つ。    何としても後半得点を!!!!!  決定的チャンスに決められず。  俊輔は時折味方の遅い動き出し待つ場面も。 

【後半】
左クロスのクリアのこぼれ球からマクギドリブル 左CK得る。 CKはDFクリア。
早々攻め込むセルティック。 
48分中央左 ネイラー倒されFK得る。 FK俊輔いいボール!! もDFクリア。 から拾いまたクロス! は左CKへ。 左CKハートリー DFクリアも  そこからこぼれ球俊輔更にクロス!! は相手触り右CK俊輔、  はDFクリア。  あとほんの僅か 僅かの所で相手DFに阻まれ決められないセルティック。
51分ブラウンヘディングはゴール上。   展開速い。 俊輔はセットプレーから何度も際どいいいボールをゴール前に入れている。

52分フレッチャー 粘り相手右CKはクリア。からカウンター俊輔 相手に倒され右ひざ傷む。 相手ランキンにイエロー。  これは酷い。 完璧に最初から足に行っている。  
直後俊輔粘りのDF。 何とか足無事か・・ 

55分ネイラー マクギ連携からクロス サマラス飛び込むもオフサイド。   サマラス連携どうか・・・  マクギのドリブルもどこかキレがない。
56分自陣中央相手フレッチャー倒しFK与える。 危険な位置・・・ライオダンFKは壁に当たる。 ホッ

どうしたのか 攻め込むも中々ゴールが割れないセルティック。 
ボルツもいいセーブ見せるが 全く前に出てこない。  どう見ても出た方がいいと思われる場面でも出ない。 いくらDFとの連携とはいえ これはいかがなものか・・・?

60分中央低目ブラウンからハートリーへ もハートリーパス奪われ相手シュート! はゴール左で救われる。   危険!! 味方ミス多い。     コールドウェル右サイド ハンド?ファール?でイエロー。
62分やはりサマラスに代わりヘッセリンク入る。 
頼むぞ!!!!!ヘッセリンク!!!

63分中央マクギ相手倒しFKはそのままライン割る。
64分パス奪われ ライオダン中央からシュート! はゴール上で救われる。
65分ヒンケルクロスからエリア左マクギ ネイラー マクドパス繋ぎネイラークロス をゴール右俊輔受けDF二人の間から中央ブラウンへ ブラウンからヒンケルへ下げクロス! にファー流れるも マクギがギリギリ追いつき左」からクロス! 味方飛び込むもGKパンチングでクリア、 これもシュートへもっていけず。  
67分ブラウンに代わりマローニ入る。 これはめずらしい交代。 俊輔が中央へ。     どうやらブラウン怪我か・・・

68分相手左再度低目FKから 自陣中央 俊輔こぼれ球受けマクギカウンター 一気にドリブルで上がりシュート!!!  が 何と マクドにあたりゴールならず!! おいおい! また決定的チャンスを活かせないセルティック!!!   マクギのシュートはしっかり枠を捉えていた!!
攻め込むセルティック だが 再三のチャンスにゴールが決められない・・・惜しい場面ばかり。
セルティック猛攻。  
70分ヒンケルからのパス受けた中央俊輔 一気にエリア右のマクドへ縦パス通る マクドとヘッセリンクの連携からマクドシュート!!! がGKに阻まれるも 更にエリア右マクド拾いクロス! はDFクリア。   惜しい!  俊輔中央に入りかなり攻め込むセルティック。

73分相手左サイドFKからゴール前へ早いボール はボルツ無事キャッチ。 ホッ
73分ネイラーから左マクギへ マクギのクロスはGK弾くもそのクリアボールを俊輔受け 右ヒンケルと見事なパス交換 俊輔切込みゴール前ヘッセリンクへ ヘッセリンク落とし マローニ〜ネイラ〜マクギ 
マクギのクロスクリアを更に俊輔拾い 味方へ ヒンケルクロス!  俊輔再三拾いゴール前へ  最後 ヒンケルから中ハートリーへ ハートリーグラウンダーのシュートはゴール左。。。   猛攻セルティック。   それでもゴールが決まらない。

75分右ヒンケルからのクロスにヘッセリンク どフリーでヘディングシュート! は何とゴール上!! またまた絶対に決めなくていけない場面!! どうしたセルティック!!
ネイラーもまたふかし始める。  チャンスを作るも作るも 決められないセルティック!   頭を抱えるセルティックサポーター。
 
78分マクドからのパス受けエリア左 マクギ倒されるも笛なく左CKへ 左CKハートリー ファーからマローニ 入るもライン割る。 
決めてくれ〜!!!

何度も何度も相手エリアへ攻め込むセルティック。 81分俊輔からヒンケル ヒンケル」クロスにゴール前 ヘッセリンク飛び込むも僅かのところでGK触り ゴールまん前こぼれ球にマクド?飛び込むもそれもギリギリの所で相手DFクリア。  更に拾いネイラーから左マクギへマクギクロス はDFにあたり左CK得る。
左CK俊輔 は高めいいボール入るもGKぎりぎりキャッチ。

相手エリア内 セルティック チャンスを再三相手DFに跳ね返されている。   信じられないハイバーニアンのDF能力と集中力。 全く運動量落ちず。
何とか1点を!!!!!

84分俊輔からゴール右マローニへ マローニクロス? はGK。
85分中央俊輔からエリア右のマクドヘ 右CK得る。 右CKかなりいいボール! もネイラー僅か触れず。 一瞬ゴールかと思われる際どい俊輔のCK・・・も 押し込めず。

時間がない!!!
87分高めでのボルツGキックからマクド相手GKにプレッシャーで 左CK得る。 左CKハートリー からこぼれ球ネイラーから 俊輔中央受け一気に エリア右のマローニへ マローニ受けるも倒され奪われる・・・><  相手カウンターからシュートはボルツ難なくキャッチ。   

時間がない!!!!!!!!!!
猛攻につぐ猛攻も 相手のDFに全て弾き返され中々決められない!!
左サイドマクギ倒され(相手にイエロー)FKネイラー から競り合いこぼれ球をエリア右ローフェンスから 中央低目俊輔へ 俊輔強烈ミドルシュート〜!!!  は相手頭に当たり左CKへ。 しっかり枠に行っていたが。。  左CK俊輔 はゴール前混戦。 で結局笛。

93分Gキックから 右マローニからのクロス大きく エリア左へ追いかけた俊輔 後ろから押し倒されるも笛 なし!!怒!!これは絶対PKだ!!!怒!!  
相手クリアからカウンター。試合終了。  

何という事か・・・
言葉も出ない・・・
攻め続け 攻め続け セルティック猛攻 も 信じられない無得点。 
0−0.  これで一気にセルティックはV4達成が苦しい状況に。
絶対に決めなくてはいけないというプレッシャーのせいか、どことなくチームメイトのプレーがいつもと違う。    
決してチャンスが作れなかったわけではない。   もうこれ以上ないというほどチャンスを何度も作りながら 最後だけが決めきれなかった。   

相手DFとGKの集中力は 恐ろしいほど。  撃てども撃てども全て跳ね返されてしまった。    
これで勝ち点は 83:81  得失点はそのまま46:47
この0−0で セルティックの自力優勝がまた消滅してしまった。 

全ては最終節に持ち込まれた。
最終 セルティックは勝利したとしても勝ち点84.  レンジャーズが勝てば86でレンジャーズの優勝。   ドローなら84で並び得失点差で優勝の行方が決まる。   レンジャーズが負ければセルティックの優勝が決まるが どちらにしてもセルティクが勝利する事が大前提となる。   厳しくなってしまった・・・
posted by Hiro at 13:11| Comment(7) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

SPL第36節 セルティック×ダンディU

SPL第36節

     セルティック×ダンディU

                 2−1    

【得点者】セルティック:ローフェンス(21分)サマラス(52分)
     ダンディU: ロバートソン(57分)


【セルティック】
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドッウェル ローフェンス ネイラー MF俊輔 ブラウン クロサス マクギディ FWマクドナルド サマラス
SUBブラウン オディ コンロイ ヘッセリンク フロッド マローニ ハートリー 


【ダンディU】
スタメン:GKザルスカ DFコバチェヴィッチ ウィルキー ケネス ディクソン MFスワンソン ゴミス バウベン ロバートソン コンウェイ FWサンダサ 
SUBマクゴワン ディロン グレインジャー ドッズ グッドウィリー シャラ


※たったの3日前に今季最終ダービー レンジャーズ戦をアウェーでこなし 支配しながらも 前半の失点を最後まで引きずり ついにここへ来て首位を明け渡す事となってしまったセルティック。
選手達は雨のピッチでのこの敗戦に肉体的にも精神的にも大きな疲労とショックを抱えているはず。   更に試合後 現地では この所ずっと左で先発していたマクギディをベンチスタートにした事などについて 多くのサポーターからも様々な批判が寄せられるなど やや周囲もざわつきムード。

しかし悪化した右足付け根痛をものともせずフル出場し見事なプレーでチームを牽引した俊輔をはじめ コールドウェル ブラウンら選手達からは この敗戦にも V4を諦めた様子は微塵も見られない。   

俊輔は心配どおり 右足付け根の症状が悪化。  一時は今日のダンディUは 到底無理かと思われていたが 俊輔がダービー前にコメントした通り 今季のダンディUは レンジャーズより危険なチーム。  
この相手に いくらホームとはいえ 俊輔なしで勝てるほどの余裕はない。      

V4を達成する為には 自分達があと残り3戦 何が何でも全勝しなければならない。   
今日も俊輔は痛み止めで抑えての強行出場を果たす事になるのか・・・><    今後への影響が心配される。    

一つだけ好材料は 2試合出場停止だったsブラウンが戻ってくる事。
2試合休んだ分 今日はその鬱憤を爆発させるような見事なプレーで チームの為に 走り回って勝利をもぎ取って欲しい。

【前半】
俊輔強行スタメン。 選手入場に俊輔間に合わず。(ケアに時間がかかっているのか・・)遅れて登場。 今日はFWにマクドとサマラス。  Sブラウンが出場停止から戻る。 左に今日はマクギディ。

ダンディUの動き早い。 パスを繋ぎ積極的に攻め込んでくる。
セルティック 左低目でインターセプト マクドから俊輔へ そこから中央俊輔一気にサマラスにDFに間を通す縦パス!もサマラス反応遅れ 対応できず。 もったいない! ややボールが速かったか?

3分パス繋がれ相手遠目からグラウンダーのシュート!はゴール左で救われる。 
4分右スローインから受けた俊輔から中央マクギへ マクギふわりとエリアのマクドへ もトラップミスでDFクリア。

6分中央相手のパス受けたクロサスからサマラスへ サマラス前線のマクドヘスルーパス!はマクドのオフサイド。 
8分ネイラーパスミスから中央相手パスつなぎ左からクロス!は右に流れる。
10分俊輔またスライディングでのDF仕掛ける。 
10分中央ブラウン後ろからファール受けるも無事。
11分右サイド俊輔後ろから押し倒されFKヒンケル〜サイドチェンジネイラー〜ヘッセリンクはDF背負い仕掛けられず。

中々相手エリアに持っていけないセルティック。 味方のパスミスがかなり多くそこから攻め込まれている。
12分味方のパスミスで奪われたボールを自陣左で俊輔DF 奪い返す。  も味方は直ぐまたパスミス・・・>< 

13分ブラウウ相手コントロールミス奪いカウンター 中央ブラウンから右のマクドヘ マクドのセンタリングに ゴール前飛び込んだブラウン倒れその左のサマラス飛び込みシュート! は何と右ポスト!!!惜しい!! 決めてくれ〜!!! 決定的チャンス!!

15分ヒンケル競り合いで相手の頭が顔に入り傷むも無事。
17分自陣右攻め込まれクリアが再度相手に、強引にシュートまで持ち込むもその前に相手のハンドで救われる。

19分インターセプトから中央マクギドリブル突破 から右の俊輔へ 俊輔センタリング にマクギの後ろからサマラス入るもサマラス僅か間に合わず。  しっかりパスは味方二人の間に入っているのだが・・・
そこから一気に相手カウンター 相手左からのクロスにゴール右前頭であわせられるもボルツゴール右での見事なセーブで救われる。   危機一髪。  ボルツお見事!

20分右低目相手のファールからのFKから大きくエリア右のマクドヘ マクドから右のヒンケルに繋ぐとヒンケルセンタリング! はDFクリアで右CK得る。  右CK俊輔 中央ローフェンスが飛び込みヘディングシュート! が見事ゴール左に決まりセルティック先制〜!!!!!!!!!!   ローフェンスとハイタッチ笑顔で抱き合う俊輔。    高さ勝ち!!

23分右味方クリアのハイボールを俊輔相手二人とヘディングで競り合い倒されながらも競り勝ち中央マクドへと繋ぐ。   マクド 中央上がったマクギへと繋ぎドリブル突破〜マクドヘ、 も惜しくもマクドはオフサイド。  俊輔二人相手に見事な競り合い! 
左サイド マクド相手ボール奪い一気にドリブル GKと1対1 もDFに阻まれGK。   惜しい!!
24分中央左マクド 相手のトラップ奪いエリア左へドリブル突破 もシュートはDFに阻まれGKへ。  相手のバックパスだと主張するが認められず。  会場からは大きなブーイング!

中央ブラウンドリブルから倒されFKネイラー大きくエリアへ エリア右の味方頭でセンタリングも中央サマラスへは届かずクリア。
27分マクギ中央高めマクドが詰めての相手のコントロールミス拾い 左マクドヘ マクド狙い定めシュート も惜しくもゴール右へ・・・
(相手監督 先ほどのゴール前に 引っ張られたと再三抗議続けている様子  そんな様子は見られないが)

マクドややオフサイド取られる事が多いか。
30分ヒンケルからのロングボールのクリアを サマラス頭で落とし 俊輔へ 俊輔からマクド〜サマラスへと繋ぎ左マクギへ マクギのクロス!!は 惜しくもやや大きくゴール前サマラス マクドに届かず右へ流れたボールを俊輔必死で足出すもGライン割る。  惜しい!
しかしセルティック 中央で何度も高い位置で奪ってはチャンスを作っている。

34分相手左サイドFKはクリア。 
左からのパス受けた中央俊輔ドリブルで上がり右のヒンケルへパス!! ヒンケルからゴール前へのグラウンダーのボールはDFに阻まれ右CKへ。
右CK俊輔ゴール前いいボール はDFに阻まれるも左CK得る 左CK俊輔 ゴール前 コールドウェル競るも上に上がりGKのパンチングをヒンケルシュートに行くもその前に笛。 (GKに対するファール)  何度も精度のあるいいボールを入れてくる俊輔。  

36分中央俊輔インターセプトからサマラスへ 一旦クロサスに下げ左マクギへ展開 マクギ〜オーバーラップしたネイラーへ ネイラーのセンタリングはDFクリアで左CKへ。   左CK俊輔 ゆっくりとコーナーへ走る俊輔。  今度はハイボールでファーのコールドウェル落とすもそれはDFにクリアされ右高めスローインへ。  

38分俊輔から右ヒンケルへ〜右サイドサマラスドリブルで上がりクロス にマクドゴール前飛び込むも惜しくもDFに阻まれゴールギリギリ右。 も右CKへ。   CKの度 俊輔に大きな拍手が贈られている。
右CK俊輔ゴール前いいボール! は味方触り左へと流れたボールをネイラー追いかけクロサスへ下げる クロサスクロス は相手クリア。

41分自陣攻め込まれるもそこからカウンター ロングボールに一気に左サイドでマクドが競り合いながら突破 からゴール前にセンタリング はサマラスゴール前で合わせられず。 惜しい!!これはもったいない・・・ しかしセルティック再三いいチャンス作っている! マクギも調子がいい。

42分左サイドネイラー?のバックパスが相手に直接渡りドリブル突破 右からのクロスはゴールまん前でバーギリギリの微妙なボールにGK触れず こぼれた所をDFクリアもまた相手に渡りクロス はエリア右で何とかクリア。 
43分自陣右高め相手スローインから 中央ふわり浮き球 はオフサイド。
44分中サマラスボール奪いマクドヘ マクド遠めからシュート! はゴール左。   エリア右に俊輔も行っていたが。

45分左マクギこぼれ球受けると切り込みラインギリギリからマイナスパス! も至近距離から下腹部への強いパスに俊輔受けきれず身体に当tったボールがゴール前にこぼれる も惜しくもDFクリア。  

前半終了。 1−0で折り返し。   これだけチャンスを作っていただけに 出来れば前半もう1点欲しかった。   今日は中央高めで前節出られなかったブラウンや サマラスが インターセプトでボールを何度か奪ってくれており  左でもマクギ(前節ベンチスタートだった)がいいドリブル突破を仕掛けている。  俊輔のCKからローフェンスが先制してからセルティックは落ち着きを見せ 再三チャンスを作っている。  後半早めに追加点を!!
俊輔 足の具合はいかに・・・?  コーナーキックへ向かう時だけはゆっくりだが プレーでは全く痛みを感じさせない。

【後半】
セルティックパークは夜9時だが まだ日差しが差し込んでいる。
右サイド 俊輔後ろから相手の足ひっかかり相手にイエロー。 コールドウェルFKはDFクリア。 
47分自陣左相手シュートはGKキャッチ。

48分ブラウンから右の俊輔へ 俊輔DFをフェイントで交わしクロス! はDFクリアを味方受けるもその後パスミス。
49分自陣左ヒンケル相手倒しFK、はゴールまん前 フリーの相手にこぼれるも相手ミスでシュート撃てず救われる。 ホッ 決定的!!危機一髪救われる!!   ミートしなかったか。

50分Gキックから中央高めサマラス落としたボールに飛び込んだ俊輔前線に というところで相手二人迫り倒されるも審判笛なし、相手ボールはヒンケルがカット。

52分右サイドヒンケルから中央マクドへ マクドのヒールパス受けブラウンから 前線のサマラスへ サマラスダイレクトで狙ってのシュート!! が見事僅か相手をかすり?ゴール左に突き刺さる〜!!!!!追加点〜!!! 
直後サマラスからのパス受けた俊輔から右ヒンケルへ ヒンケルドリブルでじりじりエリア内へ  も 相手DFに阻まれ右CK得る。   右CK俊輔 マクギとのショートコーナー マクギ切り込みシュート は相手に当たり右高めスローインへ。

55分右高めヒンケルのスローインからパス繋ぎ左サイドへ 最後ネイラーのクロスに 相手DF頭かすったボールを ゴール右 ブラウン飛び込みヘディングシュート! は惜しくも直接GK。  惜しい!!!

56分中央右ネイラーコントロールミス奪われ相手一気に自陣右サイド突破し サンダサ エリア右からシュート はゴール右ボルツ死守。
低い位置でのミスは命取り、要注意!

57分相手左じりじりとドリブル突破から相手のクロスに ゴールファー フリーで飛び込まれ失点・・・ 2−1に。   2点目にやや油断が生まれたか殆どプレスかけられないままあっという間に失点・・・これはまずい  
直後また中央パスミス奪われ攻め込まれ相手右からクロス にファー飛び込まれるもゴール上で救われる。
59分右サイド高めマクドコントロールミス奪われ繋がれ相手シュート! はゴール右で救われる。
ダンディU 猛攻。 嫌な時間帯。。。  疲労が見えてきているか。

61分クロサスに代わりハートリー入る。 この交代でづ試合が動くか・・・。
62分自陣右 中途半端なパスを相手に奪われ 繋がれ右からのクロスにゴールファーからシュート! はゴール上で救われる。  危機一髪!
セルティック 動きかなり遅い。 DF対応もかなり甘い。 パスミスコントロールミスかなり多い。
完全に ダンディUに流れ。 危険!!

こぼれ球への反応も 相手の方が素早い。 セカンドボールも殆ど拾われている。  
左マクギ突破から倒されるも笛なし。 
67分中央ブラウンのインターセプトからマクド〜サマラスへ サマラスから オフサイドなくエリア右へ飛びだした俊輔へ 俊輔GKと1対1 シュート!! はGKのナイスセーブに阻まれ上がったボールはDFクリア。  惜しい〜!!! 決定的チャンス!!! 

69分カウンターから 俊輔〜右ヒンケルへスルーパス! ヒンケルクロスはDFに当たり右CKへ。 右CK俊輔 DFクリアもまた俊輔へ 俊輔再度クロスのクリアは また左で味方に ネイラークロス は相手クリア。    俊輔シュートから流れがややまたセルティックに?

ヘッセリンク準備。
72分相手右スロ−インから繋がれ バイタルエリア右エリアライン際 ファールでFK与える。 ローフェンスにイエロー。 
相手FKかなり近い嫌な位置。   一旦預けてのシュートに空かさず詰めた俊輔 懸命に足出し奪いクリア〜しっかり味方へと繋ぐ。
そこから一気にカウンター、右ヒンケルドリブル突破から大きく前線へ だが マクド追いつけずGKへ。  もったいない・・・

74分自陣左ハートリー相手倒しFK与える。 ハートリーにイエロー。   相手FKはクリアが相手に渡るも無事クリア。
75分サマラスに代わりヘッセリンク入る。
厳しい表情のストラカン。

77分相手右低目FKから中央競り合いのこぼれ球が中央相手に ミドルシュート! はゴールやや左ボルツしっかりキャッチ。 ホッ。

セルティック選手にかなり疲労が見える。 相手のプレスにミスも目立つ。
あと10分 何とか守ってくれ〜!!!!!
クリアが 悉く相手に渡っている。 厳しい戦い。 

79分右サイドヘッセリンクから俊輔へ 俊輔相手のプレス交わしながら中央ハートリーへと繋ぐ ハートリー受けるも トラップミス 相手に渡りカウンター  もこれはローフェンスがいいDFでカバー。 
82分自陣左右サイドから何度も攻め込まれるセルティック 懸命に凌ぐ苦しい時間帯。 
フラッドが用意。  俊輔か??

85分俊輔に代わりフラッドが入る。 しっかり守ってくれ!!!
86分中央ヘッセリンク競りマクドヘ マクドキープで右サイドフラッドへと繋ぎ エリア右ヘッセリンクへ 上がりシュート! はDFに阻まれ右CKへ。   右CKフラッド は二アでヘッセリンク合わせるもGKキャッチ。  惜しい!

89分相手左スローインはエリア前DF複数で何とかクリア。 ロスタイム3分!
91分中央ハートリー守備からフラッド〜左ネイラーへ、 ネイラーの縦パスに最後左からマクギのクロス は相手DFクリア。 左スローインへ 時間をかけるセルティック。  マクドコーナー付近キープで粘り時間稼ぐ。
92分右高めスローイン受けたマクドからブラウンへ ブラウンドリブルで持ち込み自らシュート は大きくゴール上。

試合終了!! 守った!! 勝ち点3!!!
2−1で勝利〜〜〜〜〜!!
一足早く貴重な貴重な勝ち点3をしっかり積み ライバルにプレッシャーをかける事が出来た。   今日は予想通り 前節試合に出られなかったブラウン マクギがいい動きをみせ サマラスも落ち着いてゴールを決めた。 
俊輔は今日もかなりの痛みを抑えての強行出場で85分までプレー。 CKから怪我を全く感じさせない精度あるチャンスボールを何度も蹴りこみ ローフェンスの先制点をお膳立て。    後半には 自らエリアに飛び込んでシュートを撃ち 相手の危険な位置でのセットプレーには相手を読み身体を張ったDFでそこからチャンスに繋いだ。
  
残り2試合 最後の最後までV4めざし 心一つに王者の底力を爆発させて欲しい。    そして俊輔の足の痛みが少しでも和らぎますように!!!     
posted by Hiro at 20:10| Comment(9) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

SPL第35節 レンジャーズ×セルティック

SPL第35節

    レンジャーズ×セルティック


              1−0


【得点者】レンジャーズ:デイヴィス


【レンジャーズ】4−4−2
スタメン:GKアレキサンダー DFダイアリー ブゲラ ウィアー ウィタカー MFデイヴィス メンデス エドゥー スミス FWボイド ミラー
SUBマクレガー ノヴォ マッカロク ラファティ べリッカ ウィルソン 

【セルティック】4−4−2
スタメン:GKボルツ DFヒンケル ローフェンス コールドウェル オディ MF俊輔 ハートリー クロサス マローニ FWヘッセリンク マクドナルド
SUBブラウン ネイラー サマラス ミシュン フロッド ロブソン マクギディ

※2008−9シーズン最後のオールドファーム。  SPL首位と2位によるスコットランド最強チーム同士の頂上決戦。   勝ち点差は たったの「1」の為 この試合結果が今後を大きく左右する事は間違いない。
しかしこの大一番を前に右足付け根痛ケア中の俊輔は 闘争心 気持が一番大事としながらも 「 このダービーが全てではない。  レンジャーズ戦が 他の試合より重要だというわけでもない。   昨シーズンだってそうだったけど ダービーだけで決まるわけじゃないし その後に まだ3ゲームもある。  
レンジャーズは自分が移籍仕立ての時より 今年のチームの方がずっと組織的で一番強い。   怪我はあるけど その中でもいいパフォーマンスが出せるようにしたい。   
レンジャーズも大事だけど 特に厳しい戦いになりそうでとても危険なのは ダンディU。   ダービー後中2日でダンディUを迎えるが 今季のダンディUとはカップ戦でも戦っているけど 接戦で 延長まで行った上ドロー 結局PKでようやく勝利したし レンジャーズでさえもダンディUとは3戦中2戦がドロー。  しかもホームでも。
だから 昨年もそうだったように 最後の最後まで優勝の行方はわからない。」 とコメント。 

確かに次節までの日数がない上 相手がダンディUというのは かなりの厳しい戦いになるだろう。    しかし・・ だからこそ このレンジャーズ戦で 何とか勝ち点を積み 少しでも気分よくダンディUに臨みたい という思いも相当強いはず。   

ただストラカンの頭を悩ませているのが多くの怪我人。  右内転筋痛を抑えながら出場を続けている俊輔だけでなく サマラス、そして復帰したばかりのキャプテンマクマナスがまた怪我、 2月から内転筋痛で離脱しているロブソンがトレーニングに復帰はしたもののまだ出場は微妙。   そこへ更に今季年間MVPを獲得したSブラウンが不可解な2試合出場停止処分を受けアバディーンに続きダービーにも出場出来ない。      
しかし 同様に心配された34節アバディーンでは中盤にハートリーが入り またマクドナルドが見事な活躍を見せた事で見事なアウェー勝利。   出場停止だったSブラウン本人も「自分はまるでいらない存在だったよ」と笑えるコメントを残すほどいい試合を見せた。     厳しい戦いは予想されるが 終盤へ来てセルティックは 今季で今が一番チーム連携が良くまとまっているような気もする。
カップ戦で下したように 一人一人がチームのために献身的に走り 何とかアウェーで見事な勝ち点をもぎ取って欲しい。

【前半】雨 
マクマナスの代わりにローフェンスとオディ 中盤にはマクギではなく マローニ。 ベンチにはマクギディをはじめ サマラス ロブソンなど怪我回復メンバーも入った。 
試合前の表示ではDF並びは右からヒンケル コールドウェル ローフェンス オディ 。   中盤は 俊輔 クロサス ハートリー マローニ。

左サイド オディファール受けFKオディ 相手クリアからパス繋ぎエリア中央 マクド相手に倒されるも笛なし。
1分 ハートリーが ミラーを倒しイエロー。 相手FKクリアから左サイドカウンター、 はシュートに持っていけず。
かなり激しい早い展開のため 途中速報が追いつかない可能性アリ。
4分相手左 高め クロスに行こうというところで 俊輔見事なスライディングでDF。 
 相手スローインから カウンター 俊輔から大きく前線のヘッセリンクにピンポイントで渡るも ヘッセリンクキープ出来ず。 

俊輔の気合は相当なものが感じられる。 何度も身体をはった見事なDFでチームの危機を救っている。
今日は 一瞬のミスが大きな影響を与えそうだ。  要注意!!
ややチームメイトの中に やや舞い上がっているように見える選手がいる・・・。
10分相手エリア ボールを追ったマクドが粘り相手に倒されるも審判笛は マクドのファールに!!怒!!!
セルティック 選手何度も倒されているのに 審判は 完全な レンジャーズよりの判定ばかり。!!

13分相手右からのクロスに ミラーがダイレクトボレー!はゴール左で救われる。
14分中央低め俊輔FK はGKに渡るも相手カウンターを俊輔空かさず 詰めて見事なスライディングで ボールを奪い すぐさま右のマクドヘ! マクド エリア右攻め込むところで マクド倒されFK得る。
俊輔FK ギリギリゴール上であわや!というところで GKさわり右CKへ。 超惜しい!!  右CKは二アに入れるもクリアされ また右CKへ。   セルティック連続セットプレーのチャンス。
右CK俊輔は ファーいい位置狙うも惜しくもGKにキャッチされる。  また惜しい〜!!! 俊輔が 完全にチームをひっぱっている!!
見事な戦いっぷり!!

19分左サイド突破されクロス!が あわや! 流れそのまま右ポストに当たる。 危機一髪!
審判今日は 雰囲気に飲まれているのか? 判定偏りすぎ。
21分左サイド中央かなり低め マクド倒され FK俊輔 大きく入れ こぼれ球 味方何度もシュートがDFに跳ね返され ゴールならず。 
22分右サイド高めスローインから最後マクドからのパスをエリア外右で受けた俊輔 エリア右からシュート! が相手の足をかすっているのに認められず。  俊輔 監督 アピールも 審判は無視。

かなり激しい戦い!! 俊輔いいプレーも 味方 ややいつも通りのプレーが出来ていない選手が何人かいる。   繋ぐところで撃ってしまい無駄に・・・。
怪我人だけは出ないでくれ〜!!心配・・・

28分右ヒンケルから俊輔へ 俊輔スルーし ヘッセリンクに。 ヘッセリンクファール受けライン割る。  右サイドヒンケルのスローイン受けた俊輔切り込むと仕掛けたところでミラーに倒されFK得る。 FK俊輔  バイタルエリア右遠目。
エリア中央入れるも クリアがまた味方に。  更にDFラインからのロングパスをヘッセリンクがエリア右へ出すも 俊輔には長く 相手に渡るも俊輔詰めたことからまたエリア右のマクドへ〜マクドからまた右で受けた俊輔 マローニとのパス交換から 相手DFを見事な切りかえしで振り切り右足でクロス!!  ファーの味方にあわせるも 味方 相手DFに抑えられ動けず シュート撃てず。

31分 左サイド 相手のスローインをうまく受けたマローニ、ドリブルでエリア左に上がりゴール前のマクドヘ マクドボール受けると同時に相手に後ろから押され倒されシュート撃てず こぼれたボールに 一気に全速力で飛び込んだ俊輔 エリア右に強引突破!! DFを振り切り右から右足でクロス!! は惜しくもGKキャッチ。  FW 飛び込み遅い! もっと強引に入ってきてくれ!

32分左サイド Gキックから競り合いこぼれたボールをマクド受け ヘッセリンク〜マローニへ マローニ突破 もオフサイド取られる。 誰がオフサイドか全くわからず。???
34分右ヒンケルから大きくエリア内のマクドヘ マクド両手で完全に押さえつけられているにも関わらず 審判見ていながら笛全くなし。  
ボールポゼッション41:59. セルティックやや支配。

36分Gキックから中央パス繋がれエリア左サイドに回り込んだミラーがクロス! それをゴールまん前で飛び込まれ シュート!押し込まれる。 何と失点・・・><
1−0に。  ゴールしたのはデイヴィス。 DF 相手にボールの前に入られてしまっている


38分右サイド ヒンケルファール受けFKハートリー、はクリアもエリア右 マクドヘ渡り マクド相手背負い仕掛けたところでハンドとられる。

41分相手選手 エドゥ傷む。  
43分右サイド 俊輔相手3人に囲まれながらも上がりDF更に振り切りクロス!相手に当たり右CK得る。  右CK俊輔 エリア中央 ヘッセリンクにどんぴしゃ! そのヘディングシュート ! が 何とラインギリギリ 相手に掻き出され(これもディヴィスだ!)ゴールならず。 惜しい!!!!! 決定的チャンスだった!!

俊輔相手のボールをかなり読んでいる。 前線でいいところに顔を出す。
47分前半終了。  俊輔は攻守に素晴らしいプレーを見せている。 プレーから俊輔のこの試合にかける気合がそのまま感じ取れる。 かなり強気のプレー。  もう少しチームメイトにもがんばって欲しい〜〜〜!  1−0で折り返し。 

後半何としてもゴールを!!! 審判の判定は・・・?

【後半】 
最初にピッチに戻ったのはセルティック。  心なしか勢いいい。
ピッチ かなりたっぷり水を含んでいる。
セルティックパス繋ぎ全線へ何度も上がる。
52分左サイド マローニ相手に危険なタックルくらいFK俊輔、カーブかかったいいボール上げるも僅か味方触れずGKキャッチ。

54分DFラインオディから ハートリーへのパス ハートリー危険な位置で相手に奪われそうになる。 これは危険! 
中央俊輔から左オディへ オディ パス出すと同時に左へ上がった俊輔にパス も長すぎて無駄に・・・。   こうしてわずかの精度のところで チャンスが何度も無駄になっている・・・><  もったいない・・・

しかし 後半もセルティック優勢か??

57分中央俊輔から右のヒンケルへ ヒンケルのクロスに 中央ヘッセリンク ヘディングシュート!! は惜しくもゴール左下でGKのナイスセーブに阻まれる。 惜しい〜!!!!!!!!!
これは1点もの。   その後 中央俊輔から一気にエリア中央ヘッセリンクに見事な縦パス通る!!  も・・ヘッセリンク受けるも足につかずトラップミスでGKに・・・。  これもミス・・・味方しっかりしてくれ!!ミス多い! 精度もない!

59分 相手の中央からのスルーパスに DF滑り? エリアまん前で相手 GKと1対1に、相手シュート をボルツ死守!! 見事!!首で止めたか?   危機一髪!
マクギディ準備。
61分 マローニに代わりマクギディ入る。
62分コールドウェルハイキックで相手FK中央。
そこから俊輔こぼれ球クリアし右サイドカウンターで ヒンケルへ ヒンケルから上がったマクギへというところでまたパスミス ライン割る。
もったいない・・・><

65分低め クロサスわけのわからないファール?で相手FK、から右に流れたボールをクロス それに飛び込まれるが何とかGKキャッチ。 ボルツ直後キックミス 自陣右サイドで相手に渡る。 も必死で取り返し 俊輔から右ヒンケルへ ヒンケル追いつきエリア右で粘り右CK得る。 

67分右CK俊輔 二アにいれ相手のクリアを空かさず拾いクロス! も またニアになりクリア。 もまた味方に渡り今度は右クロサスからクロス! ゴール前競り合いのこぼれ球を中央ハートリーから俊輔へ 俊輔〜左のマクギに素早くサイドチェンジ。  マクギ仕掛けるところで倒されFK得る。

67分エリア左バイタルエリアいい位置。 壁は1枚。  俊輔の低めのFK ゴール前 マクド 飛び込むも あとほんの僅かで DFに阻まれあわせられず・・・GK。   悔しがるマクド。  惜しい!  いいセットプレーだったが・・・
かなり激しい戦い続く。 ピッチも水多く 消耗もかなりのものだろう。
ボールP 29:71。 完璧なセルティック支配だが・・・

70分中央 相手のパスミスボール受けた俊輔 あわてて奪い返しに来た相手ラファティに 悪質なスライディング受け 足元にスパイク。 倒される。 足首押さえ苦痛の表情で起き上がれない俊輔。 左足蹴られその後右足首に相手の腕が乗る。 これは危険!!怒!   も 何とか無事の様子。 ホッ

抗議?のミラー とラファティに空かさずイエロー。  クロサスFKからエリア左 競り合いこぼれるも味方僅か動きだし遅い。 

73分右サイド相手スローインから中央ミラーシュートはDFに当たる。
ボール滑らず危険な場所がある。

74分 サマラス準備。頼むぞ!サマラス!!
75分またもや 動きの遅い味方に 空かさず自陣 俊輔見事なDFで ボール奪い返す。

そこから マクギがドリブル突破。 右のマクドへのパスは流れたがヒンケルが拾い エリア内のマクギヘパス、マクギ DF交わしシュート ! も何と ゴールポスト・・・><  これは決めなくては・・・

76分ヘッセリンクに代わりサマラス入る。
右サイドサマラス粘り 右CK得る。 右CKは味方のファール。。。
時間がない〜〜〜!!!決めてくれ〜!!!

78分 右ヒンケルからの縦パスを相手エリア サマラス落とし?隣のハートリーへ繋ぐも ハートリー受け切れず相手にボール奪われる。 サマラス マクドから何か言われたか? FWの連携殆ど見られず。

80分オディに代わりネイラー入る。  
82分左マクギクロスに 中央こぼれ球クロサスシュートは大きくゴール上。。。

83分コールドウェルDFから相手右CK、ファー でヘディングは大きくゴール上。
相手右からのクロスにヘディング はまたもやゴール大きく上。

85分ボイド下げマッカロク入る。
85分サマラスシュート行き左CK得る。 左CK 一旦俊輔行くも直ぐハートリーに蹴るよう指示 ハートリーCKからこぼれ球シュート行くがDFに阻まれ 最後サマラス オフサイド。

87分クロサス低い位置でパスミス。 ひやっ!!
コールドウェル メンデスへのファールで イエロー。
ゆっくりピッチを出 時間をかけるレンジャーズ。
中央相手FKは サイドへ。

今度はハートリーファールでまた相手にいい位置でFK与える。 時間かけるレンジャーズ。  わざと仕掛けてファールを貰いに来る。 

91分ボルツ 時間全くないのに中々ボールを前線に入れず やっと蹴った所で近場の相手に直接渡る。。。><
左サイドコ−ナー付近で時間かける相手、 ミラー倒され? エリア付近でFK も キープに出る。  何度もファールを貰っては時間を稼ぐレンジャーズ。

あと1分。
カウンターから右CK俊輔、 ボルツも上がる。 いいボール入るもエリア前 味方全員合わせられず。
試合終了。。。。。。。。

最後の10分 折角俊輔が高めでプレーにいくも まったくそれを活かさず パスミスや ファールで 相手にほとんど その貴重な時間をとられる形となってしまった。。。。。  最後の猛攻仕掛ける事が出来なかったセルティック。
何とも悔しい 結果。  俊輔が全く怪我を感じさせない 素晴らしいプレーをしていただけに この結果が何とも受け入れがたい・・・。

しかし悔しい敗戦の中も 俊輔が 回りとのレベルの差を改めてハッキリ見せ付けたことだけは 不幸中の幸いか。

終始 一瞬の気も抜けない激しい激しい戦いだった。
負けはしたものの ここまで激しい試合に怪我をおしてフル出場したばかりか その中で攻守に一番輝いたプレーで チームを懸命に引っ張った俊輔に大きな拍手を送りたい。    しかし守りの堅い相手に セットプレーでもう一つ飛び込む側にも工夫や強引さも欲しかった。 FKに5枚も味方が入って来ていながら競り合いにも負けている。 FW同士の連携ももっと見たかった。

試合何日か前の 現地での冷静なコメントとは全く逆に この試合に相当かけていたであろう俊輔の気合が そのプレーから 痛いほど伝わってきた。

次は俊輔も一番厳しいと言っているダンディU。  何度もスライディングで相手のボールを奪うなど 身体を張ったプレーで活躍した俊輔 今日の試合で怪我が悪化していない事を祈りたい。。。    

勝ち点はレンジャーズ79 セルティック77.  ついに首位を譲ってしまったが 最後の最後まで絶対諦めないっ!!!
残り3試合。 全勝あるのみ!!!
がんばれ俊輔! がんばれセルティック!!    
posted by Hiro at 22:08| Comment(10) | TrackBack(1) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

SPL第34節 アバディーン×セルティック

SPL第34節 

   アバディーン×セルティック


              1−3

【得点者】
アバディーン:マルグリュー(21分)
セルティック:コールドウェル(44分)OG
セルティック:マクドナルド(71分)
セルティック:マクドナルド(91分)


【アバディーン】
スタメン:GKラングフィールド DFフォスター セヴェリン コンシダイン マルグリュー ダフ カー マクドナルド アルコ ライト マグワイア


【セルティック】
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル マクマナス ネイラー MF俊輔 ハートリー クロサス マクギディ FWヘッセリンク マクドナルド
SUBブラウン ローフェンス オディ マロー二 フラッド マコート フェリー 

※SPL上位6位と下位6チームに分かれての最終5試合初戦。
セルティックは怪我人が多かった事もあり 試合の空きを利用してスペインリゾート地ラマンガへ渡り合宿、選手それぞれの状態にあわせたメニューでリフレッシュを兼ねた練習をこなし 残り強豪相手ばかりの5試合へ向け 体調面 精神面共に調整を行なった。
その甲斐あってか 怪我を抱えていたロブソン サマラス マクマナス オディもかなり回復へと向かったようだ。
一方俊輔は いまだ右足付け根痛を抱えたまま 臀部にまで痛みが出ている模様で現地にもそのチーム核の負傷が伝えられ心配されている。  時期的にも一番大事な時であることから 治療一つにも慎重にならざるを得ない  何とか少しでも痛みが薄らぐ事を祈るばかりだ。
前節も掲載したが ブラウンが思わぬ処分で2試合出場停止をくらってしまった。     レンジャーズがアウェー2試合のところへ セルティックは アウェー3試合にブラウン出場停止のおまけつき。
監督は 「ハートリーもいる。 オディ マクマナスが戻れば コールドウェルを上げられる」と周囲の心配を吹き消すコメントはしているものの 相手も強豪。   前節ホームで2−0勝利したようにアウェーでも同じような自分達のサッカーが出来るか。
スペイン合宿でのリフレッシュを活かして アウェーでも元気な攻撃を見せて欲しい。 
一方また今年もここへ来てセルティック レンジャーズのプレミア参入が話題になっている。  毎回賛否両論進まず 万が一実現するとしてもまだまだ当分先になりそうだ・・・。
現在レンジャーズとの勝ち点差は74:73でたったの1点。 得失点は45:42。   
アバディーンは昨年10月4日の敗戦以降ホームでは負けなしのチームだ。

【前半】晴れ。
俊輔は左。 マクギが右。
4分、相手右サイド 一本のパスに反応したマグワイアが飛び出しGKボルツと1対1になるが浮かせたシュートはゴール左に外れる。  これは1点もの。 危機一髪!! ホッ

5分、DFラインでのインターセプトから中央マクギへ 右のマクドとの連携からマクギ飛び出しセンタリング! その相手DFのクリアミスを拾ったマクドナルドが空かさず右足で弾頭の低いシュートを打つがゴール右に外れる。   ギリギリ右!惜しい!

6分、相手Gキックから センターサークル付近でヘッセリンクがヘディングで落としたボールをクロサスがそのまま遠目からシュート。ボールは相手GKにキャッチされる。

7分左サイド ネイラー傷みうずくまる も無事の模様。

11分、マクギから中央俊輔へ 俊輔落とし クロサスが大きく左サイドへ展開 マクド追いつき 左マクドのパスを受けた中央マクギーディーが相手DF一人をかわして右アウトサイドでシュート。ボールは惜しくもゴール左に外れ先制点ならず。  これも惜しい!!  チャンスは作れど中々ゴールが決まらない!

15分、右サイド低めからのFKからDFクリア出来ず エリア中央からアルコの振り向きざまの強烈シュート。 GKボルツがはじき難を逃れる。  ボルツ 見事なセービング〜!!! 流石!!
そのこぼれ球から16分、右ヒンケルの前線へのロングパスに反応したマクドナルドが相手DFと競りながら飛び出し 最後ゴールやや右付近でシュートするが、惜しくも相手GKに阻まれる。  惜しい!

17分左サイド中央 俊輔倒されFKネイラー 大きくエリアに入れるも味方と合わず。  
18分、右コーナー付近でハートリーが倒され、FKを得る。  ボール前には俊輔とハートリー。  そのFKをハートリーが蹴るが、やや大きくエリア内の選手と合わず。  ハートリー動きかなり今日はアグレッシブ。  Sブラウンを意識か?


21分、右サイド マクマナスのファールから相手のFK。 そのFKから中央マグワイアがヘディングシュート。  GKボルツの手を弾き、ゴールに吸い込まれた。ホームのアバディーンが先制。。。

24分、右サイドからのパスを中央 競り合いこぼれ球から エリア右からのマグワイアのシュートをGKボルツが弾き、相手右CKへ。  危機一髪! 
25分、その右CKからファーでフリーだったファーのセヴェリンが右足でダイレクトシュートするが、ゴールを外れる。 これも1点もの!

27分中央俊輔スライディングで相手ボール奪い味方へ繋ぐも相手ファールでFK得る。 かなり遠目からの俊輔のFK。  エリア内に送るが相手DFにクリアされそれを更に味方がエリアへ送るがこれもクリア。

29分、マクドナルドの楔のパスを受けたハートリーがエリア手前でシュート。ボールは枠をとらえていたが、相手GKのファインセーブに阻まれ、CKへ。

29分、俊輔の左CK。上げたボールは相手DFにクリアされるが、そのボールを左サイドで再び受け、相手DFを一人交わしてクロス。しかし、またしても相手DFにクリアされる。 がそれを受けたクロサスがシュート! もDFに当たりカウンターへ。 カウンターは繋がらず救われる。     俊輔右へ移動。 マクギディは左へ。

30分DFコールドウェルから大きく前線へ それをマクド受けるとシュート! は惜しくもGK。   惜しい!
35分、俊輔から左のマクドヘ マクギーディーとマクドナルドのパス交換から最後マクドナルドがシュートを打つも相手GKに弾かれる。 その弾かれたボール再びマクドナルドが奪いクロス、エリア内左にいたマクギーディーがボレーシュートするが、ゴール上に外れる。

36分DFから右CK与える。 ファーで相手ヘディングシュート!
は何とかクリア。  セットプレーの時 ファーの選手がいつもフリーになっている これは要注意!

38分中央 ハートリーファール?から相手のFK、DFのクリアボールが上に上がり あと僅かで相手に という所で 空かさず飛び込んだ俊輔ヘディングでカバーし ヒンケルへと繋ぐ! 見事! 

42分相手右サイド高め ネイラー倒されたように見えたが相手のFKへ。  FKはボルツパンチングでクリア後 相手のファールで笛。

43分中央アーク 俊輔再三相手のチャージ受けながらも左のマクギディへとボールを繋ぎ(俊輔うずくまる) 左のタッチ際でマクギーディーが倒されFKを得る。(俊輔びっこを引いている)  ボール前にハートリー一人だったが そこへ俊輔が行くと会場からはブーイング。  そのFKをハートリーとのフェイクで俊輔がエリア内に入れ、一瞬相手DFにクリアされるが、そのボールを空かさずすぐ後ろにいたコールドウェルがヘディングで押し込み同点ゴール〜〜〜!!!  いい時間帯に追いついた!!  1−1.   コールドウェルのヘディングシュートをゴール前にいた相手DFコンシダインがクリアしようと僅か触ったことからおうんGか。


前半は1−1の同点のまま終了。  前線での攻撃には マクギディがあがる回数が多かった事から バランスを取り いつもより前線でボールに絡む回数が少なめだった俊輔だったが 結局得点にはしっかり絡んで来た。  後半での逆転が期待される。 



【後半】
45分中央俊輔〜クロサス〜マクド〜左サイドマクギデイと繋ぎ エリア内マクドへ も相手クリアで左CK得る。  左CKはDFクリア。
その後 俊輔 マクギの連携から左を上がり 中央マクドヘ 更に左マクギとの連携からゴール前マクドヘ渡るもシュート撃てずクリア。

49分、キャプテンのマクマナスが負傷してローフェンスが入る。キャプテンマークはヘッセリンクへ。
ハートリー ややパスミス目立ちはじめる。

51分、ルーズボールをエリアから出てきたGKボルツがクリアしようとしたが、相手選手にボールが当たり危うくゴールに入るところに。 危機一髪!! 危険・・・><  

52分、パス繋ぐセルティック、クロサスから前線のマクドに縦パス通る 左サイドのマクドナルドからのパスを受けたマクギーディーが相手DFを一人交わしてシュート、ボールはゴール上に外れる。

55分、Gキックから中央高め マクド受け左のマクギディへ 左サイドマクギーディーのパスを受けたネイラーがエリア中央から右足でシュート!  ボールは相手DFに当たりコースが変わったが、ゴール上ギリギリ 相手GKに阻まれCKへ。

56分、俊輔の左CKから ファーのローフェンスがヘディングシュートするが、相手に当たりもう一度左CK。

56分、二度目のCKも相手DFがクリアし、また左CKへ。

56分、三度目のCKはこぼれ球をネイラー受けるも相手DFに奪われパスをつながれる。  DFライン相手マグワイアにボール渡るもマクギDF助っ人で取り戻す。 57分それを左サイド俊輔受けると 大きく一気に前線のマクドへ。   エリアラインギリギリ マクドGKと競り合うも 僅かのところでGKに。  おしい〜!  相手のカウンターから一気に自分達のチャンスになった!

味方のパスミスを 俊輔がうまい具合にカバーし チームを落ち着かせている。 いぶし銀プレー。

60分、左タッチライン際でマクギーディーが倒されFKに。そのFKを俊輔が蹴るが、惜しくもそのままGKにキャッチされる。
61分、自陣エリア右外ギリギリでネイラーのファールをとられ相手のFKへ。  近い・・・><。
そのFKは直接ゴールラインを割りゴールキックへ。 ホッ

62分、左マクドのクロスにエリア右俊輔飛び込むも前で相手DFクリアし右CKへ。   右CK俊輔 ストンと二アに落ちるボール。 相手DFのクリアボールを拾ったクロサスがクロス。  そのボールをハートリーがヘディングシュートするが相手GKのファインセーブ。  惜しい! またしてもCKへ。 
63分、俊輔の右CKは相手DFにクリアされ ヒンケルに渡るも相手に。

64分右サイド高め 相手スローインからロングボール、 GKボルツバーギリギリのボールを触り相手左CKへ。  CKはクリアも こぼれ球を更に入れられ 飛び出しボルツ弾く。  いい判断!

65分、右サイドヒンケルのスローイン受け センターサークル付近で俊輔が相手4人に囲まれながらマルセイユルーレットで交わし倒されながらもクロサスへとボールをつなぐ。  流石!! 決してボールを失わない俊輔。 クロサスから左マクギへと繋ぐもその後相手に・・・

66分中央高め 俊輔〜クロサス〜マクギとパス繋ぎマクギからエリア右 飛び出したハートリーへ ハートリーラインギリギリ追いつきクロスは惜しくもゴール上ライン割る。

マローニ アップ始める。

71分、中央ハートリーから右サイドのヒンケルへ ヒンケルのスルーパスに反応したマクドナルドがダイレクトでゴール右下に蹴り込み勝ち越し成功〜〜!!!。 セルティック逆転〜〜〜!! マクドお見事!!  1−2に。

75分中央右 ヘッセリンクと接触で相手FK、はクリア。
76分自陣右サイド マクギファールで相手FK、早いリスタートはボルツキャッチ。

80分 中央ハートリー倒されFK得る。これは危険! すぐさま相手にイエロー。   かなり遠め。 俊輔直接狙うもGKキャッチ。

83分自陣左 ヒンケル相手倒し相手FK 嫌な位置。 相手FKは壁のマクドの頭に当たる。 
84分DFから相手右CK、はクリア。 

86分、左サイド高めネイラーのスローイン受けたマクギ エリアやや左外で倒され、FKを得る。 壁5枚。 近いがいい位置。  ボール前にはハートリーと俊輔。  ハートリーがややフェイントかけたその瞬間 俊輔が蹴るが惜しくもゴールギリギリ左にそれる。  壁を外から巻くようなFKだったが 惜しい!

91分、マクギに代わってマローニが入る。

91分、Gキック受け 俊輔が右タッチライン際で左足を振り上げて前線に上げたボールをマクドナルドが追い、相手DFを振り払って右足でゴール左に流し込んだ。 なんという効率のいいゴール!!! 1−3となり、マクドナルドは今日2ゴール目。 俊輔のアシスト数にまた「1」が加わった。   1−3に!!! あっという間の3点目〜!マクドもチームメイトも監督も 思っても見ない? ゴールに崩れんばかりの満面の笑顔。 マクドは祝福するチームメイトをかきわけながら 俊輔の所へ突進〜!!   俊輔もマクドもお見事!
会場のセルサポも大喜び。 

試合はそのまま終了し1−3でセルティックがアウェーで大きな大きな逆転勝利!!
俊輔は開始早々は左サイドでプレー 先制されたチームをマクギディとポジションをチェンジしながら 中盤でバランスを取りチャンスを作った。 前半終了間際俊輔のFKから 最後コールドウェルのヘディングシュートがOGを誘い同点に。    後半は前線で絡む回数もぐっと増え見事な足捌きでボールをキープしながら 味方のパスミス チームの危機をうまくカバーし 攻撃を組み立てた。

最後には何でもないGキックから たった1本のパスでマクドの2点目をあっという間にお膳立てくるあたりはやはり大物。 
次節は ついに頂上決戦。  レンジャーズとアウェーで対戦する。
posted by Hiro at 00:05| Comment(4) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

SPL第33節 セルティック×アバディーン

SPL第33節
  セルティック×アバディーン

              2−0

【得点者】ヘッセリンク マクドナルド

【セルティック】4−4−2
スタメン:GKボルツDFヒンケル コールドウェル ローフェンス ネイラー MF俊輔 ブラウン クロサス マクギディ FWマクドナルド ヘッセリンク 
SUBフォックス ハートリー ウィルソン マローニ ミシュン 水野 フェリー

【アバディーン】4−4−2 も実際は4−5−1のワントップ気味。
スタメン:GKラングフィールド DFフォスター コンシダイン ダイアモンド マルグリュー MFスミス セヴェリン マクドナルド アルコ FWマグワイア ヤング

※多くの怪我人を抱えるセルティック。  鼠頚部手術により長期離脱中のロブソン ヘルニア手術のウィルソン をはじめ サマラスが腿損傷 マクマナスが足首 ヘッセリンクは膝損傷悪化 オディも・・・と 右足付け根痛の俊輔をはじめチームは怪我人だらけだ。
頭の痛いストラカン監督だが マローニがようやく復帰に近づいている事だけが好材料。
レンジャーズ戦の日程が先に決定したようだが 前節フォルカークでイエローを貰ったスコットブラウンが6枚目のイエロー、そして何と昨シーズンと合わせ22枚目のイエローというSFA累積?での罰則で ちょうどレンジャーズ戦にあわせた様に 2試合も出場停止という何とも不可解な処分をサッカー協会から受けてしまった。      

どうみても陰謀だという納得のいかないコメントがあちこちから流れているが 前節スコットランド代表のレンジャーズの選手二人が飲酒とその後のパフォーマンスによる処分で出場停止を受けたが その場に途中までブラウンも絡んでいた事 またその後のマクギのバースデー祝いにも電車で仲間が騒ぐ等 このところ続けてその行動も 確かに問題視されていた。    
ブラウンはコールドウェルと共に今季のPFAプレイヤーオブザイヤー候補4人(他レンジャーズのデイヴィス ペドロメンデス)のうちの一人にあがっており プレーでもチームに大きく貢献している。    今V4へ向けチーム一丸とならなければ行けない大事な時期だけに ブラウンのこの出場停止がV4達成に影響を及ぼさない事を祈るばかりだ。 
またスとラカンも今季また ハミルトン セントミレン両監督と共に PFAスコットランドマネージャーオブザイヤーにノミネートされた。

アバディーンは現在5位のダンディUと勝ち点で並ぶ4位。  ホームとはいえ気の抜けない 厳しい戦いが予想される。   もう勝ち点は絶対に落とせない。    ホームの利を活かして何とか勝利を!!

※本日昼に行なわれたマザウェル×セントミレンが0−2でマザウェルが敗戦した為 明日のハイバーニアン×レンジャーズの結果を待たずしてハイバーにアンの6位が決定した。  これによって本日上位6チーム 下位6チームがそれぞれ決定した。

【前半】
ヘッセリンク強行出場。 DFにはローフェンス、ベンチにはマローニと水野も入った。   晴れ。
俊輔半袖。 今日は 左にいる。右にマクギ。 欠場のマクマナスに代わり へッセリンクがキャプテンマーク。
3分DFコールドウェルから中央マクドへ マクド反転し〜右サイドマクギへ〜右上がったヒンケルへ ヒンケルの素早いクロスにゴール前 飛び込んだ俊輔が何と ヘディングシュート!! 強烈ヘディングたたきつけるも惜しくもゴールギリギリ右に! 惜しい〜!!!   セルティックいい攻撃!!  俊輔相手DFに後ろから押されている。。。
俊輔かなり高い位置でも前線に絡んでいる。

7分クリアから相手左CKはクリア。 から俊輔カウンター〜マクギ〜マクド もゴール前惜しくも合わせられず。 流れる。 惜しい!

10分左サイド低め俊輔 前線を見ると一気にエリア内のヘッセリンクへパス! ヘッセリンク受けシュート! は惜しくもやや弱くGK.
何度もチャンスを作っているセルティック。
12分左サイドからのパス受け 中央 俊輔の見事なボール捌きに会場から大きな拍手。  チャンス作るも味方のパス長く相手に。
右サイドマクギドリブルで仕掛け中マクドヘ縦パス もマクドあわせられず相手GK.

15分右サイド マクギ上がり大きく前線に飛びだしたヘッセリンクへ ヘッセリンクボレーシュートは惜しくもGK。  決定的チャンスだった! これは決めてくれ〜!!!
18分相手右サイド上がりネイラー交わされセンタリング! をボルツ死守。 見事!

21分低い位置でのパスミスから右サイド抜かれクリア から相手右CKは何とかクリア。   ネイラーの位置から何度も抜かれている。 要注意。
24分右サイドマクギのドリブルのクリアがヒンケルへ ヒンケルから ファーのマクド〜 中央俊輔へ 俊輔DF交わしシュート!はゴール左上。

26分左ヘッセリンクから右のマクギへ マクギエリアに仕掛け中央マクドシュート はゴール左上。
再三のチャンスに中々ゴールが割れず・・・
ローフェンス また中途半端なクリアが・・・
アバディーン ロングボールで攻め込んでくる。 32分相手早くも選手交代。  負傷の模様。

ややアバディーンにパスが回り始める。 
40分右ヒンケルからのクロスに 中央マクドシュート!はGK.
42分エリア付近でパスを回し 最後マクギから飛びだしたマクドへ マクドDFに阻まれシュート撃てず左CKへ。
43分左CK俊輔 エリア中央へのボールがゴール前左ヘッセリンクにこぼれ ヘッセリンク押し込みゴール!!! セルティック先制〜!!!
4試合連続ゴール!!ヘッセリンクようやく復調!

前半終了〜!! 1−0での折り返し。 
セルティックは前半 何度もチャンスを作るも 中々ゴールが割れず 最後アバディーンにややパスが回り始めたところで 俊輔のCKからヘッセリンクが先制。    この調子で後半早めに追加点を奪いたい所。

※TV放送では上位6位がまだ決まっていないとアナウンスされているが既に決定している。  6位はハイバーニアンに決定。

【後半】
中央突破許し相手シュート はゴール上。
コールドウェル自陣エリア前で危険なボールキープで相手に奪われ危機一髪 と言うところでネイラークリア。  これは危険!!
セルティク中央プレスかなり甘い!! 
50分また中央抜かれ相手シュート はゴール上。

ポジションチェンジ。 マクギが左へ。  俊輔は右。
左ブラウンドリブル突破から マクドがスルーし左マクギがクロス! がエリア内相手ハンド! も審判笛吹かず 怒!!!またか・・・><
会場は大ブーイング。
ややセルティックパスミス目立ちはじめる。

54分中央右で俊輔からヒンケルに落とし 俊輔おとりでDFひきつけた所でヒンケルから前線マクドへ 一旦スルーしヘッセリンクとのワンツーから飛びだしたマクドがエリア右からシュート! が見事ゴール左に突き刺さりセルティック2点目〜!!!

パス繋ぐセルティックだが パスミス多いセルティック。  俊輔も今日はややミスが多いか。
62分自陣右相手倒しFK はクリア。
63分左サイドまた相手FK は ギリギリクリア、で再び相手右CK はクリア。  からそのまま一気にカウンター俊輔 と言うところで 俊輔倒され笛。

相手がプレー中何度もハンドしているにも関わらず 笛吹かない審判に会場はブーイング。
68分俊輔インターセプトで奪い 繋ぎ エリアやや左ネイラーからのパスを受けたマクドが エリアライン際 後ろから相手に激しく倒され笛。  腰を押さえ痛がり起き上がれないマクド。 これは危険!! しかし相手にはイエローすら出ず 審判に抗議したマクドに逆にイエロー、 でマクド更に激怒!! あり得ない!! 会場も大ブーイング!!  

審判今日も荒れた試合にしてしまった。  相手のファールに中々 笛を吹かない・・・   チームメイトが抑えるよう促すも中々治まらないマクド。  これは酷い! 審判!!怒!! 
エリア左 FK俊輔クロス ヘッセリンク狙うも僅かあわせられず 流れたボールを右コールドウェル拾いヘッセリンクとのワンツーからクロス! はファーのローフェンス触るもこぼれ それを俊輔エリア左からシュート! は惜しくもゴール左。  

70分中央至近距離での味方のパスが相手ブラインドで俊輔の顔面に当たり動けず。 も何とか無事。
73分マクギ仕掛け左CK得る。  俊輔CKは味方あわせられずクリア。
74分クリアから相手右CK、 クリアするもこぼれ球を中央相手シュート はGK.
76分右サイド突破されシュート!はこれもボルツ。
77分マクドから受けた中央俊輔 DFに囲まれながらもシュート! はDFに阻まれる。
パスを奪われる事が多くなったセルティック 2点差にやや気が緩んでないか??

俊輔がボール持っても味方の動き出しがなく パス出せず。 動くかと思って出したパスが 味方動かずパスミスに。
83分クロサスに代わり ハートリーが入る。
84分マクギディに代わり 水野入る!! ポジションは左 マクギの位置。
85分相手クリアがライン割り左CK俊輔低めのボール 相手クリアで再度左CK俊輔 こぼれ球 味方拾うもわざわざDFラインまでバックパスし 会場からこのプレーにはどよめき。
86分右サイドコールドウェルからの縦パスを右高めで受けたマクドが水野とのパス交換から逆サイドエリア左の俊輔へ 俊輔〜ネイラークロス! にゴール前 マクド飛び込むもDFに阻まれ左CKへ。
左CK俊輔 ゴール前にストンと落ちるいいボール、ゴール前混戦で選手倒れ笛。  

88分コールドウェルから大きく左サイドのマクドへ 競り合いのこぼれ球を俊輔拾い エリア内左へ動いた水野へ 水野からゴールまん前マクドへパス!もマクドシュートはあと僅かの所でGK迫りシュート撃てずゴールならず。 惜しい〜! しかし俊輔→水野からチャンスが!
90分マクドに代わりマローニ入る!
ついにマローニ復帰!!
試合終了。  2−0. しっかり今日も勝ち点3を積んだ。

前半 何度もチャンスを作ったセルティックだったが 中々ゴールが割れず 流れが少し相手に傾くかと思われた所で ようやく前半終了間際に先制。   後半早めに追加点を奪ったのはいいが  そこからセルティックにややミスが目立ち始めた。

後半途中からマクギとポジションを入れ替えいつもの右でプレーした俊輔。    俊輔もややいつもよりミスが多くシュートもやや精度を欠いたが それでも開始早々自らゴール前へ飛び込んでの珍しい強烈ヘディングシュートを見せ流れを一気に引き寄せると へッセリンクの先制点をお膳立て(アシストにはならない) 更に2点目の起点にもなるなど勝利に貢献。   右足付け根痛を薬で散らしての強行出場を続けている俊輔だが それでもスライディングでの守備も見せるなど 最後までピッチに立ちチームの攻撃を必死に引っ張った。
明日試合のレンジャーズに一足早く勝ち点を積み プレッシャーをかける事が出来たと言えるだろう。 
それにしても 最近の審判の判定  どうも 納得がいかない・・・
水野も もう少し長い時間出してほしい所。
posted by Hiro at 14:19| Comment(10) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

SPL第32節 ハーツ×セルティック

SPL第32節

     ハーツ×セルティック

             1−1

【得点者】ヘッセリンク
ハーツ:アギアル

【ハーツ】4−4−1−1?
スタメン:GKバロフ DFニルソン ウォレス カリヴィディス ザリウカス MFパラスエロス ドライヴァー オブア スチュワート FWアギアル エリオット


【セルティック】4−4−2
スタメン:GKボルツ DFヒンケル ローフェンス マクマナス ネイラー MFフラッド コールドウェル ブラウン マクギディ FWヘッセリンク マクドナルド
SUBブラウン フェリー ミシュン マローニ 水野 クロサス 俊輔


※代表戦後8日間で3試合の3試合目。 ハミルトンから中3日でフォルカーク 更にたったの中2日でこのアウェー ハーツ戦。  超過酷日程をこなし セルティックの選手は勿論疲労困憊。
ただこの試合を乗り切ればようやく平常日程に戻れる、何とかこのハードな3試合を全勝で終えたい所。
俊輔は右足付け根痛を抱えながらも痛み止めを飲みながら強行出場を続けている。    ハーツは現在3位 毎回上位に食い込む強豪だ。
アウェーという事もありかなり厳しい戦いになる事が予想されるが 何とか勝ち点3をもぎ取り V4への階段を1歩1歩着実に上って欲しい。
しかし・・・ チームはまともな選手がいない程 負傷者だらけ。
ようやく前節調子が戻ったFWサマラスは接触で何とたったの12分で負傷交代 腿の損傷で欠場濃厚、また俊輔だけでなく ブラウン マクマナス オディもそれぞれ痛みを抱えながら強行出場を続けている。 ここが正念場だ 俊輔が少しでも高い位置でボールに絡めるよう 王者の粘りに期待したい。。。

【前半】俊輔ベンチスタート。 やはり前節の相次ぐファールで悪化したか・・・><?  マローニが久々にベンチ入り。
中盤にはフラッドとコールドウェル。  右の俊輔の定位置にはフラッド 左にマクギ。  試しか?
天気 晴れ。 
25秒!!左サイドブラウンとマクギ連携からマクギクロス! に中央相手クリアがヒンケルへヒンケルから中央のヘッセリンクへ ヘッセリンクダイレクトでシュート!!が何とゴール右に突き刺さる!!! 何と早い先制〜!!!
3分自陣左 ヒンケルDFから相手左CKはクリア。
5分自陣右相手右CK 二アはクリア。  ホームのハーツ サポーターはかなりヒートアップしている。   

7分ヒンケルDF から相手左CK こぼれ球拾われクロスにヘディングはゴール上で救われる。   相手ハーツの気合は相当なもの。
8分中央 相手倒したマクマナスにイエロー。 相手FK中央。 遠めだが微妙な位置。  FKは無事クリア。
11分中央同時に飛び込みゴールライン割るも相手の右CKに。 右CKは 相手のファールで笛。

12分エリア左 マクギ倒されFK得る。 いい位置。 ボール前にはネイラー。 ネイラーのFKにヘッセリンク飛び出しシュートはゴール上。 もオフサイド。 

16分中央ブラウン?から飛び出したヘッセリンクにスルーパス! エリア右からシュート!はゴール左。   オフサイド!?? も フリーで枠捉えられてない!! 
18分エリア左ブラウン倒されFK得る。 FKネイラー はDFクリアで右CK。 右CKネイラー はDFクリアでまた右CK。
中央ヘッセリンクに合わせるも ヘッセリンクヘディングでクリアしてしまった形に。。。><

ローフェンスDFやや不安定。
24分自陣左高め フラッド相手倒しFK、危険な位置。 はゴールファーに流れライン割る。 ホッ
27分中央相手倒しFK、はクリア。
29分相手インターセプトから右からのクロス! はボルツキャッチ。
相手の動きいい。
30分エリア中央遠めファールでFK与える。  相手FKは壁を越え右に巻くようにゴール右に突き刺さる。 ボルツ反応も届かず。   1−1 同点に追いつかれる・・・><   まるで俊輔ばりのFK。。。
右サイド俊輔の位置に入っているフラッドのプレーもミスが多く不安定。  
37分DFクリアで相手左CKはクリアもまた相手に。 は何とか必死のクリア。   クリアが全て中途半端!
ハーツ同点に追いついてから流れが一気にハーツに。 
40分エリア右相手シュートはボルツ下で死守。 見事!
セルティックチャンス全くチャンス作れず。
42分左サイド高めブラウン倒されるも笛なく相手カウンター シュートがローフェンスの腕?に当たるも(全く故意ではない)笛なくクリアから突破 もオフサイド。

完璧なハーツ支配。  後半交代があるか・・・
45分DFに当たりライン割り右CK はクリアもローフェンスクリアがクリアになってない!!
前半終了。  1−1.  早い先制もセルティックそれを全く活かせず 追いつかれ  その後一気に流れが ハーツに行ってしまった。
俊輔の代わりともいえるフラッドは機能しておらず ローフェンスのDFもかえって危機を招いている。   全くゲームが作れていないセルティック。   後半しっかり建て直しを!!  交代はあるのか・・・?

【後半】
選手交代。 マクマナスに代わってクロサス入る。
49分フラッドのパスが相手に読まれ中央突破からシュート!! はゴールギリギリ左で 左CK与える。 左CKはボルツキャッチ。
危機一髪!!
51分左サイド相手突破 オフサイド! も笛ならず相手クロス! はボルツ。   中々チャンス作れないセルティック。
52分俊輔準備。  やっぱり休めなかったか・・・
55分やはりフラッドに代わって助っ人俊輔登場!!

56分中央俊輔一気に左サイドのマクギヘパス! マクギ切り込みセンタリング!は 相手DFクリアで左CK。 左CKクリアから中央ライン際 ヘッセリンク倒されFK得る。  エリア中央近すぎる!!
壁5枚。  FKが壁 完璧なハンド〜!!! も審判笛吹かず!!怒〜!!!!!!!!!! しかも故意のハンドだ!!!
どうみても一発レッドのはずだ!!!
しかし俊輔が入ったとたん セルティック2度のチャンス。

ボールポゼッション45:55.
61分自陣右再度マクギのファールで相手FK。 はヘッセリンククリアで左CK。 はクリアもまた左CK。 は何とかクリア。
DFのクリアが 何度も何度も中途半端に!!! しっかりしろ!!

64分右サイド俊輔抱えられ倒されるも笛ならず(これは完璧なファールだ!!) 相手倒され簡単に笛 怒!! FKはクリア。
審判どこを見てるんだ!!!あり得ない!!
67分中央俊輔上がり右ヒンケルへスルーパス! もヒンケルクロスは相手DF。

67分相手右スローインクリアも またクリア中途半端で相手に。
69分クロサス 中から強引なシュート! 俊輔いたが・・・
審判笛遅い! 相手のオフサイドに中々笛吹かず。 
71分右サイド 俊輔二人DFに囲まれボールキープも 味方誰もフォローに行かず!!怒!! もスローインを得て左CK得る。  左CKはファーのヘッセリンクに合わせるもクリア。
俊輔入り やや流れがセルティックに傾く。
左サイドスローインから エリア左 ヘッセリンク落とし ゴール中央 飛び込んだ俊輔合わせるも 僅かミートせずゴール左へ。 惜しい!!

75分左CK俊輔 ローフェンスヘディングはゴール上。 これは決めてくれ!!  またそこから左CK俊輔 またファーのローフェンス今度は足で合わせるもまたゴール上でこれも決められず!! 決定的チャンスを2度とも外した!! 決めてくれ〜!!!

77分右サイド高め 相手のスローイン からクリアがまた相手に、ファーでヘディング打たれるもゴール上で救われる。
クリア××!!
78分相手右CKは何とかクリア。
79分右サイド俊輔 一旦ヘッセリンクに預け受けると右から強烈シュート!! は惜しくもGKギリギリ下で死守。 惜しい!!

水野準備。
81分右サイド俊輔見事なボールキープ!!
81分マクギに代わって水野入る。 たのむぞ!
82分水野飛び出し受ける も相手倒れ笛。 水野何もしてない!怒!

83分右サイド 俊輔倒されFK得る。  遠め。
俊輔FKクリアを中央低め味方受け また一気に右の俊輔へ、クロス はクリア。
87分左サイドネイラー切り込みパス に右から俊輔飛込みシュート行くもDFに当たり右CKへ。  右CK俊輔いいボール ファーで味方僅かあわせられずも左CKへ。

88分左CK俊輔 から最後中央から水野シュート!! は惜しくもゴールギリギリ右!! 
90分右サイド高め俊輔倒されFK俊輔 ゴールファーローフェンスにこぼれるもシュート撃てず あと一歩!!
完璧なセルティック支配の展開に!! がんばれ〜!!

92分相手FKクリアから左CKはクリア。
試合終了。   ハーツサポは同点に拍手。
あ〜・・・やっぱり俊輔をベンチスタートさせた事が裏目に・・・。
俊輔投入後 一気に流れがセルティックに傾いたものの 作った決定的チャンスを味方が何度も外してしまった。
今日はDF面での課題がボロボロ。   クリアミスの多さには閉口した。  ローフェンスは守備面 シュート面でも今日は当たらなかった。 

それにしても俊輔のFKをハンドで止めたのがきちんとレッドになっていれば 勝利していたはず。  どう考えてもそれが悔しい・・・><!!
しかし今日の試合で 俊輔が外せない選手だという事が 改めてはっきりした。  俊輔を外し 後々を想定しての賭けに出たストラカンだったが やはり答えはNOだった。。。    
  
posted by Hiro at 14:33| Comment(11) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

SPL第29節 セルティック×フォルカーク

SPL第29節
    セルティック×フォルカーク
                     延期分

              4−0


【得点者】コールドウェル ヘッセリンク マクギディ オディ


【セルティック】4−4−2
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル マクマナス オディ MF俊輔 ブラウン クロサス マクギディ FWマクドナルド サマラス 
SUBフォックス ヘッセリンク ウィルソン マコート 水野 フェリー


【フォルカーク】4−4−2
スタメン:GKマジョ DFマクナマラ スコッビー バー プレスリー
 MFマクブライド オブライエン アーフィールド マクキャン FWヒグドン フィニガン

※代表戦から戻ったばかりで行なわれたハミルトン戦からたったの中3日。   セルティックは コオペレイティブインシュランスカップ決勝に進出し15日にレンジャーズと対戦した事から 前日の14日に組まれていた この29節フォルカーク戦が 4月8日に延長になった。
しかし代表戦後 疲労困憊で迎えた前節ハミルトンから中3日でのこの試合。    更に次節はまた たったの中2日で32節ハーツ戦がアウェーで行なわれる。    1週間で3試合。  なんと言う 過酷な日程なのか・・・><

V4を目指す王者セルティックだが 怪我人も多く出ている事もあり 監督も頭の痛い所。   
俊輔もいまだ右足付け根の痛みを抱えたまま、前節の試合翌日夜には疲労の中 夕方から現地サポーターとの懇親会もこなさなければならないなど 体調の調整も中々自由には行かない 厳しい日程と戦っている状態。   心配通り その翌日には体調を崩してしまった・・・

だがV4を達成するためには 苦しいが 何としてもここは勝利で乗り切らなければならない所。 
ただ一つ ようやくここへ来て サマラス ヘッセリンク等FW陣の調子が戻ってきたのが せめてもの 好材料となっている。
マクドナルドもSPL月間最優秀賞を獲得し 代表戦の疲れを見せる事無く走り回っている。   また怪我により長期離脱していたマローニが ようやく トレーニングに復帰した事も嬉しいニュース。
一方 終盤を迎え SPLでもまた様々な移籍情報が噂され始めている。  ここの所出場機会を失っているドナティがどうやらイタリアへ戻る方向で動いているようだが 果たして・・・。 
現在フォルカークはSPL最下位。  だがミスから勝ち点を落とすような事のないよう しっかり気持ちを引き締めて臨んで欲しい。

【前半】
俊輔強行スタメン。 今日もDFにはオディ 中盤にクロサス。 水野もベンチ入りした。 天気は晴れ。  フォルカークのプレスリーはもとセルティックの選手。  久々だ・・・。 
1分自陣低め 俊輔インターセプトでカウンター サマラス中央突破 も サマラスのパスが相手に渡りGK。
3分相手右サイドパス繋ぎフィニガン反転からシュート!はボルツキャッチ。 
6分俊輔キープから前線へ サマラス受け右のヒンケルへ ヒンケルクロスは大きすぎ左に流れる。 もったいない・・・
6分相手のロングボールからセルティック自陣エリア内 クリアミスで相手に、相手ヒンドンシュートはゴール上で救われる。
8分中央右俊輔 受けるとすぐさま前線のサマラスへ大きく浮き球パス! サマラス飛び出すも僅かあわせられずライン割る。 惜しい!!会場から大きなどよめき。

9分中央サマラス プレスリーに進路妨害されFKから サマラスシュートで右CK。  右CK俊輔 ゴール前いいボール 混戦の中クリアされる。

12分中央マクギドリブルから右の俊輔へ 俊輔DFを交わしエリア内へ更に積極的に仕掛けDF交わしシュート!  は惜しくもDFに阻まれるもそれをまた舞いボールに。  会場から拍手。
ヒンケルに下げ ヒンケルクロス! クリアを更に拾い右サイド 俊輔に戻るも サマラスが接触で倒れたままの為 一旦ボールを出す。
サマラス 頭を抱え悔しそうにしながら ヘッセリンクと交代。
折角 調子が出てきた所へ・・・><

19分早くも相手プレスリー 交代。 怪我か?
20分クリアから相手右CK。 ヘディングはライン割る。
22分自陣右サイドパス繋がれ 相手スローイン ボール取り返すもオディクリア遅く相手右CK与える。 
はオディクリア。 

中央クロサスから右の俊輔へ 俊輔切り込み中央へクロサスヘ エリア中央ヘッセリンクの縦パス繋ぐも撃てずブラウンへ もDFに阻まれクロサスヘ下げる。 クロサスから右のヒンケルへ クロス! もDFに当たりスローインへ。
右サイド高めヒンケルスローイン エリア右のマクドへ も阻まれ奪われるも 俊輔それを読み すぐさまインターセプト、中央へ切り込みシュート狙うもDF阻まれ打てず右ヒンケルへヒンケルクロスはDFクリア。

25分右サイドスローインからパスつなぎ 右マクギのクロスのクリアを中央からクロサスがシュート! はゴール右。
26分相手パス繋ぎ自陣に攻め込む。 も何とかクリア。

28分左サイド高め コーナー付近 マクギ倒されFK得る。 FK俊輔 から低めのクロスを二アでマクド僅か反らし? それをファーでコールドウェルが右足で合わせ見事ゴール!!!!!セルティック先制〜!!
やや嫌な時間帯での貴重な先制!!   僅かにマクドが頭で触っている事から もしかして俊輔のアシストにはならないのか???><?


30分相手ボール ブラウン後ろから強引に奪い突破〜シュート!! は惜しくもゴール右。   惜しい! それにしてもよくカードが出なかった・・ホッ

32分左サイドマクギ ヘッセリンクとのワンツーで上がり左からクロス! にエリア中央ヘッセリンク合わせられず こぼれ球を右からマクドシュート! もDF、ブラウン拾い 左のマクギへ マクギ浮玉シュート! はGK。 惜しい!
34分中盤パス繋ぎ左サイド マクギへ マクギのクロスに エリア中央 マクドヘディングはGK。  これは決めてくれ〜!!
エリア右マクドパスから右CK得る。  CK俊輔ゴールまん前落ちるボール は混戦でクリア から相手カウンターもすぐ奪い返す。

37分DF 低い位置で単純なパスミス から俊輔ヒンケルDFで左CKはクリアで右CK、 また流れ左CK、は左サイド 俊輔追いつきマイボール からカウンター と言うところで相手倒されFKへ。
39分中央俊輔接触で倒されるも無事。 左膝平気か?
フォルカークもかなりいい攻撃を見せている。 中盤での激しいボールの奪い合い続く。  倒される選手続出。  審判コントロール甘い!

43分相手エリア混戦で ブラウンファールでイエロー。  
44分中央 今度はブラウンに対するファールで相手にイエロー。 そこから コールドウェルFK エリア左ヘッセリンクが落とし マクドヘ マクド反転しシュート! は惜しくもGK阻みクリア。

45分マクドシュートクリアから左CK俊輔、ヘッセリンクのヘディングが何とバーに当たりゴールならず! 惜しい〜〜〜〜!!!!!

左サイドマクド突破から左CK得る。 CK俊輔 からふわりとしたクロスに 中央 マクマナス強烈ヘディング!が またまた何とバーに当たりゴールならず!!! 2度も続けてバーに阻まれる〜!!!><
前半終了。   1−0での折り返し。
これだけチャンスを作っている中で1−0はやや悔しい。
どちらか1点でも入っていれば・・・>< 
強行出場の俊輔も全くそれを感じさせない動きで チームを攻守に引っ張っている。 クロス CKの精度もかなりいい。 後半 早めの追加点を!!!

【後半】
47分俊輔再三高い位置でボールに絡んでいる。 右サイドでパス繋ぎ最後マクギシュート! はGK。
48分中央俊輔から前線右マクドへ一気に浮玉パス! マクド受けヒンケルとパス交換も相手に阻まれる が 再度マクドへ戻りエリア右からシュート! はゴールぎりぎり上。  惜しい!
50分DFラインからマクドへ縦パス マクドDFかわしシュート! はゴールぎりぎり上。 
51分右サイド こぼれ球相手と競り合い接触 俊輔倒されるも無事。
大丈夫か??

右ヒンケルから中央ブラウン〜左マクギへと繋ぎマクギクロス!がGK触り右CKへ。   右CK俊輔 コールドウェルとのショートコーナー から俊輔クロス! ヘッセリンク頭で合わせるもライン割る。
中々追加点が奪えないセルティック。

61分左サイドオディから 右から飛び込んできた俊輔へ 〜左サイドマクギへ マクギが再度オーバーラップした左サイドの俊輔に預け俊輔クロス! それを僅かGK触るもファーから飛び込んだヘッセリンクが 身体で押し込み2点目〜!!!  ほとんど俊輔のゴールといっていい程の最高のおぜん立て。 見事!  俊輔10アシスト?目〜!!!
64分右サイド 俊輔パス受けた直後激しく後ろから倒され左膝抱えてうずくまる。  この激しいチャージに 審判見ているはずが何と流す!!怒!!笛も吹かず! 倒れたままの俊輔にやっと駆け寄るも相手にはカードもなし。  顔をゆがめ立ち上がれない俊輔。 会場からは 審判に大きな大きなブーイング!!怒!! これはレッドでもおかしくないファールだ!!  左膝心配・・・><  これで3度目か。
俊輔 何とかプレー続行。。。
66分今度はオディへのファール。 危険!!  今度は67分自陣エリア内接触でマクマナス倒れる。
 かなり危険なファール相次ぐ。 審判もっとしっかりコントロールしろ!  

69分相手エリア左近く 右サイドからのクロスのクリアミスを拾った俊輔がまたまた 相手に飛び込まれ倒される。  かなり危険!!
いったい何度ファールをしたら気が済むのか!!怒!!  これには会場もかなり怒りを表す。  や〜〜〜っとカードが出たが さっきはもっと酷いファールだった。   審判××。 全くコントロール出来てない!!

何とか立ち上がり そこから俊輔FK、マクドの頭に合わせるもヘディングに持って行けず。  相手カウンター 中央から一気に前線にロングパス、俊輔一気に戻り 自陣エリア右からボルツへパス! が後ろから来た相手の出した足に当たり渡ってしまい相手角度のない所からシュート、 はボルツ阻み右CKへ。 右CKはクリア。 ホッ

74分ブラウンからマクギへ マクギ中央から飛び出したマクドに見事な縦パス! マクドGKと1対1も後ろから倒されシュートはゴール左へ。  これは決めてほしかった!
76分自陣左コーナー付近 スローインから俊輔受けると 一気に前線走る右サイドマクドへ超ロング浮玉パス!! 見事通るが マクド倒されスローインへ。
スローイン受けた俊輔 エリア内ヘッセリンクにパス、もヘッセリンクトラップミスで相手に。    右サイド中央 コールドウェルのDFからヒンケル右ライン際DFかわし上がり 中央マクギへ マクギ受けるとシュート!!  が見事ゴール左に突き刺さり セルティック3点目〜!!!
 
セルティック支配。  相手は攻撃チャンスなかなか作れず。

マコート準備始める。  俊輔か?
80分自陣中央 相手倒しFK与える。 触ってないが?
相手FK中央 マクキャンのFKはワンバウンドでボルツキャッチ。

81分俊輔に代わりマコートが入る。 交代時俊輔に会場からは拍手。
けがは大丈夫だろうか・・・心配
ややセルティックチャンス作れない時間帯。

87分マクギディに代わって水野入る。  左サイドオディからのパス受けた水野 エリア左から中のブラウンへパス そのブラウンのヒールパスを受けると同時にDFに阻まれシュート撃てず。  も右マコート拾いシュート! はDFに当たりライン割る。 左CKへ。
89分左CK水野、GKパンチングで大きく右へ流れたボールをコールドウェル拾い マクマナスへ マクマナスのクロスに ファーからオディが飛び込み 見事左足でゴ〜〜〜〜ル!!  何とセルティック4点目!!!


90分まクマナスからのパス受けると水野ドリブル〜エリアのマクドへ縦パス マクド撃てず 飛び込んだ水野へ、 も 惜しくも相手DFに渡る。   懸命にゴール前に絡む水野。
91分中央ヘッセリンクからのボールを受けるとエリア左水野 反転しクロス!はわずかヘッセリンクの頭に届かず。  
試合終了。  4−0. 大勝。

俊輔は28分にFKからコールドウェルの先制点をお膳立てすると 再三 激しいファールを受けるも何とかプレーを続け 61分には更に自らマクギへと出したパスから見事なクロス ヘッセリンクの2点目をおぜん立てし、 81分に マコートと後退した。    痛みを薬で抑えての強行出場もそれを全く感じさせないプレーで再三のチャンスを演出 何度も何度も危険なファールで痛みながらも81分まで攻守に大貢献した。   
ただ怪我が悪化していないか また新たな怪我を併発していないかがとても心配だ。
87分マクギディは水野と交代した。  たったの数分ではあったが 水野らしい積極的な動きで 前線で何度もチャンスを作っていた。  

疲労困憊の中もセルティックはしっかり今日も勝ち点3を手にした。
ただやっと調子が出てきたところで負傷交代したサマラスの具合はいかに・・・心配される。
一方レンジャーズもアウェーでセントミレンと対戦し1−2で勝利した。  まだまだ厳しい首位争いが続きそうだ。。。  

※本日突然のPC故障により後半からの同時速報が出来ない時間帯がありました。  ご迷惑をおかけしました。
posted by Hiro at 22:57| Comment(9) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

SPL第31節 セルティック×ハミルトン

SPL第31節
   セルティック×ハミルトン

               4−0

【得点者】サマラス×2 マクギディ ヘッセリンク


【セルティック】4−4−2
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル マクマナス オディ MF俊輔 クロサス ブラウン マクギディ FWサマラス マクドナルド
SUBフォックス ウィルソン ローフェンス マコート 水野 ヘッセリンク フェリー

【ハミルトン】前半終了時は5−4−1?
スタメン:GKマードック DFイーストン マクローリン 二ール カニング エバンス  MFギブソン マッカーシー マッカーサー ミルス FWトマス 

※代表戦を終えてのホーム戦。 SPLはこの試合からサマータイムに入った。   代表選手ばかりのセルティックはそれぞれ各国での試合を終えてグラスゴーに戻ったものの 怪我人だらけ。   GKボルツも代表での大ミスで調子もあがらないまま。
これまでマローニ ロブソンに加え 新たにマクギ そしてハートリーが膝負傷 マクマナスまでトレーニング中に足首を痛めたようで、 バーレーン戦での相当なプレッシャー&疲労と時差 そしてあちこちの痛み・・・とボロボロの俊輔も これでは試合に無理をしてでも出なければならない状態になってしまうのか。 今日はそういう意味で セルティックにとってかなり厳しい試合となりそうだ。
ハミルトンは今季昇格してきたチームだが、現在8位と頑張っている。
またハートリーも以前このチームに所属していた事がある。 セルと違って代表には関係ないのでモチベーションは高そうだ。

一方優勝を争っているライバルレンジャーズの主将MFファーガソンとGKマグレガーに何と2週間の謹慎処分が科された。
情報によるとW杯予選の際 スタメンを外された事によるベンチでのジェスチャー?が問題になり代表からも永久追放となったようだが 宿舎で飲んでいたのが原因といの情報も・・・
セルティックV4へ向け あらぬ方向から追い風が吹いてきた。
ただ疲労困憊のところへ セルティックはこの後 中3日 中2日 と7日間で3試合という超ハードスケジュールとなっている。
体調管理が難しいところだが これ以上の怪我人が出ないよう 何とか勝ち点3が積めるよう 祈るばかりだ。


俊輔スタメン。 怪我で心配されていたマクマナス マクギディも強行出場。  そしてベンチには水野も入った。
極度の疲労の中 1週間で3試合という厳しい連戦に入るが何とか乗り切って欲しい。

【前半】
マクドはグラスゴーへ昨日戻ったばかりでいきなり合流の模様。 
1分中央俊輔から左サイドDFオディへ オディからの縦パス受けマクギがドリブル突破からシュート!DFに阻まれ左CKへ。 左CK俊輔 ふわりと上げサマラスに合うもヘディングシュートに持って行けず。

4分右サイド ヒンケル上がって中央へ切り込みサマラスへ そのパスが何とDFの股間をすり抜け通り 受けたサマラス 相手DFのスライディング交わしGKと1対1.  落ち着いてゴール左に決めセルティック早速嬉しい先制〜!!!   サマラス ベンチにいるヘッセリンクまで抱き合いに行く。  ようやくサマラスゴールを決める!! 
7分左サイド低め俊輔後ろから押し倒されるも笛なし 突破されるがDFオディ対応しボルツキャッチ。  ホッ

10分DFラインから縦パスに中央 マクドスルーしたボールをサマラスが落とし マクドミドルシュート! が相手に当たってライン割り左CK俊輔、マクマナスに合わせるも相手DFクリア しかしすぐクロサスが拾いクロス! はクリアもまたマイボールに。

17分右高めヒンケルからクロス! にゴール前サマラス飛び込むもDFに阻まれ撃てず。 惜しい!
18分マクド中央ドリブル突破から相手クリアで左CK俊輔、ブラウンとのショートコーナーからマクギミドルシュート! は惜しくもゴールやや右。 惜しい!

21分中央でクロサスからのパス受けた俊輔 反転すると同時に 左サイド走り出したマクギを見逃さず一気に大きく見事なキラーパス!! マクギ受けエリア左からシュート!! 見事ゴール右ギリギリに決まりセルティック2点目〜!!!
俊輔のパスに会場からどよめき!!   マクギはバースデーゴール!!23歳!!
マクギは俊輔が振り向くと同時に思いっきり走り出した。 見事な連携!  俊輔今季リーグ9アシスト目〜!


24分俊輔見事なスライディングで相手ボール奪い返すと一気にカウンター マクドから中央マクギにパスもエリア中央 マクギDFに阻まれシュート撃てず。
俊輔疲労の中 守備でも気合見せている。

24分右サイドDF抜かれ中央パス繋がれ相手シュート!はゴール左上で救われるも味方に当たり左CKへ、相手左CKはファーで落とされるも中央 サマラスクリア後 エリア左で俊輔大きくクリア。
27分右ヒンケルから中央マクドへ マクドからの横パスを読んだ俊輔飛込み 一瞬審判にさえぎられるも俊輔中央からシュート! は惜しくもゴール右。  審判やや邪魔だった・・・苦笑いしながら首を横に振る俊輔。
29分カウンター中央で受けたサマラス 左サイド走り出すマクギへスルーパス! マクギエリア左からシュートに行くも 惜しくもGKに阻まれる。   マクドも欲しがっていたが。。。
セルティック いい攻撃見せている。  サマラス いいパスだった。

2点リードでどことなく落ち着いた感じの試合展開。 
33分相手右サイド縦パスにDFマクマナス倒されるも笛なく突破され  相手シュート! は DFに当たり右CKへ。 右CKは左へ流れる。
38分コールドウェル中央へドリブルで上がり中央マクドへ マクドDFに囲まれ右サイドへ流れたボールをエリア右で受けた俊輔DFを切り返しで交わしクロス! GKの届かない位置狙うも 味方と僅か合わず。 

40分マクギとマクドのワンツーからマクギセンタリング! は惜しくも味方に合わず。
41分中央 相手DFクリアミス拾いマクドシュート! はゴール右へ。
42分相手左CKはクリア。  

43分エリア左近くブラウン倒されFK俊輔 FKクリアが中央ブラウンに渡りシュート! はゴール左のマクマナスに当たりゴールならず。

ロスタイムなし。 2−0. 疲労の中2点先制したのは良かった。
相手にも殆どいい攻撃を許さなかった。 
2点目のマクギのバースデーゴールをアシストした俊輔のパスはこれぞ俊輔! という唸るようなパスだった。  疲労のピーク、このまま出きれば楽に勝ち点3を積みたい所・・・。   俊輔のゴールも見たい!!

【後半】
スタジアムも今日は後半に入りやや空席が見られる。
パス繋ぎチャンス狙うセルティック。
49分エリア右高め俊輔相手DF交わしクロス!が相手クリアがあわやオウンゴールと言うところでゴールネットギリギリ上へ。 惜しい!
53分低め相手のFKが長くなりエリア中央競ったボールが自陣ゴールへ! ボルツがギリギリ触り クリア。  ボルツ見事!! 調子取り戻せ!!
55分サマラス右サイドこぼれ球拾いドリブル突破! エリア内倒されるも笛は鳴らず。   サマラスキープ力戻り やや調子上がってきた模様。 
クロサスと俊輔の連携もいい。
60分DFラインからのロングパスに オフサイドなく飛び出した俊輔GKと1対1に!! も・・・惜しくもトラップが僅か大きくなりGKキャッチ。  惜しい・・・><   上がったボールとGKの位置の両方を確認しながら走っていた為 トラップに僅かなミスが・・・やはりお疲れか。
61分自陣低め 俊輔スライディングでのファールで相手FK与える FKは大きくそのままライン割る。 ホッ。。。
64分左サイドスローインからマクギ 中央へ切り込みシュート! はGK。

65分左高め 右サイドDFラインからのロングパス受けたサマラスそのまま切り込みエリア左角度のあまりないところからシュート! が見事ゴール右に決まる!!! セルティック3点目〜!!! 
サマラス またヘッセリンクの所まで行き抱き合う。 笑

68分右CK俊輔 クリアが俊輔に戻り クロス!! 絶妙なクロスだったが 僅かあわせられず左ライン割る。  惜しい!

69分俊輔に代わって水野が入る!!水野ついに復帰!!1月3日ぶりの出場!
70分マクドナルドに代わりヘッセリンク入る。
水野は今 左高めに入っている。
73分右サイド水野倒され?FK得る。 FKは水野。 低めのいいボール も僅か味方あわせられず。  水野はかなり左右自由に動き回っている。
77分相手攻撃やや活性化。  右CKから相手のヘディングがバーに当たる!! 危機一髪! 
7分マクギディに代わってマコートが入る。
79分入ったマコート 左サイドドリブル突破からエリア中央 倒されFK得る。 超いい位置!! FKは水野!! は惜しくもゴール左へ。  残念!

83分ヒンケル右サイド一気にドリブルで上がりラインギリギリからクロス!!ゴールまん前 ヘッセリンク飛び込みゴールへ押し込む!!ついに待ちに待ったヘッセリンクのゴール!!! セルティック4点目〜!!!
87分相手ドリブルからエリア中央 DF阻むもシュート!がゴールギリギリ上へ。  ホッ。
88分左サイド水野とマコート連携からマコートシュート は惜しくも左にそれる。
ロスタイム1分。 試合終了。
サマラスの2得点をはじめとする4ゴールで セルティック完勝!!
疲労困憊の中 しっかりホームで勝ち点3を積んだ。

これまでさんざん決定力不足をたたかれていたサマラス ヘッセリンクなどのFW陣が それぞれ見事なゴールを決めた。 
サマラスもようやくキレが戻り キープ力がアップ。  サマラスが決めるたびにベンチのヘッセリンクに駆け寄っていたのが印象的だった。
お疲れ俊輔もやや流し気味?に見えたが しっかり見事なキラーパスでマクギのゴールをお膳立てするあたりは流石。  また70分ほどで水野と交代出来た事も プラスと考えていいだろう。  
代表から戻ったばかりの選手達にも関わらず 4−0としっかり完勝したセルティックは やはり王者の風格か。
しかし試合はこの後 8日 11日と超ハードスケジュール。
体調管理には十分なケアをして欲しい。
posted by Hiro at 13:21| Comment(8) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

SPL第30節 ダンディU×セルティック

SPL第30節

   ダンディU×セルティック

              2−2    

【得点者】マクドナルド  ネイラー
   ダンディU サンダサ×2
【ダンディU】
スタメン:GKザルスカ DFウィルキー ケネス ヴェソロフスキ ディクソン MFコンウェイ ゴミ コヴァチェヴィッチ バウベン FWサンダサ フィーニー  


【セルティック】
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル オディ ネイラー MF俊輔 ハートリー ブラウン マクギディ FWマクドナルド ヘッセリンク
SUBブラウン サマラス ウィルソン フラッド ミシュン クロサス 水野


※29節が 先日15日コオペレイティブインシュランス決勝セルティック×レンジャーズ(N)と日程が重なり 4月8日に延期となった為 30節が先に行なわれる。

今季ダンディUとはカップ戦準決勝を含め3度対戦。  
第1戦は2節8月17日アウェー、俊輔がグロインペイン手術直後ということもあり遠征に賛同するかも判らない中 驚きのスタメン復帰、今季初出場となったこの試合でチームは俊輔の見事なアシストでハートリーが先制ゴールをあげるも 67分俊輔が交代後 チームは一気に劣勢になり同点に追いつかれ1−1のドロー。  
2戦目は今年1月3日の2009初戦。  ホームでの対戦に2点リードするも 再三相手のラフプレーを見逃され後半2失点 2−2のドローとなってしまった。
3戦目は先日レンジャーズとの決勝で優勝カップをもぎ取ったコオペレイティブインシュランスカップ準決勝での対戦。
セルティックは攻めるも相手の固い守りにゴールが最後まで割れず延長120分を戦い それでも決まらずPK戦へ。   そのPKもサドンデスでGKをも含む24人が蹴る大接戦の末 最後に2順目のマクドが決め 決勝進出をようやく掴んだ。  
今季のダンディUはプレスが早いだけではなく ファールに近いかなり厳しいチャージである事から パスを繋ぐセルティックは このように苦戦している試合が多い。  
代表バーレーン戦を直前に 右内転筋付着部の違和感も抱えている俊輔、相手の厳しいプレスがやや心配だが 昨日行なわれたレンジャーズは ハーツと引き分けている為 今日セルティックが勝利すれば一気に勝ち点差が5まで広げられる。   ここは意地でも勝ち点3を積み レンジャーズに大きくリードしておきたい!! 
俊輔は昨日21日完全合流 居残りも行なうなど 今日の試合出場には問題なさそうだが バーレン そしてV4達成の為 残された試合を勝ち抜く為に 怪我だけは何としても避けて欲しい。
ダンディUは現在5位。

【前半】
マクマナス欠場で今日はネイラー。 水野が怪我からようやくの復帰でベンチ入り。   セルティックは緑と白のホームユニ。
飢餓撲滅キャンペーンのボードがピッチに置かれている。
セルティックのキックオフ。
右サイドヒンケル〜マクド〜マクギと右サイドへ繋ぎエリアへクロス! はDFクリア。   相手カウンターから倒し 相手FKはクリアからこぼれ球シュート!と言うところで ハートリー阻止。   今度は左サイド俊輔カウンター  味方上がり遅くパス出せずそこへ相手選手両手でつかみかかり奪われるも笛。   
2分コールドウェルから大きく前線のへッセリンクにパス通るもヘッセリンクトラップミスでキープ出来ず。 もったいない・・・ そのボールを相手が奪い攻めあがる所を 右ヒンケルがスライディングで奪い それをマクギがドリブルで上がりそのままシュート! は惜しくもゴール上。
早くも激しいボールの奪い合い続く。
俊輔は左サイド。 右にマクギディ。

セルティック続けてパスが相手に当たる。 要注意!
6分中央アーク俊輔から大きく 前線右のハートリーへ ハートリー頭で落とし右のヘッセリンクがシュート? にゴールマクド飛び込むも僅かあわせられず。  惜しい!

7分中央俊輔 ボルツからのパス受けるも迫った複数の相手にパス奪われ相手攻めあがる。 ブラウンチャージでネイラーがクリアも その俊輔へのパスも中途半端で 受けると同時に俊輔相手に倒され 尚もキープしようとした俊輔に二人詰め寄り倒され また奪われる。  それを相手がクロス! もDFクリアでマクギへ。  しかしマクギも持つと同時に相手のチャージで奪われる。    ダンディUは3人がかりでボールを奪いに来る。    倒されても全く笛はなる気配なし。
ボールが中々落ち着かず。  相手の激しいプレスに皆 何度もボールを奪われている。   
14分右サイド低めコールドウェルから大きく前線に  も マクドオフサイド。  スルーすれば後ろに俊輔がいたが・・・

16分左サイド低め俊輔捕まれFK得る。 FKのクリアをハートリーミドルシュート! はゴール右上。
17分右サイド マクギ ブラウンとの連携で マクギのクロスに最後マクド飛び込むも惜しくもギリギリGK。
18分右サイド マクギから何度も攻撃を仕掛けるセルティック。
19分俊輔パス受けるも後ろから来られた相手に奪われる。 珍しい・・・。  やはり本調子ではないか??  俊輔にボールおさまらず。

22分左CKハートリー、風強い。  CKからゴール前混戦の中 一瞬相手DFに当たりこぼれたボールをGK片手で一瞬触るも 浮き上がったボールを 空かさずマクドが頭に押し込み先制〜!!!
27分右サイドオディ倒され突破されセンタリングに中央からシュート! はゴール右で救われる。   右CKクリアもこぼれ球が再三相手に渡りダンディU猛攻。   必死で凌ぐ。
俊輔があまりボールに絡めていないのが気になる。  
31分左サイド 俊輔インターセプトから一気に大きく右のマクギへパス通る も 何とマクギのオフサイド! オフサイか?????厳しい!

32分中央ブラウン相手足踏まれ相手フィ二ーにイエロー。
34分中央奪われ相手突破 エリア右 危険な位置。  ネイラー相手倒しFK与える。  相手のFKはゴール上で救われる。
相手のプレスの激しさにボールを奪われる場面が多いセルティック。
36分中央 俊輔とマクドのパス交換から最後マクドシュート!! は惜しくもGK死守。

相手のプレスは強く相当なもの。 クリアから相手右CK、俊輔大きくクリア が前線のマクギにピタリ。  マクギ突破からGK交わしシュート! も惜しくもDF触りゴール右へ。  右CK俊輔 ゴール前 混戦の中 ボールがゴールライン割ったと思われたがギリギリ掻き出されゴールならず。 惜しい〜!!

相手は素早く厳しいプレスでボールを奪うと一気に繋いでくる。 今季はこれまで先制も追いつかれる試合が多いだけに 今日は何としても勝ち点3を持って帰りたい。    右でマクギが再三上がっているだけに 左の俊輔は 中々前線での攻撃には絡めず 守備に取られる時間が多い。   また左SBのネイラーも 上がりが遅く 左からの攻撃チャンスが作りづらい状況。      今日は 右マクギからの攻め上がり戦術か??      それにしても 相手のプレスの早さ厳しさは驚くほど。  後半 絶対に失点だけは避けたい!!

【後半】
メンバー交代なし。
開始早々 中盤でボール奪い自陣エリア左へ 危険。
46分中央俊輔3人に囲まれ奪われ相手突破 クリアから右CKへ。  相手右CKから 二アでサンダサにあわせられゴール左に突き刺さり あっという間に同点に追いつかれる。。。><
49分中央今度はブラウンがボール奪われ突破から相手右CKへ。 また二アであわせられるも今度は何とかクリア。
相手のプレスに何度もボールを奪われるセルティック。
審判はいちいち笛を吹かず。 
51分中央 マクギ倒されFK得る。 かなり遠い。  FK俊輔はゴール右隅狙うも惜しくも僅かずれ ゴールならず。  

相手はセルティックのプレスを 強さ 強引さでどんどん抜けてくる。
逆にセルティックは相手のプレスが早く クリアするだけで 繋ぐ余裕がなくなっている。
 
56分相手シュートボルツ触り右CK与える。 右CKは左へ流れる。
56分中央右 ハートリーと挟んでのDFで俊輔倒されるも何故か相手ボールに。  逆だろっ! 相手中央右FKから右サイド 一気に縦パス入れられ右からのセンタリング、 セルティックDFが相手につられ一気にゴール前に上がったところで マイナスボール入れられ 中央からシュート!! がゴールに突き刺さり追加点奪われる。  2−1に。

59分相手エリアでブラウン相手の肘が顔面に入り倒されるも審判全く無視・・の審判の判定にマクドしつこく抗議しイエロー。 相当溜まっているものがあるようだ。   審判見ていない事が多い!!怒!
61分俊輔に代わりフラッド入る。  これは仕方がないか・・・
63分相手自陣で奪ったボールをマクドシュート! は大きくゴール上。
63分クリアから相手左CK は右へ流れる。
ダンディUは左サイドから何度も一気に繋ぎ攻め込んでくる。

66分左高め ヒンケルファール?で相手FK高め はボルツ何とか死守。 
フラッド入ったが 流れは変わらず。 逆にチャンスが減っていないか??
サマラス準備(水野を入れろ〜!!当たりが激しいだけに厳しいか?)
フラッドが右に移動。
73分左マクギ 味方とのパス繋ぎながら攻め込みエリア右からマクドシュート! はGKに阻まれる。

74分ヘッセリンクに代わりサマラス入る。
77分ネイラークリアミスが相手に渡りセンタリング〜シュート!はボルツ死守。  危機一髪!!
79分左スローインから中央コールドウェルシュート も何とゴール右。 決めてくれ〜!!

80分高め 右サイドスローインから エリア右競り合ったハイボールをブラウンが競り エリア中央にこぼれたボールをネイラーがボレーシュート! が見事ゴールに突き刺さり同点に追いつく〜!!!!! よっしゃ〜!!!
相手の容赦ないプレスを流している審判に対し セルティック選手達が何度も抗議!!  この審判は毎回××。  プレスの激しい試合をいつも流して荒れた試合にしてしまう!! 先日も問題になったばかりだ!!怒!!
83分中央低めネイラーのFKから左マクギ突破 左CK得る。
左CKハートリーはDFクリア。
審判の笛ならず ボール際は まるで格闘技。

俊輔の代わりに入ったフラッドは 全く機能しておらず、交代した意味なし。   
90分自陣左 バックパスを追われ ボルツのキックが短くなりライン割る。  自陣左サイド高め、相手スローインをゴール前 サマラス競り 上にあがったボールを中央で相手がオーバーヘッド!! それをネイラーが頭でクリアし(見事!)右CKへ。  相手右CKから今度はファーで頭で合わせられるも コールドウェルクリア。 も またこれも相手に渡り 更にクロス! 頭で合わせられるもようやくライン割り救われる。  ダンディU猛攻。 

相手のプレスでパスが繋げず右から大きく左に上がったマクギへ マクギも潰され ようやくここで FK得る。  FKハートリー 二ア低めでブラウンが後ろへそらすも大きくクリアされる。
試合終了。   2−2で 今季対戦4度目のドロー。 

よくぞ追いついた と言える試合内容。  これだけの激しい身体のぶつかりあいになると やはり華奢な選手はかなり厳しい。  審判を見て開始から心配だっが  相手の後ろからのプレス 手を使ったプレスも全て流されたまま。 (この審判のジャッジにはクラブ側も毎回抗議しているのだが 一向に改善されず)
相手の素早く激しいプレスにセルティックの選手は何度もボールを奪われては そこから攻め込まれた。

審判のジャッジには大いに怒りを覚えるが 俊輔がボールを持てば 複数で取り囲みチャージでボールを奪う・・・。   前半にもこの状態で俊輔がボールをキープできない場面があったが このプレスでボールをキープし繋ぐことは 例え俊輔でさえも難しいほどの状態だ・・・。   
右足付け根の違和感がありながらのこの激しいぶつかりあい戦、 ややいつものキレもなかったようにも見え (このままでは怪我もさせられそうな状態だった事から) 今日は交代も仕方ないか・・・?  
珍しくそんな事を考えもしたが 俊輔の代わりに入ったフラッドは もっとボールにも絡めず 全く機能しないまま終わってしまった。    これなら俊輔がいた方が・・・><   

しかし結局 セルティックはネイラーの見事なボレーで追いつくことが出来 ドローで終われた事は 不幸中の幸いと言うべきか。
今季のダンディUは レンジャーズより難しい。。。
俊輔は明日グラスゴーを発ち帰国する。  この格闘戦で怪我が酷くなっていない事を祈りたい。。。
それにしても帰国直前にこの試合・・・ 気分はあまり良くないが バーレーンに向け 気持ちをしっかり入れ替えて帰国して欲しい。     
posted by Hiro at 10:22| Comment(4) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

コオペレイティブインシュランスカップ決勝!! レンジャーズ×セルティック

☆コオペレイティブインシュランスカップ決勝exclamation×2
                ハンプデンパーク

      レンジャーズ×セルティック

    本日24:00〜 TV放送はありません。  現地速報同時翻訳によるかなり断片的な速報となりますのでご了承下さい。

               0−2

【得点者】オディ  マクギディ(PK)

【レンジャーズ】
スタメン:GKマクレガー DFウィタカー ウィア ブロードフッド ババツ ディビス マッカロク ファーガソン FWミラー ラファティ
SUBアレキサンダー エドゥ ボイド ノボ ダイアリー


【セルティック】4−5−1?(4−4−2?)
スタメン:GKボルツ DFヒンケル ローフェンス マクマナス オディ MFコールドウェル 俊輔 ブラウン ハートリー マクギディ FWマクドナルド
SUBブラウン ヘッセリンク サマラス クロサス ウィルソン


※俊輔移籍後 カップ戦決勝でのレンジャーズとの対決は初!
それもそのはず カップ戦の決勝でのダービーは何と6年ぶりで 過去20年で5度目の決勝ダービーとなる。
普段のリーグ戦でもかなり毎回ヒートアップするオールドファームだけに 今回 この直接タイトルのかかった決勝戦は 予想もつかない激しい戦いとなりそうだ。     審判のジャッジ一つにも戦況に変化が出る為 ラフプレーに対しては審判にも開始からしっかりしたジャッジで試合をコントロールして欲しい。    

勿論 両チームとも気合は入りまくり。 数少ないチャンスでどちらが決められるか・・・ 
セルティックは もう一つのタイトル スコティッシュカップを先日準々決勝でセントミレンと戦い 落としてしまっただけに リーグ以外に唯一残されたこのタイトルは是が非でも手に入れたい所。    
相手の厳しいプレスに消極的になりパスミス連発・・・などということのないよう 王者の意地を胸に積極的な攻撃を見せて欲しい。
この所たたかれているFW陣の決定力不足、 今日こそ そんな声を吹き飛ばすようなゴールを決めて 何としても優勝カップを掲げたい!!

セルティックはロブソン ネイラー マローニ 水野が離脱のまま。  ウィルソンだけが 何とか復帰したようだ。   サマラスの調子があがっていない為 今日もヘッセリンクとマクドナルドのトップということになるのだろうか・・・  それとも俊輔を押し上げた形に変更か・・・  決戦に向け その布陣も大いに注目されるが 俊輔が よりいい形で前線でボールに多く絡めるよう願うばかりだ。 
一方相手レンジャーズは先日ボイドとスミス監督との衝突が報じられた。  
また1月28日このカップ戦でダンディUと対戦した時はぐちゃぐちゃのピッチで苦戦。   120分の死闘の末 PK何と24人という大接戦となり勝利を掴んだ。    ピッチはその後張り替えられた模様でパスを繋ぐセルティックにとっては好材料となるか。。。

【前半】
DFにはローフェンスとオディ。 コールドウェルが上がってボランチか? マクドナルドのワントップ。  俊輔高め左か?
やはりサマラス ヘッセリンクはベンチスタート。   ハートリーが右。
レンジャーズのキックオフ!  セルティックユニは緑と白の縦じまの模様。   マクギはどうやらマクドとの2トップ気味。
マクギディ サイドから上がりコーナーへ、も審判はGキック指示。
9分マクギがブロードフッドに倒されFK俊輔、 FKからコールドウェル合わせるもGKに阻まれる。

マクギが倒されされ40ヤードFK俊輔 FKからマクマナスのヘディングはGKマクレガー阻止。
17分マクギと俊輔のパス交換から最後 マクドのヘディングシュートはゴール上。

18分マクマナスのロングボールに マクギ反応するもGK。
25分中央コールドウェルからの縦パスに反応したマクギ エリア左からシュート! は惜しくもゴールギリギリ右へ。 惜しい!

セルティック俊輔 マクギ ブラウン中心に結構攻め込んでいるか・・・?
27分エリア左からの相手シュートはゴール大きく上。
28分マクギノクロスにブラウンがあわせるも 僅かあわせられず。
29分ラファティが右サイドヒンケルを交わして抜け クロスをあげられるが クロス高く救われる。

30分ブラウンファール受けFK俊輔 はファーポストのローフェンスに合わせるもヘディングは滑って?ゴールならず。
31分マクギがインターセプトしてウィタカーを交わしパス! それに反応したブラウンがボレーシュート! はゴール上。 
セルティックが支配しているか!? がんばれ!! 
マクギとマクドがチャンスを作るも 相手DFウィタカーに何度も阻まれている。

35分DFラインマクマナスから一気に大きく前線左のマクドへ! マクド倒されるも審判笛なし。
38分マクドがウィアーのパスを奪おうと狙っている。 
42分相手右サイド突破からクロス に エリア中央からシュート! はゴール大きく左上。  救われる。
42分俊輔からブラウンに一気にロングボール入れるもブラウン ボールキープ出来ず 相手に奪われる。

43分ヒンケル ラファーティに対するファールでイエロー。
相手FKはメンデス は壁に当たり救われる。
44分相手ラファティの右サイドからのシュート はボルツのファインセーブ! でCK与える。   そのCKはクリア。 

前半終了。   英字速報のイメージでは ややセルティックが優勢にとれるが 前半終了間際には レンジャーズに攻め込まれる場面もあったようだ。  0−0での折り返し。
前半やはり 枠を捉えたシュート セルティック6に対しレンジャーズは1.  後半この調子で何としても先制ゴールを!!!
ピッチも何とか張り替えたおかげで無事の模様。 俊輔もかなり動きまくって攻守に絡んでいるようだ。

【後半】
先ずピッチに現れたのはレンジャーズの選手達。
46分いきなり 相手ラファティのシュートはゴール上。
48分右サイド俊輔から前線のマクドヘ マクド落とし右のマクギへ マクギ上がりクロス GKスレスレのボールにマクドはシュート撃てず。 
53分マクギがドリブル仕掛けるも相手DFに阻まれる。
俊輔は 左右かなり自由に動きまわっている模様。 気合入りまくりの俊輔!!
58分セルティックのカウンターから最後マクギのシュート! はゴール大きく外れる。
58分相手ミラーに代わってノボが入る。 
63分マクギが倒され俊輔FKはGK弾いてCKへ。 ノボもイエロー出る。
64分俊輔の左CKからオディがヘディングで合わせるもゴールならず。
65分マクギに対するファールでウィアにイエロー。
69分左CKハートリーから ゴール中央 ローフェンスが飛び込みヘディングシュート! がゴールやや右 ライン入ったかと思われるところで メンデスがクリア。   惜しくもこれはゴールにはならず。  惜しい〜〜〜!!! 
完全にセルティック優勢の展開か。 俊輔がボールに良く絡んでいるようだ。
71分オディにイエロー。
72分ハートリーに代わりサマラスが入る。
74分相手ノボシュート はボルツ。
76分ラファティに代わりボイド入る。
78分マッカロクにマクギに対するファールでイエロー。
俊輔 ブラウン中心にセルティック優勢の展開も中々ゴールだけが割れず・・・><
81分マッカロクに代わってデイリー入る。

85分右サイド高め 俊輔後ろから倒されFK得る。  いい位置。
俊輔FKはGK。
85分コールドウェルシュートはDFディリーにブロックされる。
90分右サイド高めスローインから俊輔DF交わしクロス! はゴール前コールドウェル合わせるもそのままライン割る。
後半終了。   セルティック優勢に試合を進めるも 再三のチャンスに決められず 結局0−0.
選手達は給水。  またまた延長戦へ。  がんばれ〜!!!

【延長前半】
中央からのロングボールに前線サマラス競るも相手に。
エリア左マクド倒されFK得る。  俊輔FK!!!いい位置!!!
俊輔FKからオディがヘディングシュート!! それがGKの頭上を超えゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!!
セルティック先制〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!俊輔アシスト!!

3分カウンター エリア中央でマクド倒されるも審判笛なし 怒!
4分中央右俊輔〜ブラウンへ ブラウンからのパス受けたサマラスがシュート! はクロスバーを越える。  俊輔は現在定位置に。

守れ〜!! 何としても守りぬけ〜!!!!
俊輔 攻守に見事な活躍!!
6分ヒンケルのパスを受けた俊輔が ターンし前線にあがったブラウンに一気にパス! エリアギリギリからブラウン左足シュート!! はバーギリギリ!!惜しい!!
俊輔から 何度も何度もチャンスメイク!!
マクドも献身的に前線からプレスかけている。  相当な疲労が考えられるが。
7分 レンジャーズ自陣から出る事が出来ない!セルティック猛攻!

98分俊輔が相手のバックパスを読み追った為 相手のGKがあわててクリア。 それが何とGKボルツまで届く。 笑  俊輔いいぞ!!
相当な気合が感じられる。

105分遅れ気味のファールでマクギディにイエロー。
オディがウィルソンと交代。   ウィルソン怪我から復帰!!
頼むぞ! ウィルソン!!

【延長後半】
108分 マクギ低い弾道シュート! は枠捉えられず。
レンジャーズ高め左サイドスローーインからエリア内へ はクリア。  
110分マクギが後ろからのスライディングで倒されFK得る。 FK俊輔 は時間稼ぎでマクギとパス交換 マクギはサマラスへ繋ぐもパスミスで奪われる。
時間稼ごうと左サイドから左高めサマラスへ これもサマラスキープ出来ず相手に奪われる。 ><
あと8分!! 守ってくれ〜!!!!!
114分左サイドのマクギがDFを交わして中央マクドにパス マクドがブラウンとのワンツーでマクドシュート! はGKが弾き右CK俊輔。
右CK俊輔 ファーエリアのマクギへ大きく出したクロスをマクギキープから味方へパス はまた相手に奪われる。  
も それを中央でDF大きく蹴り前線へ。   皆でカバーし合っている!
がんばれ〜〜〜〜〜!!! あと2分〜〜〜^!!!!! 

中央低めから前線右のサマラスへ サマラス突破も相手に倒される。
サマラス ヘッセリンクと交代。 ロスタイム3分!!
マクギが左サイドから突破し エリア左GKと1対1になろうとした所で 相手DFに倒され何とPK〜〜!!!!! 相手DF一発レッド!!
マクギのPKは!!!?  見事ゴール〜〜〜!!!!!!!!! 
セルティック2点目〜!!!!!
試合終了〜〜〜〜〜!!!!!

セルティック 0−2の勝利!! ついに!ついに!! 今季初タイトルゲット〜〜〜〜〜!!!!! 俊輔決勝点アシスト〜〜!! もう最高〜〜〜!!!
試合終了後 カップの授与が行なわれる模様。
階段をあがって貰いに行くとの事(ナビスコみたいに?)
ブラウンに続き 俊輔らしい。 階段を降りると緑の帽子を一人一人貰える模様。  (ブラウンはやんちゃっぽく帽子のツバを後ろへ向けかぶっていたらしいが) 俊輔は笑顔で帽子を貰っていた模様。
選手達が次々カップを次々掲げているらしい。  マクギがしっかりとストラカンと抱き合っているらしい。 
あ〜〜〜〜映像が見たい〜〜〜〜!!!>< 

ついにセルティック 今季初タイトルゲット!! ハンプデンパークで行なわれたこのカップ戦決勝。   6年ぶりという カップ決勝でのダービー対決で セルティックはマクギをマクドと共にトップに置く初布陣で臨み 俊輔 ブラウン マクギを中心に ボールを支配、最後まで各々がしっかり自分の仕事を果たし ミスをカバーしあいながら 最後までチャンスを作り続け ライバルレンジャーズに殆ど仕事をさせないほど 見事な試合を見せた。    ゴールかと思われた惜しいシーンがあったがゴールは割れずついに0−0で延長戦にまで突入。

しかし延長戦に入って直ぐ 俊輔のFKからのオディの先制ゴール。  そして終了間際のマクギの突破からのPK と 先日のスコティッシュカップ敗退を 吹き飛ばすような気合で あの永遠のライバルレンジャーズから ついに 優勝カップをもぎ取った!!!
最高〜〜〜〜〜〜!!!!!! このタイトルは 俊輔が移籍した2005−6シーズン依頼の3年ぶりだ!!  14度目の優勝!!!

※こんな遅くまで(朝早くまで?) 皆様お疲れ様でした!
いい気分でお休み下さい。   
posted by Hiro at 14:26| Comment(11) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

ホームカミングスコティッシュカップ準々決勝 セントミレン×セルティック

☆ホームカミングスコテッシュカップ☆

【5回戦 準々決勝】

    セントミレン×セルティック

※本日カップ戦の為 TV放送はありません。 映像なしの現地英字速報翻訳による かなり断片的な速報となりますので御了承下さい。

              1−0

【得点者】Stミレン メーメト(PK)


【セントミレン】
スタメン:GKスミス DFロス ポッター へイニング カマラ MFドーマン マレイ トムソン ブレイディ FWメーメト ダーゴ


【セルティック】
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル マクマナス オディ MF俊輔 ブラウン クロサス マクギディ FWマクドナルド ヘッセリンク
SUBブラウン サマラス ハートリー ローフェンス コンロイ



※スコティッシュカップ5回戦。 相手は前節ホームで 俊輔のハットなどで7−0の大勝をもぎ取ったセントミレンだ。
しかし今回はアウェー  毎度の事だが カップ戦は一発勝負の為 相手がタイトルを取ろうと 死に物狂いでぶつかってくる事が予想される為 決して気は抜けない。    セルティックは昨季 CIS杯敗退と共に このスコティッシュカップも 第5回戦で落としている。   アウェーでアバディーンと対戦し先制され ようやく追いつきドロー、追いついた事で第2戦をホームで戦える事になったにも拘らず ホームでもGKのキャッチミスから相手のファーストシュートで先制され 結局再三のチャンスメイクも最後まで追いつけないまま 屈辱の敗退を強いられてしまった。
しかも28日の対戦後 セントミレンはホームで連続2試合の中3日、 セルティックはアウェー2試合の中2日・・・と状況からみてもセントミレンがやや有利な状況での対戦だ。   かなりの疲労が心配されるが 7−0の大勝は忘れ しっかりと勝負にこだわり準決勝へと着実に駒を進めて欲しい。

【前半】
開始早々2分相手の右CKはDFクリア。  もクリアミスが相手に 直後相手エリア右からダーゴシュート! はボルツ見事なセーブ! 
6分ヒンケルのクロスから ヘッセリンクシュート! しかしエリア近くからのシュートはゴール左に反れる。

9分セントミレン左CKはDFコールドウェルクリア。
12分へイニングのヘディングシュート!はボルツキャッチ。  ボールポゼッションは54:46. セントミレンがやや上回っている。
セルティックあまり目立ったプレーがまだ出てこない。。。
15分マクギドリブル突破〜俊輔 クロス!にマクド頭で合わせゴールするも何とオフサイド。
16分オディ 相手ダーゴと衝突 傷むも無事。

29分マクドのパスを受けたマクギがエリア左からシュート! はGKセーブ。     ようやくここへきてセルティックのボールポゼッションがやや上回る。 43:57。
39分相手ロスのファール受けた俊輔FK得る。  しかしかなり遠め 27メートル以上ある模様。  詳細掲載されず。 スローインへ。
39分俊輔カマラに露骨なファール受け倒されるも審判は無視!怒!
43分今度はマクドがマレイに倒されFK得る。 エリア左約24メートルほど FK俊輔。  俊輔のクロスはカマラクリア。
前半終了。  前半枠を捉えた相手のシュート4本に対し セルティックはたったの1本。     英字を追っていても殆ど目立った攻撃チャンス掲載されておらず。。。セルティックかなり苦戦か・・・>< 

【後半】
50分エリア外からのマクギのシュートはゴール右。
51分俊輔の左CKから 二アのオディの頭に合わせるも惜しくもクロスバーに阻まれる。 惜しい〜!! 
55分右サイドやや高め 俊輔右サイドからのパス受け中へ、中央から左サイド味方へとふわりと出したはずのパスが 滑ったのか 短く中途半端に。   それを相手ダーゴに奪われ すぐさまクロサスがチャージに行くも交わされ、 ダーゴは一旦味方に預けそこから一気に前線へ、 オディ マクマナスが二人でDFにいくも それをも交わされ エリア内へ、 我慢できずにマクマナスがエリアやや右で右後ろからスライディング!   確かにボールへいったものの 右足に僅かかかり ダーゴが倒れる。    審判は空かさずマクマナスにイエローを提示。    何とPKを献上・・・><
メーメトーのシュートはゴール右下に決め先制を許す・・・ ボルツは逆を突かれてしまった。  
最悪・・・><


59分右サイド マクギ倒され相手ドーマンにイエロー FK俊輔 はDFへイニングクリア。 
60分右サイド 俊輔がカマラに後ろから倒されFK俊輔 二アに合わせるもクロスはカマラがクリア。
64分中央やや左 遠め Sブラウンがマレイに掴まれファール受け FK俊輔。  ゴールから35ヤード。  遠すぎ。 俊輔FKのクリアを更に拾い クロス! それをコールドウェルがゴール前に送るも GKがキャッチ。  味方触れず・・・。 

69分俊輔の右CKは 二アに高めに入れるも ロスがクリア。
70分ブラウンへのファールでトムソンにイエロー。
70分左サイド相手のハイキックで相手トムソンにイエロー。 
左サイド いい位置でのFK俊輔、 足裏の土を取る。 ふわりと高くあげたクロスに ヘッセリンク ゴール前飛び込むも 上がった右手にハンド取られる。   ヘッセリンクにイエロー。
72分相手右CKからクリアミス こぼれ球が相手に渡り ダーゴがシュート! は マクマナスがブロック。

74分クロサスに代わりサマラスが入る。
76分右サイドマクギのドリブルから下げヒンケルゴール前へクロス! 相手クリアのこぼれ球をオディ拾いクロス! はゴール前味方合わせられずクリア。
79分エリア中央右 激しい倒しあい3連続。 最後ハーフウェーラインでブラウン倒されFK、コールドウェルFK ゴール前に大きくクロス入れ 中央でヘッセリンク競るも ヘディングはゴール右へ。 ライン割る。
81分相手左サイドからダイレクトで繋がれ抜け出されエリア左からドーマンシュートはボルツセーブ。 そのこぼれ球が更に相手に渡るもマクマナス スライディングでセーブ。 

82分右サイド マクドキープからクロス! に ゴール前ヘッセリンクのヘディングシュート!はGKセーブ。
82分オディに代わってコンロイ入る。 
85分左サイド抜かれメーメトのカウンターから最後ダー後のシュート!はGKセーブ。  

86分右サイドパス回し マクギ突破 相手のファールからFK得る。 右サイドライン際FK俊輔、 二ア低めいれるもDFクリアから左CKへ。   左CK俊輔 かなり高めのボールをゴール前に入れ ヘッセリンクがピンポイントであわせヘディングシュート! も何とこれもGKのまん前でキャッチ。  決定的チャンス!! 惜しい!!  
87分マクギからマクドヘ繋ぎ マクド相手DF交わしてのシュートはGKにセーブされる。 惜しい!  時間がない〜!!!><

88分マクギが右タッチライン際でドリブル突破を相手クリアで右CK俊輔、 ヘッセリンクのヘディングはGKセーブ。
89分トムソンのマクギへのファールでFK得る。 中央遠めFKはトムソンクリア。
マクドへのファールで俊輔FKからコールドウェルミドルシュートはDFに当たりクリア。
ロスタイム3分。  何とか追いついてくれ〜!!!

試合終了・・・><   何とPK負け・・・><
やはりアウェーでの中2日(しかも連続)カップ戦の難しさがでてしまった。。。 
PKになったきっかけは 中央での俊輔のパスミスが原因といえるのか・・・
セルティックは前半中々自分達のペースがつかめず苦戦。   後半俊輔を中心にセットプレーなどから何度もチャンスを作るが相手の 必死の守りに最後まで決められず。     俊輔はDFカマラに何度もファールギリギリのプレスを受けるも 流される場面が多かった。
かなりの疲労が出ていたことは間違いないが こうなったら仕方がない コオペレイティブでのレンジャーズ戦で 何がなんでも勝利をもぎ取ろう!!!   俊輔 マクマナスが落ち込んでいない事を祈るばかりだ。
試合後に 何か言ったのか ヘッセリンクもイエローをもらっているようだ。
posted by Hiro at 08:23| Comment(10) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

SPL第28節 キルマーノック×セルティック

SPL第28節

 キルマーノック×セルティック

             1−2

【得点者】マクドナルド×2
  キルマ:インビンシブル

【キルマーノック】4−4−2
スタメン:GKコンブ DFクランシー リリー フォード ヘイ MFハミル ブライソン パスカリ インビンシブル FWフェルナンデス カイル


【セルティック】4−4−2
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル マクマナス オディ MF俊輔 ブラウン クロサス マクギディ FWサマラス マクドナルド 
SUBフォックス ローフェンス ハートリー フラッド ハッチンソン コンロイ マークミラー 


※3連続ドローからついにレンジャーズに首位を明け渡したセルティックは一転 前節セントミレン戦で 俊輔のハットトリックをはじめとする7得点激勝で 一気にまた勢いをつけた。   今日はアウェーではあるが  前節のような2列目3列目からの飛び出しで 積極的にゴールを狙って欲しい。   MFながらSPL得点ランキングに堂々とFWと並び名を連ねている俊輔、 今日も2桁目指して強引にゴールをこじ開けて欲しい。  
尚 この所の決定力不足が指摘されているFW陣だが 今日は 前節PKを外したヘッセリンクが 累積で出場停止。   またマクドとサマラスの布陣が濃厚となるのか・・・。
ロブソン マローニ に続き 水野 そして前節ネイラーまでもが負傷でピッチを降りた。   怪我だけはしないよう充分集中して試合に臨んで欲しい。 
一方キルマーノックは 現在9位。  今季これまでの2対戦では アウェーで1−3勝  ホームで3−0勝。     キルマといえば あのユニを振り回した俊輔の優勝決定FKをはじめ これまでに 俊輔だけで8ゴール奪っている いわゆるお得意様だ。     
今日も アウェーでの俊輔ゴールを大いに期待したい。  

【前半】
気温4度。 選手入場と共に大きなブーイング。 カメラが俊輔を追っている。 やる気満々といった表情。  ベンチには新しくコンロイとマークミラーが入っている。
2分左サイド オディのクロスに前線左上がったマクドヘ マクドトラップでキープしエリア進入〜GKと1対1シュート! が 何とゴール右に外れる!!   決定的チャンス!!! 今日もFWのゴールは決まらないのか!!!???><

4分中央マクドからのパス受け飛び出した俊輔受け エリア左へ シュートは相手DFの足に阻まれ左CKへ。   左CKはいいところ落ちるもクリア。
5分中央 ブラウン相手に引っ張り倒され怒り! 言い合いに審判入る。 これは完璧相手のファール。    相手のプレス激しい!

6分右サイドコールドウェルから中央俊輔に鋭いパス! それを受けた俊輔反転しミドルシュート!! は惜しくもギリギリゴール左!!
惜しい!! 前節のミドルを思い出す積極的シュートに会場からは大きな俊輔コール!!
10分俊輔中心に右サイドでパス繋ぎチャンス狙う。 ブラウンから受けた俊輔 DF合間通しエリア前のサマラスへ、も サマラスパスミスで相手へ。  サマラス 相手にボールを奪われる回数が今日も多い。 もっとボールを大事にしてくれ!
キルマは早くも引き気味?  ピッチはマザウェル程ではないが エリア内はどろどろ。

13分中央低め嫌な位置。   コールドウェル競り合いで相手倒しFK与える。    相手FK直接狙うもゴール右で救われる。
ボールポゼッション35:65.
17分DFラインからロングボール前線に入れるも相手に渡りそこから繋がれ左CK与える。   相手左CKはクリア俊輔〜サマラスへ、 もDFクリア。
19分中央やや右サマラス倒されFK得る。   早くも俊輔コールが起こっている。  しかしかなり遠い。 FKは壁に当たり上へ 左CK得る。    クリアをまたクロサスミドルへ行くがDFの足に阻まれる。 
21分左サイドブラウン相手倒しFK与える。 かなり遠め。 相手FK〜クロスは相手ファールで笛。   23分相手右スローインからクリアを俊輔繋ごうとバックパス これがあと僅かで相手に渡りそうになりマクマナスがスライディング、 相手倒れるも笛なくホッ。(俊輔この位置でのあのバックパスは×だ〜  笛が鳴っていたら超危険な位置でのFKを与えた事になる!) しかし笛はならず事なきまま ブラウンから前線マクドへ が マクドパスミス?(これは味方察知遅)でまた相手に。  取り返そうとクロサス相手倒しFK与える。  
24分中央相手FKはクリア。 相手両サイド高めからのスローイン与えるもこれは何とかクリア。  ややキルマの時間か?

26分中央でパス繋ぎブラウンから左オディへ オディ ダイレで左マクギへ繋ぎ、 マクギ相手DFを交わしながら仕掛け 中央クロサスへ、クロサス エリア内マクドヘ縦パス! マクド切り込みDF交わしシュート!! が見事ゴール右に突き刺さる!!!セルティック先制〜!!
ややキルマに流れが傾きはじめたところでの先制ゴール!! ようやくFWの得点〜!!

30分中央 相手に奪われたボールをブラウンがインターセプト 一旦左のマクギに預け マクギからエリア左へ上がったブラウンにスルーパス! ブラウンエリア左からシュート! は惜しくもGKの足に阻まれ左CKへ。   左CKはファー狙うもクリア、 もまた直ぐにマイボールへ。
31分中央左俊輔 一旦左のマクギへ預けてのマクギとのワンツー?から飛び出し 受けると同時に今度はオーバーラップしたマクギへスルーパス! マクギGKと1対1! マクギシュートが惜しくもGKの左手に阻まれクロスバー直撃!! 惜しい〜!!!  二人の連携見事!

34分左CK俊輔クリアをマクギ拾い繋ぐも次 ライン割る。
35分自陣右からの相手クロスをボルツ触り 相手左CKへ。
相手左CKからゴール左で触った相手にコース変えられ流れ ゴール右からシュート!が 何とゴールに・・・>< 同点に追いつかれる。 

38分中央ブラウンから左マクギへ マクギドリブルからシュート! は惜しくもGK。   マクギ今日は切れている感じ。
40分コールドウェルから一気に前線マクドヘ マクド落とし俊輔受けると 左マクギに丁寧なパス! マクギ〜中上がったオディへ オディ低めのクロス! にゴール前FW合わず 俊輔飛び込むも撃てず空振り? 更にファーのサマラスもあと僅かでクリアされる。 惜しい!

同点に追いついたキルマが活性化。 ややルティック 嫌な時間帯。 
43分左CKクリアからマクギ突破〜右サマラスへ繋ぐも 相手クリア。  右サイドスローインヒンケル、一旦マクドヘ預けクロス! はエリア内クリア。
45分中央 マクマナスファールで相手FK、ロングボール入れてくるが何とかクリア。
前半終了。 1−1での折り返し。
前半セルティック優勢も 同点に追いつかれてからは一気にキルマが盛り返してしまった。   後半何とか早めに追加点を奪い流れを引き寄せたい。   サマラスとマクギFW2人の絡みが殆ど見られないのが気になる。  
レンジャーズも現在インヴァネスに0−0.  頑張れセルティック!!
【後半】
ピッチかなり悪くなってきた。要注意。  そのせいかややパスが中途半端になることが多い。    中々ボール落ち着かず。 
49分相手低めFKからロングボールが自陣近くでバウンドしそれを打たれるもゴール上。   危険!
51分左サイドでパス繋ぎマクドセンタリング! DFに当たりこぼれたボールを味方シュート! がDFに当たりあがリ右CK得る。   右CK俊輔 二アのサマラスにポンポイントもサマラス 相手に抱え込まれ倒される、笛なし!怒!!これはファールだ!!

53分俊輔から前線サマラスへ 俊輔それを欲しがり右へ上がるもサマラスのパスは違う方向へ・・・ライン割る><   サマラスそろそろ交代は・・・?

57分右サイド〜ヒンケル上がり中央クロサスへ〜ブラウン ブラウンシュート! は押しくもゴールギリギリ上。 惜しい〜!!
58分相手FKからクリアがまた相手に戻りクロス! を抜け出した相手に撃たれるも ゴールギリギリ右で救われる。  危機一髪!!!
59分右サイドパス繋がれクロス にヘディング飛び込むも触れず救われる。   キルマ猛攻。  
60分カウンター 俊輔〜サマラスへ  また俊輔に戻り右サイド高め相手DF交わしクロス! は惜しくもGKキャッチ。

62分中央右相手FK、はクリアから俊輔カウンター 左サイド マクギ突破から左CK得る。  左CK俊輔 ゴールまん前 マクマナスの強烈ヘディングシュートは 何とGK弾きゴールならず。  決定的!!
67分左サイド高めマクギ倒されるもファールなし 怒! 直後今度はマクギが相手を足し 一気にヒートアップ!! が 参戦したオディにイエロー 相手にもイエロー。
また味方パスミス出始めた。  俊輔から前線サマラスへ。 サマラスDFに阻まれ撃てずライン割る。

72分俊輔から ゴール前サマラスへ サマラスまたパスミスで相手に。    いい加減FWの交代はないのか!?
75分カウンター 右ヒンケル上がり右CK得る。  CKはファー狙うもGKキャッチ。 
77分 ようやく サマラスに代わりハッチンソン入る。  ヘッセリンクがいないのが なんとも痛い・・・><  

80分左サイド マクギドリブル突破から中央マクドヘ マクド反転して切り込み DF交わしシュート!! が見事ゴール左に突き刺さる〜!!やっとやっと追加点〜!!!  大喜びのチームメイト 一気にもみくちゃに!  マクドお見事〜!!! ようやくマクド調子戻った!!
82分コールドウェルクリアが右CKに・・・><余裕あったが。
カウンター俊輔 からヒールパスで繋ぎヒンケル〜左オディへ展開 ライン際 DFに阻まれるもこぼれ球俊輔拾いマイボールに〜右ヒンケルへ ヒンケル切込みシュート!はDF足に阻まれ相手ボールに。

84分エリアアーク付近 ブラウン倒され相手にイエロー FK得る。 やや近すぎるか・・・かなり壁も近い。
俊輔FK 壁穴からファーを狙うも壁に当たり大きく上に上がる。 上に上がったボールを俊輔更に拾いマイボールでパス繋ぎ オディからエリアのマクドにスルー! は惜しくもオフサイド。 
レンジャーズ 0−0で引き分けている!! このまま守ればまたセルティック 首位に!!! 頑張れ!! 
88分俊輔〜 最後マクギクロスクリアから左CK得る。
左CK俊輔 マクギとのショートコーナー〜味方クロス はライン割る。
守れ〜!!! 守りきれ〜!!!
セルサポ レンジャーズの引き分け?知って 大喜び!!!
いや!!最後の最後にPKでインヴァネスが1点とったらしく レンジャーズが負けた模様〜〜〜!!! (インヴァネスは現在最下位だが レンジャーズを下した形に! さんきゅ〜♪)

最後まで気を抜くな セルティック!!

試合終了〜!! 1−2の勝利!!
セルティック勝ち点3差で また首位へ〜!!!!! 
今日もサマラスの調子が上がらない中 マクドがしっかり決めてくれた。   同点に追いつかれてから かなりキルマが盛り返し 難しい試合になってしまったが 結局ゴールへの積極性が勝利を引き込んだ。
レンジャーズの負けで セルティックは また勝ち点3リード、 早くも首位を取り戻した。
posted by Hiro at 12:38| Comment(15) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

SPL第27節 セルティック×セントミレン

SPL第27節
 セルティック×セントミレン

              7−0exclamation×2


【得点者】俊輔!俊輔!クロサス!ブラウン!俊輔!ブラウン!OG
    (俊輔×3 ブラウン×2 クロサス OG)

【セルティック】4ー4−2
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル マクマナス ネイラー MF俊輔 ブラウン クロサス マクギディ FWマクドナルド へッセリンク
SUBフォックス オディ ハッチンソン サマラス ローフェンス ハートリー オディ

【セントミレン】4−5−1?
スタメン:GKスミス DFロス ポッター へイニング カマラ MFマレイ ドーマン メイソン ブレイディ トムソン FWメーメト※カマラは元セルティック 2005−6シーズン俊輔も一緒にプレーした  

※アウェーマザウェル戦では 泥んこピッチと 再三繰り返された相手の悪質なファールに苦しみ無得点 3戦連続ドローという悔しい結果で ついに首位をレンジャーズに明け渡してしまったセルティック。
しかし 4連覇達成の為には もうこれ以上負けは許されない。
先ずは今日 ホームでしっかり勝利して 常勝クラブの勢いを取り戻して欲しい。    ここの所FWの決定力不足もあるだけに 俊輔をはじめとする2列目3列目からの積極的な飛び出しからのゴールを大いに期待したい。
セントミレンは現在9位。  

一方地元紙で様々取り上げられている俊輔の移籍話について Sブラウンがコメント。  「彼はおそらく今このチームで一番の存在だしその才能は怖いほど。  自分も彼がまだ残ってくれる事を祈っているし 他の選手も 例え小さな望みであろうとも NAKAが留まってくれるよう 皆が説得している。  自分はNAKAとの連携も合うし 彼は殆どボールを失わない、 かといってボールを自分だけで持ち続けるような事もしないし ボールを持てば素晴らしいプレーをする  
彼はいつもジムでトレーニングしていて 練習や試合が終わった後でさえもジムでトレーニングするほど 熱心でひたむきなんだ・・」と・・・
とても尊敬する選手であり セルティックに是非残って欲しいとコメントしている。

嬉しいこのブラウンのコメントから 今では皆から尊敬される存在となった チームの核 俊輔の姿が見えて来る。    
「NAKAがいなくなったら我々は皆 職を失うかもしれない」とまでストラカンに言わせた俊輔の人間性。  プロサッカー選手のお手本としてセルティックで まだまだ若手を引っ張っていって欲しい気持ちもある。    是非もう一度立って欲しい あのチャンピオンズリーグの舞台。    そのためには何としても勝ち点を積んで 先ずはしっかり優勝を手にするしかない。。。 


【前半】
中盤には今日はクロサスとマクギ。 コールドウェルはDFに。 ローフェンスとサマラスはベンチ。    前節からすると予想通りの布陣か。  
試合開始早々 驚くほど早いパス回しで攻め込んできたセントミレン。
中盤 相手のプレスもかなり早い。  
3分右サイド高め カマラ ブラウンにかなり激しいタックル。 危険。
5分俊輔から左ネイラーへ ネイラークロスに 中央 ブラウンゴール背負ってのシュートは枠捉えられず。
今日は 俊輔 中央に入って良くボールに絡んでいる。  
9分中央やや右 受けた俊輔 前線を見ると一気に ゴール前へッセリンクにピンポイント へッセリンク頭で落とし 味方シュート行くもDFに阻まれる。  惜しい・・・

11分中央左ダイレクトパス繋がれ相手中央からシュート! はDFマクマナスに当たってゴール上へ 右CKへ、 右CKはクリア。から

12分カウンター、 左サイドマクドからマクギへ繋ぎ マクギドリブルから 上がった マクドへ マクドエリア左からシュート! はGK。  惜しい!
14分俊輔〜右ヒンケルへ ヒンケルクロス に ゴールファー ヘッセリンク飛び込み頭で合わせるも ゴール上。

15分DFマクマナス ドリブルでじりじり上がり 確実に 中央の俊輔へ、 俊輔受けるとドリブルで上がりそのままミドルシュート!!! が 何とGKの手を弾きゴール右に吸い込まれる〜!!!!!
セルティック先制〜!!!!! 俊輔強烈右足ゴール!!!!? 
見事としかいいようのないゴール!!! (コンフェデのブラジル戦を思わせるシュートだ!!)
しかし シュートと同時に激しく倒される。  大丈夫か? 右でもあれだけ強烈なシュートが撃てる・・・!すげっ!


21分ネイラー負傷でオディと交代。  普通に歩いてはいるが。 
俊輔が 完璧に試合をコントロールしている。
23分左サイドクロサスから大きく右のヒンケルへ ヒンケル高め追いつきクロス! にゴール前 マクド ヘディングシュート も ゴール左・・・><これは決めてくれ〜! 殆どフリーだった!

24分右からのパスを受け中央俊輔 一気にエリアのマクギに縦パス! マクギシュート! は惜しくもDFに阻まれる。

27分コールドウェル中央ドリブル突破 からエリア左のマクドヘ マクドシュート直前に後ろから倒されPK〜!!! 相手ロス一発レッド。
へッセリンクPK.  
・・・も何とへッセリンクのPKはGKの足に阻まれゴール割れず。 決めてくれ〜!!!!!!!!!ゴールが遠いFW陣・・・>< >< 

33分中央クロサスからのパスをマクドがスルーし走りこんだ俊輔受ける 一瞬右を見るがヒンケルおらず 更にDF3人引き連れたまま上がりDF交わし ヒンケルの上がり待つもまだ上がらず。  3人に囲まれたままヒンケルへパス・・・わざと出したか? 
それでもヒンケル上がらず・・・><  (このパスで上がれを指示)

35分DFライン 俊輔味方と挟んでのインターセプトから中央へドリブル突破し 俊輔から右に上がったヒンケルへ ヒンケルから 中央高めエリアライン際に上がった俊輔へ戻る と同時に一気に詰めた相手DF数人を交わし俊輔すぐさまシュート!!!  が GKをも交わし何とゴール右へ突き刺さる〜!!!!!
俊輔2点目〜!!!! すげぇ〜!!!!!見事!!!!!今度は左足。  受けると同時の素早いシュートが効いた!  飛行機のように両手を広げ 駆け寄ったヒンケルを指差しハイタッチする俊輔にチームメイトが次々駆け寄る。  ヘッセリンクのPK失敗の嫌な雰囲気をこれで一気に吹き飛ばした!!

会場は大盛り上がり!!
40分ヒンケル右サイド上がりクリアから右CK得る。 CK俊輔 へッセリンクあわせるもライン割る。
42分左マクギドリブルからクロス にへッセリンク 戻りながらのヘディング は ゴール上。

43分クロサスから左マクギへ マクギのパスクリアをコールドウェル拾い中央右のヒンケルへ ヒンケルからゴールまん前のヘッセリンクへ ヘッセリンクオーバーヘッドぎみのシュートはGKに阻まれDFクリア、 左CK得る。
左CK俊輔 ゴール前 コールドウェル?のヘディングは クロスバーに当たる。  惜しい!
44分左サイド マクギ〜マクドへ エリア内左そのままオーバーラップしたマクギ 受けセンタリング! にゴール左 ヘッセリンクシュートもゴール大きく上。
セルティック猛攻。  
前半終了。   俊輔にお株を奪われた形で FWへッセリンク やや落ち込み気味か? 頑張れ へッセリンク!

完璧に 「俊輔のチーム」という展開。  俊輔にボールが集まり 俊輔からチャンスが生まれる。   かなり積極的にゴールを狙っている俊輔からは 何が何でも勝つ!!という気合が感じられる。   (正直FWにまかせておけないといった感じか?笑) 会場も俊輔の本領発揮に 改めて 彼の偉大さを感じている・・・。
レンジャーズとの得失点差(10)を少しでも縮めるために ここでしっかりゴールを量産して欲しい!  

【後半】
46分右ヒンケルからクロス! をゴール前 へッセリンク頭で落としそれを マクドがボレーシュート! は これもまたゴール上。   決定的チャンス。   いったいFWはどうしたのか???

47分左サイド マクギ突破からクロス! ゴール前DFに当たり左CKへ 左CKが右に流れヒンケルクロスもDFクリアで右CK。 
右CK俊輔 二アにあわせるもDFクリア。 も味方に。
更に49分左CK俊輔、 俊輔コール凄い。 ゴール左 こぼれるも味方わからずクリアされる。

49分中央俊輔から左のマクギへ マクギ ルーレーットでDFを交わしクロス!を 相手DFがはじくもこぼれ球が 中央クロサスに! クロサスミドルシュート!! が見事ゴール左に突き刺さる〜!!!お見事!!!クロサス セルでは初ゴール。(彼はまだ21歳 バルサ出身)
セルティック3点目〜!!!

53分中央やや左 マクギ前線を見るとシュート!!がGKはじき左CKへ。   ショートコーナーからマクギへ マクギシュート! はGKさわり右CKへ。
右CK俊輔 クリアこぼれ球をエリア左でブラウン拾い 左のコールドウェルへ一旦預け ゴール前へ 戻ったボールを受けシュート!! がGKの股を抜き見事ゴール中央に突き刺さる〜!! 4点目〜!!

57分右サイドマクドからのパスを受けた俊輔 相手に後ろから押されてのファールで FK得る。  エリアコーナー近くの右高め。 何気にいい位置だが かなり角度も距離もある。
俊輔FK、勢い良く振り抜いた左足!!  なっ!!何とゴール右上から中央に突き刺さる〜!!!   俊輔ハット〜!!!!!!!!!!もう俊輔が止まらない!!!!! 右手を突き上げ123と指を折る?俊輔。 コールドウェルが俊輔を持ち上げ ブラウンらチームメイトが次々駆け寄る。  もうセルティックパークは大爆発!! 中村コールが止まらない!  セルティック5点目〜!!!!!
俊輔ハットは人生3度目! セルティックでは2度目。


62分中央上がったヒンケルからエリア右走りこんだ俊輔へ 更にゴール右のヒンケルへ戻りシュート! が惜しくもGKに阻まれこぼれ球シュート もゴール脇。 惜しい!!!

65分オディ クロスがDFに当たり左CK俊輔は 高めでクリア、左サイド高めからのオディのスローイン受け 俊輔一気にエリアにクロス!! ブラウン飛び込みヘディングシュートは 惜しくもゴール右へ。  惜しい〜っ!!!

68分 中央低め DFライン クロサスからの鋭い縦パス受け飛び出したブラウンが 追いつきシュート! それが見事ゴール右に突き刺さり セルティック6点目〜!!! いやいやいや・・・・何と言う試合か 笑
マクドに代わりサマラスが入る。

71分左サイドスローインからオディのクロスのDFクリアから右CK得る.  右CK俊輔 ファーのボールを最後マクギ ループ もゴール上。   

73分左サイドマクギドリブルで上がりへッセリンク狙ってクロス!が 何と 追いつけず・・・>< どうしてもへッセリンクに点を取らせてやりたい! という感じが伝わってくる・・・

76分右サイドヒンケルからのクロスを相手DF頭でクリアしようとしてオウンゴール!! 笑    セルティック ごっつあんゴールで 7点目〜!!!!!!!!!!ポッターのゴール。
へッセリンクに代わり ハッチンソン入る。 あ〜とうとう決められないまま代えられてしまったへッセリンク・・・。

サマラス積極的にあがるのはいいが 強引に突破しては相手に奪われる・・・また悪い癖がでているか?? もっと味方を使え!

83分DFラインからのロングボール受け エリア前ハッチンソンボレーもゴール左。  トラップする余裕があった。 もったいない!

86分中央俊輔から 前線ブラウンに鋭い縦パス!ブラウンシュート! は惜しくもゴール右。

88分自陣右高め 相手スローイン はこぼれ球俊輔ヘディングでマイボールに。 
ロスタイム2分。
試合終了〜!!  7−0  一気にレンジャーズとの得失点差は10から3へ縮まった。

俊輔の先制とへッセリンクのPK失敗後の更なる俊輔の追加点がこの試合を決めたと言っていいだろう。
予想した通り 今日はしっかり2列目からの飛び出しが大量得点を生んだ。   7−0の大勝も FWの得点はなし。   俊輔の人生3度目のハットにはじまり クロサス ブラウン と中盤がしっかり 点を取りに行った。   見事というしかない。   PK失敗の嫌な流れをきっぱり 絶った俊輔のシュートが これだけの大量得点を生んだ事は間違いない。   セットプレーでのCK時にも 会場からは大きな俊輔コールが止まなかった。 

俊輔は表示では右だったが 中央を自由に走り回り 何度ものチャンスを作っていた。   まさに俊輔のチーム セルティックだった。
明日の現地新聞は凄い事になるだろう・・・。

俊輔ハットで7得点。  これでレンジャーズとの大きかった得失点差も一気に3に。    やはりセルティックは 俊輔なしでは語れない・・・!
posted by Hiro at 19:41| Comment(13) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

SPL第26節 マザウェル×セルティック

SPL第26節


  マザウェル×セルティック

               1−1

【得点者】マクドナルド
    マザ・・クイン

【マザウェル】
スタメン:GKスミス DFクイン ハメル レイノルズ クレイガン MFクリンブル オブライエン ヒューズ フィッツパトリック   FWサットン クラークソン 

【セルティック】4−3−3
スタメン:GKボルツ DFヒンケル ローフェンス マクマナス ネイラー MFブラウン コールドウェル 俊輔 FWサマラス マクドナルド へっセリンク
SUBブラウン ハートリー フラッド クロサス ハッチンソン マクギディ オディ

※マザウェルとは今季これで3戦目 ホームで行なわれた5節 俊輔は代表戦から戻ったばかりでベンチスタート 前半4得点に出番がないかと思われたが チームは後半 相手の激しいプレスに落ち着きを失い2失点、 痺れを切らしたストラカンが俊輔を投入し しっかり落ち着かせながらアウェー勝利をもぎ取った。  
11月の2戦目はアウェーで 俊輔は膝負傷を抱え欠場、水野が後半になりSPL初出場をとげた試合で チームは2−0で勝利した。  

マザウェルはグラスゴーからさほど遠くはないが 毎回ピッチの悪さが目立つ。  まるで田んぼのようになった事もあるほどで これまでにも試合当日になっての試合中止など 延期も何度かあった。
疲労を抱えている俊輔にとっては このピッチは怪我の元、しかもその劣悪ピッチで相手マザウェルは かなり激しいプレスでぶつかってくる為 身体への負担は大。。。   
怪我云々の問題よりも ピッチの影響で ロングボールが多くなる事が予想される事から 出来ればここは俊輔温存・・・といきたいところだが 果たしてストラカンは・・・?

一方 前節相手GKと衝突したブラウンは何とか無事も頭部の事、ロブソンも鼠頚部損傷等とまた負傷者がチラホラ出てきている事もあり 今日のスタメンも注目される。
前節 代表戦から中3日で行なわれたレンジャーズ戦では後半 カード8枚飛び交う激しい戦いを強いられホームでドロー、勝ち点差は2のままとなってしまっている事から 今日はアウェーでも勝ち点3を積まなければならない。   例え誰が先発しようとも 献身的総力戦でしっかり勝利をもぎ取って欲しい。
マザウェルは現在7位。  だがここかなり調子を上げている。
レンジャーズは昨日勝利し勝ち点3を積み 57. セルティックは今日引き分けでも勝ち点で並び 得失点差で首位を明け渡す事となってしまう為 何としても勝利が欲しい。

【前半】
何と俊輔しっかりスタメン。 しかも今日は左。 DFにはローフェンス コールドウェルが中盤に。 そして何とFW3人勢ぞろいの超攻撃的布陣!!ブラウンも無事スタメンに。  元セルティック(マザウェルに先日移籍)のシェリダンは残念ながら出場ない模様。  今日もロッドスチュワートが観戦。

天気はいいがピッチは最悪。 殆ど土がむき出しでどろどろ。 ボールの跳ね方がおかしい。 要注意だ。

3分左ブラウンからネイラーへ落とし ネイラークロス! にエリア内 マクドスルー をサマラスとのワンツーでマクドシュート! は惜しくもゴール上。

俊輔表示では左だったが どうやらやや右でプレー。
やはりDFラインからのロングボールが多い。 それが判っていての俊輔起用のようだ。  
左サマラスからのクロスをファーでへッセリンク落とすも味方撃てず。
セルティック選手は酷いピッチにやや戸惑っている感じもあるが 俊輔も時折 前線へピンポイントでロングボールを入れている。  合えば一気に決定機ともなる。  戦術のようだ。

ここまでピッチ状態が悪いと低い位置でのパス回しは絶対に危険。
19分低め 俊輔 ヘディングで落としそれをコールドウェルへ コールドウェルから前線のへッセリンクにパスが通り エリア右からシュート! は惜しくもGKに阻まれる。
FW何度もオフサイド取られている。。。

22分左サイド ネイラー相手にあからさまに押し倒され相手にイエロー。  これはいつも俊輔もやられている。 
マザウェル 手を使ってのかなり酷いプレーが続出。

25分中央ハイボールこぼれ球を俊輔拾い前線へドリブル 〜エリア右のへッセリンクへ へッセリンクシュートはDFに阻まれる。 惜しい〜!!
俊輔も複数のDFに迫られていたが ここは自分で撃って欲しかった〜!! 俊輔の飛び出しはFW陣よりずっと早い。 察知力か!!

28分自陣左 ローフェンス交わされ相手クロス! はDF何とかクリアで 右CKへ。 右CKは二アでクリア。 
30分自陣左ファールで相手FK はクリアもこぼれ球からマザウェル猛攻 も何とかクリア。  ホッ  やはりどろんこピッチに強さを見せるマザウェル。

直後カウンター エリア右マクド絶妙な切り返しからシュート! はGK阻み こぼれ球に 俊輔詰めるも僅かの所でDF入り死守。 飛び込んだ俊輔どろんこ。
33分サマラス肘うち食らう。  相手のプレスは ファール同等のものだ!怒!!
35分エリア右高め DFラインからのボール受けたマクド倒されFK得る。  FK俊輔 直接狙うも惜しくもGK。
36分相手エリア 俊輔から一気に前線ブラウンへ それにサマラス飛び込むも僅か追いつけず 更に俊輔からエリアのマクドヘ繋ぎエリア右からクロス! ゴール前 へッセリンクヘディングシュートは 何とゴール上。
これは決定的〜!!!決めてくれ〜!!フリーで外した。

38分左サイドスローインを中央で受けた俊輔相手DF交わしエリア内へ突破、 も4人のDFに囲まれマクドへのパス阻まれる。
39分ローフェンスからのパスに エリア前中央へッセリンク倒されFK得る。  いい位置。
俊輔頼む〜!!!!!しかしピッチが悪過ぎ・・・! ドロドロを手でならしボールをセット。  壁やや近いか。 
俊輔FK 壁に当たり ネイラーに渡るも 何と ネイラー そこで完璧なパスミス。 一気に相手攻めあがる。 俊輔がすぐさま左でパスを待っていたのに・・!怒!もったいない・・・!
 FKは蹴る直前空いていた右の壁穴がシュートと同時に閉じた。 俊輔のシュートはその壁穴を直撃した為 閉じた相手の顔面を直撃。  
セルティック何度もチャンスは作っているも中々ゴール割れず。

このピッチでかなり疲れてきているか・・・
味方パスミスも続出。
前半終了。  かなりの酷いピッチで やはりロングボール頼りの展開。   しかし俊輔がボールに絡む回数は多く何度も攻撃チャンスは作っている。   あとは決定力!!FW陣頼むぞ〜!!

【後半】
俊輔 珍しくパンツ泥だらけのまま。 着替える時間も無かった。
45分自陣右サイド抜かれ相手クロスは 何とかクリア。 マザウェル右サイドから何度も攻めこんでいる。   クリアから俊輔が前線にしっかりパスを繋いでも その次が繋がらず・・・ イライラ募る。

マザウェルサポ セルティックのスローインボールを サマラス受けようとするも わざと遠の違う方向へ投げる。  なんと言うことか!怒! 
51分左サイド ネイラーへのファールでFK得る。 FK俊輔 ゴール前味方競れずGKパンチング。  いいボールだったが・・・
相手のファールに かなり審判甘い。

相手エリア前 相手と接触のブラウンにイエロー。 これは故意ではない。
57分味方パスミス続出で ようやく俊輔 中央で落ち着かせ前線のサマラスへ しっかり渡るもサマラスまたキープ出来ず。  
57分俊輔右サイド突破 DFを切り返しで交わし クロス! も味方あわせられず。   猛攻。
59分DFラインからのボールを中央 へッセリンクヘディングで後ろへ流し それに飛び出した マクドがエリア中央 振り向きざまシュートでついについにゴ〜〜〜〜ル!!!!!

62分へっせリンクに代わりマクギディ入る。  サマラスでなくヘッセリンクとは・・・? やや不思議。
64分中央で自らパスを出すと今度は左サイドへ上がり クロスへ と行く所で思い切り相手に押し倒される も何と笛ならず。  これはあり得ない!!怒!!   審判にそのまま流される。 が・・・
直後 更に中央高め また酷いファール受け倒れる。 これには流石に審判も笛。    あれだけのファールを受けながら 今日は怒りを表さない俊輔 すげ〜っ!!  ここまでのラフプレーにも動じなくなったか!

ネイラーを中心に パスミスだらけ 何とかならないものか・・・
パスミスの少ないのは俊輔くらいしかいない!!
69分中央ハイボール競る俊輔に相手あからさまに左手を突き出し顔面パンチ!!怒!!! 完璧な故意。 即刻イエロー。 こんな何度ものラフプレーが 行なわれていていいのか!!?  相手は何事にも足より手が先に出ている!! これはレッドでもおかしくない!!
70分サマラスに 相手がまた競り合いで肘うちに。 即効イエロー。
71分左サイドネイラークロスから相手クリアを拾い更にクロス はゴール上。 惜しい! やっとネイラー いいプレー!

ボールポゼッション40:60.
あと10分だ 頑張れ〜!!!守れ〜!
ロングボールの蹴り合い。
81分自陣エリア左 ローフェンスが相手倒しFK与える。 嫌な位置。  素早いリスタートにエリア内対応遅れ 左からのクロスクリア?がエリア内の相手前にこぼれシュート! が 何とゴール左につき刺さり同点に追いつかれる・・・><   味方DFがブラインドでボルツも見えなかったのか・・・全く反応できず。。。

86分セルティック猛攻、 最後俊輔エリア右倒されFK得る。 俊輔FK ゴール前サマラスピンポイントであわせるも何とこれもゴール僅か上!! 惜しい〜!!!決定的!! 中々決まらない・・・><

88分パス繋ぎ左CK俊輔 は クリア。
ロスタイムたったの2分 時間がない!!
マザウェル時間かける。
試合終了。 1−1ドロー。 3試合連続ドロー・・・。 首位はレンジャーズに。。。
これだけのピッチでようやく ようやく先制も 後半あと10分を切ってから追いつかれドロー。
なんとも悔しい結果・・・相手のピッチもプレーも劣悪だった為か いつにない悔しさがこみ上げてくる試合となった。

ついにレンジャーズに首位を明け渡してしまった。 
悔しさは相当なものがあるが この どろどろピッチにラフプレーの連続  ロングボールでの激しい戦いになるとわかっていた中で 俊輔が疲労を抱えながらも 起用された事は 俊輔にとっては また成長が認められた証拠 といってもいいだろう。    
荒れたピッチにパスミス連発 ただボールを放り込むだけになっている味方の中 俊輔がボールを持つだけで チームに落ち着きが取り戻せた。  明らかなファールで激しく倒されながらも 前線にしっかり繋ぎ作る何度ものチャンス・・・ しかしその決定的チャンスに 中々ゴールは割れなかった。。。  悔しい・・

ドローも ただ一つ ストラカンがこんな肉弾戦にも(例え負傷者がいたとはいえ)俊輔を必要とするようになった事を おおいに嬉しい事と捉えたい。   しかも代表戦から中3日でのレンジャーズ戦もフルでこなし 疲労があったにも関わらず この先発フル出場。    監督の信頼は増すばかりだ。   
しかし このピッチと許しがたい相手のラフプレーには怒り心頭だ、 これで俊輔の疲労もまた一気に↑↑超ピークにとなり 今週 やや俊輔の身体が心配になってきた・・・>< 大丈夫か・・・ 
posted by Hiro at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

SPL第25節 セルティック×レンジャーズ

SPL第25節
   セルティック×レンジャーズ

              0−0

【得点者】

【セルティック】
スタメン:GKボルツ DFヒンケル コールドウェル マクマナス ネイラー MFフラッド ブラウン ハートソン 俊輔 FWマクドナルド ヘッセリンク
SUBブラウン サマラス クロサス ハッチンソン マクギディ オディ

【レンジャーズ】
スタメン:GKマクレガー DFブロードフッド ブゲラ ウィア ババツ MFマッカロク メンデス ディヴィス ファーガソン FWラファティ  フレック


※選手各々 各国の代表戦をこなしたばかりの中3日。 (セルティックでは怪我人を除く主力8人が代表として参加)  代表でフル出場した選手にとっては 帰国直ぐのこのダービーでの戦いは 相当厳しいものとなる。    俊輔は翌日12日成田を発ち13日からチーム練習に合流したものの 長距離移動もあり疲労はまだ残っていると思われる。     ダービーは激しいぶつかり合いも予想される為 地元では レノンが当たり強さを持つ ハートリー ロブソン ブラウンらの起用を示唆しているようだが 果たしてスタメンには誰が・・・?

レンジャーズとの勝ち点差は 現在たったの「2」。
これに負ければ 首位を渡す事となるだけに 今日は しっかり勝ちにこだわり 勝ち点差を「5」まで広げて欲しい。 
日本戦では出場とならなかったオーストラリア代表FWマクドナルド、今日こそはしっかりゴールを決めて その鬱憤を晴らして欲しい。

【前半】
晴れ。 何と 移籍したてのフラッドがスタメンに。  フラッドはつい先日カップ戦で120分の延長戦の末 PKで2順目で外したダンディUの選手だった。    俊輔は右から左サイドに移動か・・・  ロブソンはスタンド観戦。 怪我の模様。   ロッドスチュワート ロイキーンも観戦。

3分中央 相手のインターセプトから奪われ左サイドからクロス! はゴールファー ネイラー 何とかクリア。
会場は早くもかなりヒートアップしている。  
俊輔は左とはいえ かなり中盤を自由に動き回っている。
これに勝てば 首位を奪えると レンジャーズはかなり気合が感じられる。
レンジャーズ戦でこの初布陣を試すとは・・・ ストラカンの采配はいかに・・・?
11分中央左ネイラーFKはエリア内 DFクリア。 
13分俊輔粘りのDF拍手。 

15分中央 俊輔相手DFを見事に交わし前線へ突破 〜右に上がったフラッドへ。 フラッドのクロスにゴールまん前 どフリーでマクドヘディングも 何とゴール左へ。  外すほうが難しい位の 超決定的場面だった。   マクドどうした!!?  
ゴールはならなかったが 俊輔 フラッドのコンビは 見事だった。
俊輔もかなり 積極的なプレーで 攻撃に絡んでいる。  フラッドのクロスの精度も良かった。
疲れを感じさせない切れのあるプレーの俊輔。  激しいボールの奪いあい続く。  

審判の笛にもセルティックサポから大きなブーイング。 
28分 俊輔を中心に猛攻。 右サイド高め フラッド倒されFK俊輔 は相手のおなか直撃で右CKへ 右CK俊輔 クリアも左スローインへ。     30分左サイド高め エリアに切り込む俊輔 相手に手で押さえられ倒されるも 俊輔のファールに。  怒りを露わに手でピッチをたたきつける俊輔。 この判定にはサポは大ブーイング。

ボールポゼッション80:20。
33分相手右サイドからのクロスクリアがライン割り相手左CK はクリア。  
35分相手陣内 左サイドネイラーのクロスに飛び込んだヘッセリンクと相手GK絡みあい 両者共にイエロー。
38分中央こぼれ球拾ったハートリー 自らドリブル〜ミドルシュートは大きくゴール上。
マクドエリア中央で ボールキープも結局撃てず奪われる。 どうした マクド!
42分相手中央でパス繋ぎ自陣エリアへ アーク内混戦の中 必死のDFに入った俊輔倒され その上に大きな相手が乗っかり更にスパイクのカカトで後頭部を蹴られうずくまるも それを見ながら審判一向に笛吹かず 相手もそれを見ながら全くボールを外へ出さず プレー続行〜クロスへ。  クロスは GKキャッチ。 も このプレーに会場は 大大ブーイング!!!  俊輔 頭を抱えたまま中々起き上がれず。 
救護入るが・・・何とか無事の模様。  一旦ピッチ出るが直ぐ入る。
これにはストラカンも審判に抗議。   しかし直後も俊輔献身的DF見せる。 何とか無事の模様。  ホッ・・・
前半終了。
かなり激しい戦いも セルティック どことなく落ち着いた試合展開。心配したフラッドとの連携は先ず先ず。  ただ マクドの決定的チャンスが 中々決まらないのが やや気にかかる・・・。   後半何としても先制を!!!

【後半】
中々ピッチに戻ってこないセルティック。 ようやく登場。 大きな歓声〜。
45分ロングボールクリアから左サイド高めスローイン、 ネイラースローインにヘッセリンク落としそれをハートリーシュート! はゴール上。 
中央左 相手倒しFK与える。 相手FKは右に流れGキックへ。
47分左サイド高め マクド倒されFK俊輔、二ア低め 味方ヒンケルの足元に入るも撃てず クリアされるもマイボールに。
49分中央 マクド相手を倒し相手FK、ロングボールクリアも相手に渡り自陣右サイドへ 俊輔必死のDFも交わされ更にクロス をマクマナス 頭でクリア、が 何とあと僅かでオウンゴール! という所でボルツ弾く。 ホッ 危機一髪!!ボルツお見事!!

52分相手右サイド ヘッセリンク競り合いで分けわからず相手ボールに。   会場からは審判に大きなブーイング。

相手左中央 FKからシュート! はボルツ。
ややレンジャーズ活性化か・・・要注意!
サマラスアップ始まる。
55分味方パスミスから中央繋がれ相手右からシュート! はボルツ。
57分俊輔相手のパス読み見事なインターセプト! も 味方はその後奪われる。  もったいない・・・
後半はレンジャーズにやや押し込まれているセルティック。
相手17歳フレックに代わりミラーが入る。 ミラーは元セルティックの選手。
マクギディも準備。

61分。ストラカン動く。 フラッドに代えマクギ、 ヘッセリンクに代えサマラスが入る。
俊輔は右に。   右サイド俊輔から一気に前線のマクドヘパス通る。 もマクドエリア内 トラップミスでGキックへ。 もったいない・・・><  マクドお疲れか?? 

右サイドスローインから俊輔受け DFに当たり跳ね返ったボールを味方クロス! もファーへ流れる。
65分中央 こぼれ球奪おうと飛び込んだハートリーにイエロー。 相手FK はそのままボルツキャッチ。

68分右サイド味方スローインから奪われ相手シュート! はゴール左で無事。  危険!!
サマラス入るも  ポスト役にはなっておらず キープ出来ず。  セルティックやや落ち着かず。 

激闘に 相手選手 足が攣っている。 
72分中央 俊輔倒されFK得る。  ようやくセルティックにボール落ち着く。  相手選手 また足攣ったまま・・・交代か??ネイスミス入る。 

セルティック味方のパスミス相次ぐ。
75分自陣左サイド絡み合ったブラウンとネイスミスにイエロー。 これはブラウンがやられた方だが・・・おかしい!怒!
サマラス投入全く効果なし。    マクギもあまりボールに絡めず。
ロングボールまで出始めたセルティック。 どうした・・・!!

77分相手左サイドスローインからDF交わされエリア右へ シュート!はDFに当たり右CKへ。    右CKはファーで相手頭でたたきつけるもクリア。
クリアもまた右CKへ。 右CKから中央相手ヘディングはゴール直撃もボルツが見事なセーブ!! 救われる!! ホッ 危機一髪〜!!
今日はボルツのセーブが効いている!! 見事!!

79分相手エリア DFラインからのロングボールにブラウン飛び込み GKと激しく接触 倒れる。   腹部蹴られたか・・・ 腹部を押さえ起き上がれないブラウン・・・ 大丈夫か・・・。   強いブラウンがかなりのダメージを受けた様子。  ようやく起き上がりゆっくり歩きピッチ出る。

クロサス準備。 
82分左サイド DFラインからのパス受け サマラス倒されるも直ぐ立ち上がり突破。  そして左CKへ。
ブラウン戻るも また倒れこみクロサスと交代。 大丈夫か・・・
左CK俊輔高めのふわりとしたボールにファー マクマナスあわせるも笛。  何故??
84分俊輔 見事なインターセプトで味方に、 も また直ぐさま左サイド マクギ突破でうばわれてしまう。
しっかりしてくれ〜!! 落ち着かない味方選手。

86分ハイボールに競り合い ハートリー 後ろから突き飛ばされ相手にイエロー。   激しいぶつかり合い続く。

87分左サイドからのスローインから 中央受けた俊輔 相手に後ろから押し倒されFK得る。 エリア左。 いい位置だがやや遠め。 決めてくれ〜!!!俊輔〜!!!!!
会場は大盛り上がり。  セットしたボールを相手が更に足で動かしに来る。 怒!! 中々ボールの前を離れない相手選手。
ようやく諦め壁を作る も 壁があまりに近すぎる!!! 異常なくらい近い!!    何と それに合わせ 審判がまたボールの位置を下げる!! あり得ない!! 一向に下げない壁と抗議に?相手にイエロー。 
それでも近い!!!
俊輔FK はゴール左下ぎりぎり GKのナイスセーブで阻まれるもクリアで左スローインへ。  惜しい〜!!
ネイラー  相手エリアにロングスローイン もエリア内 ファール?で笛。

ロスタイム2分!! これはおかしい!!!あれだけ倒れた選手がいるのに2分はどうみてもおかしい!!!5分はあっていいはず。

試合終了。  0−0のドロー。  勝ち点差は2のまま。  しかし首位は何とかキープした。
いかにもダービーらしい? かなり激しい戦いとなった。
前半は 完璧にセルティック支配の展開となったが最大の決定機に決められず 0−0での折り返しとなってしまった。   後半はレンジャーズが積極的にこぼれ球を拾い かなり激しいプレーでセルティックのボールに迫ったことから 次第にセルティックは味方が落ち着きを失いパスミスを連発。   更に交代で入ったサマラスもキープどころか ポストプレーも見られず 殆ど機能せず。  ブラウンも負傷交代し 結局最後まで 激しいボールの奪い合いが続いただけで試合終了となってしまった。 

終わってみれば 最初の決定機に決められなかったのが 最後まで大きく響いた試合。   あれだけのどフリーを外すようでは・・・オーストラリア代表のスタメンも益々遠のいてしまう・・・  折角のいいパスもトラップミス、ファーストタッチは相変わらず上達しておらず チャンスが無駄になる事も多かった。 
俊輔は 終始積極的なプレーで 3日前に日本でフル出場したとは思えない 疲れを全く感じさせないプレーで 落ち着きを失いパスミス連発のチームを懸命に引っ張った。    
最後は ブラウンも負傷、戻るもまた倒れこむ程の 荒れた試合に 俊輔は自ら前線に飛び込み ファールを誘った。   相手ファールに ようやくボールを落ち着かせた俊輔。    エリア左だがいい位置でのFK。    それに興奮した相手は 壁を異常な位置にまで近づけ阻止しようと反発。   あまりの興奮にイエローまで提示された。 
惜しくもゴール左下ギリギリ所で GKにセーブされてしまったが このFKで それまでの相手の猛攻が遠のいた。 

ホームで0−0ドローは何とも悔しいが  この荒れたダービーで中3日移動つきでフル出場し 攻守に見事な活躍をみせた俊輔に拍手を送りたい。    それにしても決定力不足は どうやら日本だけではなさそうだ・・・><  
posted by Hiro at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | セルティック試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。